Trackback

Recent Articles

TWITTER

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊セカニチ!11月13日号 賢介が抜けまくるとか吉川が痛いとか報知が飛ばすとか!?

 はい、いい加減オフシーズンです。日本ハムも他球団も・・・読売さんはアジアシリーズお疲れ様でしたけどね(それについては次回以降にでも)、オフシーズンな訳ですよ、ええ。色々と動いたりなんだりのそう言う話を、週1くらいでアレしていこうかとね。今回は遅れましたが、土日月の何処かの朝にうp出来ればなぁ・・・とかね。


 そんなこんなで、今週のお品書きですよ。

【抜ける賢介、そして久?】
【最強?ニヤニヤ二遊間崩壊!?】
【ここまでの退団選手纏め?】
【我儘は男の罪、それを許さないのは女の罪】
【昨日の友は明日の敵?コーチ人事に異常アリ?】
【元鞘?ソフトバンクとDeNAで3対3トレード成立!?】
【開幕投手でも・・・】
【ニッテイの陰謀ニダ!?】
【侍JAPANにあの選手!?】
【ゴールデングラブ賞に4人!】
【吉川大ピンチ!】
【いといよしお、うみをわたる?】


blogram投票ボタン人気ブログランキングへにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ


【抜ける賢介、そして久?】
 はい、今年もこんな時期になってきまして、他球団でも西武の中島選手やら阪神の藤川投手やら。あと、オリックスの寺原投手がソフトバンクに戻るとか戻らないとか、FA戦線も賑やかになってきました。
 日本ハムでも守護神の武田久投手に守備の名手、ユーティリティプレーヤーの飯山選手が国内FA権を取得したとあり、それなりに気にしては貰ってるようで。マスメディアさんにね(未々扱いが小さい!)。

 そんな武田久投手、シーズン中の報道では一部他球団が興味を示すような報道もあり、退団も濃厚かと思ってましたが、なんもなんも!権利を行使せずに残留と相成りました!で、こう言うのだと決まって「来年取得予定の海外FA権で云々」とか書かれたりするものですが、武田久投手は「最後までやりたい」と所謂「生涯ファイターズ宣言」をしてくれましてね。
 でもまぁ、人の気持ちは変わるもので、建山投手も確か似たような事を言っていたような?でもまぁ、そうそうシーズン中からスポーツ紙に「○の恋人!」とか書かれるような軽い選手じゃ無くなったな、と。それくらいにはね。後進に道を譲る頃に"海外留学"ならありそうな気もしますがね。

 ただ、残ってくれるのは嬉しいのですが、それでも年齢を考えれば性能は落ちてくる頃合い。タイトル獲得歴もある抑え投手、所謂"守護神"となると軽々に配置転換ともいかず、扱いは難しくなってくるかなぁ、とも。来年辺りはまだ代わりの抑え投手の候補も絞りきれておらず、居てくれて非常に助かるんですけど、その先はもやっとしない事もないなぁ、と。
 まぁ、(首脳陣と投手個人、チームが)納得できる形で抑え投手の交代が出来るか、或いは他を寄せ付けぬ圧倒的な存在感で武田久投手が抑えに君臨し続けるか、そう言うアレなら心配無用なんでしょうけどね。上手い事いって欲しいモンです、はい。


 で、此処で突然・・・突然って程でもないですが、昨年も少し話題になったようなアレですが、田中賢選手が海外FA権を行使しての米球界移籍を目指すとの事。んまぁ去年の報道は「複数年契約も米移籍の場合には破棄できるが、怪我の為見送り」と言う感じでね、じゃぁ今年も怪我してたじゃ無いかとかね。開幕前に立てた目標もクリアできなかったですし。
 いやね、選手個人が望んで制度に則った形で移籍と言うなら、移籍する事自体には申す事無いですよ。米でも国内でも何処でもね、選んだところで気張りやすとね。ただ、田中賢選手は開幕前に「日本球界最高打率更新」と目標を立てて、「実現可能」とまで豪語した訳で。それが怪我もあったとは言え達成できずに日本球界を去ると言うのは、些か恰好が良くないと言うか。それとも、日本球界での目標など無視して構わんものなのかとね。
 此は田中賢選手だけの話じゃ無いですが、今の日本球界で最多安打と最高打率のシーズン記録は、共に外国人選手が保持している訳ですよ。それを見て、そのままにして米球界に向かうのか?そう言うアレはありますよ。日本人として、外国人選手に1位に居座られて何とも思わないのか?ってね。まぁ、それよりも米球界行きたいって気持ちのが強いんでしょうけど。

 それともう1つ。田中賢選手は3年契約の2年目終了でのFA宣言、これって3年契約の意味があったのかな?と。選手の都合で簡単に破棄できる、そんな複数年契約ってありなのかな?と。複数年契約ってのはその期間中、球団は選手に対して待遇を保証する代わりに、選手もその間球団に対して隷従を誓うってモンじゃないのかね?と思ったりね。
 片方が「お願いですから」ってだけの話じゃなくて、双方が合意の上で職責なり報酬なりの約束を交わす訳でね、それを片方の都合で簡単に破棄できると言うのは契約としての体をなしていないと言うか、そんな感じがね。球団が「頼むから3年居てくれ、給料こんだけ払うから」ってだけじゃなくてね、選手側としても「その条件で納得しました。3年居ます」ってのが3年契約なんじゃないの?と。
 それを選手側から反故に出来る一筆を添えちゃぁ、そりゃ3年契約もなんも無いでしょう?そんなん3年仮契約ですかね?現在シアトルの岩隈投手も残留となりましたが、3年契約の2年目終了時点で此方はポスティング制度での移籍を試みましたが、契約はもう少し大事にして欲しいなぁ、と。なので田中賢選手もあと1年居て、契約満了でFA宣言と言うのが綺麗な形だったんじゃないかと。まぁ、年齢的なアレとかあるんでしょうけどね。

 で、内野手って日本人として成功例がまだ無い領域ですよね。楽天の松井稼頭央選手とロッテの井口選手が少し活躍しましたが、投手や外野手と比べて日本人選手の評価が低いポジションです。其処にどう割り込むのか、それが気になりますね。
 田中賢選手自身が「自分は大きいのも打てない」と言ってますが、こう言う事もあるならば、もう1年早く打撃力を重視した起用法にして欲しかったかなぁ、と。田中賢選手は師として仰ぐ白井氏ですが、彼の打撃を制限して守備と犠打で一軍に定着させる、そう言うやり方を何処かで転換していればなぁ・・・と思いますね、より一層。

 まぁ、一寸府に落ちぬところはありますが、それでも本人の掴んだ権利で、周囲も容認する形での移籍であれば見送るしかありません。先にもアレした日本人内野手の向こうでの実績からいって、そう長い年月を向こうで過ごす事にはならないんじゃないか?そんな失礼な予感もしますが、そんなのは是非とも裏切って、俺に恥を掻かせてくれればね。初の成功例になりゃ良いんだしね。
 でもなぁ・・・結局向こうの球団と話が纏まらなくて、来季は日本の他球団でプレーってのは勘弁ですぜ。まぁ、数年後の帰国の際は日本ハムにはならないような気もしますがね、ええ。


 飯山選手はまだ結論みたいの出してないですが、本人曰く「宣言しても手を挙げるのはお袋だけ」だそうですので、多分残留でしょう。もしも移籍・・・退団となれば、実は誰よりも物凄い損失になると思いますよ、飯山選手は。


【最強?ニヤニヤ二遊間崩壊!?】
 まさか金子誠選手よりも先に田中賢選手の後継者の必要性に迫られるとはね。田中賢選手が一軍で二塁の定位置を掴んだ平成18年には思いもしなかったですよ。金子誠選手が「遊撃を譲ってもいい」と田中賢選手を後継者に指名していたくらいでね(で「二塁は俺が守る」と金子誠選手)。
 ですが、その金子誠選手も肉体的に限界が近付いてまして、今季痛めた・・・痛め尽くした左膝の治療が「全治3ヶ月」との事でして、余程順調過ぎる回復でないと、来春のキャンプも実質自主トレの補習になっちゃいそうと言うか。となると開幕も厳しいと言うか、この数年間チームの守備の中央部分を固めていた二遊間がスッポリと抜けてしまう事に。
 金子誠選手は治療後も性能低下は覚悟しなきゃならんでしょうし、再び(どころじゃないが、実際)痛めて退場も考えられますし、それを恐れて休み休みの起用と言う事もね。そうなると愈々二遊間は若手を我慢してでも使い続ける、そう言う時期になるのかな?とはね。

 まぁ二塁手候補・・・田中賢選手の後継者候補として杉谷選手・西川選手・中島卓選手が指名されましたがね、この内西川選手はドラフト指名時の構想通り、遊撃手としての起用を考えても良いんじゃないか?とか。肩に治療歴がある上に、二塁からでも送球が・・・と言う声もわかります。ただ、送球が安定しないのは、二塁定位置付近からでは距離が近すぎる、そう言う声もチラと聞きましたし、やってみても良いんじゃないかな?とは。

 また、松本選手はもう少し時間が必要でしょうし。松本選手については「失策記録更新者に用はない」なんて声も聞きますが、単に数の多さだけならそうですが、その数字を稼いだのがどういう時期なのか?内容的にどう変化していったのか?そう言うのを考えていないんだろうな、とね。
 つーか、そんなに望みがないならそこまで失策させないでしょ?って。ポジション変えるでしょ?期待できないなら。期待できる証拠が積み重ねた失策数なんじゃねえの?って。ただ、それでも時間は掛かるだろうな、とは。なので遊撃手は他の選手を試す時間は未々あると思いますしね。
 西川選手以外でも今浪選手や加藤選手も居ますし、今浪選手はキャンプ中の負傷離脱がなければ、今年の開幕から金子誠選手に挑んでいておかしくない選手でしたし。


 最強?の二遊間は見る影もなく崩れ去るのでしょうが、だからこそ頑張れる、だからこそアピール出来る選手達が居る訳でしてね。そんな選手達に期待せずにはいられないなぁ・・・と、不謹慎ながら金子誠選手が開幕に間に合わない予想をしちゃったりね。


【ここまでの退団選手纏め?】
 はい、FA宣言の田中賢選手の他の退団選手としては、松家投手、宮本投手、木田投手、金森投手、市川選手、関口選手が戦力外で、その他スレッジ選手も来季の契約は結ばないとの事で、紺田選手にも「引退でコーチ就任」の報があったりとか。紺田選手ははっきりしたの見てないですけど、どうなったんでしょうかね?現役続行?

 この中で意外だったのは金森投手。金森投手は春先に手術を受けて全治10ヶ月、まだ本格的に投れ無い為に合同トライアウトも受けられないんですよね。こう言う事情の選手ってせめてテスト受験出来る程に回復するまではリリースしないものなんじゃないかとかね。去年のダース投手だって、トライアウトは受験できた訳ですし。
 あと、木田投手は情報が2つあって、1つは「二軍投手コーチの打診を断って戦力外」と言うもの。確か戦力外判明直後の報じゃなかったかな?もう1つは「本人は引退も考えたが、栗山監督に『まだ出来る』と言われて現役続行を決意」と言うもの。まぁ、どちらにせよ現役続行の意思で、トライアウトも受験するようでね。未々続けるところを見せて欲しいですね。

 市川選手は「遂に・・・」と言う感じ。二軍とは言えプロ野球選手を続けてきた"ベテラン"で、彼の存在があってこそ思いっきりプレーができ、一軍に駆け上がれた選手も居るはずでね。そう言う役目も終えたと言う事でしょうか。左のスラッガーとしての期待が強かったんですけどね、開花できずに残念です。


【我儘は男の罪、それを許さないのは女の罪】
 退団と言えばコーチ陣も。後述の福良ヘッドコーチと清水コーチは以前から噂されていましたが、なんと吉井投手コーチまで!まぁ、吉井コーチも「退団らしい」って噂が無い事も無かったですが、やはり衝撃と言えば衝撃ですかね?
 で、まぁ、吉井コーチも人気者になったもんですよ、此だけ退団が惜しまれるなんて。梨田前監督就任と同時に投手コーチに就任した吉井コーチは、梨田前監督が前任の監督・ヘッドコーチと不条理な比較(と言うよりは単に前任者をダシにしただけだが)による侮蔑に曝されたように、やはり吉井コーチも前任の投手コーチをダシに侮蔑に曝され、「梨田と吉井は北海道には要らない」等と当時の公式blogの米欄に書かれたりね。

 ただね、ファンに理解されて好かれるのは結構ですが、だからと言って確執があったとされる栗山監督を貶しても、吉井コーチの名誉が回復・確保されるって訳じゃ無いと思いますし、投手起用や投手への指示で考え方に差があったと言われますけど、それでもどちらかが正義でどちらかが悪って訳じゃ無いと思うんですけどね。
 なんつーかさぁ、「吉井コーチは正義に違いないから、退団の原因になった栗山監督は悪に決まってる!」みたいな?なにかい?対立したらどっちかが正義でどっちかが悪、必ず肯定されるべきモノと否定されるべきモノに区別できる!ですか?そらおかしい。言うならどっちも正義でどっちも悪、クレヨンしんちゃんだったっけ?「正義の反対は悪じゃない、別の正義だ」っての。

 人間が2人居れば考え方に差があって当然で、それがいずれ修復不可能な段差になってしまうなんて珍しい事でもない訳でね。それが全く同じ考えだとかぶつからないだなんて、そっちのが気持ち悪いよ。つーか違う考えがぶつかり合う事で今年のチームは優勝できたんだろうしね、その結果・・・結末がこうだったとしても悔いは無いんじゃないかな?精一杯やった結果なんだし、優勝も、コーチの退団も。

 栗山監督は「みんな残って欲しかった」と言うように、采配面でぶつかる事があっても人間的に・・・人格的、生理的に合わないと言う訳じゃないんでしょう。ただ、今以上の結果を求める為には、今年の組み合わせでは限界だと。そう言うアレだと思うよ。
 だから、クドいようだけど「吉井=正義」「栗山=悪」ってアレじゃなくてさ。ほら、チューリップの「虹とスニーカーの頃」だったっけ?そんな歌があったじゃん。「我儘は男の罪、それを許さないのは女の罪」って。どっちが男でどっちが女かはアレだけど、悪いところも双方にあって、どっちか一方だけって事じゃ無いんだよ、と。


【昨日の友は明日の敵?コーチ人事に異常アリ?】
 で、福良ヘッドと清水コーチ。以前から・・・福良ヘッドは古巣(の後継球団、と書かなきゃ怒る人もいる)のオリックスに、清水コーチは伊東新監督就任のロッテに移るんじゃないかと言われていまして、実際にその通りになってしまいました。それにしてもオリックスさんとロッテさん、日本選手権シリーズが終わるまでよくぞ待ったものですよ。来季の飛躍に備えてさっさと体制を整えたかったでしょうし。大丈夫なのかいな?
 オリックスにはこの他、日本ハムの二軍コーチを退任して退団の真喜志コーチも入閣、同じく二軍打撃コーチを務めた大村コーチも古巣のロッテ・・・と思いきゃ、ロッテの新内閣に名前がなし。大村コーチはどうやらDeNAのようで、此は高田GMルートですかね?引っ張られましたかね?筒香選手やドラ1の白崎選手の指導に期待です。

 さて、それだけ抜けられた日本ハムのコーチ陣。これ以外にも芝草投手コーチが球団スタッフに転身予定、田中幸雄打撃コーチが二軍コーチに異動予定と大規模な内閣大改造。スポーツ紙では元横浜(現:DeNA)監督の牛島さんや元西武で解説者の大塚光二さんの入閣などが噂されてますが、それでも全然埋まりそうに無い訳で。こうなると「困った時の島﨑コーチ」「困った時の厚澤コーチ」が出現しそうな・・・いや、不足は無いと思いますけどね。
 小田さん・・・日本ハム移転後初の札幌ドーム本塁打を打った、平成21年限りで引退した小田さんが二軍打撃コーチって噂もありましたが、一体どういう顔ぶれが揃うものか、楽しみであります。

 名前が挙がってる牛島さんはヘッド格の投手コーチというオファーらしく、実現したらヘッド兼投手コーチって扱いでしょうかね?だとしたら嬉しいですね。ヘッド兼任なら監督経験も活きるでしょうし。何より、ヘッドコーチの座が埋まるという事はね("あの人"は一説には「次期監督」なんて噂とも信者の願望ともつかぬアレがありますが、とりあえず復帰なさげなので一安心)。
 大塚光二さんはどうだろう・・・やはり指導者経験が無いんですよね。「外野守備走塁と打撃指導に期待」らしいですが、いきなり掛け持ちは難しく無いですかね?まぁ、野手総合コーチみたいな感じですかね?

 牛島さんも大塚光二さんも決まった訳じゃなく、どうなるかアレですけどね。特に牛島さんは飛行機が駄目との事で、日本一飛行機移動が多いであろう日本ハムのコーチになってくれるものか?気になるところです。引き受けてくれたとして、どう移動するのかとかね。この際、決まったら汽車旅コラムやバス旅船旅でアピールしてもらいましょうか。ヤフードームへの移動はもちろんはかた号で!


【元鞘?ソフトバンクとDeNAで3対3トレード成立!?】
 はい、オフになると俄然注目されるのがトレード話。FA導入後はそちらに話題を持ってかれ気味ですが、やはりトレードの方が衝撃もワクワク感も大きく感じる世代でして。

 そんなアレでまずはソフトバンクとDeNA、IT企業オーナー間で大型トレードが成立しまして。ソフトバンクからは多村仁志選手・吉川輝昭投手・神内靖投手、DeNAからは吉村裕基選手・江尻慎太郎投手・山本省吾投手という3対3のトレードになりまして。当初先走った報道ではソフトバンクが大場投手を放出なんて話もあったようですが、流石に大場投手は出せないでしょう。とは言え、名前が出ただけでも穏やかじゃ無いでしょうね。

 ソフトバンク側から出たうちの2人、多村選手と吉川輝昭投手は元々横浜(当時、今でも違わないが)からソフトバンクに移籍した選手でして、今回は言わば里帰りみたいなモノでしょうかね?多村選手は横浜で主砲扱いだった頃もあり、ソフトバンクで逞しさを増して?の凱旋です。吉川輝昭投手も常勝軍団の救援投手を経験し、古巣にフィードバックしてくれる事でしょう。
 それにしても多村選手、今年漸く家族を福岡に呼び寄せたとの事。関東への帰還がまたも単身赴任になってしまうのでしょうか?それとも家族揃って生活基盤を移すのか?プロ野球選手の宿命とは言え、辛い選択ですよね。

 一方、DeNAから出る選手。吉村裕基選手は長距離砲候補も怪我が多く開花できず・・・それには日本ハムの武田久投手が当てたのもありますし、日本ハムファンとして申し訳ない気持ちもあるのですが、多村選手もソフトバンクに移籍する前は怪我が多く安定して無かった印象(移籍後も余り変わってないですが)。多村選手と同じルートで才能を開花できれば、大砲として日本球界を代表できるかもしれません。
 山本省吾投手は正直、厄介な投手がパに戻って来るなぁ、と。通算成績を見れば中堅世代の投手としては物足りないのですが、こと日本ハム戦では好投していた印象が。まぁ、印象に過ぎないのでしょうが、過ぎないのであれば良いなぁ、とは。
 江尻投手は横浜で救援投手としてフル回転、日本ハム時代よりタフになってる印象が・・・やはり「印象」ですが。今年はそれが少々祟りましたかね?でも、来年はやると思いますので、ソフトバンクはいい補強をしたなぁ、と。でも、何時までも補強補強で穴は埋まらないので、早く自前の戦力が出てこないとね。


 まぁ、横浜(TBS)時代に預けた選手を戻したDeNAが得の印象ですが、ソフトバンクもなかなか強かなトレードだったと思いますね。


【開幕投手でも・・・】
 一方此方はオリックスと読売。オリックスからは香月投手と阿南投手、読売からは東野投手と山本和作選手。読売が先発投手と内野手の素材を出してタフな救援投手を2枚獲得という形ですが、それでも去年(平成23年)の開幕投手だった東野投手を放出するとは。
 一説によると、東野投手は原監督の信用を失い、菅野投手も加入する来年の活躍する姿をイメージ出来ず、自らトレード志願したとか。原監督としては東野投手の気持ちの弱さを嫌っていたようですが、そこまで駄目な投手でしょうかねぇ?ドラフト下位指名と言うのもあるとは思いますね、待遇は。

 オリックスとしては木佐貫投手に続き、読売からエース級の投手を獲得する事に。東野投手も古巣を見返す気満々ですし、このトレードではオリックスさんの方が若干得じゃないのかなぁ・・・とか。まぁ、オリックスさんは寺原投手がFAで退団の可能性が高く、先発投手の補充が必要でしたしね。

 で、このトレードで思ったのは開幕投手から2年も経たぬ内に・・・その去年と今年と不本意なシーズンが続いたってだけで放出となるって事。まぁ、裏には色々事情があると思いますよ。下位指名からの叩き上げなら前GMの清武氏主導のスカウティングと育成の結果でしょうし、そう言う面でも嫌われた部分はあるのかな?と。ま、東野投手だけじゃぁないですが、その中でも結果が伴わなかったって言うか、それで的にされたと言うか。憶測だけどね。

 そう言うアレも考えられるだけに、それを読売以外に当て嵌めてもってのはあるけどね、開幕投手を務めても大して時間の経たぬ内に放出ってのは、無い話じゃ無いのかな?と。まぁ、日本ハムはそう言う厄介払いみたいに選手を追放っぽい事はそうないですけど(受け入れる事はあっても)、斎藤佑投手もこの先何年と結果が出ない、思うように伸びない事があれば或いは・・・とも考えちゃうので、そうならないで欲しいなぁ、とね。


【ニッテイの陰謀ニダ!?】
 来季の日程が発表となりました。時間入りのはまだ先ですが、とりあえずは日にちだけ、そして地方開催予定とね。他所じゃ発表後に地方開催が追加決定ってのもありますが、日本ハムはそう言うのがあまり無いですので、地方球場での主催試合はこれで決定でしょう。

 日本ハム主催試合の来季の地方開催は、東京ドームが今年と同じ8試合。此は一部で「縮小」なんて噂もありましたが、無事?今年と同数が割り振られました。そこに読売主催の交流戦が2試合、更にソフトバンクと楽天の主催でもそれぞれ1試合ずつありますので、来季東京ドームではホーム・ビジターを問わず12試合、移転初年の主催試合と同数を東京ドームでこなす事になります。
 そして注目が、ナイター設備が来年5月に完成予定の旭川。旭川は6月に交流戦のDeNA戦が2試合、8月にもパ公式戦が2試合組まれてまして、6月のDeNA戦は日曜月曜の日程で、土曜から移動日無しでナイター2連戦が濃厚。少々肌寒い時期とも思いますが、6月にナイター設備の柿落としになるようで。8月もナイター開催濃厚ですね、平日ですし。今更平日デーゲームにする理由もありませんし。
 そして帯広が土日の2連戦に。これ迄数年間、平日デーゲームが続きましたから、念願の週末開催ですね。それもこれも、旭川がナイター開催可能になって、日程編成の自由度が増したお陰ですね。

 で、函館。来季は球宴直前に平日デーゲーム1試合のみの開催となりました。あー、1試合残りましたか、有り難や有り難や。てっきり来季から無くなるかと思ってましたよ、函館開催。何せ今年の函館開催は道南以外の日本ハムファンの評判がよくなかったですしね。「開催ありきの地方開催いらない。東京ドームにまわした方がみんなが幸せになる」なんて言われたりもしましたからね。
 まぁ、まだ函館は肌寒い時期でして、確かに天候も良くなくて試合も荒れましたけどね。「東京ドームにまわせ」って事は「時期変えて開催しろ」じゃないんですよね。「こんな球場でやるな」なんですよね。確かに道南のファンにはたまらないサービスですけど、道南のエゴで道南以外のファンを困らせる訳にもいかないですからね。それでも1試合残してくれた訳で、球団と主催者(道内地方開催は道新主催)には感謝しかありませんですよ、ええ。

・・・とまぁ明るくやさぐれてみましたが、函館が1試合のみの開催ってのは、旭川が増えて割りを喰った形ですね。旭川の4試合開催が再来年以降も続くのか、それとも来年のみの御祝儀開催なのかはアレですが、照明に10億かけてるって事で、そうそう蔑ろにはできないでしょうしね。となると3試合を函館と帯広で奪い合う、そんな感じになるんでしょうかね?あと週末開催と。
 函館としては地元経済界が既に動いてまして、再来年の2試合復活を球団に要請しているとの事でして。そら2試合と1試合、週末と平日じゃぁ道南以外からの集客にも影響しますし、毎年日本ハムの函館開催はそれなりに函館の経済を潤していた部分もありますしね。そら一大事ですよ。かといって帯広も譲りたくは無いでしょうし、なんとかまるーく収まるアレがあればなぁ。


 日程で他に気になるのは、黄金週間が例年通りのあまり有り難くない前半のみに。まぁ、来年は前半と後半が両方ともうまく週末に重なりまして、なんだか普段の週末と変わらないと言うか、精々ハッピーマンデー程度のアレなんでアレですけど、それでも日本ハムの黄金週間の恵まれなさ過ぎってのは異常だなぁ。数年に1度あるかないかでしょ?黄金週間後半に札幌ドームって。
 そら札幌ドームはJリーグも使ってて、彼方もいい日程を押さえたいんでしょうけど、せめて1年毎に交替ですとかね。それで言えば日本ハムは来年、前半で我慢する順番ですが。

 あと、交流戦明けの一発目も安定のビジター。これもなにかリーグ内規とかで決まってるんでしょうかね?「日本ハムは交流戦明けはビジタースタートとする」とか。まぁ、今年ほど大遠征で無いっぽいですが、たまにはホームから始めたいよね。なんだかなぁ。


【侍JAPANにあの選手!?】
 愈々ってほど待ち遠しい訳でもないですが、侍JAPAN・・・野球日本代表の国際親善試合、対キューバ戦が迫って参りまして。まぁ、WBCとは違って侍JAPANの顔見世興行的な?そんなアレの雰囲気もありまして、野手は兎も角、投手は若手中心といいますか。
 そんな今回の侍JAPAN、日本ハムからは糸井選手と斎藤佑投手が召集されまして。糸井選手は文句なしでしょうが、斎藤佑投手の召集には日本ハムファンのみならず、他球団ファンからも疑問や憤慨、嘲笑と言ったアレな声が挙がってまして。そら今年の斎藤佑投手の成績を見れば、そう言う声を抑えられないのも仕方はないのかな?とかね。

 ただね、これくらいの時期ってシーズンでフルに活躍した投手は、余計な試合には出たくないと思うのですよ。なんせアジアシリーズでさえ日本一の読売でも、投手は若手中心になってたようですし。やはり活躍しきった選手は体を休め、点検し、或いは今年足りなかったモノを補い、来季に向けてスタートを切りたい、或いはその為の準備に時間を費やしたい筈です。
 なのでこの時期は「出られるなら何でも出てアピールしたい」って選手が中心になる場合が多いんじゃないかと思いますよ、特に投手はね。そしてシーズンが不本意であればあるほどね。

 これがWBCや嘗ての五輪など、ガチンコの国際試合となると変わってくるんでしょうが、それでも「ペナントレースこそが選手の本分」と考える選手や指導者も多く、トップクラスの選手でも非協力的ですとか、わかりやすいトコだとWBCの胴元の米プロ野球に籍を置く日本人選手でも、所属球団との調整などで辞退という事もね。

 まぁ此は後程アレしますが、「日本ハムなら吉川だろ!」とか「吉川を選ばないなんてパリーグなめてる!」なんて声もありましたが。
 吉川投手は出られない事情があるわけですが、それがなくても・・・今回の親善試合なら兎も角、WBC等で日の丸を背負うには未々早いと思うんですよ(なので斎藤佑投手も本来は問題外)。もっと日本を代表すべき、代表できる選手、投手がいるだろう!と。それともなにかい?貴殿方は日本代表にはなれない国籍の方ですか?
 此は前回のWBCやその前の北京五輪でのダルビッシュ投手にも思いましたね。ダルビッシュ投手も大した投手ですが、それよりもっと実績のある、日の丸を背負うべき、日の丸背負って先頭に立つべき投手がいるだろう!と。どうして若手の有望株に重責を負わせるんだと。テメェら若手の影に隠れて自分の調整に専念とか、そんなんで恥ずかしく無いのかと。

 具体的に名前を出すとアレですんでアレですが、吉川投手なんてまだ実績1年じゃないですか?それよりもっと各球団でエース格の投手がいる訳で、そう言う選手に日の丸を背負わせるべきじゃないかと。それともアレか?テメェら日教組か?日の丸・君が代で火病るんか?だったらそっちの国の代表として出たらええがな。その方が清々するわ。

 まぁそんなんで、今回の親善試合は時期的なものを考えても投手は厳しいし、結果出してる投手は出にくい、出しにくいと思う。そんな中・・・確かに読売では若手ですけど、澤村投手が日本選手権シリーズからアジアシリーズ、そして侍JAPANの対キューバ戦と出場と言うのは、称賛に価すると思いますよ。重ね重ね読売では若手で、かつ来季は菅野投手も加入で厳しくなる、そこでアピールが必要と言う事情もあるんでしょうけど、天晴れですよ、ええ。
 斎藤佑投手ほか選ばれた投手が・・・そして出たくても出られなくて悔しい、そう思ってる投手こそが、将来の日本球界を支えて欲しい、そう思いますよ。そらペナントレースでの活躍が選手の評価なんですけど、そこだけじゃなく、進んで火中の栗を拾いに行く投手こそ、行きたかった投手こそ、そう言うのに目もくれずに自分の事だけやってる投手よりも上に行って欲しいなぁ、なんて贔屓したくなるのです、はい。


【ゴールデングラブ賞に4人!】
 今年のゴールデングラブ賞が発表されまして、パリーグでは9ポジション中4つのポジションで日本ハムの選手が選ばれまして。一塁手部門で稲葉選手、三塁手部門で小谷野選手、外野手部門で陽選手と糸井選手で、全9ポジションの半分近くを日本ハム勢で占めるとは、日本ハムの守備そのものが高い評価をされたのも同じでして、選ばれなかったポジション、その選手たちも胸を張って誇れる結果だと思います。

 声が挙がってたのは「どうして中田が選ばれないんだ!」的な?いやいや、ロッテの岡田選手だって立派な、ゴールデングラブ賞に恥じぬいい守備の選手ですから。この面子であれば中田選手が選ばれないのも仕方ないと思うんですがね?何がなんでも独占しなきゃってモノでもないですし、そう簡単に揃い踏みとはいきませんよ。
 それと、外野は「左翼・中堅・右翼」ではなく、「外野手」で3人なんですよね。此は守備を評価する賞としてどうかとも思いますし、例えば「左翼・中堅・右翼」であれば、左翼手部門で中田選手はいい線いったかも知れません。ただ、中堅手部門で陽選手と岡田選手が接戦になったかもですし、選び方が変われば選ばれる選手もガラッと違ってた可能性も否定はできませんよ。なので、これ迄の基準で今回の結果と言うのがベストなのかな?とも思います。

 ただ、やはり守備を評価するのであれば、外野もポジション別にした方が良いんじゃないかな?そうは思いますけどね。ベストナインなら兎も角ね。ベストナインはいっそのこと守備位置関係なしに打順で決めるとか?それもまた違うかな?


 他に気になるところではパの一塁手部門の稲葉選手。稲葉選手も及第点だと思うけど、もっと上手い一塁手おらんかったかな?ってのが正直な感想。日本ハムの中でも、一塁ならホフパワー選手が一番ですし、中田選手も稲葉選手より安心して見れると思いますし。まぁ一塁手としての出場試合数からいってホフパワー選手や中田選手の選出はないでしょうけど、他球団でもっと上手い一塁手おらんかったかなぁ・・・とね。

 三塁手の小谷野選手は納得の選出。なんか「エラーしまくり」とか言われますが、事実失策数は多いですが、それが上手い下手に直結はしませんし。遊撃手の守備範囲の縮小をカバーしている部分もあるでしょうし。大体、此だけ守れるだけでも、日本球界にそう居ない三塁手だと思いますよ。
 守備では無いですが打撃の方でも、それだけなら「打てない」で片付きますが、此だけ守れてこれくらい打てる、そう言う三塁手となると更に希少かと。もっと打てて守備が疎か、或いはもっと守れるけどもっと打てない、そう言う三塁手ならざらに居ますがね。まぁもう少し打って欲しいのは正直なアレですがね。


【吉川大ピンチ!】
 はい、今季大覚醒の吉川投手がピンチです。肘の違和感を隠して投ってたようで、今季終盤は。で、検査結果は「疲労による炎症」だとか。選手権終了後に出た話ではありますが、選手権でいきなり悪くしたってもんじゃないでしょうし、まぁアドレナリンとかドーパミンとかそう言うので痛みが和らいでた、あまり感じなかったって部分はあるのかな?とも。
 ただ、日本選手権シリーズでの投球が明らかにおかしかったってのは、大舞台への不馴れだけじゃなくて痛みもあったのかな、と。そこを慮らない無神経な感想を出した事を今は恥じています。

 で、これを監督やコーチが知っての上で起用したのか?ネット上では「痛みがあるなら本人が希望しても登板させるな!」とか、そう言う監督やコーチへの批難もありましたが、中4日での第5戦先発志願の際、相談した武田勝投手にも知らせていなかったようですので、恐らく監督やコーチにも痛みの事は伏せていたと思います。
 思い出せば3年前の日本選手権シリーズ、やはり対読売で第2戦に先発のダルビッシュ投手(現:米テキサス)も腰痛等で後半戦離脱していましたが、本人の「行けます」を信じて登板させて試合には勝った訳ですが、その後指の骨折が判明、骨折を隠しながら投ってた訳で。この時にも「ダルビッシュを骨折させたのは誰だ」「(価値が)軽い勝利」等と揶揄する声がありましたが、本人が怪我の事実を伏せていれば周囲は知りようが無いのですよ、実際。
 なので、この場合も栗山監督や吉井コーチ(当時)は吉川投手の肘の異常の真相に気付く筈もなく、心配はしても深刻には考えていなかったでしょう。吉川投手が報告義務を怠った・・・と批難するつもりは毛頭ありませんが、監督やコーチの責任を問うようなものでもないんじゃないかな?と。
 吉川投手に限らず選手は出たいですから、痛いの痒いの言う筈がありません。余程の事になってなければね。もしも余程の事になってたら、そら本人が隠しても隠しきれん、監督やコーチにもばれるでしょうし。隠せば隠せる程度の症状ってのが、かえって良くなかったとも言えますが、まぁ。

 まぁ、なっちまったものを悔やんでもしゃーないんですけど、問題は吉川投手がどれくらいで回復するか?来季には間に合うのか?そう言う事ですかね?報道によって全治は区々で、数週間から不明まで・・・まぁ、正直ようわからんって事ですかね?
 これのお陰で本人も希望していた対キューバ戦での侍JAPAN入りも消滅、来年のWBCも絶望的って事ですが、勿論肘が回復するという前提ですが、無理使いされなくて良かったとも思いますし、前述の通りたかだか1年の活躍で抜擢と言うのがおかしいとも思いますし。
 代表入りとかそう言うのは、絶対的な実績をぶら下げて全国民に望まれて代表のエースとして日の丸を背負う、次々回(平成29年大会)まで数年の猶予をもらったと思えばね。決して無駄でも遠回りでもないよ。

 ま、兎に角今は肘を治すのが先決でね。そして更に強くなって、今年以上の結果を二度三度と繰り返してね。吉川投手はまだ漸く立ち上がったばかりなんだから、躓きも転びもしますよ。それでも立ち上がって階段を上っていけばね。飛ばし飛ばしで行く必要は無いですしね、うん。


【いといよしお、うみをわたる?】
 はい、どうやらスポーツ報知の飛ばしのようで。報じたのがスポーツ報知1紙のみなんですが、「糸井がポスティング制度での米移籍を希望、球団は認めない方向」ってね。まぁ、ゴールデングラブ賞選出を受けてのコメントで来季の抱負を言ってたりするあたり、少なくともこのオフの米移籍は無いと思いますね。
 ただ、未来永劫日本ハムかというと断言はできませんし、日本ハムを出るなら米球界かな?とも。そして年齢的に海外FAでは遅いでしょうし、そう言う場合はポスティング制度かな?とはね。年齢的に一番可能性があるのは来年か再来年か、そんな感じですかね?国内FAが3年ほど先で、海外FAがその1年先ってのもありますし。まぁ、3年先に糸井選手が日本ハムに居たなら、その時は安心しても良いのかな?とは。

 で、スポーツ報知。まぁ読売系のスポーツ紙ってのもありますが、それなりに避難の声もね。先だっても日本選手権シリーズで日本ハムが読売に負け、疑惑の判定もあって「読売憎し!」「読売を憎まずしてファイターズファンに非ず!」なんて感情も蜷局を巻いておりまして、「読売憎けりゃ報知まで憎い」という流れで叩かれる場面もあったりね。
 でもね、スポーツ紙なんて何処も飛ばしの記事なんてあるもので、ダルビッシュ投手の米移籍のように現実になるまで飛ばし続けるなんてのもね。別にスポーツ報知さんに限った事じゃないですし、もっと質の悪いモノもありますよ。
 寧ろスポーツ報知さんは良心的というかね、選手が否定したら「自覚が足りない!」とか逆ギレして選手を叩く(そして数時間後にネット上から記事削除、紙面にも掲載せず)某紙よりはずっと良心的ですよ、ええ。或いは選手の発言を都合よく曲解して選手の意図とは違う方向に偏向・捏造の某紙とかよりね。



【世界日本ハムなう】
 はい、オフに入って一発目です。出来事とか気になって纏めてたら無駄にボリューミーになっちゃったというか。なかみち食堂の大盛りがまだ良心的に見えるというか。日本ハムと他球団は分けた方が良かったかなぁ?そう言うのも考えようかと。

 今回無駄にアレしたお陰で触れなかったようなのは次回にでもね。も少し考える。そゆ訳で。




↓よろしければポチっとお願いします。多分痛くないんでw
blogram投票ボタン人気ブログランキングへにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
↓以下TB用リンク


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

野球の



プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表



お世話になってる速報サイト




その他
にわか日ハムファン友の会へ
野球に関するブログのリンク集とニュース
カテゴリー
最近のコメント
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
注目記事

TBPとかMyClipとか
現在Trackback Peopleから
大絶賛ハブられ中

F+T.B.People

野球+T.B.P.


アニメ+T.B.P
今日のアニメ 明日もアニメ
今日のアニメ 明日もアニメ


その他リンク2


日本を知ろう
国益.com
I LOVE JAPAN/日本復活
反日マスコミが伝えない親日の話
教科書が教えない歴史
日韓関係の近現代史

特定アジア関係
FlashミラーVer.1
FlashミラーVer.2
ν速発、画像動画サイト
朝銀って何?公的資金投入って何?

朝鮮半島総合
2chハン板
FAR EAST-極東-
マンガ嫌韓流公式
韓断会
もう黙ってはいられない2
ビラのHP
半島大陸メモ
韓国製品不買運動
韓国怪汁大百科
韓国旅行要注意
Kの国と愉快な仲間たち
ルクスお姉さんの居残り授業
韓国人と仕事で困った事
在日コリアン 魂の(我儘な)叫び
ミョンスの韓国情報
楽韓Web
韓国製生ゴミギョーザ事件まとめ
韓国の嫌韓流に対するリアクション
け ん か ん (嫌 韓)
韓国は"なぜ"反日か?
プロジェクトK 朝鮮者たち

ウリナラシンムン
チョソンイルボ
チュンアンイルボ
トンアイルボ
ハンギョレシンムン(朝鮮語)

支那メディア
人民日報

歴史問題
大日本史番外編朝鮮の巻
日韓歴史問題に警鐘を鳴らす
History of Korea
日韓併合前後朝鮮半島写真館
従軍慰安婦について

ウリナラ起源
パクリ大国南朝鮮
朝鮮パクリ特集その1/その2
大韓パクリ博物館01/02
日本の文化は日本のものです
韓国パクリギャラリー
パクリのソナタ2004
PowerMonster
剣道の起源は韓国にあり!?
ねぶた掲示板
韓国のねぶた

2002年W杯不正疑惑
韓国サッカーの裏側
2002年WC総括

南京事件関連
南京大虐殺はウソだ!

領土問題
竹島問題
竹島問題ニュース&リンク
沖縄・日本を守れ
東トルキスタンの人々に平和と自由を
東トルキスタンの(ry日本語Ver.
東トルキスタン情報センター

日本海呼称問題
日本海を取り戻すためのwiki
日本海呼称問題について
日本海は「日本海」
日本海名称問題
日本海か東海か
日本海呼称問題ニュース&リンク

東シナ海資源問題
Life Line

偽善白輪ゴム問題
ホワイトバンドの問題点
ほっとけない日本の汚さ


赤 い リ ン ク

赤 い 軍 隊
帰国者の裁判を考える会

赤 い 団 体
中核派
革マル派
ブント(BUND)
週刊かけはし
旗旗
人民新聞
日大全共闘
都革新
杉並親の会
PEACEBOAT
子どもと教科書全国ネット21
AML
落選運動
OhmyNews

赤 い 特 集
1968年全共闘だった時代
ほっとけない世界のまずしさ
脱・マンガ嫌韓流

赤 い 人 間
新城せつこ
戸田ひさよし
俵のホームページ


リンク3
東方Projectで有名な上海アリス幻樂団さんです
萃夢想や非想天、ひデブの黄昏フロンティアさんです
一迅社発行「月刊コミックREX」「キャラ★メル」「まんが4コマKINGSぱれっと」3誌合同連載展開中、本格ストーリー?な東方儚月抄の公式サイト。キャラ設定が微妙にアレなのはご愛嬌w
東方アレンジや三国志大戦、オリジナルまで幅広いIOSYSさんです
IOSYS発、キラキラ系エレクトロ・ポップ・ミュージックユニット!
鬼才、龍波しゅういち率いるマルチタレントチーム!
イオシスのWebラジオ、はいてない.com
イオシスの作品が大体そろう通販サイトIOSYS SHOP
えーりん!えーりん!明るく楽しく激しいCOOL&CREATEさんです

通販便利だけど送料ちょっと高め
営業所留めが出来ればいいんだけどなぁ・・・

地方のアニメファンの救世主?



プロフィール

世界日本ハム

世界日本ハム

RSSフィード
ブログ内検索
買わない、買わせない、使わない
No!福八!
 札幌ドーム前のラーメン店「福八」店頭にて販売されていた非公認応援グッズは、業者側が球団の警告を聞き入れ販売停止、球団公式グッズの委託販売に収まったようです。

・・・復活ですか?
非公認グッズの販売が再開されているとの情報が入りました。球団との約束はどうなったのでしょう?反故ですか?だとしたらもう・・・
 blog各所でこの問題が取り上げられていました。今後もこういった問題が起きぬよう、いい方法が見つかるといいと思います。

↓こちらのblogなどで詳しく取り扱われています
長万部銘菓
blogリンク増えすぎw
萬田銀次郎 語録
powered by ミナミの帝王



BlogPeopleガチャガチャブログ


その他Blog


その他リンク1

放送局・番組


北海道
HBC北海道放送
HBCスーパーベースボール
ファイターズdeナイト!!
[E]スポーツ
1BAN!ファイターズ
ラジプロ!
ラジオ番組表
テレビ番組表

TVhテレビ北海道
週間番組表

uhb北海道文化放送
Fの炎 SPORT HOKKAIDO
週間番組表

HTB北海道テレビ放送
HTB SPORTS
FFFFF
イチオシ!

STV札幌テレビ放送
STVラジオ
ぞっこん!ファイターズ
STVアタックナイター
ファイトF
ラジオ番組表
テレビ番組表

NHK札幌放送局

東京・関東
TBSラジオ
エキサイトベースボール

QR文化放送
ライオンズナイター

LFニッポン放送
ショウアップナイター

RFラジオ日本
ジャイアンツナイター

TVSテレビ埼玉
TVSスポーツ

CTCちばテレビ
マリーンズナイター

tvkテレビ神奈川
ベイスターズナイター

MX東京メトロポ(ry
MXテレビスポーツ

NTV日本テレビ放送網
CXフジテレビ
TXテレビ東京
TBS東京放送
EXテレビ朝日
GTV群馬テレビ
GYTとちぎテレビ

仙台
TBC東北放送
TBC楽天オンエア情報

OX仙台放送
KHB東日本放送
MMTミヤギテレビ

中京三県
CBC中部日本放送
ドラゴンズナイター
燃えよドラゴンズ

THK東海テレビ放送
SF東海ラジオ放送
ドラゴンズガッツナイター
MTV三重テレビ放送

TVAテレビ愛知
侍スタジアム 2008
どらぐら

CTV中京テレビ放送
NBN名古屋テレビ放送
GBS岐阜放送

近畿
ABC朝日放送
ABCラジオ
虎バン
WEEKLYタイガース
ABCフレッシュアップベースボール

MBS毎日放送
MBSラジオ
MBS 猛虎亭
MBSラジオ タイガースナイター

KTV関西テレビ放送
KTVプロ野球中継

SUNサンテレビジョン
サンテレビボックス席

YTV讀賣テレビ放送
TVOテレビ大阪
KBS京都放送
BBCびわ湖放送
TVN奈良テレビ放送
WTVテレビ和歌山
OBCラジオ大阪(大阪放送)
CRKラジオ関西
WBS和歌山放送

広島
RCC中国放送
RCCカープインターネットスタジアム
赤ヘル大好き!キャンペーン

TSSテレビ新広島
HOME広島ホームテレビ
HTV広島テレビ放送

福岡
RKB毎日放送
RKBラジオ
RKBエキサイトナイター
ホークス歌の応援団

KBC九州朝日放送
ホークスナイター/ダイナミックホークス
Hawks2008

TNCテレビ西日本
とべとべHawks

FBS福岡放送
プロ野球放送予定
ホークス週間MVP
夢空間スポーツ

TVQ九州放送
SUPER STADIUM
VIVA!!SPORTAS


新聞

やまと新聞

北海道新聞
がんばれファイターズ
連載 がんばれファイターズ
連載 ボールパーク
公連載・特集
FORZA!コンサドーレ
黒田+
道スポ

日刊スポーツ
プロ野球スコア速報
日本ハム
ダルビッシュ特集
中田翔特集
日本ハム:写真ニュース
ハム番日記
ガンちゃんのまいど!
コンサドーレ
asahi.com

スポニチAnnex
スポニチ北海道
スポニチAnnex野球
スポニチ九州
スポニチ大阪
オトナのスポニチ
毎日jp

SANSPO.COM
プロ野球-野球-SANSPO.COM
野球 > 日本ハム
ピンクハート
FujiSankei Business i. on the Web
iza(イザ!)
ZAKZAK
MSN産経ニュース

スポーツ報知
全試合結果:プロ野球:野球:スポーツ報知
野球:北海道
読売新聞

中日スポーツ
トーチュウ
中日新聞
東京新聞
北陸中日
県民福井

西日本スポーツ
西日本新聞

デイリースポーツ
東京スポーツ

BNN
函館新聞
函館電子新聞

福井新聞

バンコク週報

虚構新聞
航空機新聞社



野球・スポーツ情報

球界・球団

球場

FIGHTERS関係

野球関係

世界の野球

プロレス格闘技

便利なリンク



ブログ村とかくつろぐとか

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
人気ブログランキング

Powered By FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。