Trackback

Recent Articles

TWITTER

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週2??世界日本ハムファイターズ!! 8月17日号 「白い熱球」の「黄金の掟」?それでも「乾杯!ごきげん野郎」!な楽天3連戦!?

【球技オリンピックのすすめ?】
 大興奮の倫敦五輪も終わりまして。五輪を見ていて感じた事は、特定競技への注目が非常に高く、その影に隠れちゃってる競技が多いなぁ、と。尤も、そう言う競技でメダルを獲った国では注目されてたんでしょうけどね。
 陸上競技と格闘技、体操、水泳、そして球技。こうした処は大体注目が高い競技が多いですが、球技でもホッケーなどは露出が少なかった気がしますし、女子が銅メダルを獲得した排球なんか、嘗ては日本のお家芸だったのに扱いが小さかったなぁ、と。決して人気のない競技じゃないでしょう?籠球だって米のドリームチームとか、日本でももっと見たかった人がいたと思いますし。ま、BSとかで補完されてたかも知れませんけど。

 そこで、球技を夏季五輪から切り離し、球技だけの五輪・・・「球技オリンピック」の開催を提案してみたいかな?と。そうすれば球技をもっと増やせますし、排球や籠球の露出も増やせます。ポロやラクロス、ぺタンクなども出来るかもしれない。蹴球でもラ式やフットサルなど、もっとできるでしょうし、野球の復活も可能性が高まると思います。
 ただ、アイスホッケーのような冬季競技に分類される球技もありますが、此を此方に織り込むと、ちょっとコストが増してしまいます。アイスホッケーは冬季五輪かなぁ。そうそう、ぺタンクとカーリングは遊びの原理は似てても、ぺタンクは球技でカーリングは球技じゃないんだよね?なんでだろ?

 一方夏季五輪も競技を増やせますよね。ダーツとかフリークライミングとか、そういうのがあっても良いと思うんですよねぇ。ビリヤードは球技に入るかな?


【8月14日】vs東北楽天ゴールデンイーグルス第16回戦
楽天 2‐1 日本ハム
勝:永井
S:青山
負:武田勝

【8月15日】vs東北楽天ゴールデンイーグルス第17回戦
楽天 0‐2 日本ハム
勝:矢貫
S:武田久
負:美馬

【8月16日】vs東北楽天ゴールデンイーグルス第18回戦
楽天 1‐0 日本ハム
勝:釜田
負:ウルフ


blogram投票ボタン人気ブログランキングへにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ


【8月14日「黄金の掟」】vs東北楽天ゴールデンイーグルス第16回戦
 ありゃやっちゃ駄目だけどね、糸井選手のあの守備ね。まぁ目測を見誤って、そしたら打球が意外と跳ねちゃって、判断ミスと意外が重なって最悪の結果を導き出したんじゃないかとね。そもそも、最初に目測を見誤らなければ適切な対処もあったんだろうけど、あの時の糸井選手には打球はそう"見えて"いたんだろうし、実際には回避不能だったんだと思うよ、実際起きた事なんてね。
 結果、その回に2失点でそれが敗戦に直結した訳だけどさ、そういうミスってのは誰にでもある訳でね。問題なのはそれを挽回できない事であって、挽回の機会まで奪ってしまうのはどうかとは思う。調子さえ戻れば挽回なんて幾らでも纏めてできる選手でしょうし、それに期待したいですけどね。

 ただ、打撃不振が守備の足をも引っ張っちゃてる、それは結構深刻だと思うけどさ。それが長期化するって言うんなら何かを変えてみるって手はあるとは思うけど、それをどう判断するか、いつ判断するかってのは、ファンとしては監督やコーチに任せるしかないよ。ファンよりもっと近くで選手を見ていて、ファンの知り得ぬ情報も知ってる"プロ"なんだし。
 「実は怪我してました」じゃなければ良いんですけどね。動きがよくない、調子がどうにも上がらないって言う場合には、何か理由があるって言いますが。

 仮に糸井選手を外すとしても、守備の混乱が必至なんですよ。外野を守らせられる選手には糸井選手・陽選手・中田選手の他には杉谷選手がいますが、杉谷選手は今季外野では左翼オンリー、それをいきなり右翼では難しいでしょうし、去年中堅の経験があったからって中堅に入れて陽選手を右翼に玉突き・・・だとしても、陽選手だって中堅への転向はそれなりに負荷がかかったでしょうし、それを此処で右翼と言われてもね。
 ゲームのように「今日は右翼」「明日は中堅」「明後日は左翼」って訳にはいかないんですよ。人間が1つの頭で考えてやるんですから、準備もそこそこに日替りでやらされては混乱だってします。ひょっとしたら上手くいくかも知れませんが、混乱の可能性も高いって事です。北京五輪でのG.G.佐藤選手の件だってね、決して守備が悪い選手じゃなかったのにね。
 そう考えていくと実は、右翼の守備を誰の代わりでも任せられる選手がいない、そういうアレは問題と言えば問題なのかな?いや、決して糸井選手をこの不調でどうこうするとかそう言うんじゃなくて、糸井選手にもしもの事があって試合に出られない事態となったりしたりとかね。

 中田選手、この試合ではどうも不甲斐ない打席が目立ちました。その事に厳しい声も投げ掛けられると言うのは、仕方のない事だと思います。ですが、前にも・・・他の選手でもアレしましたが、これで活躍した事や勝利に導いてくれた事まで無しにして、まるで勝てなかった試合が全て中田選手のせい、勝った試合でも中田選手の貢献などなかった、そういう風なのはどうかと思いますね。
 つい先日、チームが勝ててた流れの時には、中田選手は大なり小なり打ってたでしょう?フォーム変更後、そして球宴で他球団の選手に触れた後、確実に盛り上げていますよ。そりゃ常に右肩上がりなんていきませんよ。上がっていく最中にも一寸落ち着いたり寄り道したりとありますよ。そう言うのを繰り返し、より先に進んでいくのだと思います。
 確かにこの試合だけを見れば・・・結果の良くない試合、打席だけを選べば当然、中田選手の姿は不甲斐ないものになります。でも、そうして活躍した試合や打席を無視して「中田は駄目だ」「駄目な4番のせいで勝てない」と言うのは、単に中田選手が嫌いなだけなんじゃねえかと、ただ虐めたいか、自分の好き嫌いで見たくない故に酷評する、その為に良くない場面だけを取り上げているんじゃねえかとね。

 つーか、中田選手と糸井選手のせいだけか?誰かを吊し上げなきゃ先に進めないのか?2人だけでやってんじゃないし、2人の不振も確かに痛いけど、他の選手でカバーできなかったってのもアレだと思うがね。言っちゃえば、連帯責任だよ。


 武田勝投手は6回2失点、取り敢えずは試合を作った事になるとは思います。ただ3回裏のあの場面、踏ん張れなかったかなぁ、と。楽天先発の永井投手と此方の武田勝投手、共に走者を塁に出しますが、相手の思うように点をやらない・・・投手目線だとそういう感じだと思います。攻撃目線では「残塁合戦」「拙攻合戦」でしょうけどね。
 ただそういう中、永井投手は初回に1失点、武田勝投手は3回に2失点してしまいます。これを比べると、1失点で踏ん張った永井投手と、1点で踏ん張れず2失点した武田勝投手ってなる訳です。決して責められる"結果"ではないですが、それが勝負を分けたとなれば、どうしてもねぇ。
 その後に永井投手が走者を出しつつ踏ん張った処もありますし、ハウザー投手が塁を埋めて登板したラズナー投手が踏ん張ったとかそう言うのを見ると、3回の彼処は「1点OK」でも2点目は踏ん張れなかったかなぁ?と。

 「投手が踏ん張った」此は「打線が押しきれなかった」と同義です。投手目線、守備側の視点だと「投手が踏ん張った」になる訳ですし、攻撃側の視点では「打線がヘボい」となる訳です。「アレは投手が踏ん張ったんじゃない!打線がヘボいだけだ!」ってのはないですよ、ええ。
 何て言うかね・・・「此方がちゃんとやってたら打てていた(抑えていた)」とか「最善を尽くしていないから抑えられる(打たれる)」とかね、そんな簡単なもんじゃねえよ、どっちも訓練を積んだプロがやってるんだから。「ちゃんとやってても打てない(抑えられてしまう)」「最善を尽くしても抑えられない(打てない)」ですよ、はい。
 まぁ、糸井選手のあの守備のように「最善」「ちゃんと」といかないものもあります。ですがそれとて「最善」「ちゃんと」を目指したものだった訳でね、不真面目にやっている訳でも、敗退行為をしている訳でも無いんですよ。勝ちたくてやってんのは、敵味方両軍一緒だって事。

 まぁ、武田勝投手にとっては不運ってのはあると思いますよ。ですが"実質エース格"としてローテの柱を任されるのであれば、それこそ「勝さんは悪くない」「勝さんは良くやっている」「勝さんは可哀想」で済まされるものじゃないと思いますがね。去年まで正真正銘のスーパーエースだったダルビッシュ投手なんて、無援護で勝てない時でも散々言われたものですよ。それがエースの【黄金の掟】です。
 確かにローテ投手としては走者を出しつつ試合を作り、点差をそれ以上に広げずに後続の投手にマウンドを渡す、合格点かもしれません。ですが、ローテ投手として合格でも、エース格としては不合格・・・失格ですよ、こんなんじゃ。
 尤も、武田勝投手がそういう性質・性格の投手でないことは重々承知です。ですが実際に先発ローテにおいてはエース候補と期待の斎藤佑投手が長期不振(不信?)のうえに二軍再調整、吉川投手も漸く一人立ちしたばかり、武田勝投手に大きな期待がかかるのは致し方無い事です。いわばスーパーエース・ダルビッシュ投手の後を受け、次期エースの吉川投手や斎藤佑投手の台頭までローテを支える、"中継ぎエース"だと思います。
 "中継ぎエース"でもエース格はエース格。それだけの仕事を任されるものですし、責任だって重くなります。なのでこの試合はなんとか・・・無失点とは言いませんけど、なんとか同点で踏ん張れないものだったかなぁ?と思ってしまうわけです。まぁ、1日も早く、吉川投手や斎藤佑投手がエースに育って、武田勝投手を楽させてあげられれば良いんですけどね。楽なんてモン、ある訳も無いですが。

 その後の継投はね、宮西投手なんかは1点差でまだわからなかったから、点差を広げないってのはあっただろうね。結局登板は報われませんでしたが。ビハインドで「無駄」にも見える起用ですが、それだけ勝ちに拘っていた訳ですよ、ええ。


【8月15日「乾杯!ごきげん野郎」】vs東北楽天ゴールデンイーグルス第17回戦
 アクシデントですねぇ。先発の八木投手が初回、先頭打者を打ち取り2番の銀次選手の顔付近に投じた球がメットの鍔を掠め死球、此が「頭部死球」と言う事で危険球退場降板。前回帯広での背信投球の挽回に、1週間準備してきたものが僅か8球で終わってしまいました。しかも打たれたとかそういうのではなく、危険球退場。ちょっとモヤっと、不完全燃焼ですね。

 この試合での判定に異を唱えるとか、そう言う大逸れた事ではありません。審判の決定は絶対ですし、あの場はアレがベストだったと信じます。ただ、頭部を直撃した訳でもなく、メットの鍔を掠めただけで危険球と判断されるのであれば、此はもう投手は打者を仰け反らすような球は投れないって事ですよね?
 頭部に確り当たった球を危険球と言うのなら、それは「頭部に当てたら駄目」ですが、メットの鍔を掠めるだけが「頭部に当たった」と言えるでしょうか?アレで危険球と言うのはもはや「胸より上で打者のすぐ近く」には投げてはいけないという事になりかねない。
 勿論、頭部死球の危険性はわかります。それが選手を長く苦しめかねない事だってね。ですが、あまりに制限区域を大きく確保しては、今度は投手の選択肢が減りすぎてしまいます。其処のところをどうにか考えて欲しいなぁ、と。前にもアレしましたが、危険球と判断する場合には当てられた側の打者の負傷退場も条件にするとかね。「頭部直撃」は一発にしても、今回みたいな微妙な死球ですとか、逆に頭部以外でも打者を負傷退場に追い込んでしまった死球ですとかね。頭部(付近)死球全てが危険球とは思わないし、危険球も頭部死球だけとは限らないしね。

 不完全燃焼の八木投手。試合を壊して降りた訳でなし、アクシデントですからそう厳しく見る事もないと思いますがね。どうしても厳しく見たいって人は止めませんが。ただ、八木投手本人にとってはこういう降板は、下手に打たれて試合を壊すよりも、万倍悔しいんじゃないでしょうかね?
 8球しか投ってないですし、中2日か3日で投らせても・・・って、週末の札幌ドームは登板予定が埋まってますし、其処を変更となると他の先発投手の調整にも響きます。なら明日・・・木曜日に救援登板とかね。まぁ流石にそりゃないだろうとは思いますけどね。

 で、矢貫投手。八木投手の救援登板退場後、緊急登板となりましたが、そこから2と1/3イニングスを確り抑えてくれました。矢貫投手は今季本格的に救援投手に挑戦、こういう勝ちパターンの救援投手は使いづらい場面、使えない場面でよくやってくれています。今年日本ハムが最終的に良い終わり方を出来たら、矢貫投手の貢献は大きいんじゃないですかね?【乾杯!ごきげん野郎】!ですよ、ええ。
 こういうところは同期入団、榊原投手が新人王を獲った時のような感じがありますね、華やかさはそこまででもないですが。軈てはこういう場面からより積極的に頼られる場面へと移っていくのでしょうが、ひょっとすると江尻投手(現:DeNA)のようになっていくのかな?とかね。
 江尻投手も先発として期待されながら、救援として花開いた投手。横浜(現:DeNA)への移籍も救援投手として評価されての事でしょうし。矢貫投手もトレードされるとかそう言うアレではなくってね、勝ちパターンの継投を補佐するような役割で、6回ですとか、場合によっては7回以降に救援の救援やワンポイント的に、最後に追い付かれて延長となった時など、タフに使われる投手になるかな?と。

 矢貫投手の後は森内投手が2イニングスを、そしてモルケン投手・宮西投手・増井投手・武田久投手と1イニングずつの継投。モルケン投手と宮西投手は走者を深く進攻させながら、本塁は陥とさせず点差を死守しました。
 此を「投手が抑えた、踏ん張った」と言うのが投手目線、守備側の視点。打者目線、攻撃側の視点では「打者が攻めきれなかった、攻撃力が足りなかった」となる訳です。時折守備側で「敵軍の攻撃が甘かった」、或いは攻撃側で攻撃に成功した場合に「敵軍投手・守備が弱かっただけ」とする声もありますが、それは見方としてアベコベです。
 「お前だって打線が抑えられた時に『(敵軍の)投手が踏ん張った』とか言ってんじゃん!それはアベコベじゃねえのかよ!」と仰るかもですが、確かに仰る通りアベコベです。アベコベというか視点を入れ替えて見るという事そのものをどうのこうのとは言いませんし、悪い事だなんてこれっぽっちも言ってませんよ?
 俺の場合は俺の選手に対する感情への慰めなんだろうな。決して選手への慰めじゃぁない、自分の為にね。ただ、こういう見方を利用して、何時如何なる時も対象者を否定する、貶す、辱しめる為だけに敵側の視点に立つとか言うのは、その敵さんにも失礼な事じゃないかとね。尤も、誰かに対して「失礼」とか、そう言う感覚そのものを持ち合わせて居ないかも知れませんが。おっと、自重自重。

 増井投手と武田久投手は心配要りません、万全です。連敗で登板機会が無かったってのもありますがね。故に敗戦だって重要なのですよ。こういうコンディションの2人を信用できない方は、どのような選手も信用できないと思いますよ。
 まぁ端から誰も信用しない、期待しない、そう言う方も居ますが、期待も信用もせず勝利や成功だけを求めるって言うのは「信じられるのはお金だけ」みたいでどうかなぁ?と。それも真実ではあるけれど、夢を見るのが娯楽だぜ?娯楽に現実的を求めるって言うのは、ちょっと生臭いかなぁ?と。或いは「賭けてるの?」とかね。


 打線は初回に見せ場。陽選手が倒れた後、田中賢選手に糸井選手と続いて中田選手の適時打、稲葉選手も適時打で続き2点を先制。まぁ得点が実った攻撃はこれだけで、後は美馬投手の前に抑えられちゃいましたがね。まぁ、2点を取られた直後に八木投手の危険球退場があって、それでなんとか抑えれば味方の反撃もあるだろう、そう信じてエンジンに火が入ったのでしょうね。
 そりゃ敵方投手を打ち崩せてたら最高かもしれませんがね、なんせ敵さんだって勝ちてえんだし、そうそう楽に勝たしちゃくれませんて。まぁ、圧倒的物量差で敵を圧倒し、終始此方のペースで蹂躙し尽くす、そして此方はほぼ無傷・・・そう言う展開って面白いんでしょうかね?つーか、そう言うのを求めるうえで日本ハムをチョイスすると言うのは、なんだか間違ってる気もするんですけどねぇ。

 そんな中、明るい話題。中島卓選手が打ちました、今季3本目の安打です。しかも、打球が外野に抜けました。此で喜んじゃうってのは何か違う気もしますが、それでも中島卓選手には大きな一歩です。中島卓選手の打撃の非力さは定評があり、梨田前監督にも「中学生並み」と評されました。中島卓選手が守備や走塁に秀でていても、いまいち使いづらいのは、ひとえにこの打撃の為です。
 もしも・・・とは言っても爆発的に改善される、いきなり3割10本打てとかそう言うのじゃなくてね、せめて打撃に期待できなかった頃の鶴岡捕手や今年の打撃絶不調の大野捕手程度にも打ってくれるのであれば、金子誠選手を休ませたい時に代役が務まりそうなんですがね。もう少し、もう少しだけですね、はい。


【8月16日「白い熱球」】vs東北楽天ゴールデンイーグルス第18回戦
 やられてしまいました。楽天の高卒ルーキー釜田投手にプロ初完封を献上、したくてした訳では当然無いけどね。言ってしまえば釜田投手がすごいって事ね。【白い熱球】に、手も足もあんまり出ませんでした。
 そしてこの釜田投手は2位指名だったって事。表の1位指名で競合必至だとか、何処かが一本釣りって感じではないですが、外れ1位では消えてておかしくない投手だったよなぁ、と。まぁ、菅野投手を引き当てた日本ハムには無縁の投手でしたが、そこまでスルーされたのは納得いかんなぁ。
 で完封された方。日本ハムの打線はそこそこ凄い(高卒1年目では充分凄い)球に、あのグラブがぐわんぐわん上下するフォームにタイミングを掴みかねましたかな?つーか、アレって二だn(ry違うの?まぁ、大丈夫なんでしょう。誰もクレーム付けないってことはね。俺の気のせいだ。
 最終回とか意地は見えたけどさ、見せたなら最後は繋いで欲しかったかな?とか。既に2死で選択肢も限られていたけど、6番に戻った陽選手だったしなぁ。

 今日はまるで機能不全の打線でしたが、陽選手が6番に戻るとちょっと厚みを増した気がしますね。上位の陽選手も良いですが、今の下位打線事情では6番7番辺りを〆て欲しいかな?と。
 素人考え丸出しで言いますと、打線を組み替えたのは逆効果だったかな?とかね。勿論、監督やコーチの判断はファンより絶対的確ですし、そうすべき理由もあったと思います。ただ・・・糸井選手を6番に変えた試合があったでしょ?糸井選手が絶不調で3番では打線が繋がらない、そんな雰囲気もファンの声もありました。ベンチもそう考えていた処は絶対あったと思いますし、判断はあり得るものだったと思います。

 ただ、俺が前から言ってたのは「得点機が糸井選手を追いかける」って。好機に打てずに1番にしたら、1番打者に回るところで好機が出来ちゃいますし、3番に戻してもそう。それが6番でも変わらなかったように思います。そら敵軍も打線の穴を攻めてきますし、残念ながら今の糸井選手は攻められる穴なんですよね。
 当然敵さんだって「何処で打線を切るか」「誰の前なら走者を置いても大丈夫」ってのを意識する訳で。不調で穴だった選手の打順が変われば、敵軍の攻めもそれに合わせて変わるだけです。
 他にも小谷野選手も打撃は好調とは言えませんが、それでも上位で送る・繋ぐと言うのはできていたと思います。勿論、そう言う仕事も良いのですが、やはり首脳陣としては小谷野選手に打って欲しい、決めて欲しいってのがあったと思います。なのでここ数試合は5番や下位打線を任される事が多くなったかな?とは。

 まぁ何て言うかな、糸井選手や小谷野選手は不調で不本意な場面も目立ちましたけど、それでも前いた打順で打線全体としては機能していたかな?とはね。打てないとか一昨年の栄光から想像できない役回りとか、それでも敵の攻め方を日本ハムに有利に誘導していたかな?とは。勿論、そんなの承知のうえで・・・決して短期的なものではなく、長期的に考えて打順をいじったものだと思いますがね。まぁ、その結果を待てない俺がせっかちなんだろうね。
 短期的に結果を伴わなかった策でも、長期的・広角的には意味があるのかも知れない。でも、その意味を生み出すのは誰でもない、期待されて使われる選手自身です。なので期待してくれた監督を是非男にしてやって下さい。糸井選手、小谷野選手、ファンの気持ちがどんどん離れていっても、監督は熱い期待を最後まで忘れていない。その期待に応える事も、現状を脱却する事も、活躍するしかねえんだ。

 で、打線。なんと2年目西川選手が1番指名打者で先発出場!9番は中島卓選手が遊撃手で先発です。西川選手は初回に安打を打ちましたが、未だ1番は重かったかな?でも、この経験を今後に活かしてくれるでしょう。西川選手は未だ成長もしはじめの選手、守備に当たり前に就けるようになってからが本番。それまでは勉強ですよ。
 中島卓選手は昨夜の安打が効いたかな?金子誠選手を休ませたい事情もあったんでしょうし、結果は出ませんでしたがよくやってたと思います。あと靴1つ分って感じの内野ゴロが目立ったね。それが安打になるようだと嫌らしい選手になるよ。

 先発投手がウルフ投手という事でマスクは大野捕手。打撃は相変わらずの結果ですが、良い当たりはありました。ただ、それが悉く野手のところに飛ぶんだな。何を間違えてるのか、答えは自分自身しか見つけられないんだよね。
 中田選手はここ1週間ほど低調ですが、最低限ギリギリではあると思いますよ。ここで踏み留まって再び爆発してくれればさ。駄目なときは誰だって駄目なんだし、その時は堪えるしかないよ。


 ウルフ投手はよく投ってくれました。やる前から要らぬ心配が好きって方も多いですが、そう言う人でも満足いただけたんではないでしょうか?満足するつもりのある人はね。
 ただウルフ投手、6回裏に足を滑らせてコケまして、そりゃプロの投手がプロの打者を抑えるために本気で投る訳で、投球の際には各部にそれなりの負荷がかかっている筈です。それがコケたのでアレば、変な方向にずれた力で何処か痛めてもおかしくありません。実際ウルフ投手は腰や脚の違和感があるような素振りを見せますが、それでも7回まで投げきります。
 結果論ですけどね、7回から継投でもやむなしじゃなかったでしょうかね?勿論前夜に救援投手を多用し、今夜は節約したいお年頃でしたが、負傷の恐れもあるとアレば、仕方ないんじゃないかなぁ、と。代えてたら打たれなかった、失点しなかったって保証はないけど、ベストでは無かったよね。

 で、ウルフ投手。面白いように好投→乱調→好投→乱調→好投と繰り返してますね。すると次回は乱調の番でしょうか?その循環を打ち破って欲しい気持ちもありますし、何処か痛めているのなら無理させないで欲しいなとかね。

 8回は根本投手。前夜8球の八木投手もブルペンに入ってたので出るかな?と思いましたが、根本投手も戦力として確定させる為に出さなきゃいけませんよね。投球はナイス、右の矢貫投手と並ぶ救援投手陣を救う救援投手になれるでしょうか?なれるよ!



【新球団、できるかな!?】
 静岡では、以前パリーグ東西対抗も行われた草薙球場が絶賛改装中で、完成は来年かな?立派な球場になるようです。それに合わせてか静岡さんはプロ野球チームの誘致に本気で乗り出すとの事。以前にも「新潟、四国、南九州・沖縄にも声をかけて、新球団設立でのNPB参加を目指す」と言ってたんですが、今回のはどうなんでしょう?新球団設立か?それとも既存球団の移転誘致か?どちらにしろ、これまで以上に気合いが入っているようです。

 いつぞや俺は「姫路とほっともっと神戸で播州球団を」と言いましたが、それには難しい事情があります。球場は整備すれば良いですし、人口は申し分ありません。ですが地元メディア・・・特にテレビ・ラジオが球団の応援体制を取りづらい、阪神の強力な影響下にあるという事。近畿広域の放送局は言うに及ばず、兵庫の独立U局サンテレビも阪神贔屓。ラジオではラジオ関西は何故か読売中継中心のラジオ日本と組んでいます。
 その点、静岡であれば地元放送局のバックアップが可能。他にも新潟や南九州も可能でしょう。やはり地元局が応援体制を敷いてくれるのとそうでないのとでは、球団経営でも大きく違いますよ。

 一方四国は愛媛・松山でも球団誘致の声が静岡程ではないですが起こっており、此方は人口や経済規模の問題もあり、四国全土を纏めての誘致としたい模様。でも、松山は北海道で言う札幌ではないんですよね。
 四国は札幌のない北海道というか、松山が旭川で高松が苫小牧。徳島が函館で高知が北見と言った塩梅で。もしも北海道がこういう構成で札幌が存在しなければ、北海道はこれほどに纏まっていたか?非常に残念で認めたくないですが、札幌の力は偉大なんですよ(だからこそ、札幌には北海道の中心としての自覚が欲しい)。
 そう言う状態の四国、此を纏めて球団をおけるのであれば、例えば北陸ですとか、北東北ですとか、色々できそうな気もします。南九州も、状況としては似ていると思います(人口では四国の比じゃないですが)。


 俺はNPBはなんとか16、出来れば20くらいに出来ればな、と。密集しすぎるのもアレですが、ある程度連なって相乗効果を得られれば、難しいけど無理じゃないと思うんですがね。勿論、球団が保有・・・支配下に登録する選手数の見直しなんかも必要ですけどね。そう言うアレはまたの機会に。


 今は何でも景気の良い話をしようとすると「実現性が低い」「リスクが大きい」「誰が負担する、俺は嫌だ」と萎えさせたがる方々が多くてね。景気が悪い今だからこそ、どんなものでも景気の良い話が必要なんじゃねえかな?そしてそれを実現させる方向に力を注ぐ、そうして世間や業界ってのは盛り返していくんじゃねえかとね。



【世界日本ハムなう】
 黒くなりてぇ・・・あ、スマホにアレして以降、どうも汚れが酷いって自覚は俺もあってね。いや、決して前から綺麗だったとは思わないけど、汚れてるのが更に厳しい汚れ具合になってたかなぁ?とかね。そんなんで少しは綺麗に纏めようとか思う訳ですが、やっぱりフラストレーションは溜まるな。奴のアレとかコレとかソレとか。
 でもまぁ、やると決めた以上アレしなきゃとは思うし、あのままじゃアレのファンblogになっちまう勢いだったしね。「意見ではない」と俺自身認めるものに構うってのもアレだしね。


 それにしてもKスタ宮城のグラウンド、よく跳ねるねぇ。あの跳ね方だと糸井選手のアレも決して責められない気がするよ。だって、楽天の選手だって戸惑ってんじゃん。
 高校野球でも使ったりするんでしょ?Kスタ宮城は。ならもう少しどうにか出来ないもんかね?人工芝の下にトゥルースリーパーでも仕込んで、反発抑えるとかさ。トゥルースリーパーはアレだけど、そう言う工夫はあっても良いかもね。或いは人工芝がいい加減踏み固まって、それで反発力が増してるのかな?
 あと、Kスタ宮城って多目的型なのかな?内野の塁間の土色人工芝部分、彼処をアンツーカーに出来れば立派だと思うんだけどなぁ。人工芝の改良と合わせ、検討して欲しいなぁ。


 はい負け越しです。どうにも乗りきれない展開が続きます。まぁ西武は今絶好調ですし、楽天だって球宴前にはAクラスに居たチーム。楽天の場合は不調で順位を落とし、此処で調子が戻りつつあるところなのかな?とはね。そら調子が落ち着いちゃった処と上げてきた処、そして上げまくってる処と来れば、落ち着いてる処はゆるくないですよ、ええ。此処は少しでも良い位置を守って堪える・・・我慢してしがみつくしかないね。
 でもまぁ、ネガ厨が言うような「Bクラスもある」「暗黒時代だ」ってのも、実際やってみたら?って思うけどね。ソレこそ上位で・・・首位で混戦のパリーグを戦ってる処に「もう駄目だ」的に言っちゃうような方々に、本当の暗黒時代をさわりだけでも体験させれば良いんだ。それでもネガる根性は残るかねって。本当に辛い状況が目の前にあって、それでもなお?ってね。


 「ダメな事をダメと言う」は結構だと思いますよ。ただ、だからと無抵抗で言えると思っちゃ大間違いだし、違う声だってある訳だしね。つーか、ダメな事をダメって言ってるんじゃなく、ダメなのを良い事に好き勝手凌辱しているように見えるんだがねぇ、一部の方は。
 まぁ永井投手の一軍での復活に、釜田投手のプロ初完封と、楽天さんの良いところが目立ったカードでしたからね。思うところはネガもポジも色々あるだろうけどさ、取り直して先ずは金曜日は勝てるように応援しましょうよ。応援するでなし、選手やチームを信じる訳じゃなし、ただ、「駄目」しか言えないのはなぁ。



 そうそう、無限にポジじゃなくて無駄にポジ、無理にポジが正しいと思いますよ。ネガ厨的ひょうげんではね。



 今回は仙台市出身の俳優さん、片山滉さんの出演映画作品より。菅原文太さんも仙台市出身でより馴染み深いだろうけど、使えないのばっかりだよ!際どくて。



↓よろしければポチっとお願いします。多分痛くないんでw
blogram投票ボタン人気ブログランキングへにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
↓以下TB用リンク


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

>エリックさん

 どうもです。

 あー、糸井選手は怪我がありましたね。まだ痛むとかまた痛めたではなくても、そのせいでオフの調整に制限が出来ちゃった、充分に出来なかった、その影響が・・・という事もあるかもしれません。ただ、ロッテ戦では音が出始めた感もあるんで、様子を見ていきたいですね。
 小谷野選手は一昨年(打点王の年)のオフに腰を痛め、それで調整が出来ずに体重オーバーでキャンプ入り、その後骨折等もあり散々な目に遇いまして、その反省から今年は別人のように絞ってキャンプを迎えましたが、それが却って良くなかったかなぁ、とは。守備の動きは良くなりましたが、打撃がどうにも。
 恐らくこのままですと非情な決断を下されるかも知れません。ただ、それはフロントの仕事ですし、オフの話だと思います。

 若手が育ちつつあるとは言え、杉谷選手は兎も角西川選手は今季が一軍本格デビュー、常時出るとなると厳しいんじゃないか・・・と。恐らく、来年先発出場を増やす選手でしょう。あるとしたら杉谷選手と小谷野選手の併用でしょうかね、今季は。杉谷選手の課題である左打席も見てみたいですし。金子誠選手にもそろそろ一線を退いてもらいたいですし、西川選手は来季其処に挑戦でしょうかね?

No title

こんにちは。

一番厳しいアクシデント降板の試合を取れましたし、投手陣に復調の気配が出てきたのでホッとしています。暑い夏、本当は打線が投手陣を助けて欲しいですけども。

中島のヒットはひとつ成長の証を見せてくれましたね。内野安打でなくバットを振り切った形で結果を出せたのは自信になったと思います。スタメンを取るためにはある程度引っ張れるところを相手に見せないといけませんしね。これができずにシフト敷かれたり内角攻めにあって伸び悩む選手は多いですし。ファイターズで言えば村田はなかなかこの課題を克服できず伸び悩んでますね。

糸井は昨年骨折を押して出たツケが回ってきたのかなと心配しています。交流戦明け頃から満足に走れていないシーンが増えているような気がしまして。そのせいかバッティングも手打ちに見えます。
中軸だし、四球で塁には出てくれるし、糸井を外しても代わりに入れる選手はいないので出てもらうしかないんですけど、余裕のある試合展開のときは下げてもいいのかなと。なかなかそういう展開にはならないんですけどねw

小谷野は今年も100試合超えてこの成績ではちょっと厳しいなと......出塁率や機動力で貢献するタイプではないので、目に見える打率・長打が出ないと物足りないと感じてしまいます。見ていてガクッと飛距離が落ちたなあと思います。
慣れない役割・打順というのもわかりますが、昨年主に2番を任された陽は打撃面でもそれなりに結果を出しましたし、その前の稀哲も出塁率はある程度マークしてくれました。
昨年の起用に関しては代役のメドが立たなかった(前年の実績を考えれば用意しているはずがなかった)ので妥当だし、梨田監督を叩くのは筋違いだろうと思いましたが、今年は他にも力をつけてきた選手がいます。杉谷と西川のフル出場が厳しいとなればとりあえずツープラトンでもいいと思いますし、金子や飯山のように特に守備面で担保できるベテラン選手がいますから、中島も含めて思い切って使える環境ではあると思うんですけどね。
ただ西川も杉谷も途中出場のオプションとして機能しているので、そこが継続的なスタメン起用に踏み切れない理由かなとも思っています。

長々と失礼しました。
野球の



プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表



お世話になってる速報サイト




その他
にわか日ハムファン友の会へ
野球に関するブログのリンク集とニュース
カテゴリー
最近のコメント
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
注目記事

TBPとかMyClipとか
現在Trackback Peopleから
大絶賛ハブられ中

F+T.B.People

野球+T.B.P.


アニメ+T.B.P
今日のアニメ 明日もアニメ
今日のアニメ 明日もアニメ


その他リンク2


日本を知ろう
国益.com
I LOVE JAPAN/日本復活
反日マスコミが伝えない親日の話
教科書が教えない歴史
日韓関係の近現代史

特定アジア関係
FlashミラーVer.1
FlashミラーVer.2
ν速発、画像動画サイト
朝銀って何?公的資金投入って何?

朝鮮半島総合
2chハン板
FAR EAST-極東-
マンガ嫌韓流公式
韓断会
もう黙ってはいられない2
ビラのHP
半島大陸メモ
韓国製品不買運動
韓国怪汁大百科
韓国旅行要注意
Kの国と愉快な仲間たち
ルクスお姉さんの居残り授業
韓国人と仕事で困った事
在日コリアン 魂の(我儘な)叫び
ミョンスの韓国情報
楽韓Web
韓国製生ゴミギョーザ事件まとめ
韓国の嫌韓流に対するリアクション
け ん か ん (嫌 韓)
韓国は"なぜ"反日か?
プロジェクトK 朝鮮者たち

ウリナラシンムン
チョソンイルボ
チュンアンイルボ
トンアイルボ
ハンギョレシンムン(朝鮮語)

支那メディア
人民日報

歴史問題
大日本史番外編朝鮮の巻
日韓歴史問題に警鐘を鳴らす
History of Korea
日韓併合前後朝鮮半島写真館
従軍慰安婦について

ウリナラ起源
パクリ大国南朝鮮
朝鮮パクリ特集その1/その2
大韓パクリ博物館01/02
日本の文化は日本のものです
韓国パクリギャラリー
パクリのソナタ2004
PowerMonster
剣道の起源は韓国にあり!?
ねぶた掲示板
韓国のねぶた

2002年W杯不正疑惑
韓国サッカーの裏側
2002年WC総括

南京事件関連
南京大虐殺はウソだ!

領土問題
竹島問題
竹島問題ニュース&リンク
沖縄・日本を守れ
東トルキスタンの人々に平和と自由を
東トルキスタンの(ry日本語Ver.
東トルキスタン情報センター

日本海呼称問題
日本海を取り戻すためのwiki
日本海呼称問題について
日本海は「日本海」
日本海名称問題
日本海か東海か
日本海呼称問題ニュース&リンク

東シナ海資源問題
Life Line

偽善白輪ゴム問題
ホワイトバンドの問題点
ほっとけない日本の汚さ


赤 い リ ン ク

赤 い 軍 隊
帰国者の裁判を考える会

赤 い 団 体
中核派
革マル派
ブント(BUND)
週刊かけはし
旗旗
人民新聞
日大全共闘
都革新
杉並親の会
PEACEBOAT
子どもと教科書全国ネット21
AML
落選運動
OhmyNews

赤 い 特 集
1968年全共闘だった時代
ほっとけない世界のまずしさ
脱・マンガ嫌韓流

赤 い 人 間
新城せつこ
戸田ひさよし
俵のホームページ


リンク3
東方Projectで有名な上海アリス幻樂団さんです
萃夢想や非想天、ひデブの黄昏フロンティアさんです
一迅社発行「月刊コミックREX」「キャラ★メル」「まんが4コマKINGSぱれっと」3誌合同連載展開中、本格ストーリー?な東方儚月抄の公式サイト。キャラ設定が微妙にアレなのはご愛嬌w
東方アレンジや三国志大戦、オリジナルまで幅広いIOSYSさんです
IOSYS発、キラキラ系エレクトロ・ポップ・ミュージックユニット!
鬼才、龍波しゅういち率いるマルチタレントチーム!
イオシスのWebラジオ、はいてない.com
イオシスの作品が大体そろう通販サイトIOSYS SHOP
えーりん!えーりん!明るく楽しく激しいCOOL&CREATEさんです

通販便利だけど送料ちょっと高め
営業所留めが出来ればいいんだけどなぁ・・・

地方のアニメファンの救世主?



プロフィール

世界日本ハム

世界日本ハム

RSSフィード
ブログ内検索
買わない、買わせない、使わない
No!福八!
 札幌ドーム前のラーメン店「福八」店頭にて販売されていた非公認応援グッズは、業者側が球団の警告を聞き入れ販売停止、球団公式グッズの委託販売に収まったようです。

・・・復活ですか?
非公認グッズの販売が再開されているとの情報が入りました。球団との約束はどうなったのでしょう?反故ですか?だとしたらもう・・・
 blog各所でこの問題が取り上げられていました。今後もこういった問題が起きぬよう、いい方法が見つかるといいと思います。

↓こちらのblogなどで詳しく取り扱われています
長万部銘菓
blogリンク増えすぎw
萬田銀次郎 語録
powered by ミナミの帝王



BlogPeopleガチャガチャブログ


その他Blog


その他リンク1

放送局・番組


北海道
HBC北海道放送
HBCスーパーベースボール
ファイターズdeナイト!!
[E]スポーツ
1BAN!ファイターズ
ラジプロ!
ラジオ番組表
テレビ番組表

TVhテレビ北海道
週間番組表

uhb北海道文化放送
Fの炎 SPORT HOKKAIDO
週間番組表

HTB北海道テレビ放送
HTB SPORTS
FFFFF
イチオシ!

STV札幌テレビ放送
STVラジオ
ぞっこん!ファイターズ
STVアタックナイター
ファイトF
ラジオ番組表
テレビ番組表

NHK札幌放送局

東京・関東
TBSラジオ
エキサイトベースボール

QR文化放送
ライオンズナイター

LFニッポン放送
ショウアップナイター

RFラジオ日本
ジャイアンツナイター

TVSテレビ埼玉
TVSスポーツ

CTCちばテレビ
マリーンズナイター

tvkテレビ神奈川
ベイスターズナイター

MX東京メトロポ(ry
MXテレビスポーツ

NTV日本テレビ放送網
CXフジテレビ
TXテレビ東京
TBS東京放送
EXテレビ朝日
GTV群馬テレビ
GYTとちぎテレビ

仙台
TBC東北放送
TBC楽天オンエア情報

OX仙台放送
KHB東日本放送
MMTミヤギテレビ

中京三県
CBC中部日本放送
ドラゴンズナイター
燃えよドラゴンズ

THK東海テレビ放送
SF東海ラジオ放送
ドラゴンズガッツナイター
MTV三重テレビ放送

TVAテレビ愛知
侍スタジアム 2008
どらぐら

CTV中京テレビ放送
NBN名古屋テレビ放送
GBS岐阜放送

近畿
ABC朝日放送
ABCラジオ
虎バン
WEEKLYタイガース
ABCフレッシュアップベースボール

MBS毎日放送
MBSラジオ
MBS 猛虎亭
MBSラジオ タイガースナイター

KTV関西テレビ放送
KTVプロ野球中継

SUNサンテレビジョン
サンテレビボックス席

YTV讀賣テレビ放送
TVOテレビ大阪
KBS京都放送
BBCびわ湖放送
TVN奈良テレビ放送
WTVテレビ和歌山
OBCラジオ大阪(大阪放送)
CRKラジオ関西
WBS和歌山放送

広島
RCC中国放送
RCCカープインターネットスタジアム
赤ヘル大好き!キャンペーン

TSSテレビ新広島
HOME広島ホームテレビ
HTV広島テレビ放送

福岡
RKB毎日放送
RKBラジオ
RKBエキサイトナイター
ホークス歌の応援団

KBC九州朝日放送
ホークスナイター/ダイナミックホークス
Hawks2008

TNCテレビ西日本
とべとべHawks

FBS福岡放送
プロ野球放送予定
ホークス週間MVP
夢空間スポーツ

TVQ九州放送
SUPER STADIUM
VIVA!!SPORTAS


新聞

やまと新聞

北海道新聞
がんばれファイターズ
連載 がんばれファイターズ
連載 ボールパーク
公連載・特集
FORZA!コンサドーレ
黒田+
道スポ

日刊スポーツ
プロ野球スコア速報
日本ハム
ダルビッシュ特集
中田翔特集
日本ハム:写真ニュース
ハム番日記
ガンちゃんのまいど!
コンサドーレ
asahi.com

スポニチAnnex
スポニチ北海道
スポニチAnnex野球
スポニチ九州
スポニチ大阪
オトナのスポニチ
毎日jp

SANSPO.COM
プロ野球-野球-SANSPO.COM
野球 > 日本ハム
ピンクハート
FujiSankei Business i. on the Web
iza(イザ!)
ZAKZAK
MSN産経ニュース

スポーツ報知
全試合結果:プロ野球:野球:スポーツ報知
野球:北海道
読売新聞

中日スポーツ
トーチュウ
中日新聞
東京新聞
北陸中日
県民福井

西日本スポーツ
西日本新聞

デイリースポーツ
東京スポーツ

BNN
函館新聞
函館電子新聞

福井新聞

バンコク週報

虚構新聞
航空機新聞社



野球・スポーツ情報

球界・球団

球場

FIGHTERS関係

野球関係

世界の野球

プロレス格闘技

便利なリンク



ブログ村とかくつろぐとか

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
人気ブログランキング

Powered By FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。