Trackback

Recent Articles

TWITTER

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週2♪世界日本ハムファイターズ♪♪ 8月25日号 「じれったい」けど「熱視線」で「あの頃へ」!?なオリックス3連戦!

【辞退なんて必要ない】
 全国高校野球選手権・・・夏の甲子園終わりまして。大阪桐蔭高校が選抜に続いて春夏連覇達成です、お目出度う御座います!高野連の偉い人が何かやらかしたようですが、それでも甲子園で繰り広げられた全てが真実です。勝者も敗者も誇らしいですよ、ええ。

 で、やらかしたと言えば仙台育英高校。報道では甲子園大会に配慮してか学校名を伏せてたようですが、野球部周辺で生徒間の力量差、ヒエラルキー的な構造を悪用しての根性焼き(火の点いた煙草などを腕などに押し付ける度胸だめし・虐待の一種)が行われたとかで、此が所謂「いじめ」(と言えば子供の悪戯っぽいが、実際は犯罪的な行動も多い)にあたるのではないか?出場を辞退すべきではないかと言う声が結構ありました。
 また、期間中には作新学院高校の野球部員・・・今回の出場メンバーに選ばれなかった部員が犯罪行為で挙げられたようで、それに「過去の事例から辞退はしない」と学校が発して「どうなの?」という声も。果ては先の仙台育英高校との対戦もあり、変な注目を集めたりね。どちらも、グラウンドでやってる選手にはいい迷惑ですよ。え?関係者いるの?

 俺はこういうアレで部が連帯責任で出場辞退ってのは前々からどうかと思っててね。酷いのになると、OBが交通事故ってだけで出場辞退した例とかね。そこまでアレするなら、どこの高校も周囲に何かしらのトラブルはあるだろうし、それこそ北教組の選挙違反とか北海道の高校は殆どアレだったろ?いや、辞退しろってんじゃなくてさ、責任の取り方にも別のアレがあるんじゃねえかとね。
 例えば野球部全体で組織的に犯罪に手を染めてた、非行に趨ってたってんなら、そりゃ全体の責任だろうね。そら野球部として責任は取らなあかんでしょう、辞退とかね。でも個人の行動が問題であれば、その個人を部として処分する・・・謹慎とか退部とかね、そういうアレで良いんじゃないかと。それが軽すぎるとか重すぎるとか、そういうアレなら高野連が指導とかアレしたらいいと思うしね。

 噂では結構アレがアレとかそういうアレも聞くけどね、作新は国体辞退までする必要あるのかな?とかね。なんでも辞退すれば解決みたいな風潮こそ、問題解決には程遠いんじゃねえかなぁ?とも思う訳でね。


【8月21日】vsオリックス・バファローズ第16回戦
日本ハム 13‐3 オリックス
勝:武田勝
負:木佐貫

【8月22日】vsオリックス・バファローズ第17回戦
日本ハム 8‐13 オリックス
勝:マクレーン
負:八木
本[日本ハム]中田15号ソロ
本[オリックス]赤田1号ソロ 高橋信2号2ラン T‐岡田6号3ラン

【8月23日】vsオリックス・バファローズ第18回戦
日本ハム 7‐1 オリックス
勝:ウルフ
負:寺原
本[日本ハム]ホフパワー10号3ラン 糸井5号2ラン


blogram投票ボタン人気ブログランキングへにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ


【8月21日「熱視線」】vsオリックス・バファローズ第16回戦
 熱中症に注意ですよ。まぁ、この記事がうpされるのは旭川開催終了後なんでアレですが、北海道はこの時期も厳しいんですよね。特に帯広に旭川って内陸部は中華鍋かホットプレートの上みたいなもんですから。まぁ、海が近い函館でもこの時期は辛いですけどね。ま、旭川にナイター設備が整う来季以降は"真夏の死闘"も減るんでしょうが。

 5回に打者16人・・・打者1.8巡の猛攻ですか!もうちょい続いてれば2巡だったんですがね。まぁ、アレ以上を望んじゃいけないでしょうし、程々にね。敵を辱しめるのが目的ではないですし。
 そんな中光ったのが適時打2本の稲葉選手と鶴岡捕手。稲葉選手はあるかとは思いましたが、鶴岡捕手は勝負強さが光輝いています。鶴岡捕手は今季、打撃が絶好調ですが打率の良さよりもこうした勝負強さ、売って欲しい処での一打が「強打者」と言われる所以ではないかと今更ね。これをずっと考えてたら誰かに似ていると、一昨年辺りまで打撃が好調だった時の金子誠選手のような打撃だなぁ、と。
 金子誠選手は二岡選手の加入で危機感を・・・と言うのが専らの論調ですが、それはさておき鶴岡捕手はやはりその時期に加入した大野捕手との競争があってこそなんだろうな、と。リードは鶴岡捕手に一日の長があっても、打撃と走塁・・・攻撃時の存在感は大野捕手が上回ってまして、「守りは鶴岡、攻めは大野」という感じになってましたし。
 何度も言ってますが、そうした処で「このままでいいのか?」という危機感が鶴岡捕手を発奮させてる部分は大きいかと。打撃では今季勝負強さを見せていますが、それ以前に去年辺りから走塁が凄く良くなっている、足が速くなってますよ。この時期は注意です。そうした変化を一番感じているのは本人と、競う大野捕手ですよ、多分。今後も2人の競争は激化していくと思いますし、それがチームの底上げに繋がると信じていますよ。

 西川選手が2番三塁手で先発出場を果たしました。此は小谷野選手の腰の不調によるものですが、こうした処で機会を得ながら、より上の場面を狙っていけば良いと思います。急激じゃなくていいんです、徐々に徐々に出番を増やせば。見守ってますよ、【熱視線】で。
 此に結果が伴ってれば良かったのですが、打っては3打席で音無し、守備でも悪送球としょっぱい先発出場になってしまいました。でも、こんなもんですよ。こういう場面を幾度となく乗り越えて、レギュラーになっていくんですから。陽選手だって中田選手だって、糸井選手だってそうだった。此で凹んじゃ駄目ですよ、日曜の最後の打者だってね。
 まぁぶっちゃけ、代打とか集中力が必要なところは集中力でなんとか出来たでしょうが、先発となると複数の打席、しかも場面も限られない、どんな状況で打席が回ってくるか・・・と選択肢が一気に増えます。こういうところでいきなり結果がでないのは仕方がありません。
 「だから失敗を恐れず使い続けろ」とも言えません。選手には各々見合った段階とか場面とかがあるでしょうし、そうした処で結果を出させつつ、そうじゃない処で内容を測りつつ、そう言う段階なのでしょう。ただ、小谷野選手の腰痛での離脱は、西川選手や杉谷選手にとって好機と言えば好機ですよ。

 小谷野選手はこの試合も出番無し。まぁ勝手に変な妄想で悲劇のヒーローに仕立ててる下衆な害獣も居ますが、腰痛ってのは後述の通り厄介なモノでね、短期間では厳しいんじゃないかと思いますよ。嘗ては金子誠選手なんかも離脱しましたからね。テレビの裏の掃除でしたっけ?
 まぁ旭川まで代わりの選手を呼び寄せるのもアレですし、此処で抹消だなんだってのはあまり意味がないかも知れませんが、札幌ドームでも出られないなら思いきって10日間、遠征(と札幌ドーム3試合)をパスする感じで休むのも仕方ないかな、とは。まぁ、場所が場所だけに、無理は利きませんからね。ま、そう言うのはベンチがよく考えて判断するんだろうし、此処で抹消とかならんって事は軽いのかもね。


 武田勝投手は最初と最後が良くなかったですね。何でもブルペンとグラウンドの明るさが違って遠近感が掴みづらかったとか?まぁ、地方球場ですしそう言うところは仕方ないですね。来年は多分ナイターなんで、それに合わせて照明器具を調整してもらえたらなぁ、とは。
 でも初回に、四球から失点というのはらしくないと言えばらしくない。でも今年は今まで以上に四球が目立つようになってますし、こういうのも今後は覚悟していく、その上で今までよりも総合的に上の・・・強い投手になっていくのか?それともただ単に遠近感と調子のマジックなのか。答えが出るのはまだまだ先ですね。
 7回に2失点、この回から大野捕手に代わったわけですが、それで常に(他の投手も含めて)失点している訳で無し、「オオノガー」って訳じゃないんじゃないかとはね。中盤以降は鶴岡捕手でも失点しやすいですし。この辺りは"実質エース格"としてなんとかして欲しいかなぁ、とはね。

 8回9回は根本投手。いまいちピリッとしませんでしたが無失点。此処は結果オーライで。結果を先に、内容は後追いで整えていけば、宮西投手の負担も減るかなぁ?ってね。


【8月22日「じれったい」】vsオリックス・バファローズ第17回戦
 はい、軽かったです。最近は「コルカタ」と言われるインドの都市じゃありません。小谷野選手の腰です。まぁ小谷野選手を少し黒く染めてターバン巻けばインドの風景に溶け込みそうですがね。此くらいで復帰できるって事は腰痛が本格的にやって来たんじゃなくって、ちょっとピリッと来て「これ以上進んだら落ちます」みたいな処、崖っぷちでピタッと止まってバランスとってるような感じだったのかな?
 ホント、腰痛って動けないから、本格的にやっちゃったら。それが数日で出られるなら大事をとっただけですね。まぁ、出られる以上は心配要らんのでしょう。バリバリ稼いで貰いましょう!

 で、1安打1打点。守備でも腰の不安を感じさせず・・・と。結局はこうなんですよね、一昨年の打点王以降小谷野選手にかけた期待からすれば大外れでも、「若手と併用されるベテラン選手」としてなら充分以上、それくらいの差は未だにあると思うのです。
 勿論、「だから小谷野選手のレギュラーは今後も安泰!」ってんじゃなくってね、小谷野選手だってこのままでは難しいですし。この状態の小谷野選手を脅かす程度にも、西川選手も杉谷選手も未だ達してはいないなぁ、とね。当然そんなんは本人達が一番痛感しているでしょうし、来季は本気で狙いにくるんじゃないかなと。なので、小谷野選手は来季もこのままなら「安泰」なんて事はないと思います。
 小谷野選手は流石に中軸は任せられないですが(時々5番を打ちますが)、2番とか下位なら程々に効果を発揮できてるんじゃないかとは思うんです。2割そこそこでも器用さを活かすというか、今や「意外性」になりつつある打撃を何処に置くかとかね。
 返す返すも此のままでは絶対にいい未来はないですし、来季は今季の失敗点を克服して捲土重来としてくれるものと思いたいですし、そんな小谷野選手に待ったを掛けられる程に若手も伸びて欲しいと思うのです。若手の台頭にしろ、小谷野選手の復権にしろ、すんなりいき過ぎるのも考えものだなぁ、と。【じれったい】モノはあるけどね。

 中田選手、素晴らしい本塁打です。ソロ弾なのがアレですが、此で15号。なんとかあと5本程外野席にぶち込んで、格好のつく数字にして欲しいものです。打率も上がってきています。未だ物足りない数字ですが、球宴以降だけなら、相当なハイペースではないでしょうか。
 確かに春先の低迷で数字は相当寂しいですよ、通算ではね。でも、そう言う中田選手の成長を感じるのが今季の目的の1つであった訳ですし、中田選手にとってもそうでしょう。それをスタート地点を指して「お前はこんな低い処に居た!だから今も低い!もっと高い地点からスタート出来ていれば!」と言うのは、登山で言うなら「山頂近くからスタートすれば、早く頂上に着ける」と言うようなモノでして。果たしてそれを登山と呼ぶのか?
 まぁ、そんな外野の声もお構いなしに、よくぞ確り登ってくれました。確かに低い地点からのスタートで、限られた期間内で到達できた標高は低いのかもしれません。でも、一歩一歩踏みしめた数は他者に劣るとは思いません。頂上なんて未々先の話、今は残りのシーズンで何処まで登るか、来季は何処から登るか、そういうアレでしょう。

 6回裏に大猛攻。だけど、あと一押しが出来なかった、押しきれなかった。その直前の3失点とか、直後の3失点とか、そういうアレもあるけどね、押しきれなかった攻撃だってアレだよ。
 そんな中若武者が活躍?近藤捕手が凡打ながら走者が生還、プロ初打点をマーク。西川選手も代打で出場して、確り選んで四球。派手ではないけどね、こういうのも積み上げていかないと。彼らに加えて杉谷選手に中島卓選手と言ったあたりが順調に出番を増やし、中島卓選手等は終盤の守備固めに必要な選手になっています。
 今後は激化するであろう9月戦線に向けて、場合によっては投手の拡充とかで削られる選手が出るかもしれない。でも、それはその選手にとって一軍に残れなかった"足りない箇所"を埋める為の有意義な1ヶ月になるかもしれない。残った選手は残った選手で、下では絶対に味わえない極度の緊張感の中でのプレーを体感できる。此処まで生き残った事そのものが、彼らにとっては至宝であると。
 勿論、全員最後まで一軍に残れればね。生臭い話ですが、一軍最低年俸との差額が日割りで加算されるわけですからね。そう言うのも若手選手のモチベーションにはなると思います。


 八木投手は庇えないよ。前回の斎藤佑投手のアレ同様、「ごり押し」「依怙贔屓」的な擁護を期待してくれてた方には残念なんだろうけど。罵りはしないだけ、理解を拒絶して頭ごなしに否定・排斥しないってだけで、駄目なものは駄目と言ってるつもりだけどね。
 「こいつは駄目だ、最初から駄目と決まっていた!期待なんて出来ないし、するだけ馬鹿」ってんじゃなくて、「此は駄目。それでもこんな期待をされてるんだから、それに応えて欲しい。今回駄目でも、いつか機会が未だあるなら挽回して欲しいし、してくれると信じている」ってだけでね。駄目だった選手を「駄目」と言ったからといって、金輪際見捨てなければいけないって法はないしね。

 八木投手は前回打者2人に8球投った処で危険球退場ってのがあって、はっきり言って不完全燃焼。それで中6日のローテーションはずっともやもやしてたってのはあるでしょうが、その前が帯広で炎上だからね。それで今回がこうだと、どうにも悪い印象しか残らない訳で。せめて先週、危険球退場がなく好投できてれば・・・と、タラレバはアレですしね。
 此で抹消、此は今回の炎上とはあまり関係がないんじゃないかな?と。土曜日の先発投手を登録するのに枠を空ける必要もありましたし、どちらにしろ抹消されたとは思いますよ。ただ、その先への信頼感のようなものはね。次の機会があるとしたら、そこで余程確りやらないと厳しいですよね。そんなのは、やはり本人が一番痛感している事ですが。

 八木投手の後を受けた救援投手陣も、根本投手以外は綺麗に失点しました。ま、追い付きかけたところでの失点は堪えますが、勝ち試合を壊されるのとどちらが良いかと言われたらね。救援投手陣、総出で厄落としの日だったと思えばね。こんなもん、怖がってたら投手なんてやってらんない?


【8月23日「あの頃へ」】vsオリックス・バファローズ第18回戦
 八木投手はやはり抹消。そこまでは読めてましたが、なんと木田投手が登録されました。恐らくは救援要員だと思いますが、ここでこうして合流するという事は、やはり八木投手の抹消は予定通りだったってことでしょうね。いや、炎上して云々ってアレを立ててた訳じゃなくてね、先発投手のやりくりの為に抹消する予定だったって事ね。
 で、木田投手。出番は無かったですが、もしもを考えると旭川で救援投手を使いすぎた感もあるんで心強い援軍ではありますね。まさかとは思いますが、谷元投手の先発予定と見られる土曜日(8月25日)に、実は木田投手が先発とかそういうアレはないですよね?ないよね。

 木田投手の出番が無かったという事は・・・先発のウルフ投手が大好投!来日後初の完投勝利を挙げました!もう少しで「完封」になりましたが、そいつはまたのお楽しみって事で。三振も自己新となる1試合9個、いい感じに投れてましたね。全く危なげがありませんでした。
 そんな中、バルディリス選手への死球で場内騒然。バルディリス選手が激昂してウルフ投手に詰め寄る場面がありまして、一旦収まったかと思われたら、その後走者として二塁でアウトになった時に再びウルフ投手に詰め寄るバルディリス選手。まぁ、死球で打者が投手に詰め寄るってのはない話じゃないですが、一旦収めて走者になった後、またぶり返すのはあまり見るものでないですよね。
 バルディリス選手の気持ちもわからんでもないですし、アレは投手への牽制って意味もあるでしょう。ですが走者になって終わった後にもう一回というのはどうだろうなぁ。確かに一回で全部やると退場の可能性も高くなりますが、こうして分ければそこまで審判さんのメーターも上がりきらないんじゃないかと。でも、だからと流行るのは勘弁して欲しいなぁ。


 打ってはホフパワー選手と糸井選手が特大のアーチで共演。ホフパワー選手は3点弾で、今季10本の本塁打の内3ランは実に4本!3ランだけで12打点ですよ。更に満塁弾もありましたし、此で「チャンスに弱い」はどうなんだろうな?と。まぁ、走者三塁や二塁三塁の場面は打率0割ですが、一塁二塁の時は.353と打ててますしまぁ、走者なしの場面に対して走者有りの場面が少なかったりしますけどね。
 糸井選手も調子は上向くんだろうな。ただ、これまで何度かあったそういう場面は、何時も途中で萎みましてね。ここは是非とも確り復調してくれて、打線の中軸を担って欲しいなぁ、と。糸井選手が試合を決めてた【あの頃へ】戻れる事を期待します。



【実は大きい?小谷野の穴!?】
 コメントでもいただきましたが、小谷野選手の不調はちょっと深刻で、守備は兎も角打撃ではどうにも扱いづらいシーズンとなってまして。とは言え小谷野選手以外で三塁を守りきれるのは飯山選手ぐらいしか一軍に居らず、体調が万全である限り小谷野選手を使う以外には無いのかな?とも思います。小谷野選手には真に失礼な物言いですが。
 これもコメントへの返答でアレしたアレですが、そもそも昨オフの減量が今季の打撃不振に繋がってるんじゃないかとね。確たるアレはアレですが、それ以外に大きく変わった処も無いですし、打撃を大きく狂わせた元凶かな?とか。

 小谷野選手は一昨年4番打者を務め、打点王に輝く活躍を見せてくれましたが、そのオフには腰を痛めて満足な調整も出来ませんでした。その結果体重オーバーでキャンプを迎える事になり、事情を知らない・・・知ろうともしないファンからは「タイトルを獲って慢心した」等とも言われましたが、腰痛で満足な調整が出来なかったのであれば、致し方の無い事だったと思います。
 こういう事をアレすると「腰を痛めてもできる事がある筈!」なんて言う人が出てくるんでしょうが、そう言う奴らはいっぺん腰痛になってみろと、 動 け な い か ら ! 腰痛以外でも傷に響かないように動くにはかなり不自由だと言うのに、腰なんて人体のど真ん中、プロレスで言えばWJ、這って歩くにも激痛と親交を深める事になる訳で。

 それでもキャンプをこなしてオープン戦に入ると今度は骨折、骨折も間に合わせて開幕すると交流戦では肉離れ・・・と、昨年の小谷野選手は兎に角怪我に祟られました。その反省か今年のキャンプにはすっかり体を絞った状態で現れましたが、今となってみたら体重は落とさない方が良かったかなぁ?なんて思うわけですよ。そりゃオーバーはアレですが、落としすぎもねぇ。


 ただ、球団としてみれば2年連続で、しかも右肩下がりの不調な訳です。一昨年の大活躍があったからこそ、昨年は怪我で離脱しながらも使い続けられましたし、悪いなりの結果もありました。ですが今年は去年より結果を落としていますし、起用法への戸惑いもあるんでしょうが、悪すぎるかなぁ・・・とは。
 しかし、小谷野選手を外すとして、満足に1試合任せられる選手が居ないのも事実。打撃に光るものがあるが守備に難がある、或いは逆に打撃はお粗末だけど守備は一級品、帯に短し襷に長しです。また、新進気鋭の若手選手も、限られた出番では光る場面が目立ちますが、継続して起用するとまだアラが目立ちます。そういった中、結局は守備はピカ一で打撃も実績はある小谷野選手に頼るのは、仕方ないのかなぁ?とはね。

 また、内野では金子誠選手の後継者問題もあります。それが未だ解決を見ないうちに小谷野選手も・・・となると、ちょっと内野が忙しくなりすぎるかな?ともね。控え選手がそれだけ減る訳ですし。
 金子誠選手の後継者問題では金子誠選手の存在の大きさを痛感させられていますけど、小谷野選手もまた大きすぎるなぁ、と。勿論、今の小谷野選手はアレですが、それでも攻守を同等にこなせる選手が中々いないという事では、簡単にすむ話じゃないなぁ、と。

 ただ、小谷野選手はまだ老け込む歳じゃありません。しかし、2年連続の不調には非情な決断があるかもしれません。即放流とかは考えにくいですが、このままでは益々瀬戸際に追い詰められてしまうなぁ、とは。勿論、そこから這い上がってくれればそれに越した事は無いんですが。
 このままなら来季は若手との競走でしょうかね?若手に乗り越えてほしい反面、小谷野選手にも復活してほしい、複雑な気持ちです。あと、やっぱり減量は見直した方が・・・適量が一番だと思いますよ。



【世界日本ハムなう】
 なんとか勝ち越しました。でもまぁオリックスさんも此処一番の破壊力は侮れないからね、それがどうして機能せずにこんな位置に居るのかとね。他所様をどうこうというのはアレですけど、何か歯車かネジか、合わせ方や締め方間違っていないかな?とはね。色々噂があったり、もぞもぞ動いたりとありますが、球団の明日に必要なモノとは思います。

・・・ただねぇ、今年になって宮内オーナーの苛つく声が何度か聞こえたけどね、まさかと思うが野球に愛想とか尽かさないよね?と。宮内さんは悪評も高いですが野球好きの人でもありますからね。ですからそんな事はないと思いますけども、まさかのさかがあったりしたらなぁ。


 スカウト会議が行われまして、甲子園大会を終えて高校生指名候補を22人に絞りこみ、1位候補は大谷君(花巻東高)、藤浪君(大阪桐蔭高)、森君(東福岡高)の3人と言うことで。この他大学生は秋のリーグを見て、社会人は全日本選手権の地区予選を見て判断と言う事ですんで、亜大の東浜投手あたりも1位候補に加わるかもしれません。十中六七大谷君で決まりだと思いますけどね。
 で、高校生候補22人に道内関係者無し。変なアレに変なアレを投げつけられましたが、自分も所謂「北海道枠」とか言うのには否定的だったりしますよ。ただ、日本ハムの場合は如何なる柵も抵抗感も排除してのスカウティングが球団の方針ですし、それを壊すと言うか・・・それ故の自由なスカウティング活動に制限をつけるのはなぁ、と。
 勿論、いい選手が居れば是非指名して欲しいですが、北海道と言う土地に媚びるだけの指名はやめて欲しいですし、今までも無かったと思いますよ。結果が残念だった例はあるでしょうが。

 道内関係者では道都大の佐藤投手が以前の候補の中に入っていまして、評価もややインフレ気味に高まってたりしましたよね?中位か場合によっちゃ2位辺りで無い事も無いんじゃないかな?


 はい、こんな時間になってしまいました。今、斉藤こずゑ嬢?が喋ってます。昨日から今日の昼にかけて体力がギリギリで、寝ても回復しない状態と言うか。夏バテですね、カツカレーで回復です!もう昼頃なんて脳内麻薬出まくりでハイになっちゃってる感じでして、気を許すと街中でも「ユニバァァァァァァス!!!!」とか叫んじゃいそうな感じで。ただのやばい人ですねwよく黄色い救急車が迎えに来なかったもんです、はい。


 そんな訳で・・・どんな訳かはアレですが、少々やっつけ気味に、いつも以上にやっつけ気味でお送りしました。フハハハハハハハハハハハハハハ!!!!(壊れますた)



 今回は旭川にちなんで安全地帯のシングル曲のタイトルを拝借。片桐麻美と迷ったけどね。3戦目は旭川じゃないって?こまけぇ事はいいんだよ!(AA略




↓よろしければポチっとお願いします。多分痛くないんでw
blogram投票ボタン人気ブログランキングへにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
↓以下TB用リンク


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

野球の



プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表



お世話になってる速報サイト




その他
にわか日ハムファン友の会へ
野球に関するブログのリンク集とニュース
カテゴリー
最近のコメント
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
注目記事

TBPとかMyClipとか
現在Trackback Peopleから
大絶賛ハブられ中

F+T.B.People

野球+T.B.P.


アニメ+T.B.P
今日のアニメ 明日もアニメ
今日のアニメ 明日もアニメ


その他リンク2


日本を知ろう
国益.com
I LOVE JAPAN/日本復活
反日マスコミが伝えない親日の話
教科書が教えない歴史
日韓関係の近現代史

特定アジア関係
FlashミラーVer.1
FlashミラーVer.2
ν速発、画像動画サイト
朝銀って何?公的資金投入って何?

朝鮮半島総合
2chハン板
FAR EAST-極東-
マンガ嫌韓流公式
韓断会
もう黙ってはいられない2
ビラのHP
半島大陸メモ
韓国製品不買運動
韓国怪汁大百科
韓国旅行要注意
Kの国と愉快な仲間たち
ルクスお姉さんの居残り授業
韓国人と仕事で困った事
在日コリアン 魂の(我儘な)叫び
ミョンスの韓国情報
楽韓Web
韓国製生ゴミギョーザ事件まとめ
韓国の嫌韓流に対するリアクション
け ん か ん (嫌 韓)
韓国は"なぜ"反日か?
プロジェクトK 朝鮮者たち

ウリナラシンムン
チョソンイルボ
チュンアンイルボ
トンアイルボ
ハンギョレシンムン(朝鮮語)

支那メディア
人民日報

歴史問題
大日本史番外編朝鮮の巻
日韓歴史問題に警鐘を鳴らす
History of Korea
日韓併合前後朝鮮半島写真館
従軍慰安婦について

ウリナラ起源
パクリ大国南朝鮮
朝鮮パクリ特集その1/その2
大韓パクリ博物館01/02
日本の文化は日本のものです
韓国パクリギャラリー
パクリのソナタ2004
PowerMonster
剣道の起源は韓国にあり!?
ねぶた掲示板
韓国のねぶた

2002年W杯不正疑惑
韓国サッカーの裏側
2002年WC総括

南京事件関連
南京大虐殺はウソだ!

領土問題
竹島問題
竹島問題ニュース&リンク
沖縄・日本を守れ
東トルキスタンの人々に平和と自由を
東トルキスタンの(ry日本語Ver.
東トルキスタン情報センター

日本海呼称問題
日本海を取り戻すためのwiki
日本海呼称問題について
日本海は「日本海」
日本海名称問題
日本海か東海か
日本海呼称問題ニュース&リンク

東シナ海資源問題
Life Line

偽善白輪ゴム問題
ホワイトバンドの問題点
ほっとけない日本の汚さ


赤 い リ ン ク

赤 い 軍 隊
帰国者の裁判を考える会

赤 い 団 体
中核派
革マル派
ブント(BUND)
週刊かけはし
旗旗
人民新聞
日大全共闘
都革新
杉並親の会
PEACEBOAT
子どもと教科書全国ネット21
AML
落選運動
OhmyNews

赤 い 特 集
1968年全共闘だった時代
ほっとけない世界のまずしさ
脱・マンガ嫌韓流

赤 い 人 間
新城せつこ
戸田ひさよし
俵のホームページ


リンク3
東方Projectで有名な上海アリス幻樂団さんです
萃夢想や非想天、ひデブの黄昏フロンティアさんです
一迅社発行「月刊コミックREX」「キャラ★メル」「まんが4コマKINGSぱれっと」3誌合同連載展開中、本格ストーリー?な東方儚月抄の公式サイト。キャラ設定が微妙にアレなのはご愛嬌w
東方アレンジや三国志大戦、オリジナルまで幅広いIOSYSさんです
IOSYS発、キラキラ系エレクトロ・ポップ・ミュージックユニット!
鬼才、龍波しゅういち率いるマルチタレントチーム!
イオシスのWebラジオ、はいてない.com
イオシスの作品が大体そろう通販サイトIOSYS SHOP
えーりん!えーりん!明るく楽しく激しいCOOL&CREATEさんです

通販便利だけど送料ちょっと高め
営業所留めが出来ればいいんだけどなぁ・・・

地方のアニメファンの救世主?



プロフィール

世界日本ハム

世界日本ハム

RSSフィード
ブログ内検索
買わない、買わせない、使わない
No!福八!
 札幌ドーム前のラーメン店「福八」店頭にて販売されていた非公認応援グッズは、業者側が球団の警告を聞き入れ販売停止、球団公式グッズの委託販売に収まったようです。

・・・復活ですか?
非公認グッズの販売が再開されているとの情報が入りました。球団との約束はどうなったのでしょう?反故ですか?だとしたらもう・・・
 blog各所でこの問題が取り上げられていました。今後もこういった問題が起きぬよう、いい方法が見つかるといいと思います。

↓こちらのblogなどで詳しく取り扱われています
長万部銘菓
blogリンク増えすぎw
萬田銀次郎 語録
powered by ミナミの帝王



BlogPeopleガチャガチャブログ


その他Blog


その他リンク1

放送局・番組


北海道
HBC北海道放送
HBCスーパーベースボール
ファイターズdeナイト!!
[E]スポーツ
1BAN!ファイターズ
ラジプロ!
ラジオ番組表
テレビ番組表

TVhテレビ北海道
週間番組表

uhb北海道文化放送
Fの炎 SPORT HOKKAIDO
週間番組表

HTB北海道テレビ放送
HTB SPORTS
FFFFF
イチオシ!

STV札幌テレビ放送
STVラジオ
ぞっこん!ファイターズ
STVアタックナイター
ファイトF
ラジオ番組表
テレビ番組表

NHK札幌放送局

東京・関東
TBSラジオ
エキサイトベースボール

QR文化放送
ライオンズナイター

LFニッポン放送
ショウアップナイター

RFラジオ日本
ジャイアンツナイター

TVSテレビ埼玉
TVSスポーツ

CTCちばテレビ
マリーンズナイター

tvkテレビ神奈川
ベイスターズナイター

MX東京メトロポ(ry
MXテレビスポーツ

NTV日本テレビ放送網
CXフジテレビ
TXテレビ東京
TBS東京放送
EXテレビ朝日
GTV群馬テレビ
GYTとちぎテレビ

仙台
TBC東北放送
TBC楽天オンエア情報

OX仙台放送
KHB東日本放送
MMTミヤギテレビ

中京三県
CBC中部日本放送
ドラゴンズナイター
燃えよドラゴンズ

THK東海テレビ放送
SF東海ラジオ放送
ドラゴンズガッツナイター
MTV三重テレビ放送

TVAテレビ愛知
侍スタジアム 2008
どらぐら

CTV中京テレビ放送
NBN名古屋テレビ放送
GBS岐阜放送

近畿
ABC朝日放送
ABCラジオ
虎バン
WEEKLYタイガース
ABCフレッシュアップベースボール

MBS毎日放送
MBSラジオ
MBS 猛虎亭
MBSラジオ タイガースナイター

KTV関西テレビ放送
KTVプロ野球中継

SUNサンテレビジョン
サンテレビボックス席

YTV讀賣テレビ放送
TVOテレビ大阪
KBS京都放送
BBCびわ湖放送
TVN奈良テレビ放送
WTVテレビ和歌山
OBCラジオ大阪(大阪放送)
CRKラジオ関西
WBS和歌山放送

広島
RCC中国放送
RCCカープインターネットスタジアム
赤ヘル大好き!キャンペーン

TSSテレビ新広島
HOME広島ホームテレビ
HTV広島テレビ放送

福岡
RKB毎日放送
RKBラジオ
RKBエキサイトナイター
ホークス歌の応援団

KBC九州朝日放送
ホークスナイター/ダイナミックホークス
Hawks2008

TNCテレビ西日本
とべとべHawks

FBS福岡放送
プロ野球放送予定
ホークス週間MVP
夢空間スポーツ

TVQ九州放送
SUPER STADIUM
VIVA!!SPORTAS


新聞

やまと新聞

北海道新聞
がんばれファイターズ
連載 がんばれファイターズ
連載 ボールパーク
公連載・特集
FORZA!コンサドーレ
黒田+
道スポ

日刊スポーツ
プロ野球スコア速報
日本ハム
ダルビッシュ特集
中田翔特集
日本ハム:写真ニュース
ハム番日記
ガンちゃんのまいど!
コンサドーレ
asahi.com

スポニチAnnex
スポニチ北海道
スポニチAnnex野球
スポニチ九州
スポニチ大阪
オトナのスポニチ
毎日jp

SANSPO.COM
プロ野球-野球-SANSPO.COM
野球 > 日本ハム
ピンクハート
FujiSankei Business i. on the Web
iza(イザ!)
ZAKZAK
MSN産経ニュース

スポーツ報知
全試合結果:プロ野球:野球:スポーツ報知
野球:北海道
読売新聞

中日スポーツ
トーチュウ
中日新聞
東京新聞
北陸中日
県民福井

西日本スポーツ
西日本新聞

デイリースポーツ
東京スポーツ

BNN
函館新聞
函館電子新聞

福井新聞

バンコク週報

虚構新聞
航空機新聞社



野球・スポーツ情報

球界・球団

球場

FIGHTERS関係

野球関係

世界の野球

プロレス格闘技

便利なリンク



ブログ村とかくつろぐとか

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
人気ブログランキング

Powered By FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。