Trackback

Recent Articles

TWITTER

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週2♪世界日本ハムファイターズ♪ 10月11日号 「ほんまもん」なロッテ最終戦、今季公式戦最終戦!

【無形の力】
 野村克也氏がよく著書などで出される言葉に「無形の力」と言うものがある。野村克也氏の裏表全てを肯定する気は更々無いが、この言葉の示す物事に間違いはないと思う。ただ、付け加えるならば野村克也氏こそが無形の力が足りないんじゃないか?そう思う事も屡ね。
 無形の力とは選手で言えば表面的な成績やその為の能力・・・例えば投手なら投球回数や奪三振数、防御率など、野手なら打率や打点、安打数、守備での好プレーに好走塁など、そしてそれらを実現させる身体能力や技術力、そう言う一切ではなく・・・それらも勿論重要だが、その為に野球に打ち込む姿勢、向上心、集団の中での立場を自覚しどう振る舞うか、そう言うものを指したもので、日本ハムは選手の獲得・育成で重視しており、他球団でも同じだとは思う。解釈の違いはあるだろうが。

 こう言う事を重視すべきと言えば、「抑えればどんな悪童でも構わない」とか「打てば後は何しても良い」などと言う方も出てくるだろう。しかし「野球外では何しても構わへんやろ!」と言うような選手が大成したと言う話はあまり聞かないし、「無形の力」を重視する選手としない選手とでは、成功例だけを比べても、成功率を比べても差があるように思う。
 極端な例だとPL学園から西武に入り、FA権を行使して読売に移籍、晩年はオリックスでバットを置いた清原和博氏。清原さんは読売時代の「番長」と成績悪化のイメージが強いが、西武に入団した直後は技術的な未熟はあったものの、森監督らの指導もあって好成績を維持、パを代表する打者とまでなり、好勝負を繰り広げた。しかし読売移籍後は環境が変わったせいか悪評が絶えず、成績も西武時代ほど振るわなくなりましたよね?
 此は清原さん本人だけの問題じゃなく、環境と合う合わないの問題もあったと思いますし、清原さんにとっては恋い焦がれた読売よりも、西武の方が清原さんの「無形の力」を維持できる良い環境だったのではないか?などと思ったりね。

 持ってる選手が活かせる環境に居てこそ発揮できる、そう言うところはあるだろうな・・・と。そう言う選手をどれだけ伸ばせるか、大事に出来るか、そう言う球団が優位に立つでしょうね。無形の力合戦になりますよ、ええ。


【10月9日】vs千葉ロッテマリーンズ第24回戦
ロッテ 8‐9 日本ハム
勝:石井
S:武田久
負:伊藤
本[日本ハム]鵜久森4号ソロ 糸井9号3ラン


blogram投票ボタン人気ブログランキングへにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ


【10月9日「ほんまもん」】vs千葉ロッテマリーンズ第24回戦
 まぁ、熾烈な戦いを制すれば、或いは最後まで可能性を信じて戦ってれば、それなりに消耗はするさぁね。先日、ソフトバンクさんが最終戦・・・そして今季限りで引退の小久保選手の引退試合でオリックスに対して無安打無得点、つまりノーヒットノーランをやられちゃいまして。此について詳しくは後程ですが、優勝決定後も順位争いで必死な戦いを続けたソフトバンクと、切り替えていたオリックスの差でしょうかね?
 かく言う俺が応援する日本ハムも10月は未勝利、2位の西武も優勝目前からの失速と、決して楽なシーズンじゃ無かったわけでね。此はCS、どうなるものかわかりませんよ。もしも楽天やオリックスを飛び入り参加させたら勝ち抜いてしまうんじゃないだろうかとね。優勝争いを極めるって、それだけしんどいのよ。それが楽しいんであってね。

 で、10月初勝利です。間隔が開いててわかり辛かったですが、3連敗だったんですよね、金曜の楽天戦で。9月の28日29日の札幌ドームの西武戦に連勝した後、ヤフードームでソフトバンクに負けてから3連敗、その間に優勝を決めてたってのもありますし、チーム事情としてはそこからCSに向けての調整や確認に入ってたってのもあるでしょうしね。
 必ずしも必死に勝ちを狙う必要が無くなったってのは事実ですし、だからこそ出来る事、すべき事をやらなきゃいけなかった訳でね。そらファンとしては、優勝チームが優勝を成し遂げた野球を、優勝を決めた後だからこそ見たいってのはあったんだろうけど、そしてチームもそれを満たしたい気持ちは有っただろうけど、この先を考えればね。

 でも、勝てて良かったよね。欲を言えば本拠地最終戦で勝ちたかったとか、言い出せばキリはないけど、そう言うアレを同行できる余裕なんて今年のパリーグには無いんですよ、ええ。なんせ優勝チームが優勝を決めたのは、残り3試合なんてところですからね。


 で、先発は武田勝投手。いきなりの投手強襲、脛ですかね?問題は無かったようですが、最悪の事態もあり得た訳で。ただ、だからと「こんな消化試合で投げさせるからだ!」ってのはどうかとね。先週が予告先発の都合上、祝勝会の翌日に1イニングスだけの登板で、そこからCS迄の2週間ちょいの間、ずっと試合に出ずに調整と言う訳にもいかんでしょう?
 また、フェニックスリーグでの調整登板でも怪我の恐れは充分ありますし、もっと言えば試合に出ずに鎌ヶ谷で修行してても怪我の恐れはあります。それを全く排除するなら、土に埋めとくか冷凍庫にしまうかしかないんじゃ無いかとね。

 武田勝投手の次はウルフ投手。此方も調整登板でしたが大乱調。でもまぁ、此くらい打たれて切り替えた方が良かったんじゃないかなあ?ともね。受けたのが先発マスクの鶴岡捕手でしたし、普段とも違いましたしね。ただ、捕手が違う事が乱調の原因だとしたら、大野捕手に何かがあった時が心配ですかね?(色々と隠してます)

 まぁ出す投手出す投手が乱調って感じの中、〆たのは4番手の増井投手、6番手の石井投手、そして7番手・・・抑えの武田久投手。
 増井投手は見事です。此でリーグ新記録の50HP達成、金字塔ですよ。此でも増井投手を認めたくない方々は「増井なんて大したことがない投手です。ちょっとばかり球が速いだけでノーコンの駄目な投手だ」等と宣うのでしょうか?まぁ、増井投手が嫌いなのに無理強いはしませんがね、結局そう言う方々にとっての選手の評価は、選手の実績ではなく極々個人的な好き嫌い、好感度で決まるんでしょうかね?それでも、増井投手は【ほんまもん】ですけどね。
 石井投手は終盤の2イニングスを確り〆てくれました。宮西投手が不安定な時でも頼りになります。ホント、よく復活してくれました。
 そして武田久投手、最後の試合の最後を確り〆ました。代打攻勢?何処吹く風です。ドンと任せて眺めていれば良いんです。武田久投手で打たれたら・・・宮西投手や増井投手、石井投手もですけど、任せた投手で打たれたら、その時は仕方がないんです。信じるつもりも応援するつもりも、辛さや悔しさを共有するつもりも無いくせに、喜びだけは寄越せだなんて、虫が良いにも保土ヶ谷区。

 ただ、宮西投手がピリッとしないのはカッコ悪かったですね。まぁ、優勝決めて以降は勝ちパターン継投を出す展開もなく、登板間隔が開き気味でしたからね。ここから調整ですよ、ええ。


 打線は盛り返してきましたかね?鵜久森選手の先制ソロ弾は鵜久森選手らしい豪快な一打です。こういうのをもう少し多く見せられれば、守備に目を瞑ってでも、或いは指名打者等で使う場面が増えると思うんですよね。あとは右投手に対してとかね。
 糸井選手も3点弾で続く!右の鵜久森選手に左の糸井選手、共に豪快な弾道です!糸井選手は二桁に1本届かぬ9本の本塁打で終えましたが、夏までの不調を考えればよくぞここまで。ここまで迫る9月の活躍があってこそ、チームも優勝できた訳ですしね。

 勝ち越し・・・決勝の一打は陽選手!打率は3割に届きませんでしたが、今年は大きな成長を見せました。来季の起用がどうなるかはわかりませんが、今度こそ「不動の○番」と言われる定位置を、打線の中で手にしたいものですね。3番なんて見たいけどな、やはり1番なのかな?

 近藤捕手は動きまくった試合の最後にマスクを被りましたが、見事に抑えて勝利に導きました。来季は更に出番も増えるのではないでしょうか?鶴岡・大野体制の次の正捕手として、一層の飛躍を期待したいものです、はい。



【"無力"の力?】
 無形の力なんて今更の話でして、此方がメインでしたりして。して「無力の力」とはなんぞや?俺が考えてるのはファンの力、ファンの応援なんかの思いの力が「無力の力」なんじゃないか?「無力の力」であるべきじゃないか?とね。

 「ファンの応援なんか邪魔なだけ」「球場騒音」「選手の集中を切らす」なんて声もありますがね。なんでもゴルフかなんかみたいに投打の瞬間は場内が「シーン・・・」と静まり返り、打った或いは抑えた後に拍手が巻き起こる・・・って、そんな野球観戦なんてないですよ。言っときますが、日本のように応援団のリードによる応援歌やコールの習慣がない米プロ野球でもそんな感じじゃありません。
 実際邪魔か否かと言えば邪魔って選手も居るでしょうし、応援してもらった方が・・・と言う選手も居る訳でね。まぁ日本の場合、アマチュア野球はプロ以上の応援合戦ですし、そう言う環境から出てくる選手はプロに入ってからも応援が好ましいかどうかは別として、「あって当然」と思う選手が多いのではないでしょうか?


 で、そう言う応援が力になる場合もあるでしょう。力に出来る選手も居るでしょう。それで勝った(ような)試合もある(ように感じる)かも知れません。ですがね、だからと言ってファン自身が「ファンの力でチームを勝たせた」「ファンがチームを勝たせよう!」と主張しちゃうのはなんか違うと感じるんですよね。
 そらファンである以上、戦うチームを、前線に立つ選手たちを応援するのは・・・その方法に違いがあっても、それ自体は当然だと思うのですよ。ただ、それは言わば「ファンとしての務め」みたいなものであって、それを「俺たちの勝利だ!」なんてのは少し烏滸がましいと言うか、ファンの傲慢なんじゃないかとね。

 応援して勝つ試合もあれば、負ける試合もある訳でね。その負けた時に、普段から「ファンの応援が勝利の原動力!」なんてファンはどう思いますか?どういう言動に出ますか?いやね、「応援がチームを勝たせる!」なんて言うなら、負けた時はそれが足らないんじゃねえかとね。それを悔やまなきゃおかしいとね。でも、実際には多くのファンが「なんで負けやがるんだ!」な訳でしょ?普段「私たちの応援で勝てた!」なんて人ほどですよ、ええ。
 なんと都合の良いことか!勝った時には「俺たちの勝利だ!」と喜びの分配を要求し、負けた時には「こんなチーム(選手)を応援したつもりはない!」と悔しさは全てチーム・選手に押し付ける。それがファンの応援と言うものかい?勝利に乗じて騒ぐだけの事を応援と言うものか?

 だから・・・何て言うかね、ファンが応援の力を主張するのはおかしいよ、と。そら応援は必要だし、ファンならして当然。だけどそれは掛け捨てでね、見返りを求めてやるもんじゃないよ、と。勝利だの優勝だのって大きい見返りが有ったら、そらラッキーぐらいに思わなきゃいけないんじゃないかと、ね。
 応援しようがしまいが・・・こんなん言ったら元も子も馬場もないですが、勝つときゃ勝つし負けるときゃ負けるんです。ただ、応援は無いより有った方が当然良いものでね。そう言う意味で、ファンの応援は「無力の力」であるべきじゃないかとね。
 ファンの応援と言うものは、やったからといって勝つとは限らない。れでもやらずにいられない、そんな無力なものですよ、と。でも、その無力なファンの応援に応えようと選手らは力を振り絞る、振り絞らせるファンの応援は選手を動かす「無力の力」じゃないかな?と。

 ファンが無力であるからこそ、その応援に選手は応えようとする。それが無力を忘れたら、一寸違う事になるんじゃないかとね。無力なファンの為にチームは戦っている、チームに戦う事を要請しているファンとして、自らの無力さと代わりに戦うチームへの感謝は忘れないで欲しいと思う訳です。


【日本ハムはそんなにいい加減な球団なのか?】
 御存知の通り日本ハムは育成選手制度を使用しておりません。理由としては数多く選手を採用しても出場機会を与えられない、分配すると1人あたりの機会が減少してしまう訳で、試合に出場させる事での育成を重視している日本ハムとしては、そう使えない制度だな・・・と。
 これについては阪神でGMに就任した中村勝広氏も「スカウトの眼力も試さないと」と育成選手制度に否定的な発言をしています。実際のところ育成選手制度は「下手なナントカ数打ちゃナントカ」的なところがありまして、成功例を出している読売なんかも、それ以上に見切っている選手が居る訳です。つまりはスカウトがアマチュア段階で見極められない選手を、プロの二軍で見極めるってだけのようでね、今の制度ではね。あと、長期離脱選手の保留目的とかね。

 でも、そう言うのを「ケチなだけ」「経費節減だろ?」などと言う方も居ましてね。いやいや、使いようによっては安く多くの選手を確保できる制度ですし、現状の制度では66人目から使える訳ですから、選手が一寸多目になった時には使ったって良い訳で。それでも使わないって事は決して経費節減の為だけに使わない訳ではないでしょう。
 そう言う方々は「菅野(投手、東海大)に特効したのは拒否上等で契約金と年俸の1億数千万円を節約する為」だとか、「ダルビッシュ売却(では無いんですが)益の60億(だったっけ?)はフロントの退職金」等と言ったりする訳でね。日本ハムってそんなにいい加減な球団なのですか?それとも、それほどまでにいい加減な球団であって欲しいのですか?

 当然、去年のドラフトでの東海大・菅野投手指名だって入団を見込んで、去年のドラフトではチーム事情を考えて最高の評価の選手だったというだけで。「せめて野村(投手、明大‐広島)にしてれば」「藤岡(投手、東洋大‐ロッテ)なら」等と言われますけど、球団として評価の低い選手を高い選手に優先させる、言わば「欲しい選手より来てくれる選手」と言う指名はしない、それだけですよ。
・・・あ、誤解されるとアレですが、野村投手や藤岡投手も勿論良い投手ですよ。ただ、日本ハムの事情に基づく評価では、菅野投手の方が上だったと言うだけで。ただ、球団として評価が上な以上は菅野投手を指名せざるを得ないとね。菅野投手の指名にもちゃんとした理由が有った訳で、決して経費節減・・・契約金をケチるって訳じゃない筈です。

 ダルビッシュ投手のポスティング移籍金にしても、短期的な選手補強には使えるモノではないですよ。「筆頭株主」にして「最大のスポンサー」の日本ハム(親会社)から毎年30億円の「広告料」をもらってる現状で、そう短期的な目的に使うのが得策でしょうか?もう少し長く、後に残るモノに使うべきと考えてるんじゃないですかね?
 そう言えば「親会社の損失補填に」などと言う噂話(あんなもん、噂話で充分です)もありましたが、例えば一度親会社に入れて少しずつ引き出すとか、或いは毎年の「30億円」に充てたりでも良いんじゃないかとは思いますがね。まぁ、鎌ヶ谷の整備に充てると言う話もありますが、それもありだろうし。お金がある、さあ補強だ!ってだけが球団じゃないんですよ。選手だけでも球団はやってけないですからね。


 この他、歴代監督の采配であったり監督・コーチの人事、外国人選手の獲得方針、先程もアレしたドラフトの指名方針など、兎に角日本ハム球団のする事なす事片っ端から「こんなにいい加減なんだぜ!」みたいなの?それってつまりは「俺の考えと違う!球団は間違ってる!」ってだけじゃないかとね。或いは「日本ハムはこんなにいい加減ですよ」等とファンを惑わせて・・・っと、ここから先は一方通行か。そろそろ新垢で現れる頃合いかね?



【世界日本ハムなう】
 はい、144試合完走致しました。怪我人もそれなりに出しまして「無事」とは言い辛いですが、それでも終わって1番上に居るのは上出来と言うか最高と言うか、出来すぎと言いますかね。まぁ、そんな言い方をしちゃ必死に戦い抜いた選手達に失礼とも思いますが、決してリーグ内でも潤沢とは言えない戦力に不安材料、そう言う状況下で優勝できたと言うのは、今後の日本プロ野球に投じる一石も大きなものになるのではないでしょうか?
 何て言いますか、決して「兄貴、戦争は数だよ」ではないと言いますか。そりゃ最低限の数は必要不可欠でしょうけど、だからといってなかみち食堂のカレー大盛りのルーみたいに皿からこぼれ落ちる程確保したって、一度に試合に出られる数、ベンチに入れられる数、登録できる数にも限りがありますし、そこは程々にと言うものじゃないんですかね?

 今季ですとダルビッシュ投手が抜けて心配はされましたが、終わってみれば吉川投手が立ち上がり、斎藤佑投手がぶつかるべき壁を見つけ、中村投手も可能性の一片を見せた、希望にあふれる結果だったのではないでしょうか?
 野手でもスレッジ選手の離脱があり、キャプテンの田中賢選手まで離脱。しかしそれで機会を与えられた杉谷選手や西川選手が飛躍と言って良い活躍を見せてくれました。
 こういう選手層に「補強しないと大変だ!」「補強しないのは優勝を諦めた証拠だ!」等との声も挙がりましたが、もしもダルビッシュ投手やケッペル投手の代わりの先発投手を補強し、都合よく完投完投また完投の活躍をしていれば、斎藤佑投手は壁を見つけられないままに機会を失い、中村投手への機会も減っていたでしょう。或いは谷元投手の先発投手としての可能性も試せなかったかもしれませんし、多田野投手だって出番は減っていたかもしれません。
 野手だってそうです。スレッジ選手の代わりに大砲の補強で成功していたら、西川選手に出番は回らなかったかも知れません。鵜久森選手だって出番は減っていたでしょう。何より、そう言う補強で怖いのは、成功してもそれがいつまで続くかがわからない、外国人なら来季も居るかどうかすらわからないと言う事。そして、絵に書いたように成功するとは限らないと言う事です。

 それならば補強は必要最低限に抑え、自前の選手に機会を与えて成長を促す、そう言う方針なのではないですか?日本ハムと言う球団は。外国人選手は契約が終わると日本人とは違うフリーエージェントの立場になり、成功した外国人選手等はマネーゲームに組み込まれます。結果として以前はスレッジ選手を手放す事になりまして、そこで無理をしてでも引き留めるなら、無理せず自前の選手を育てると言う選択をした訳で。
 そして外国人選手も日本人選手と同様に、環境を変えて機会を与えれば覚醒しそうな選手を採用する。その結果活躍して次のステージに移るならそれでよし、チームに居残るならそれもよし、そう言う感覚じゃないですかね?何度も何度もミニにタコが出来る程に申し上げている事ですが。クドくてご免なさいね。

 ま、纏めるのはまだ早いですよね。未々熾烈な戦いは残ってる事ですし、気を抜ける時期じゃありません。まずはCS、勝たなきゃいけません。


 で、CSで戦うかもしれないソフトバンクさん。最終戦が小久保選手の引退試合だったわけですが、オリックスの西投手がこの試合で無安打無得点を達成しまして。まぁ、西投手も複雑な気持ちだったでしょうが、引退試合だからと花を持たせる八百長や片八百長の試合は小久保選手だって望まない筈ですよ。その上での結果、胸を張って良いと思いますよ。
 なんだかソフトバンクさんの勘違いしたファンの方が暴言吐かれてるの見ましたが、ああいうのがいるとソフトバンクファンも大変だよなぁ。「野球人気の為にソフトバンクを勝たせろ」「ソフトバンクに向こう10年甲子園優勝投手を獲得させろ」「他11球団はソフトバンクに遠慮しろ」みたいな?流石に此が「普通のソフトバンクファン」だなんて思いやしませんが、こういう人って野球見ていて楽しいのかね?とかねぇ。
 まぁ、向きが違うだけで日本ハムのファンでも似たのは居ますがね。ただ日本ハムの場合は矛先が他球団ではなく何故か自球団を貶しまくる、そう言う方向ですけど、「応援しているチームの敗戦は不当・不正なものであり、是正されねばならぬ」「応援しているチームが勝ち続けて自分を満足させる事、それが絶対唯一の大正義である!」みたいな?それの表現方法が違うだけでね、迷惑なのは一緒ですよ、ええ。

 まぁ、勝ったり負けたり喜んだり悔しがったり、そう言う両方を楽しめない、片方だけしか欲しくないような人達は、勝負事は向いてないですよ、とね。これも何度もアレしてますが。


 それと、DeNAの白井内野守備走塁コーチが退団するかも?と言う情報で、早速「来季の日本ハムのヘッドコーチに!」とかそう言う声が出てましてね。まぁ、日本ハムも現在の福良ヘッドがオリックスに移るかも?と言う話がありまして、そこに白井氏を・・・と言う考えもわからなくもないですが、それなら先ずは「福良さん行かないで!」が先じゃないでしょうかね?
 大体、今更白井氏がヘッドコーチで戻るだなんて思えないんですが。ヒルマン元監督の退任時に残留要請を蹴って退団・・・元々ヒルマン政権時のヘッドコーチ就任も「やるなら監督」と言う考えだったのを、米留学時代に顔見知りだったヒルマン氏の下でなら・・・と引き受けたって話もありますし。退団も監督待遇じゃない事への不満もあったのでしょうよ。

 まあ仮に実現して、西川選手や杉谷選手が守備を上達させて一軍に定着と言うのはあるかも知れません。ただ、田中賢選手がそうだったように、打撃面の進化を止められる恐れもあります。平成19年を頂点としてその後もチームを苦しめた貧打野球の最大の原因・原点は、俺は白井氏にあると思ってますよ。なんせ中距離打者の田中賢選手を見事なまでにバントマシンにしましたから。
 梨田前監督や栗山監督が犠打を用いると「バントまみれ采配」なんて揶揄する方も居ますがね、白井氏と比較すれば全然可愛い、どんな場面でも必ずってアレじゃないですよ、梨田さんも栗山監督も。せめてね、前年の3番打者が居なくなった平成19年には田中賢選手への指示を変えて打たせてくれてれば・・・そう思うんだよなぁ、今でも。
 他にもさ、特に打撃面を軽視と言うか、守備や走塁が取り柄の選手にはそれだけをやらせていたような。確かに守備や走塁は重要だけど、だからって打撃を蔑ろにしてまでとは思わないし、適材適所過ぎるやり方はどうかと思うわけ。

 まぁ来たら来たで拒絶はしないけど、以前と変わってればなぁとはね。此で西川選手や杉谷選手を守備&走塁&バントマシンなんかに仕立てられたりしたら、球団として10年損しますよ。まぁ、高橋信二選手(現:オリックス、日本ハム時代は捕手)や小田選手のような成功例もあるけどね。小田選手や木元選手が故障もなく活躍できていたら、また印象も違ったんだろうけどね。


 ドラフト関連では道都大の大塁選手に調査票を出したとか。他球団も出してるようですが、走塁と守備にセンスを感じる非力な打撃・・・と言うタイプなら、下位の目玉になりますかね?恐らく道都大の佐藤投手にも出してると思いますが、両方は無理だろうなぁ。他に下位ならホンダの櫻田投手に大教大の壹岐投手といった左腕、あと独立リーグか社会人から捕手の補充もありますかね?捕手なら来年でもいい気もしますが。
 入団テストに女満別のエース二階堂君、東農大オホーツクの陶久投手が参加してたって話もあり、下位でどうだろうかなぁ?二階堂君はリストに残らなかったけど、ここでアピールできたかどうか?でも厳しいような気がするなぁ。社会人か大学に行った方がと思うんだけどな。


 とりあえず、公式戦はこんな感じで。ここからCSあって、勝てば日本選手権、そしてドラフトと未々イベントは続きまして、ファンを休ませてはくれませんね。未々、楽しみましょう!



 今回は平成11年10月から放送された、NHKの連続テレビ小説「ほんまもん」より拝借。CSはどうしようかなぁ・・・




↓よろしければポチっとお願いします。多分痛くないんでw
blogram投票ボタン人気ブログランキングへにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
↓以下TB用リンク


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

野球の



プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表



お世話になってる速報サイト




その他
にわか日ハムファン友の会へ
野球に関するブログのリンク集とニュース
カテゴリー
最近のコメント
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
注目記事

TBPとかMyClipとか
現在Trackback Peopleから
大絶賛ハブられ中

F+T.B.People

野球+T.B.P.


アニメ+T.B.P
今日のアニメ 明日もアニメ
今日のアニメ 明日もアニメ


その他リンク2


日本を知ろう
国益.com
I LOVE JAPAN/日本復活
反日マスコミが伝えない親日の話
教科書が教えない歴史
日韓関係の近現代史

特定アジア関係
FlashミラーVer.1
FlashミラーVer.2
ν速発、画像動画サイト
朝銀って何?公的資金投入って何?

朝鮮半島総合
2chハン板
FAR EAST-極東-
マンガ嫌韓流公式
韓断会
もう黙ってはいられない2
ビラのHP
半島大陸メモ
韓国製品不買運動
韓国怪汁大百科
韓国旅行要注意
Kの国と愉快な仲間たち
ルクスお姉さんの居残り授業
韓国人と仕事で困った事
在日コリアン 魂の(我儘な)叫び
ミョンスの韓国情報
楽韓Web
韓国製生ゴミギョーザ事件まとめ
韓国の嫌韓流に対するリアクション
け ん か ん (嫌 韓)
韓国は"なぜ"反日か?
プロジェクトK 朝鮮者たち

ウリナラシンムン
チョソンイルボ
チュンアンイルボ
トンアイルボ
ハンギョレシンムン(朝鮮語)

支那メディア
人民日報

歴史問題
大日本史番外編朝鮮の巻
日韓歴史問題に警鐘を鳴らす
History of Korea
日韓併合前後朝鮮半島写真館
従軍慰安婦について

ウリナラ起源
パクリ大国南朝鮮
朝鮮パクリ特集その1/その2
大韓パクリ博物館01/02
日本の文化は日本のものです
韓国パクリギャラリー
パクリのソナタ2004
PowerMonster
剣道の起源は韓国にあり!?
ねぶた掲示板
韓国のねぶた

2002年W杯不正疑惑
韓国サッカーの裏側
2002年WC総括

南京事件関連
南京大虐殺はウソだ!

領土問題
竹島問題
竹島問題ニュース&リンク
沖縄・日本を守れ
東トルキスタンの人々に平和と自由を
東トルキスタンの(ry日本語Ver.
東トルキスタン情報センター

日本海呼称問題
日本海を取り戻すためのwiki
日本海呼称問題について
日本海は「日本海」
日本海名称問題
日本海か東海か
日本海呼称問題ニュース&リンク

東シナ海資源問題
Life Line

偽善白輪ゴム問題
ホワイトバンドの問題点
ほっとけない日本の汚さ


赤 い リ ン ク

赤 い 軍 隊
帰国者の裁判を考える会

赤 い 団 体
中核派
革マル派
ブント(BUND)
週刊かけはし
旗旗
人民新聞
日大全共闘
都革新
杉並親の会
PEACEBOAT
子どもと教科書全国ネット21
AML
落選運動
OhmyNews

赤 い 特 集
1968年全共闘だった時代
ほっとけない世界のまずしさ
脱・マンガ嫌韓流

赤 い 人 間
新城せつこ
戸田ひさよし
俵のホームページ


リンク3
東方Projectで有名な上海アリス幻樂団さんです
萃夢想や非想天、ひデブの黄昏フロンティアさんです
一迅社発行「月刊コミックREX」「キャラ★メル」「まんが4コマKINGSぱれっと」3誌合同連載展開中、本格ストーリー?な東方儚月抄の公式サイト。キャラ設定が微妙にアレなのはご愛嬌w
東方アレンジや三国志大戦、オリジナルまで幅広いIOSYSさんです
IOSYS発、キラキラ系エレクトロ・ポップ・ミュージックユニット!
鬼才、龍波しゅういち率いるマルチタレントチーム!
イオシスのWebラジオ、はいてない.com
イオシスの作品が大体そろう通販サイトIOSYS SHOP
えーりん!えーりん!明るく楽しく激しいCOOL&CREATEさんです

通販便利だけど送料ちょっと高め
営業所留めが出来ればいいんだけどなぁ・・・

地方のアニメファンの救世主?



プロフィール

世界日本ハム

世界日本ハム

RSSフィード
ブログ内検索
買わない、買わせない、使わない
No!福八!
 札幌ドーム前のラーメン店「福八」店頭にて販売されていた非公認応援グッズは、業者側が球団の警告を聞き入れ販売停止、球団公式グッズの委託販売に収まったようです。

・・・復活ですか?
非公認グッズの販売が再開されているとの情報が入りました。球団との約束はどうなったのでしょう?反故ですか?だとしたらもう・・・
 blog各所でこの問題が取り上げられていました。今後もこういった問題が起きぬよう、いい方法が見つかるといいと思います。

↓こちらのblogなどで詳しく取り扱われています
長万部銘菓
blogリンク増えすぎw
萬田銀次郎 語録
powered by ミナミの帝王



BlogPeopleガチャガチャブログ


その他Blog


その他リンク1

放送局・番組


北海道
HBC北海道放送
HBCスーパーベースボール
ファイターズdeナイト!!
[E]スポーツ
1BAN!ファイターズ
ラジプロ!
ラジオ番組表
テレビ番組表

TVhテレビ北海道
週間番組表

uhb北海道文化放送
Fの炎 SPORT HOKKAIDO
週間番組表

HTB北海道テレビ放送
HTB SPORTS
FFFFF
イチオシ!

STV札幌テレビ放送
STVラジオ
ぞっこん!ファイターズ
STVアタックナイター
ファイトF
ラジオ番組表
テレビ番組表

NHK札幌放送局

東京・関東
TBSラジオ
エキサイトベースボール

QR文化放送
ライオンズナイター

LFニッポン放送
ショウアップナイター

RFラジオ日本
ジャイアンツナイター

TVSテレビ埼玉
TVSスポーツ

CTCちばテレビ
マリーンズナイター

tvkテレビ神奈川
ベイスターズナイター

MX東京メトロポ(ry
MXテレビスポーツ

NTV日本テレビ放送網
CXフジテレビ
TXテレビ東京
TBS東京放送
EXテレビ朝日
GTV群馬テレビ
GYTとちぎテレビ

仙台
TBC東北放送
TBC楽天オンエア情報

OX仙台放送
KHB東日本放送
MMTミヤギテレビ

中京三県
CBC中部日本放送
ドラゴンズナイター
燃えよドラゴンズ

THK東海テレビ放送
SF東海ラジオ放送
ドラゴンズガッツナイター
MTV三重テレビ放送

TVAテレビ愛知
侍スタジアム 2008
どらぐら

CTV中京テレビ放送
NBN名古屋テレビ放送
GBS岐阜放送

近畿
ABC朝日放送
ABCラジオ
虎バン
WEEKLYタイガース
ABCフレッシュアップベースボール

MBS毎日放送
MBSラジオ
MBS 猛虎亭
MBSラジオ タイガースナイター

KTV関西テレビ放送
KTVプロ野球中継

SUNサンテレビジョン
サンテレビボックス席

YTV讀賣テレビ放送
TVOテレビ大阪
KBS京都放送
BBCびわ湖放送
TVN奈良テレビ放送
WTVテレビ和歌山
OBCラジオ大阪(大阪放送)
CRKラジオ関西
WBS和歌山放送

広島
RCC中国放送
RCCカープインターネットスタジアム
赤ヘル大好き!キャンペーン

TSSテレビ新広島
HOME広島ホームテレビ
HTV広島テレビ放送

福岡
RKB毎日放送
RKBラジオ
RKBエキサイトナイター
ホークス歌の応援団

KBC九州朝日放送
ホークスナイター/ダイナミックホークス
Hawks2008

TNCテレビ西日本
とべとべHawks

FBS福岡放送
プロ野球放送予定
ホークス週間MVP
夢空間スポーツ

TVQ九州放送
SUPER STADIUM
VIVA!!SPORTAS


新聞

やまと新聞

北海道新聞
がんばれファイターズ
連載 がんばれファイターズ
連載 ボールパーク
公連載・特集
FORZA!コンサドーレ
黒田+
道スポ

日刊スポーツ
プロ野球スコア速報
日本ハム
ダルビッシュ特集
中田翔特集
日本ハム:写真ニュース
ハム番日記
ガンちゃんのまいど!
コンサドーレ
asahi.com

スポニチAnnex
スポニチ北海道
スポニチAnnex野球
スポニチ九州
スポニチ大阪
オトナのスポニチ
毎日jp

SANSPO.COM
プロ野球-野球-SANSPO.COM
野球 > 日本ハム
ピンクハート
FujiSankei Business i. on the Web
iza(イザ!)
ZAKZAK
MSN産経ニュース

スポーツ報知
全試合結果:プロ野球:野球:スポーツ報知
野球:北海道
読売新聞

中日スポーツ
トーチュウ
中日新聞
東京新聞
北陸中日
県民福井

西日本スポーツ
西日本新聞

デイリースポーツ
東京スポーツ

BNN
函館新聞
函館電子新聞

福井新聞

バンコク週報

虚構新聞
航空機新聞社



野球・スポーツ情報

球界・球団

球場

FIGHTERS関係

野球関係

世界の野球

プロレス格闘技

便利なリンク



ブログ村とかくつろぐとか

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
人気ブログランキング

Powered By FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。