Trackback

Recent Articles

TWITTER

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週2?世界日本ハムファイターズ?? 9月4日号 「遙かなる山の呼び声」に「マイ・ロード」を行く?「とられてたまるか!?」なソフトバンク3連戦!?

【限りなく透明に近いグレー?】
 限りなく透明に近いブルー・・・じゃなくて、限りなくブラックに近いグレーな話。実業団の名門、大阪ガスの野球部で少なくとも10年前から、現在では部員全員が関わる賭博行為があったとの事で。賭けの対象は春夏の甲子園・・・高校野球の他に競馬も所謂「ノミ行為」をしていたとかで。「ブラックに限りなく近いグレー」ですかね?
 これで大阪ガス野球部は当面活動を自粛。此は仕方ないと思いますが、このまま廃部というのは勘弁して欲しいな・・・と。ただでさえ社会人野球は実業団チームの消滅が相次ぎ、クラブチームもヒーヒー言ってる状況。野球選手の受け皿が無くなっちゃうのは辛いですよ。ましてや名門大阪ガスとなればね。

 それと、大阪ガス所属選手の指名を今秋ドラフトで検討していた一部の球団(阪神?)が、大阪ガス所属選手の指名を控えるかもしれない、との事。ここまでやる必要あるんでしょうかね?最悪このまま廃部(なって欲しくないですが)って可能性もない訳じゃないチームに残って、プロも手を出さないとなれば、ねぇ。ここは指名を検討していたなら「事件は遺憾だがドラフトの評価は別」とでも言って欲しいものです。

 確かに賭博行為はアレですが、仲間内での小規模なものについては罪に問わないという事だった筈。まぁそれでも今回は、金額が競馬のノミ行為の方で大きくなってますしアレですけど、事件として刑事的に立件されるとかそういうのでなければ、野球部の一定期間の活動自粛で良いんじゃないですか?廃部とか、プロでも獲らないとか、そういうのはやり過ぎだと思います。
 まぁ他所さんがどうしても勘弁してくれというのなら、そしてそれでもなおプロに進みたい、下位でも構わないというなら・・・って、此が言いたかっただけだとか。ま、日本ハムはないと思うけどね。


【8月31日】vs福岡ソフトバンクホークス第17回戦
ソフトバンク 1‐1 日本ハム
※延長10回、規定により引き分け

【9月1日】vs福岡ソフトバンクホークス第18回戦
ソフトバンク 1‐3 日本ハム
勝:宮西
S:武田久
負:森福
本[日本ハム]小谷野3号2ラン

【9月2日】vs福岡ソフトバンクホークス第19回戦
ソフトバンク 1‐2 日本ハム
勝:中村
S:武田久
負:武田
本[日本ハム]中田18号2ラン


blogram投票ボタン人気ブログランキングへにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ


【8月31日「とられてたまるか!?」】vs福岡ソフトバンクホークス第17回戦
 西武に続いてソフトバンクと3連戦。西武には負け越してしまいましたが、ソフトバンクとはなんとか五分以上の星で、西武に振り切られないようにしたいもの。しかしソフトバンクには西武以上に分が悪いですし、ここが堪え処なんでしょうかね?

 で、分けました。両軍先発投手の息詰まる投手戦から終盤になんとか1点を搾り取りましたが、それを守りきれずに追い付かれ、しかし勝ち越しも許さず引き分けで。そりゃ勝ちと比べちゃ悔しいし惨めですがね、負けと比べたら上等ですよ、当然ながらね。
 なんつーかDEナイトなんかじゃ「勝てる試合だったのに」って声も目立ったがね、そんなに勝利を確信できるないようだったかね?いや、選手とかチームへの不信ってんじゃなくってさ、そんな余裕綽々の試合運びしてたかね?って。終盤とは言え1点差を守りきるってのは、どんな熟練の救援投手を以てしても薄氷を踏む思いですよ。それが「パリン!」といっちゃっただけ。まぁ、どっちも【とられてたまるか!?】ってアレだったと思うよ。

 当然の如く吉川投手の交代に批難が集まるのも無理はないけどさ、だからって「栗山は吉川を信用していない!」ってのも違うと思うぞ。大体、信じてないなら使わない訳でね。使われるべく・・・使うべく準備させてる全ての選手を、監督もコーチも"信じて"はいると思うぞ。だけど、それだけで試合を回す訳にはいかないだろうし。
 吉川投手は彼処で120球ですか。そしてあの場面、彼処に至るまでの投手戦での消耗等も考慮すれば、「そろそろ緊張感も切れる頃合い」と判断されても不思議じゃないでしょう。ソフトバンクの大隣投手が先に降板していた事なども考慮したでしょうし。
 そういう投手の状態の変化は、「信じる」だの「任す」だので誤魔化せるモノではないですし、使う側・・・ベンチの監督やコーチは先読みして判断する必要もある訳で。それがこの試合の彼処だったんじゃないかと。

 結果として代わった増井投手が追い付かれて失敗となりましたから「アレは継投がよくない」って事になっちゃいますが、じゃぁ先発を「信じて」「任せて」マウンド上で糸が切れちゃって痛打されて、それで同じ結果なら納得できるんですかね?と。
 そういう話だと「打たれるにしても続投だったら納得できた」とは言いますよ、誰だって。言うのは非常に簡単ですから。でも同様の場面で納得している方をあまり見た事がないんですよね。大抵は「引っ張りすぎだ」「いつもは継投で裏目なのに続投でも裏目、裏目しか出ない駄目監督」とかね。栗山監督に限らずね。
 何て言うかね、失敗した時にはそこに至るまでに選ばなかった選択肢、それらが非常に魅力的に・・・そらもうキラキラと輝いて見える訳ですよ。でもね、そっちを選ばなかったから、そして失敗を味わって味覚が何を食っても旨いって状態になってるから気付かないだけで、そっちにも同じだけの失敗は潜んでいるんですよ、って。必ず成功する選択肢なんて、野球にはねえんだ。


 攻撃の方でも。西川選手にスクイズを命じた場面、彼処はあると思ってましたし、両投手の投げ合いからこういうアレも有効だとは思いました。兎に角1点を先にとって味方投手陣を楽にしたい、試合の主導権を握りたいってね。そういう意味で、彼処で決まっていたら大きかったと思いますよ。決まらなかったので非常に痛い事になっちゃいまして、失敗した西川選手も痛かったでしょうし。
 「スクイズさせるために3番に置いてるのか!」って、ああいう展開なら中田選手(4番ですが)なら兎も角、田中賢選手や糸井選手、稲葉選手であってもスクイズはあり得たと思いますよ。「ぶっちゃけあり得ない!」って人はスクイズが嫌いなんです。
 ほら、もしもスクイズが決まっててなおも走者残して4番の中田選手・・・なんてなったら、敵方大隣投手の消耗は果てしないですよ。仮に中田選手を抑えたにしても、普通に走者ありの場面とか、走者なしの場面とは比べ物にならないですよ、ええ。そういう揺さぶりもかけたかったのでしょう。

 なんつーかさ、スクイズに限らず犠打は消極的って言う風潮があるけどさ、得点に向けて前進する行動のどこが消極的なのかと。ヒッティングだって凡打で併殺って可能性もある訳で、結果を言うならどっちも消極的になりうる訳ですよ、結果で言うならね。
 失敗した以上は胸張って「積極的だ!」とは言いにくいけど、1点を取りに行く戦術としてスクイズを含めた犠打は有効ですよ。失敗したのは問題だけど、だからって「失敗する作戦を命じた指揮官に問題がある」だなんてさ、じゃぁ必ず成功する作戦とかあるのかよ?ってさ。

 今の日本ハムはチハが主体の日本陸軍で、敵さんは漏れなくシャーマン戦車の米軍ですよ。日本軍のチハじゃどうにもシャーマン撃ち合っても的になるのが関の山で、日本軍はチハを囮に歩兵がシャーマンに近付いて、至近距離から爆弾でシャーマンを破壊するってやり方があった訳だ、大東亜戦争の頃ね。
 それを「戦車を囮に歩兵で敵戦車を爆破なんて消極的だ!正々堂々正面から戦車同士撃ち合うべきだ」なんつってもしょうがないわけで。今の日本ハムで犠打の否定ってのはそういう事じゃねえかな?とね。勿論物資豊富な他球団軍は、だから戦車での撃ち合いってだけじゃなく、歩兵や工作兵も確り使いこなしているんだけどね。
 他所だってブンブン丸で勝ってる訳じゃなく、小技も確りやってんのにさ、より小技に頼らにゃ勝てん日本ハムが、他所以上に小技を否定してどうするよ?って。読売だってソフトバンクだって西武だって、強大戦力を持ちながら細かいところを疎かにしないからこそ強いんであってね。

 西川選手への指示だってさ、西川選手は社会科見学で3番に座らせられてる訳じゃないんですよ、と。勿論そこに置く事で西川選手が発奮する、その事でチームに良い効果があると思って置いてるんでしょうが、兎に角現状の戦力で勝つ為に、離脱した選手を含めた今季ここまでの活躍を無にしない為に、その手段として「3番西川」を選択した訳でね。そこで考えられる全ては指示するでしょうよ。じゃなきゃ3番になんて置きません。

 その西川選手、守備ではガッチガチですね。でも、一軍で二塁守備というのは日が浅いですし、何より打撃で責任重大な場所に置かれてはもう何が何だか一杯一杯でしょう。でもね、田中賢選手だって、かつての木元選手だって二塁守備を一軍で始めた頃にはヒヤヒヤでしたよ。まぁ、田中賢選手は数年間上と下を行ったり来たりして鍛えられてましたがね、木元選手は結構ぎこちなかった、終盤には守備固めが必須でした。
 まぁ、それらと比較しても西川選手は未々ですが、それもそのはずまだ高卒2年目、しかも本格的な守備は今年からですし。そう考えてみると、その割りにはよく出来てるなぁ、とはね。

 「頼られる」以上はなんでもやらされるでしょうけど、そういうのも家賃だと思ってやっていけば良いんですよ。良い経験です。


【9月1日「遙かなる山の呼び声」】vs福岡ソフトバンクホークス第18回戦
 引き分けが「負けに等しい」とかね。いやいや、引き分けは引き分けだから。確かに勝率計算に影響して、それで最終的に順位がアレしたりってのはあるし、それを解消しようとセリーグでは色々試した時期もあったけど、結局は引き分けありってアレに落ち着いて。
 でもさ、引き分けが勝ちだの負けだのってそういうアレはさ、144試合終わって結果が出た時じゃないのかね?いや、勝ちを望んでたら当然ショッキングだけど、引き分け試合の判断はちょっとだけ保留しようよ?と。もしも引き分けの齎した勝率への影響で順位を落としたら「彼処で勝ちきれてたら!」になるし、逆に上げたら「彼処で負けなくて良かった」になるだろうしね。
 場合によっちゃ問答無用の落ち方したら「彼処は勝とうが負けようが仕方なかった」になるかもしれないしね。つーか、そういう結果を予想してる方々って、もうチームが云々とか言う段階には居ないんだから、落ち着いてればいいと思うけどね。それでも出てくるって事は、チームが云々ってのは実は二の次で、本来の目的が別にあるんだと思うよ。おっとっと。

 で、勝ちました。小谷野選手の一発で9回表に勝ち越して、その裏武田久投手が〆て終了。何かと失敗したときの罵倒だけじゃなく、日常的に存在するだけで否定されがちな2人の活躍で劇勝!

 確かにね、小谷野選手の今季成績は叩かれても仕方ないものだとは思う。此は前から否定してはいないよ。ただ、だからといって「だから小谷野は叩こうぜ!」と蔑称使ってのアレとか、そういうアレじゃないんだよ。「叩かれても仕方ない」=「さあ皆さん!どんどん叩いてあげましょう!」ではない訳でね。
 では聞くが、「先ずは小谷野を外せ」と言う皆様は、いったい小谷野選手の代わりに誰を使えば良いと言うのか?それをはっきりと言われる方もいますし、その考えも理解はできます。ただ、それを明かにせずに「兎に角小谷野を外せ!代わりは誰でもいい!」と言うのでは、本当にチームを考えての発言なのかと首を傾げたくなるのですよ。

 いったい何の為に「小谷野を使うな!外せ!」と言うものか。それならいっその事「俺は小谷野が嫌いで顔も名前も見たくないし聞きたくない。活躍も望まない!俺の嫌いな選手は出さないでくれ」とストレートに言ってくれた方がスッキリするよ。
 でも、人って「私は誰某が嫌い」って言いたがらないって言うか、「誰某が嫌い」何て言うと「どうして嫌いなの!」「誰某を嫌いとか言うのは良くない!」なんて言われちゃうからね。だから「誰某を嫌い」とは言わずに「好きになれない」とか「彼奴に好きになれない原因がある」みたいに言う訳さ。恰も「俺が彼奴を嫌いなんじゃない、彼奴が俺に好かれたがらないんだ」みたいにね。因みにアレは例外って言うか埒外。

 なんかそれたけど、閑話休題。「代わりの選手を挙げられないなら文句言うな」的なのは言うつもりはないよ。勝手にそのように解釈したいなら、どうぞご自由にってトコだが。ただ、例えば小谷野選手を外したら誰かが小谷野選手の代わりに三塁の守備に就くし、打線の何処かにも入る訳で。そう言うのを考慮して「小谷野使うなら誰某を使って欲しい」ってのがないんなら、ただ「小谷野が嫌い」ってだけだよね?嫌いな選手を見せるなってだけだよね。
 だから言うなとかそう言うのじゃなく、「貴方は単純に誰某の事が嫌いなだけ」って思われても、「じゃあ代わりに誰を使えば良いと?」と聞かれても、それは貴方の選択したものなんだから受け止めなさいよ、って。

 実際、小谷野選手の代わりに若手選手を使うったってね、上にいる西川選手や杉谷選手、中島卓選手なんかは使われ処がほかにあるようですし、下にいる若手もまだ時間がかかりそうですし。使われる選手の現状・・・段階を無視して「一軍で使え!」ってのは、使われる選手にとっても良い事じゃないと思うけどね。

 まぁ現状、田中賢選手の今季一杯の離脱が確定して、糸井選手の再登録にもやや時間がある状況で、小谷野選手を外してる余裕など無くなりましたが、その前においても「現状のリーグ順位から狙える可能性は諦めない」という至極当然の目的を放棄しない限り、小谷野選手は外せなかったでしょう。そら打順とかは色々思うけど、それだって考えがあるんだろうしね。
 中々いないですよ、アレだけ守れてあの数字ってのは。"守備の人"と思えば2割3分は上等じゃないですか?それを時折中軸で起用するのは正直どうかな?とは思いましたが、それでもそれがこの試合ではアレになった訳ですからね。

 でもまぁ、このままじゃ来年は厳しくなるでしょうし、それは本人もよくわかってるでしょうし。若手の"壁"として、楽に追い越させはしないで欲しいものです。壁というか山になって「越えられるなら越えてみろ」と【遙かなる山の呼び声】を聞かせて欲しいモンです、はい。


 先発の谷元投手。惜しいと言えば惜しいですが、充分じゃないでしょうかね?此処でも交代に異論はあるでしょうし、それも結構な事だと思います。ですが同時にこの試合では、継投策が成功して9回表の逆転劇を引き寄せて、そのまま逃げ切った、そういう事実は理解して欲しいと思います。
 彼処で交代させる要因としては、やはり昨晩と同様に息の詰まる投手戦を繰り広げた、そしてそれが先発投手としての実績も少ない谷元投手だったという事、そして同点でそれ以降の援護が無く我慢の投球が続いていた。そういうアレでの消耗を心配したのではないでしょうか?
 投手とて人間です。常に同じ負荷の下で投ってる訳ではないでしょう。下位打線と上位打線・・・特に中軸相手では緊張感が違うでしょうし、走者の有無や点差なんかでも違うでしょう。例えば早い段階で3点程のリードを貰っていたなら、負荷も少なくまだ続投だったかもしれません。

 確かに「好投してるんだから、先発投手を信頼して!」って気持ちはわかります。でもね、交代させたのは決して信頼してないからではない・・・というのは昨日のアレ(上記)でアレしました。
 もう1ヶ月も早ければ、こういう場面で続投させて経験を積ます事も可能だったと思います。ですが、この時期に至ってはそういう経験を積ませた結果に星を落としては、最終結果に響きかねません。勿論、継投策に出ても失敗するって事はありますし、実際ありましたし。それでも批難を承知でもベンチとしての最善の選択を、一切の情・・・期待も信頼も抜きにして、別次元でやらなきゃいけない。今はそういう時期だと思います。

 そんな中で大きな収穫は、同点の7回裏をモルケン投手が確り投げきってくれた事。前夜も同点の9回裏に登板し、やや胆を冷却しましたが無失点で抑えてくれました。此は大きいですよ。
 勝ちパターン継投ではこれ迄は7回8回が宮西投手と増井投手、9回が武田久投手でした。そして先発投手の完投・続投能力の低さ故・・・特に宮西投手と増井投手の登板が非常に多くなっていました。同点でも7回8回となればマウンドに上がりますからね。
 しかしそこにモルケン投手を加えられれば、終盤3イニングスに救援投手が4人、リードしてる展開では9回は武田久投手とすれば、7回8回の2イニングスに3人という事になります。そうなると展開によっては誰か1人を休ませられますし、何かあった場合の対処も余裕ができます。
 先発投手や打線の方に目が行きがちですが、モルケン投手の獲得は実は日本ハムのチーム事情にマッチした、非常に良い補強なんじゃないでしょうか?尤も、日本ハムのスカウトは当然プロですから、いい加減な仕事をしている訳ではないでしょうからね。

 そして8回が宮西投手でしたので、この日は増井投手は出番なし・・・待機はしてたでしょうけどね、それでも戦場に出ると出ないとでは大違いですし。これだけでもモルケン様々ですよ。そして最後は武田久投手。尻上がりに良くなりましたね。見事ですよ、はい。


【9月2日「マイ・ロード」】vs福岡ソフトバンクホークス第19回戦
 1勝1分で迎えた3連戦3戦目。ここは是非とも勝って、初戦の引き分けを良い方に転がしたいですよね。前にもアレしたかもですが、引き分けってのはボウリングのストライクと一緒でね、その次の結果が引き分けの影響力を左右するっていうかね。
 なので1つ勝って、もう1つ勝って2連勝すれば、実質的に3連勝・・・ってのは大袈裟ですが、2.5連勝くらいにはなるんじゃないかとね。此が1勝1敗だと1.5勝1.5敗ですし、2連敗となれば2.5連敗、そら印象だけでも大違いですよ。
 因みに今はどうだか知りませんが、韓国プロ野球では引き分けを0.5勝0.5敗で勝率計算していたような。ゲーム差が0.25とかめんどくさい事になったりしていたようですが、引き分けの処理方法をアレすれば「負けに等しい」「勝ちに等しい」論争もアレするのかな?とは。となると勝ち点制か?その内アレするか・・・覚えてたら。

 先発は中村投手、ソフトバンクの「未来のエース」候補である武田翔太投手相手に一歩も退かぬは当然、プロでの経験の差を見せつける好投をしてくれました。

 ゲームに例えるのはアレですが、対戦格闘ゲームで言えば武田翔太投手は通常技も協力で効果的な必殺技も付いている、実に使い勝手の良いキャラクターだと思います。速い球が通常技でぐいぐい押して、時折必殺技の緩い球を入れれば打者を打ち取るのはそう難しくないでしょう。
 対する中村投手はというと、通常技も必殺技も特徴がない、決め手に欠くようなキャラクター。しかし技の後の硬直も少なく、使いこなせば最強にもなれる玄人好みのするキャラクターではないかと。勿論、これらは2人とも現時点での感想です。

 やはりというか中村投手は序盤、決め手を欠いて相手の失敗を待つような場面がありました。しかし逆転してもらって以降尻上がりに調子を上げ、技(球)の精度が良くなって通常技のコンボで相手打線を翻弄しました。
 恐らくソフトバンク打線の中村投手の感想は、先週の楽天・星野監督と同様に「あんな投手が攻めきれないとは!」ってところでしょう。実際凄いかと言えば凄い投手じゃないですし、紙一重で打ち崩される可能性もありました。しかしその凄くない投手が凄くないままで、今の自分に出来る事をやりきって勝った事は、正直凄いと思いますし、であるからして凄くない中村投手は凄い投手なんだとね。

 同様のところから谷底に転げてしまったのが、こういう処で出すのはアレですが斎藤佑投手。斎藤佑投手は逆に出来ない事をやろうとして出来る事さえ出来なくなってるんじゃないかな?と。故に結果が「出来なかった」ばかりになって、自信も消え失せてるんじゃないかと。彼の話はまた、次回の結果をアレした後にでもね、うん。今の彼じゃ火引弾だなぁ。

 中村投手は7回まで。充分じゃないですか?1点差と言うのはおっかないもんですが、実績がやはり多くない中村投手にとって、8回は厳しかったでしょう。ま、いずれ越えてくれるでしょうけど、それが今回ではなかったて事でね。
 8回は増井投手、中村投手が7回まで投ってくれたお陰で宮西投手の出番はありませんでした。昨日はモルケン投手が7回、宮西投手が8回で増井投手の登板がありませんでしたが、今日は宮西投手が登板なし。登板なしでも待機はしているでしょうけど、それでも宮西投手と増井投手が1日ずつ出番を抑えられたのは良かったかな?とは。モルケン投手と中村投手の奮投に感謝です。
 で、その増井投手と9回の武田久投手、絶体絶命的な危機をそれぞれ迎えますが、やはりそれぞれ踏みとどまって無失点、良かったじゃないですか。全く危なげなく・・・それこそ危険性0%でなければ認めたくない方もいるでしょうが、救援投手なんてこんなもんですよ、はい。


 打つ方では中田選手ですね。中田選手の一発で逆転、そのまま最後まで逃げ切って勝ちましたから。今は勝利打点の記録も表彰もないですが、結構稼いでるんじゃないですか?特に交流戦明け、更に救援明け。勝負に関わる一打が増えてきたように思います。
 で、今日の本塁打のコメントで「来た球にバットを出しただけ」との事。此がホンモノかマグレかは今後の打席の内容と結果、一生かけて証明していく事になるでしょうが、本当に凄い打者になりつつあります。他球団のマークもより厳しくなるでしょう。
 思うように打てない時期がまた来るかも知れませんし、今年の春先より長く深い谷に落ちるかもしれません。でも、そう言うのを幾度と乗り越えて大物になっていく訳ですし。何より、中田選手は既に絶不調を経験しているという事。もう行き先を見失う事もないでしょうし、立ち直り方ややり過ごし方も知っているでしょう。心配は要りません、多分。

 今日も3番は西川選手。まぁ中々頑張ってるよね。糸井選手が予想以上に早く、最短の10日間で戻れそうですので、3番打者生活も一先ずそれまででしょうが、残された機会は最大限アピールし、かつ今後の自分に必要なモノを学びとって欲しいモンです、はい。自分の道・・・【マイ・ロード】を歩めば良いんですよ、ええ。歩むしかねえしな。



【金村曉を責めないで?】
 なんだか此処の処評判が芳しくないようで、解説者の金村曉さん。でもさ、よく考えてみ?金村さんは解説者1年生な訳ですよ。1年生にしたら良くできてる方だと思うけどなぁ、ぶれまくってるけどね。此が解説者7年目とかだったら「お前さん何年解説者やってんの?」ってなる訳ですけど、1年目から先輩解説者のコピーで終わりたくないという姿勢は見えてますし、充分上出来じゃないかな?とはね。

 まぁ、解説者なんて人によって好き嫌いがあって当然でね、それくらい見方の違うプロが解説するから野球をより深く、より面白く見れるんじゃないですか?中には「私と同じ見方で解説してくれなきゃヤダヤダヤダ!」って人も居るかもですが。そういうニーズに合わせると岩本勉氏のようになっちゃうんだよなぁ。それはそれで望まれてる姿なんでしょうけど、成る程と思う事が少ないんだよなぁ。

 「違う見方」と言えば俺の大嫌いな白井氏(現:DeNAコーチ)だとか水上氏だとか、彼らの野球論の全てを肯定する訳じゃない・・・というか、かなりの部分で同意できない事ばかりですが、それでも彼らの解説は分かりやすいですし、成る程ファンも増える筈だとは思いますよ。プレーの解説と選手評が上手くできているというか、バランスが良いんですよね。自分らが関わった過去を美化するのがアレですが。

 金村さんはね、白井氏や水上氏になれだとか、岩本氏になれってアレじゃないですよ。まぁ、岩本氏になってもらっちゃ困りますが。ただ、プレーの解説と選手評をごっちゃにしたりとか、その上選手評じゃなく選手への思い込みになっちゃってるとか、そういう解説者にはなって欲しくないかな?と。
 あと、人気商売でファンの顔色も気になるでしょうが、ファンに合わせた解説はする必要ないですよ?と。言いたい事があればファンを気にせずズバズバ言えば良いんです。相手選手への配慮とかそういうのもありますがね、1番解説者としてやっちゃいけないのは、ファンに合わせてコメントを変えるって事。

 勿論、球団からの要請とか局からの要請で「そういうのはやめてくれ」「こういう風にやってくれ」ってのはあるでしょうけど、そういう仕事上の制約なら兎も角、ファンに嫌われたくないからとコメントを変えるのはアレですよ。そういうのが見える人も居ますからね。1か月で同一人物への発言が180度変わっちゃうような、夏前までは「監督の考えてる事が全くわかりません!」だったのが、10月には「最高や!」になってる人とか。関西のスポーツ新聞かって。


・・・あれ?岩本勉氏の話だったっけ?いやいや金村曉さん。現役時代から岩本勉氏を尊敬してるってアレだけど、それとこれとは別だと当然理解してる筈。4月から見ると色々と試行錯誤してますよ。まぁ、1年目なんですし、もうちぃーっと生暖かく見てやって貰えんもんかな?と。



【世界日本ハムなう】
 はい、2勝1分でした。負けませんでした。ソフトバンクさんも松田選手を欠いてるとは言え、ここまで双方ロースコアの接戦になるとは思いませんでしたね。引き分けの初戦も含めて3試合全てで、日本ハムは負けてもおかしくないような展開でした。
 何やら「勝てた試合を引き分けにされた」なんて声もありましたが、そんなに余裕綽々でしたか?決定的な差はつけられて無かったですよね。そら5点6点をひっくり返された、追い付かれたってんならアレですけど、負けや引き分けを歓迎する訳じゃないけど、あの展開では何処で負けても・・・全て負けてもおかしくなかった。それが2勝1分の負け無しなんだから、上出来すぎて怖いくらいですよ、ええ。


 それはそうと、NHKのサンデースポーツでソフトバンクの小久保選手のインタビューがありまして見ちゃいましたが、小久保選手については主に読売時代の評判で良くない印象が大きいんですが、アレは読売のチームカラーに合わなかっただけなのかな?こういう小久保選手をリーダーとして必要とする球団が確実にあって、それがソフトバンクなんだなぁ、と。
 読売時代の評判ってのは、若手に見られる時だけハードな練習をこなし、そうじゃない時は手を抜いてる・・・所謂「見せ練」ってアレです。それがチーム内でバレちゃってて、小久保選手が浮いていると。今考えると「小笠原は新庄が大嫌い」とか「佑ちゃん、ベンチでひとりぼっち」みたいな印象操作というか、都合よく切り出したものだったのかも知れませんが。
 或いは逆にインタビューで見せた姿も「演技」だったのかもしれません。ですがそれでもソフトバンクで小久保選手が浮いているという話は聞きませんし、ソフトバンクでは求められてるリーダーなんだなぁ、と。小久保選手がどういうタイプのリーダーかはアレでね。

 それにしても「自分は長距離砲だから、大きいのが打てなくなったからやめる」っていうのはかっこよすぎです。尤も、それが全ての打者が見習うべきだとか、誰某に聞かせたいとかそういうアレはないですがね。ただ、此も1つの立派な考え方だよ、ってね。それでも腰痛が最大の原因だと思うけどね(新庄選手も足腰に視力とボロボロなのが原因だった)。


 それと武田翔太投手の笑顔。未だにゴチャゴチャいう人居るけど・・・まぁ勝手にしなはれですけど、もしも味方だったら「いい笑顔だ」「此は大物の予感だ」なんて持て囃すのでしょう?大体が、新庄選手の笑顔の全力プレーにキャーキャー言ってたのは何処のファンだってよ。「ひちょりと稲田がいた頃はチームに笑顔が絶えなかった」なんて言ってたのは何処のファンだってよ。
 自分らは良いけど他所は駄目、とかね。そう言うことでしょ?自分達がやった事に異論や反論があると「何が悪いの!?」な癖に、同じ事を他人がやると「そんな事やめなさい!」「あれは許せない!」とかね・・・って、それってどっかの困ったちゃんそのままじゃん。ああ、成る程ね。そうなる筈だよ、糞ったれ。


 モルケン投手、非常に助けられてます。同点の終盤で使われるという事は、増井投手や宮西投手に次ぐ評価をされているという事でしょう。来季も居るかどうかはアレですが、場合によっては武田久投手の国内FAを見越した補強かもしれませんよ。必ずしもそれが「次期抑え投手」とは限りませんが、いきなり開幕から勝ちパターンに入れられるよりは、数ヵ月でもやってからの方がやる方もやらす方もしやすいでしょうし。
 まぁ、憶測ですけどね。1番良いのは来季も武田久投手が居て、その上でモルケン投手も勝ちパターンに加わってくれるのがね。ただ、選手の権利ですからそれは止められないですし、日本ハムの抑え投手だって何時かは交代の次期が来る訳で。そういうのはフロントも考えているんだなぁ・・・と、モルケン投手の獲得と活躍に思う訳でして。


 谷元投手が抹消になりました。まぁ、今週は5試合で登板機会がないという事でしょうし、その5試合は武田勝投手から多田野投手、金曜日からはウルフ投手に吉川投手、そして中村投手で回すのでしょう。で、来週の金曜日か土曜日に谷元投手か、はたまた最終テストに合格したら斎藤佑投手という事も?といった感じなのでしょうか?まず谷元投手でしょうがね。

 で、糸井選手が東京ドームで一軍に合流、状態を見て良ければ水曜日にも登録、一軍復帰という事に。此は来週末まで先発ローテが5人で回せるところから、谷元投手を抹消した枠で登録でしょうね。違ったらゴメン。
 杉谷選手や西川選手の出番も減るでしょうし、火曜日1試合が現状最後のアピール機会にもなりかねません。それ以上に田中賢選手入れ替わりに登録された今浪選手に未だ出番が回りません。何とかアピールして欲しいですが・・・


 西武に負け越したのは痛いですが、ソフトバンクには夏前まで程やられっぱなしって感じじゃありません。何とかもう一踏ん張りして・・・主力を欠いて苦しすぎますが、もう一個上を狙いたいですね。狙うんですよ!



 今回は武田鉄矢さんの出演映画作品のタイトルから。福岡だったっけ?



↓よろしければポチっとお願いします。多分痛くないんでw
blogram投票ボタン人気ブログランキングへにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
↓以下TB用リンク


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

>ウッドスタインさん

 どうもです。かえって恐縮させてしまったようですいません。松坂慶子さんと言えば自分は恥ずかしながら「ウルトラセブン」、子供心に美人だなぁ・・・と思いました。

 WBCの参加表明、思うところはありまして結果が出次第書こうと思ってたんですが、安心感以上に腹立たしさが両方にありまして、纏まらなかったので次回以降とさせていただきました。折角リクエストまでいただいたのに申し訳御座いません。出る事自体は嬉しいんですけどね、その後はいずれ記事にて。

No title

 いえ、そのような言い方をされるとかえって恐縮してしまいます。「遥かなる山の呼び声」はともかくとして他の2作品はほぼ忘れ去られたような存在の映画ということもあり、単に何となく懐かしさに釣られてコメントしてしまっただけなので。まあ、あえて言わせてもらえば、「限りなく透明に近いブルー」と「マイロード」ははっきり言って駄作、「遥かなる山の呼び声」は冷静な目で見れば佳作の部類だとは思いますが、私個人はどうも山田洋次監督とは相性が良くないらしく、好きにはなれません。山田洋次の作品で好きなのは、監督作ではなく原作・脚本を担当した「椿姫」という映画で、松坂慶子は最高でした。すみません、野球の話とは関係ないですね。

 野球と言えば、ペナントレースの結果が出るのはもう少し先ですので、それはそれとして、選手会が土壇場でWBCへの出場を受け入れた件について、管理人さんがどう思われているかを知りたいですね。できれば、コメント欄で返事してくれるのではなく、一つの記事として論じてくれることを期待します。図々しいお願いですが。

>ウッドスタインさん

 どうもです。

 なにか思い入れのある作品を穢してしまったようで、申し訳ありません。内容については殆ど考えず(それでも洒落にならないと思った物は避けてます)、その時の試合の感想にはまりそうなタイトルを拝借しているだけで、作品のファンの皆様には申し訳ないなぁ・・・とは思ったりしてます。

 武田久投手の国内FAについては、獲得球団がありそうなら行使するんじゃないかな?と。既に肉体的な限界を越えて居ますが、日本ハムで役目を変えて続けるよりは、他所に出て終わる方を選ぶんじゃないかとか思いまして。或いは1年待って海外とか。残ってほしいのは山々ですが、かといって5回や6回に登板する姿も見たいものでは無いですし。

 ま、夏の甲子園が終わると高校球児の進路の詮索も始まりますし、それこそ「虎の恋人!」とか。優勝争い、CS争い同様にストーブも火を大きくしていきます。またトレード市場の予想とか、色々と増えてきますね。できればドラフト以外はなるべく最後になれるよう、そうなれたらいいなぁ・・・とは。

No title

 「限りなく透明に近いブルー」「遥かなる山の呼び声」「マイロード」、70年代後半~80年の邦画タイトルが並んだので、何となくコメントさせてもらいます。
 まず「限りなく透明に近いブルー」はあまり語る気がしませんのでスルーして、「遥かなる山の呼び声」。多少映画を知っている人なら、このタイトルを見て「シェーン」(往年のカープの外野手ではない)を思い浮かべない人はいません。あの名作「シェーン」を観て誰もが味わうであろうカタルシスを、山田洋次監督はどのように翻案したのか、その評価は賛否の分かれるところですが、少なくとも日本人の目からすると、俳優力は明らかに「遥かなる山の呼び声」の方が上。まあ、健さんの映画ですということで…。
 実は「マイロード」は公開初日の第1回目上映を観に行きました。友人に無理やり同行を強いられたのを断り切れずに。開場前、劇場前に並んでいると、そこに主演の名高達郎氏が現れ、即席サイン会が始まったので、便乗してサインをもらったのが印象に残っています。すなわち、映画の内容については殆ど印象がありません。バックに流れるハーモニカの調べは耳に残っているかな。

 武田久投手が国内FA権取得ですか。他球団をざっと見渡すと、セリーグでは、藤川球児が海外FA流出確実なタイガース、林昌勇が退団確実、バーネットがイマイチ不安定で、あの例の菅野を獲得してストッパーに据えることまで考えているスワローズ、他方パリーグでは、さすがに来季は涌井を先発に戻すであろうライオンズ、ファルケンボーグ、馬原に不確定要素が多く、森福に不満のホークスなどが手を挙げる可能性があり、移籍先に困ることはなさそうですね。どうなりますか。
 気が付けばもう9月、そろそろ、ストーブリーグ本格始動の時期、私の友人のタイガースファンは完全に突入していますが、セ・パのそれぞれ上位4球団のファンは、まだそれどころではないですね。

 取りとめのない内容で失礼しました。
野球の



プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表



お世話になってる速報サイト




その他
にわか日ハムファン友の会へ
野球に関するブログのリンク集とニュース
カテゴリー
最近のコメント
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
注目記事

TBPとかMyClipとか
現在Trackback Peopleから
大絶賛ハブられ中

F+T.B.People

野球+T.B.P.


アニメ+T.B.P
今日のアニメ 明日もアニメ
今日のアニメ 明日もアニメ


その他リンク2


日本を知ろう
国益.com
I LOVE JAPAN/日本復活
反日マスコミが伝えない親日の話
教科書が教えない歴史
日韓関係の近現代史

特定アジア関係
FlashミラーVer.1
FlashミラーVer.2
ν速発、画像動画サイト
朝銀って何?公的資金投入って何?

朝鮮半島総合
2chハン板
FAR EAST-極東-
マンガ嫌韓流公式
韓断会
もう黙ってはいられない2
ビラのHP
半島大陸メモ
韓国製品不買運動
韓国怪汁大百科
韓国旅行要注意
Kの国と愉快な仲間たち
ルクスお姉さんの居残り授業
韓国人と仕事で困った事
在日コリアン 魂の(我儘な)叫び
ミョンスの韓国情報
楽韓Web
韓国製生ゴミギョーザ事件まとめ
韓国の嫌韓流に対するリアクション
け ん か ん (嫌 韓)
韓国は"なぜ"反日か?
プロジェクトK 朝鮮者たち

ウリナラシンムン
チョソンイルボ
チュンアンイルボ
トンアイルボ
ハンギョレシンムン(朝鮮語)

支那メディア
人民日報

歴史問題
大日本史番外編朝鮮の巻
日韓歴史問題に警鐘を鳴らす
History of Korea
日韓併合前後朝鮮半島写真館
従軍慰安婦について

ウリナラ起源
パクリ大国南朝鮮
朝鮮パクリ特集その1/その2
大韓パクリ博物館01/02
日本の文化は日本のものです
韓国パクリギャラリー
パクリのソナタ2004
PowerMonster
剣道の起源は韓国にあり!?
ねぶた掲示板
韓国のねぶた

2002年W杯不正疑惑
韓国サッカーの裏側
2002年WC総括

南京事件関連
南京大虐殺はウソだ!

領土問題
竹島問題
竹島問題ニュース&リンク
沖縄・日本を守れ
東トルキスタンの人々に平和と自由を
東トルキスタンの(ry日本語Ver.
東トルキスタン情報センター

日本海呼称問題
日本海を取り戻すためのwiki
日本海呼称問題について
日本海は「日本海」
日本海名称問題
日本海か東海か
日本海呼称問題ニュース&リンク

東シナ海資源問題
Life Line

偽善白輪ゴム問題
ホワイトバンドの問題点
ほっとけない日本の汚さ


赤 い リ ン ク

赤 い 軍 隊
帰国者の裁判を考える会

赤 い 団 体
中核派
革マル派
ブント(BUND)
週刊かけはし
旗旗
人民新聞
日大全共闘
都革新
杉並親の会
PEACEBOAT
子どもと教科書全国ネット21
AML
落選運動
OhmyNews

赤 い 特 集
1968年全共闘だった時代
ほっとけない世界のまずしさ
脱・マンガ嫌韓流

赤 い 人 間
新城せつこ
戸田ひさよし
俵のホームページ


リンク3
東方Projectで有名な上海アリス幻樂団さんです
萃夢想や非想天、ひデブの黄昏フロンティアさんです
一迅社発行「月刊コミックREX」「キャラ★メル」「まんが4コマKINGSぱれっと」3誌合同連載展開中、本格ストーリー?な東方儚月抄の公式サイト。キャラ設定が微妙にアレなのはご愛嬌w
東方アレンジや三国志大戦、オリジナルまで幅広いIOSYSさんです
IOSYS発、キラキラ系エレクトロ・ポップ・ミュージックユニット!
鬼才、龍波しゅういち率いるマルチタレントチーム!
イオシスのWebラジオ、はいてない.com
イオシスの作品が大体そろう通販サイトIOSYS SHOP
えーりん!えーりん!明るく楽しく激しいCOOL&CREATEさんです

通販便利だけど送料ちょっと高め
営業所留めが出来ればいいんだけどなぁ・・・

地方のアニメファンの救世主?



プロフィール

世界日本ハム

世界日本ハム

RSSフィード
ブログ内検索
買わない、買わせない、使わない
No!福八!
 札幌ドーム前のラーメン店「福八」店頭にて販売されていた非公認応援グッズは、業者側が球団の警告を聞き入れ販売停止、球団公式グッズの委託販売に収まったようです。

・・・復活ですか?
非公認グッズの販売が再開されているとの情報が入りました。球団との約束はどうなったのでしょう?反故ですか?だとしたらもう・・・
 blog各所でこの問題が取り上げられていました。今後もこういった問題が起きぬよう、いい方法が見つかるといいと思います。

↓こちらのblogなどで詳しく取り扱われています
長万部銘菓
blogリンク増えすぎw
萬田銀次郎 語録
powered by ミナミの帝王



BlogPeopleガチャガチャブログ


その他Blog


その他リンク1

放送局・番組


北海道
HBC北海道放送
HBCスーパーベースボール
ファイターズdeナイト!!
[E]スポーツ
1BAN!ファイターズ
ラジプロ!
ラジオ番組表
テレビ番組表

TVhテレビ北海道
週間番組表

uhb北海道文化放送
Fの炎 SPORT HOKKAIDO
週間番組表

HTB北海道テレビ放送
HTB SPORTS
FFFFF
イチオシ!

STV札幌テレビ放送
STVラジオ
ぞっこん!ファイターズ
STVアタックナイター
ファイトF
ラジオ番組表
テレビ番組表

NHK札幌放送局

東京・関東
TBSラジオ
エキサイトベースボール

QR文化放送
ライオンズナイター

LFニッポン放送
ショウアップナイター

RFラジオ日本
ジャイアンツナイター

TVSテレビ埼玉
TVSスポーツ

CTCちばテレビ
マリーンズナイター

tvkテレビ神奈川
ベイスターズナイター

MX東京メトロポ(ry
MXテレビスポーツ

NTV日本テレビ放送網
CXフジテレビ
TXテレビ東京
TBS東京放送
EXテレビ朝日
GTV群馬テレビ
GYTとちぎテレビ

仙台
TBC東北放送
TBC楽天オンエア情報

OX仙台放送
KHB東日本放送
MMTミヤギテレビ

中京三県
CBC中部日本放送
ドラゴンズナイター
燃えよドラゴンズ

THK東海テレビ放送
SF東海ラジオ放送
ドラゴンズガッツナイター
MTV三重テレビ放送

TVAテレビ愛知
侍スタジアム 2008
どらぐら

CTV中京テレビ放送
NBN名古屋テレビ放送
GBS岐阜放送

近畿
ABC朝日放送
ABCラジオ
虎バン
WEEKLYタイガース
ABCフレッシュアップベースボール

MBS毎日放送
MBSラジオ
MBS 猛虎亭
MBSラジオ タイガースナイター

KTV関西テレビ放送
KTVプロ野球中継

SUNサンテレビジョン
サンテレビボックス席

YTV讀賣テレビ放送
TVOテレビ大阪
KBS京都放送
BBCびわ湖放送
TVN奈良テレビ放送
WTVテレビ和歌山
OBCラジオ大阪(大阪放送)
CRKラジオ関西
WBS和歌山放送

広島
RCC中国放送
RCCカープインターネットスタジアム
赤ヘル大好き!キャンペーン

TSSテレビ新広島
HOME広島ホームテレビ
HTV広島テレビ放送

福岡
RKB毎日放送
RKBラジオ
RKBエキサイトナイター
ホークス歌の応援団

KBC九州朝日放送
ホークスナイター/ダイナミックホークス
Hawks2008

TNCテレビ西日本
とべとべHawks

FBS福岡放送
プロ野球放送予定
ホークス週間MVP
夢空間スポーツ

TVQ九州放送
SUPER STADIUM
VIVA!!SPORTAS


新聞

やまと新聞

北海道新聞
がんばれファイターズ
連載 がんばれファイターズ
連載 ボールパーク
公連載・特集
FORZA!コンサドーレ
黒田+
道スポ

日刊スポーツ
プロ野球スコア速報
日本ハム
ダルビッシュ特集
中田翔特集
日本ハム:写真ニュース
ハム番日記
ガンちゃんのまいど!
コンサドーレ
asahi.com

スポニチAnnex
スポニチ北海道
スポニチAnnex野球
スポニチ九州
スポニチ大阪
オトナのスポニチ
毎日jp

SANSPO.COM
プロ野球-野球-SANSPO.COM
野球 > 日本ハム
ピンクハート
FujiSankei Business i. on the Web
iza(イザ!)
ZAKZAK
MSN産経ニュース

スポーツ報知
全試合結果:プロ野球:野球:スポーツ報知
野球:北海道
読売新聞

中日スポーツ
トーチュウ
中日新聞
東京新聞
北陸中日
県民福井

西日本スポーツ
西日本新聞

デイリースポーツ
東京スポーツ

BNN
函館新聞
函館電子新聞

福井新聞

バンコク週報

虚構新聞
航空機新聞社



野球・スポーツ情報

球界・球団

球場

FIGHTERS関係

野球関係

世界の野球

プロレス格闘技

便利なリンク



ブログ村とかくつろぐとか

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
人気ブログランキング

Powered By FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。