Trackback

Recent Articles

TWITTER

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週2!世界日本ハムファイターズ!? 8月14日号 「炎上」で「不信のとき」も「悪名一番」だァ?な西武3連戦!

【今年は誰を指名する?】
 倫敦五輪も幕を降ろし、世間でのスポーツの話題といえば高校野球。所謂「夏の甲子園」全国高校野球選手権が絶賛開催中でして、ドラ1候補の濱田君を擁する愛工大名電が1回戦で敗れるなど、波乱もそこそこあるようです。
 まぁその濱田君であったり、ドラフト候補の3年生にプロ野球ファンが生臭い視線を送るのも"夏の甲子園"ならではですが、人生最後の大舞台という野球少年もいるだろうに、一寸可哀想かな?でもやっぱり仕方がないのかな?とかね。俺ですか?ああ、ドラフト候補は気になるけど、今更甲子園をチェックしてもなぁ・・・なんてね。

 さて、そんな訳で日本ハムの今秋指名候補。1位は恐らく大方の予想通り、花巻東高の大谷君でしょう。ただ、大谷君は重複濃厚ですので、抽選で外した場合の「外れ1位」候補はどうなるのか?
 外れ1位で指名されて今季大活躍なのが吉川投手。吉川投手は平成18年秋のドラフトで田中将大投手(現:楽天)を指名しながら抽選で外し、その「外れ1位」として指名した投手です。1年目にチーム事情から一軍での登板機会を得、一時はローテに入り4勝を挙げて大いに期待されましたが、2年目以降低迷、3年目からは勝てないシーズンが続きました。
 それが今年は大覚醒・・・尤もその雰囲気は去年からチラホラ見え隠れしてたのですが、見事ドラフト当時の"当たり"だった田中将大投手に比肩する、立派な投手になりました。まぁ、来年の成績が大事っちゃ大事なんですけどね。

 この吉川投手の例から察するに、前からポツポツ溢していますが、外れ1位は数年かけて外した選手に追い付く、追い越す可能性を重視しているんじゃないかとね。だから、指名する選手のポジションも大きく変えたりせず、投手なら投手、野手なら野手で行くんじゃないかとね。
 そうなると今年の1位候補は投手の大谷君。となると外れ1位候補も必然と投手になるわけでして、その候補は誰になるのかとね。真っ先に挙がるのが福岡工大城東高の笠原君、表の1位候補とも言われた左投手ですが、東福岡高の森君(此方も左投手)が評価を上げまくって、相対的に評価が下がってるかな?と。それでもいい投手にはかわりありませんし、外れ1位に残るなら充分あるのかな?とは。本当は森君に隠れてて欲しかったんだけどな。
 あとは先述の愛工大名電、濱田君。地元中日の一本釣りも噂されてますが、ここに来て評価が下がってるようなので、もしかすると1回目の抽選では消えないんじゃないかとね。右腕なら智辯学園高の青山君だけど、野手としての評価の方が高いしなぁ。

 この話、予想外に伸びたんで後ろに続けます。生臭いよねぇ。


【8月10日】vs埼玉西武ライオンズ第14回戦
西武 7‐1 日本ハム
勝:野上
負:ウルフ
本[西武]カーター2号3ラン

【8月11日】vs埼玉西武ライオンズ第15回戦
西武 0‐3 日本ハム
勝:吉川
負:武隈

【8月12日】vs埼玉西武ライオンズ第16回戦
西武 7‐4 日本ハム
勝:十亀
S:涌井
負:多田野
本[西武]オーティズ2号2ラン、3号ソロ


blogram投票ボタン人気ブログランキングへにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ


【8月10日「不信のとき」】vs埼玉西武ライオンズ第14回戦
 いやぁパチクロだね、コテンパンだね。シーズン通して見りゃこういう試合もある罠。そりゃ歓迎する訳じゃないけど、避けて通れるモンでもねぇ?そりゃ勝って欲しいのはファンとして当然だけど、負けるのだって当然あるのが勝負。その「負け」がとんでもなく惨たらしい事だってある罠。それをどう呑み込むか、それがファンの務めってヤツじゃぁねえですかね?

 ウルフ投手、球レベル、打者レベルでは良いのも有りましたが、総合すると良くない。エンジンだけが仕事しても、ステアリングだけが仕事しても、ブレーキだけが仕事しても駄目なんですよね。また、元気が良すぎるのも考えもの。何人もの打者と対戦し、何球も投って仕留める、それを繰り返す先発投手なら特にそうではないでしょうか?

 例えば救援投手であれば、その1イニング、場合によっては打者1人をどうにかすれば、後は次の投手が引き継いでくれる。そういう短い局面だけなら多少ヤンチャでも何とか成ったりしますし、むしろそういうのを求められる事もあります。
 ですが先発投手であれば試合を作るのが仕事。怖い打者と何度対戦するか、その為には何処でどうアウトを取れば楽に投れるか?そういうのを考えていかなきゃいけない訳で。そういう意味では球ではなく、投手自身の調子・・・出力のコントロールが大事なんじゃないかと。そういう意味でこの試合のウルフ投手の投球は、先発投手のそれではなかったかな?と。
 ハンドルきっても曲がらない、ブレーキが効きすぎる、アクセル一寸ふかせばいきなりドカンと走り出す、そんなんならおっかなくてサーキット走られませんよ。タイヤバリヤに一直線、無念のリタイアも残当です。此がごく短距離、短時間で「ただ真っ直ぐ突っ切ってくれ」なら何とか出来るかもですが、そんな局面は野球の試合でも稀ですからね。

 でもまぁ、ウルフ投手もこういうアレはあるでしょうし。帯広では八木投手が炎上して「八木なんかに期待する方が馬鹿」とか鳴く変わった蝉も居た訳ですけど、去年までのスーパーエース、ダルビッシュ投手だって年に数回は多目の失点はあった訳でね。
 勿論、ダルビッシュ投手と八木投手やウルフ投手の信頼度は違うかもしれませんがね、打たれない投手なんて居ないって事ですよ。時にはそうして打たれて試合もぶっ壊して、別の試合ではちゃんと〆る、職務を全うする。そんなもんですよ。
 それが打たれて壊す方の度合いが過ぎて、どうにもならなければ首脳陣が判断するでしょうし、それでもどうもならなければ、フロントが非情の決断を下す、それまでですよ。なにもファンがそういう真似事をする必然性はないと思うんですけどね。

 ま、ああいう「お前なんて戦力外!クビだ!」とか、「二軍でずっと修行してろ!」なんて「フロントごっこ」「コーチごっこ」が趣味っていうなら止めはしませんが、面白いんでしょうかね?
 大体、そういう選手が起用されるのは、監督やコーチといったベンチの判断であり、チームに存在するのはフロントの判断。そういうのを信用出来ないってことなんですよね?だとしたら、どうしてそんなに信用出来ない球団を追いかけて居るのか?「フロントごっこ」や「コーチごっこ」の為だけならば、他所でやって欲しいかなぁ?

 好きな選手だけを応援したい、そういう気持ちなのかも知れないがね、フロントやベンチが必要と判断しているからこそ、その選手はチームに存在して試合にも出ている。それは貴方が大好きな選手も大嫌いな選手も一緒だってこと。どちらかの判断を否定する事は、もう片方も否定するって事ですぜ。
 ま、小学校か幼稚園で習う、「好き嫌いはやめましょう」ってアレと似てるがね。でも好き嫌いがあるのはしゃーないし、今更「喜んで喰え」とは言えんもんだけど、嫌いなら嫌いでも存在は否定できませんよ?って話さ。嫌いなものを否定する事が、好きなものを肯定する訳じゃないんだよ?と。

 で、何の話だったっけ?そうそう、ウルフ投手にしろ八木投手にしろ、毎度毎度絶好調じゃないってね、彼らに限らず投手・・・・選手はみんな好調と不調を行ったり来たり、そして結果だってそれに決して伴わず気紛れで、ひょっとすると敵さんの調子がこちら以上に荒れてれば、この試合みたいな調子でも抑えられちゃったかもしれないし、逆にもっと良ければ絶好調でも難しかったりする訳で。
 結果が悪かったのは事実で、それで気を悪くするファンも当然いるでしょうけど、次の登板機会には気をとり直して、ゼロから応援してあげて欲しいな、いくら【不信のとき】があってもね。ウルフ投手や八木投手に限らずですけど(名前出しかけたけど止めた。わかるっしょw)。

 で、ウルフ投手の後は根本投手が大好投。こりゃ収穫と言えば収穫ですね。しかも3イニングス、色々と使われ方を妄想してしまいます。
 根本投手、ロッテでは中々信頼を得られずに悶々としていたようで、日本ハムへの移籍時には先発挑戦も口にして居た記憶もあります。俺もどっちかと言えばそちらの方に魅力を感じるのですが、当面はやはり救援投手としての起用でしょうね。でも、アレだけ投れるんなら、やっぱり考えちゃいますね。
 現状、乾投手が二軍調整中で、石井投手が体調不良から復帰の目処がたたず、一軍で頼れる救援左腕が宮西投手1枚という状況で。此処で根本投手が踏ん張ってくれれば心強いですし、乾投手も復帰となれば一軍は一気に左腕王国ですよ、ええ。

 で、最後1イニングは矢貫投手。最近好投の場面も増えて、こういう機会の登板は勿体無い気もしますが、それでも矢貫投手の可能性はまだ定まっていません。取りあえずは新人王とった年の榊原投手のように、実績のある投手を出しにくい場面で使われて、その結果来季をどうするか?そういう処でしょう。

 矢貫投手といえば平成20年秋のドラフト3位指名。ソフトバンクが同じ年の5位で攝津投手を指名しているという事もあり、一部からは「矢貫なんかじゃなく、攝津を指名すれば良かったんだ!」なんて声も聞かれます。ですがね、矢貫投手は此のようにまだ発展途上。対して攝津投手はプロ入り直後から救援でフル回転、去年からは「右のエース格」として先発ローテを支えている投手です。
 そりゃ同じ投手、しかも同じ社会人出の・・・社会人出は一般的には即戦力と目されて、プロ入り直後からのフル回転を期待されるもので、同じ時期にプロに入ったとなれば比較されるのも当然。ましてやより上位(3位)の矢貫投手より、より下位(5位)の攝津投手の方が現時点では華々しく活躍してチームを支えている、その状況を苦々しく思う人だって当然いるでしょう。
 ですがね、そりゃ何事にも限度はありますが、選手はプロ入り直後だけで生きるものじゃないですし、其処だけを評価されるモノでも御座いません。攝津投手は偶々適した起用法が見つかり、すぐに結果を出すことができた、それはそれで指導者も攝津投手本人も大したものだと思いますよ。でも、矢貫投手の場合はそれが中々確定せず、持っている実力をどうしたら活かせるのか?矢貫投手本人も日本ハムの監督・コーチも探っている段階なのです。
 選手の明日なんて誰にもわかりません。来年や再来年なんてもっとわかりません。ですから今結果の出ている選手は今を必死にプレーしますし、それを明日にも繋ごうとする。一方まだ結果の出ない選手はやはり必死になって、明日以降は自分が台頭しようと踏ん張っている筈です。今は攝津投手の方が誰が見たって凄い投手ですが、此が来年再来年も一緒とは限りません。
 何より、矢貫投手は日本ハムのスカウト陣が見つけてきた投手なのですから、それがモノにならないとか、そういう予想はしませんよ。必ず、スカウトさんの熱意と眼力に応じられる、それだけのモノは持っている筈です。


 さて野手陣、打撃陣。塁に走者を置いても押しきれない、そんな感じで野上投手に逃げられましたね。野上投手も肝心な処を〆る好投ですよ。モヤっとしますが、此も投球術です。任意に出来るかどうかはアレですが、やってしまった訳ですから、野上投手は今後も期待されてしまう筈です。
 そんな中で日本ハム野手陣の収穫と言えば、西川選手と鵜久森選手の守備ですかね?まぁ鵜久森選手は「就いただけ」「就けただけ」って気もしますが、西川選手はそこそこ動けてましたね。順調なら中島卓選手とのコンビネーション(先発は西川選手、終盤で中島卓選手に交代)で金子誠選手の出番を食わせてもいいんじゃないかとかね?今は未だ早くても来年位にはね。
 西川選手も鵜久森選手も、そして杉谷選手何かも打撃でいい仕事を度々見せても、守備の不安などで使い方が難しい選手です。そのハードルを一つ越えることが出きれば、彼ら自身にとって大きな全身ですし、出場機会を獲得できればチームにとっても大きな補強になる訳です。進め!


【8月11日「悪名一番」】vs埼玉西武ライオンズ第15回戦
 やりました、吉川投手が無四球2安打完封勝利!いやね、此くらいはやる投手なんです。去年は残念ながら勝ち星が付きませんでしたが、それでも投球に先発投手としての雰囲気はあった。これ言うと僧正クンがキャインキャインと喜んじゃってアレだけどね、去年の段階では吉川投手より期待の高かった中村投手より、ずっともっと雰囲気があった。
 まぁ比べるのも品がないですし、長くやってりゃそれだけ身に付いてなきゃおかしいんであって、中村投手は去年の段階では「これから身に付けていく」って処だったでしょうし、そういう比較はフェアじゃぁなかったとはね。とは言え先日の中村投手の登板、去年とはまるで違う力強い投手がマウンドに立っていました。中村投手、愈々いい雰囲気を纏いつつありますね。
 吉川投手も未だ1年。この活躍を来年再来年と続けて始めてホンモノと言う世界ですが、そうなると愈々楽天の田中将大投手との差が埋まりますね。あの年のドラフトを指して「史上最悪の失敗ドラフト」なんて言う方も居ますが、なんもなんも!寧ろ田中将大投手を外して吉川投手が指名できた事が、日本ハムにとっては大当たり立ったんじゃないかとね。
 吉川投手は、そりゃぁこれまで何度も先発に失敗し【悪名一番】って感じでしたけどね。それでもこれまで投資した負けが漸くモノになって来てる訳でね。吉川投手は決して"外れ1位"なんかじゃないですよ!最高の"当たり1位"ですよ!

 なにより、完投してくれたのがいい!チームとして中々完投してくれる先発投手が現れず、救援投手陣への負担が増していた中、救援投手陣を休ませつつ試合にも勝てたのがね。これで今後一切を吉川投手に任すとは未だ早いですが、いずれそうなる予感はします。重ね重ね、吉川投手は最高の"当たり1位"です!


 打線は最低限。ホント最低限最低限で3点を搾り取ったかな?と。一寸歯車がずれていれば、武隈投手は踏ん張って逃げていたかもしれません。決して武隈投手も良くはなかったですが、最悪でもなかった。強いて言うなら「持ってない」んだろうなぁ。
 日本ハム打線はそこからなんとか3点取れましたが、1点目が糸井選手の二ゴロ併殺の間、2点目が杉谷選手の犠飛、3点目で漸く鶴岡捕手の適時打。こういう結果を見ると、武隈投手は走者を出しながら踏ん張って投るタイプなのかなぁ?これでやっていくのかなぁ?とかね。この路線でいけば、中々嫌な投手になりそうで。よくまぁ3点とれましたよ、ええ。

 そういうアレでは地味な攻撃だったけどね、こういうアレが大事と言うか基本と言うか。「これぞふぁいたぁずやきう!」なんて言う気は更々ないし、何処も一緒なんだけど、派手に「戦艦何隻撃沈!空母何隻大破!敵軍に大打撃!」ってのも必要なんだろうけど、其処に至るまで地道に戦線を維持・拡大していって敵軍を包囲、敵の補給線を分断とか、そういう戦も大事だってね。
 よく「繋ぐ野球がファイターズ野球!」なんて言うけど、そんなのは何処も一緒。みんなやってやろうとしてるし、やられたくないと思ってる。だから堅い守備ラインを突破するには大きな攻撃も必要になるし、それに構える敵の脇を抜ける小さな攻撃も必要。そんな何処もやってる事を「これぞふぁいたぁずやきう!」ってのはどうだろうなぁ?

 アッサリですか?アッサリですね。グチグチ書くことなんて少ない方が良いんですよ、はい(結局要らんもん付け足しちゃった)。


【8月12日「炎上」】vs埼玉西武ライオンズ第16回戦
 うーん、流れがよくないね。でもその中で1勝2敗、3連敗しなかったのはアレかもしれませんが、勝ち越したかったのも事実。でも、こういう流れああいう流れとで当たるんだから、仕方ないと言や仕方ない。何時だって絶好調とはいかないし、敵さんだって都合よく不調じゃいてくれない。つーか、西武ですしね、怖いですよ。

 多田野投手、どうにも踏ん張れません。投手は打たれるもので【炎上】もあるものですが、それにしてもね。2回は兎も角3回はなぁ・・・せめて3回は投げきって欲しかった。彼処でマウンド引き継ぐ矢貫投手だって難しいですよ、ええ。
 多田野投手は八木投手同様不規則な登板間隔、難しい調整をこなしてここまで先発投手陣を"準ローテ"的に支えてくれました。今回の失敗でその全てが消え去るわけではないですし、今後も期待される投手ではあるでしょう(「じゃぁ、他に誰が居るのか?」と言う話)。ただ、この日の結果・内容共に駄目駄目の駄目なのも事実。それは本人も痛感しているでしょう?

 なんだか俺の「斎藤佑樹を信じる!」を第三者に誤解させたくてたまらないアレが必死なんだけど、この試合の多田野投手が良かったなんて言うつもりも筈も無いですが、だからと次回以降を全く期待しない訳じゃないと。なんですか?1度2度失敗したら「こいつはもう使えない!期待してはいけない!使うな!違う投手を使え!」とでも言うのが模範的か?
 いや・・・僧正がマトモに意見を言ってるとは思わない(意見に見えるように文字を列べて人心を惑わせてるだけ)が、多分同様な感情を抱くファンの方も居ると思いますし、やはり先発としての仕事ができなかった先発投手には否定的になっちゃいますよね。でも、だからと先述のようにこれまでの活躍が消えるわけではないですし、この先も同様に失敗だけを繰り返す、二度と活躍を出来ないなんて事はない筈です。つーか、わからんしょ?
 なにやら俺の「多田野は次回はやってくれる」をアレしたいっぽいですがね、そう信じる事が悪い事でしょうか?恥ずかしい事でしょうか?俺には逆に、そうして選手を信じない、選手を自販機か何かのようにいい結果だけを求めて、望み通りにならないものを片っ端から見捨てていく、そういうのの方が「悪い」たぁ言わねえが恥ずかしいと思うぜ。
 まー僧正が言う分には「日本語ではそう言う意味を持つ文字の羅列」「1つの意見に見せ掛けた、誰かを釣る餌、捕獲する仕掛」でしかないんでね。こういうのを俺が言うのもなんだけど、考えるだけ無駄、理解しようとすると却って危険なんだけどね。まぁ、そうやって人を誑かし、侮り、辱しめる事に愉悦を感じるような生き物も居るって事です。

 多田野投手の後を継いだのは矢貫投手。3回のもう1点のアレは仕方ないっちゃ仕方ない。ああいう場面で1点は覚悟でいかないと。そうそう無傷では通らせてもらえません。ただ、彼処でアウトを1つの取りたかったってのはありますが、1点の後は四球1つと併殺ですからね。結果オーライです。寧ろ、4回の1点を無くして欲しかったかなぁ。
 無くしたかった失点はもう1つ、森内投手がオーティズ選手に打たれたソロ弾の1点、それですね。つまり、6点目と7点目が抑えられてれば、少しは展開が違ったかな?とはね。
 モルケン投手が来日初の2イニングス登板。本人の希望として「俺は2イニングス行ける!」ってのがあったので、この機会に試したとかなんとか。この調子で行くともしかしてもしかして、まさかまさかの先発転向とか?まぁ現状モルケン投手を抜ける程救援投手陣に余裕はないですが、もしも来季もいるとしたら・・・可能性だけは否定しないけどね。
 宮西投手の登板は、まぁ虫干しというか試運転もしなけりゃいざという時にトラブルとか勘弁ですしね。そう言う意味で、最後の一枚で余程でなければ調整登板もさせづらい武田久投手なんか、よくやってますよ。ヒ魔人ってのも辛いものがあると思いますよ。決して登板間隔が開くことは、投手にとって楽な事じゃないですしね。


 打線は中盤迄は藻掻いてましたがね。糸井選手が期待できない?じゃあするな、そんなのは手前の勝手だ。一々「期待できない」「信じられない」とか、賛同でもして欲しいか?して欲しいんだろ?手前の撒き餌に釣られて選手を罵倒する声が溢れて欲しいんだろ?いい趣味してやがんなぁ。

 まぁ、糸井選手の調子は一気に上がってはくれませんね。でも、そんな絵に描いたように調子を上げられるなら、そもそも不調に悩む選手なんて居ないわけで。そうなったらどうなんだろうなぁ?敵も味方も絶好調ばかりが当たるんだぜ?つーか、それでも勝敗は付くんだから、結果の良し悪しは発生する訳で。それに選手も工夫をするし、勝った方は勝った方で、負けた方は負けた方で絶対に捻るから、其処で絶対好不調は別れるわけでね。
 絶不調でやってもやっても浮かばんってのもね、それはそれで必死にやってる結果なんだよ。それを笑いたいなら笑え、それが愉しくて堪らないのだろう?そしてそう言うのを眺めるのが至極の愉悦とか言うのもな、立派だよ。立派立派。そう言うのが趣味として存在するのは残念ながら認めるほかないよ。でもな、それが応援と言えるかどうかって言うと、一体どうなんだろうねぇ?



【続・今年は誰を指名する?】
 で、まぁ1位候補の最右翼は花巻東高の大谷君だと思うんですが、他にも噂されてるのが大阪桐蔭高の藤浪君と、亜細亜大の東浜投手。可能性としては大谷君が7、藤浪君が2、東浜投手が1って感じですが、去年の菅野投手の件もあって、例え可能性が10分の1でも馬鹿に出来ない、そんな気持ちもわかります。
 ただ、大谷君以外を指名するとしたら、他の2投手が大谷君より上と判断された場合、チーム事情にマッチするのが大谷君ではなく藤浪君や東浜投手だった場合、または大谷君が(日本の)プロを目指さない場合などでしょう。あるとしたら最後、大谷君には米球界も熱視線を送っており、日本のプロに行かずに米球界行きも・・・なんて事が一番怖い。
 もしも日本を経由せずに米球界・・・そうなったら田澤投手の時のように、予定変更を余儀無くされる球団が続出、意外な1位指名や評価の繰り上げなんかが起こるんだろうなぁ。

 あ、「競合を避けるために1位指名を変更」ってのはないと思いますよ。なんせ競合よりリスクの高い入団拒否すら怖れない球団ですから、日本ハムは。1位指名は競合も拒否も怖れずに、チームに最も欲しい選手、目玉の選手を獲りに行く、そういう球団ですからね。「入ってくれる選手」ではなく「欲しい選手」を獲りに行く、この姿勢は変わらないと思いますね。

 去年の菅野投手の一件で「1位指名を無駄に使うとは何事だ!」「山田GMの独裁体制を打破しろ!」なんて物騒な声もあったりしますが、それって「欲しい選手」よりも「入ってくれる選手」を優先しろ!って事ですよね。そんな事をしていては何時までも選手層は充実しませんし、来てくれる選手だけでは限度があるんです。
 なので競合や拒否を怖れずに1位では1番欲しい選手を獲りに行く。その結果が菅野投手みたいな事もあれば、逆に競合もなく喜んで入団してくれる事だってある。そして2位以下で補強ポイントを確実に埋めていく、そういう指名傾向なんじゃないですか?なので2位以下でも指名がなかった「(ファンが思う)欲しい選手」ってのは、実は今居る選手でどうにか出来るポイントで、優先順位が高くなかったって事じゃないかとね。
 加えて去年の菅野投手指名、「野村(祐輔投手、広島)や藤岡(貴裕投手、ロッテ)なら確実に入団してくれて、外しても外れ1位の指名ができたのに!」とかね。野村投手の場合は斎藤佑投手と類似点があり、中村投手の将来もああいう感じで被ってしまう事、藤岡投手はやはり吉川投手と被る事、そうした理由で菅野投手より優先順位は下だったんじゃないかな?とかね。
 同じような選手ばかりで揃えたって仕方がない訳でね、斎藤佑投手と中村投手の間に挟まりそうな野村投手や、吉川投手で足りる藤岡投手より、何時居なくなるかわからないダルビッシュ投手の次を欲した指名だったと思います。それが失敗した訳で、今年も継続して行くんじゃないかってのはありますね。だとすると、東浜投手は一寸違うかな?と。

 まぁ、そんな訳でやってくと、やっぱり大谷君が最右翼なんじゃねえかな?と。既に複数球団が指名の意向を示していて、競合必至ですけどお構いなしです。東浜投手が社会人に・・・という噂もありますし、更に指名球団が増えるかも知れません。まぁ、その場合の「二の矢」が外れ1位候補でして、日本ハムの場合、これも抜かりないと思います。
 で、2位以下。そうは言っても即戦力投手は欲しい処でしょうし、そうなると右なら道都大の佐藤投手か中央大の鍵谷投手か・・・でも、佐藤投手は今年に入って評価がインフレ気味、上位じゃなきゃ難しそうですし、だからと1位で指名ってのもアレですし。佐藤投手を逃して中位で鍵谷投手って感じかな?左腕は一寸見当が付かないな。
 野手では自由ヶ丘高の武田君、和歌山商高の池尻君、西城陽高の真砂君の視察情報があって、右打ちでバランスがとれた・・・もしくは守備走塁重視の外野手を物色してるのかな?武田君はかなり評価が上がってて、ひょっとしたら逃すかもですが、池尻君あたりかな?「スピードなら即プロ級」って評価とかね。
 そんな感じで今年は1位では高校生投手、次のエース、或いは次の次のエース候補の獲得、それと2位以下で即戦力投手、それと次世代の外野陣候補の充実ってとこでしょうかね?そういうアレでは1位:大谷君、2位:佐藤投手、3位:池尻君・・・という感じでしょうか?武田君は2位でも厳しいかもですね。
 指名できるなら2位:武田君、3位:佐藤投手ってのもあるかもですが。その為には2位3位が折り返しになるパの優勝チームにならんとね。


【避けられぬ対立か?】
 先日「hatefighters」のタグにお客さんがね。ああ、「hatefighters」タグは直訳では「日本ハムファイターズへのヘイトツイート」ってアレになりますが、確かに最初に発案された方は「lovefighters」のタグであまりにも愛の欠けたツイートに「愛がないならこっちでれ!」って発案したようですが、それをまぁ上手い事と言うか流用させていただいて、「lovefighters」ではその場の雰囲気に合わないツイートに使わせて貰ってまして。
 まぁ、「lovefighters」の方で愛が有りすぎるような方々には、俺のツイートはヘイトツイートになる事もあるだろうしね、俺が好き勝手言うだけで「叩かれた!」「自由に発言できない!」って子猫ちゃんがあまりに多いんでね、ヘイトツイート紛いでも何があっても泣かないタグって感じでやっていければなぁ、とはね。まぁ、「lovefighters」云々のアレはまた今度にでもね。

 で、そしたら本当に日本ハムへのヘイトツイートが来ちゃったんだな。なんでも日テレの「ケンミンショー」とか言う番組で北海道特集があったとか?それで日本ハムの人気度に触れたとかで、「北海道民全てがおハム(蔑称)じゃねえぞ!」とか言う、はっきり言っちゃうとJリーグ札幌ファンの一部過激派の方、日本ハム人気を否定したくて堪らない方々って言うかね。
 あ、俺はJリーグ札幌・・・HFCさんそのものを否定するとか、そう言う気持ちはないですよ、今は。好きじゃないけどね。俺は積極的にあっちを応援しようとは思わないけど、だからと「あんなところ応援するな」とか「両方応援だなんて不愉快!どっちかにしろ!」等とも言わんですよ。大体、両方応援してくれる方だって、自分が好きな球団の大切なお客様でしょう?そう言うのを追っ払うとか、贔屓球団の応援してんだか邪魔してんだか、わからんですよね。

 で、彼方さん・・・Jリーグ札幌ファンの過激派の方々は言っちゃうんですよね。「コンササポとしてハムだけは応援しない」「両方応援だなんて不愉快だ」とかね。日本ハムのファンからは流石にそう言うアレは聞いたこと無いですよ。
 まぁ、日本ハムのファンで彼方さんへの拒絶姿勢を明らかにしてるのは俺ぐらいのモンでしょうし、それでも「両方応援だなんて不愉快」とは思いもしない訳で。彼方さんを応援しないってのも「日本ハムファンだから」ではないですし。

 で、彼方さんの過激派の方が言うには「ハムのゴリ押しでうんたらかんたら」とか。正確にアレするのは面倒で、はい。笑っちゃいますよ、Jリーグ札幌のファンさんが「マスゴミガー」「ゴリオシガー」言いますか?日本ハム移転前の道内マスメディア、スポーツ報道はどういう状況でした?はっきりいって「HFC様には逆らうな」「HFC様の御機嫌を損ねるな」・・・そんな感じだったじゃないですか?
 忘れもしませんよ、HBCラジオでHFCの経営について疑問を呈したパーソナリティーが、些細な間違いをつつかれて謝罪させられて、此処までなら「間違ったんだし、しゃあないよね」とも思いますが、降板させられたのをね。もう10年以上も前になるがね、そのパーソナリティーの名前も番組名もコーナー名も言えますよ。
 パーソナリティーの名前は今関安雄さん、番組名は「さくらいさんとやまうちくん」、毎週金曜10時台の「今関安雄 オトコのホンネ」、その後HFCの経営がどうなったか?本当に今関さんは間違っていたんでしょうかね?ただ、都合の悪い情報を撤回させて、発信者を封殺しただけじゃないんですか?つーか、その後金曜10時台のコーナーパーソナリティーに札幌OBの野々村さんってなんの冗談だ?

 まぁ、日本ハムが全てきれいだとは言わねえよ。そりゃ広報活動に多少の無茶が伴うのは何処だって一緒だ。だがな、日本ハムのそれを殊更問題とするならば、じゃぁテメェらは綺麗なのかって。テメェらなんて日本ハム以上に、日本ハム移転前は道内マスメディアを牛耳ってたじゃねえか。HFCとヨサコイの批判は一切タブーだった、そう言う時代を忘れたとは言わせねえぞ。
・・・まぁ、やってたとうの本人にはそう言う自覚も無かったんだろうし、「俺達が優遇されるのは当たり前」って感覚立ったんだろうけどな。でも、HFCに興味のない人間から言わせてもらえば、それはそれは今の日本ハムなんて可愛いくらい、そりゃぁ大層酷いものだったですよ。
 その名残がほら、今でも"過激派"の方々が仰る「ハムは応援するな!道民として認めない!コンサを応援するのが真の道民」とか言うアレですよ。まぁ今回の方々は知りませんが、彼方さんに言わせれば日本ハムは「大阪の肉屋の野球部で、親会社はC大阪の親会社」で「コンサの妨害の為に移転してきた」って事なんだそうですから。

 まぁ、ああいう方々が彼方でも異端だと言うのは大体察しますよ。そう言う連中のせいで多くの偏見を持たない、普通に日本ハムとJリーグ札幌を両方応援しているファンが迷惑しているであろう事も。でも、本当にそう言うのが迷惑だと言うのなら、そう言う事を言う奴らには屈しないで欲しい。自分の気持ちに正直に、両方応援すればいいんです。
 自分は先述のああいうのとか、他にも色々野球ファンとして忘れられない事もあるんで応援はしないですが、そう言うこだわりがなくて両方応援したい人はすりゃいいんですよ。大体がそう言うのは人にとやかく言われるモノでもなければ、人のをとやかく言うモンでもないですしね。
 ですから、逆に「日本ハムは応援したくない!」ってんなら無理に応援する必要もないと思いますよ、残念ですがね。ですが、だからといって「ハムなんて応援するな!両方応援なんてやめろ!そんな奴は認めない!」ってのはどうかと思いますがねぇ。

 まぁ、俺がこういうことを言うと「また無知なハムオタが勝手な事を言ってやがる」とか言われるんでしょうけどね、そう言うところが未だにJリーグ札幌への批判や否定的なものを許さない、彼らの傲慢じゃねえのかな?って思うわけですよ。
 知ってますよ?貴殿方が言う「ローラー作戦」も。アレは証拠が不十分ですし、その後の検証もされてないですよね。日本ハムの役員がHFC社長に失礼な事言った?HFCさんもいきなり「北海道でやるならHFCに出資しろ」とか言いましたよね?みかじめ料ですか?試合開始時間の調整を拒否したのはHFCさんの方ですよね?
 「金を出せ。々は協力しないが、日本ハムは我々に協力しろ」そんな感じでしたよね?HFCさんの日本ハム移転時の対応は。確かその頃のサポーター会議だかなんだかの議事録かなんかにあった筈ですよ。

 まぁ、俺はこんなんなんでね。だからって彼方の立場で「やっぱりおハム(蔑称)は許せねぇ!」ってのは否定しませんよ。ただ、お互い様だってだけでね。そして、こういう気持ちに縛られない一般のファンまで、自分の気持ちを共有させて縛るんじゃないよ、と。いいじゃん、両方応援したってさ。客が増えるのは良い事だろう?
 噂では「立たなかった」「レプユニ非着用」とかで、Jリーグ札幌のファンの間だけでも差別って言うか、排斥されるとか、そう言うのは聞くけどさ。なんつーか事実なら馬鹿だよね。折角の応援団の玉子を、球団を潤す大事なお客に嫌な思いさせて追い払うんだから。まずは自分らがファンの入り口を狭めている事に、「コンサ一筋熱心に応援する!」とか自認してる過激派の方々は気付いた方がいいぞ。



【世界日本ハムなう】
 うーん、負け越しました。やっぱり西武は怖いって事ですよ、開幕当初は下位に臥してて、西武ファンからも相当苛ついた声を聞きました。それが交流戦過ぎてエンジンがかかると、負傷者や不調者がいてもお構いなしで突っ走って来るわけですから。特急レッドアローが超特急レッドアローですよ、ええ。
 その西武に1勝2敗、これで良しとは言いませんが、なんとか防衛線を維持できた最低限、最低限は守れたかな?と。負け試合でも根本投手やモルケン投手を試せたり、全く収穫が無かった訳ではありません。

 先発投手が2人、ウルフ投手と多田野投手が先発としての職責を果たせませんでしたが、彼らとて此を良しだなんて思ってる筈がありません。この負けを踏み台に挽回を期して調整する筈です。出来るかどうかは別ですが、それを出来る方に応援するのもファンの出来ることだと思いますけどね。
 応援できない、したくないってなら無理は言いませんが、だからと応援するのを笑われる筋合いはねえな。選手を「こいつは期待できない」「するだけ無理」とか、そう言う事だけ言ってりゃ野球通だとは思わんよ。ただ冷めてるだけか、人を貶す事でしか愉悦を得られぬ変質者だよ。


 斎藤佑投手の一軍復帰は先送り、更に無期限の二軍調整となりました。まぁ、二度の二軍実戦登板を経ての首脳陣の決断ですから、それに間違いはないと思います。此をバネにして這い上がってくれれば、その為に「無期限」と言うのは却って好都合なんじゃねえかとね。
 斎藤佑投手が二軍調整でまず課された宿題は「走者を背負った時のクイック投球」、それでちゃんとした球をちゃんとしたとこに投れる、その精度を上げなさいって事だったようですが、試合の結果はともかくそうした所謂"ピンチの投球"がどれ程改善されるか、一軍復帰が楽しみですよ。
 まぁ、ぶっちゃけ問題は自信なさげに打たれて失点して降板する事なんだろうけどね、直近の一軍の登板を見るとね。大卒とはいえ2年目で、いきなりスーパーエースの投球だなんて誰も求めちゃいないと思うんですよね。ただ、抑えられないのは当然でも、その打たれ方を大事にして欲しい、打たれた後を大事にして欲しい。派手にやられるのが嫌で、地味にやられちゃっている、そう言うのがね。
 そう言うアレの、自信を補助するアレだと思うけどね、クイックの再確認・再調整とかもね。まぁ、色々藻掻いてやってみりゃ良いと思うよ。今年来年でどうこうって選手じゃないし。

 そうそう、斎藤佑投手が即戦力だから云々。まぁ一般的に大卒でドラフト1位となれば即戦力、1年目からフル回転でチームを引っ張る、そう言う活躍を期待すると思いますがね。でも、「1位で大卒、社会人出」だからって、日本ハムの場合はそう言う考えとは一寸違うんじゃないかとね。
 まぁ、あまり時間を掛け過ぎるのはアレですが、日本ハムの場合1位指名は「一番欲しい選手」ってだけであって、即戦力とか素材とか、そう言うアレとは一寸次元が違うんじゃねえかとね。即戦力最優先であればそれこそ、大石投手(早大、現:西武)や澤村投手(中大、現:読売)等を指名したでしょうし。
 それでも斎藤佑投手を指名したと言うのは、今みたいな状況に対して覚悟はあったと思いますよ、フロントは。俺なんかも去年から「大学4年間で高校3年時にインフレした評価を元に戻した」と思ってますし、大卒ですけど高卒投手って感じじゃないのかなぁ?と。ですからもう少し完成に時間はかかるでしょうし、その分長く楽しめる?投手になると思うんですがね。

 まぁ、俺の「斎藤佑樹を信じる」ってのを笑わせたいアレも居るけどね、信じてるのはどの選手も一緒ですよ。1つの活躍、結果でその選手の未来を確定させて、見限るようなアレはちょっとね。まぁ好き好きだけど、それが立派とも思わんけどね。


 そして、斎藤佑投手を予定していた19日のロッテ戦は中村投手が登板する事になりました。中村投手も実は斎藤佑投手の翌日に二軍戦で登板し、結果と(結果から察する)内容は微妙なものでした。しかし直近の一軍登板の内容では中村投手に軍配があがりますし、まぁ適当な処でしょう。適して当たるって意味でね。
 その中村投手、そろそろ「埼玉のダルビッシュ」「ダルビッシュ2世」と言うのは卒業しましょう、それだけのモノを見せて欲しいし、見せられると思います。誰の2世とかそう言うアレじゃなくてね、「中村勝ここにあり!」ってのをね。「埼玉の中村勝」「中村勝1世」になってくれ!こういうアレはまたの機会に。


 はい、今度はKスタ宮城で楽天戦です。先発投手は武田勝投手(予告先発発表済み)、八木投手迄はわかるのですが、その次がね。多田野投手が月曜に抹消にならない辺り、中5日で18日の土曜日にいかせて、吉川投手も中5で金曜日、ウルフ投手が木曜日なのか?それともまさかまさか、日曜日39球?だったっけ?の多田野投手の中3日とか?まぁ、中5日でしょうがね。

 なんとか此処は踏ん張って、良い形で北海道に戻りたいよね。球宴明けの好調もそろそろ息が切れる頃、此処を越えなきゃアレだからね。ファンは応援しましょう!



 今回は大映の映画作品から適当に・・・って、ロッテ戦にすりゃよかった!ダイエーちゃいますよ?ロッテの前にオリオンズのオーナーだった(チーム名は「東京オリオンズ」、ロッテに売却直前は毎日新聞は撤退してた)映画屋さんです。今は角川になっちゃったみたいですがね。



↓よろしければポチっとお願いします。多分痛くないんでw
blogram投票ボタン人気ブログランキングへにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
↓以下TB用リンク


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

対埼玉西武ライオンズ16回戦@西武ドーム

金曜日から中一日で現地観戦しましたが、また負けてしまいました。 まあ、このカード1勝2敗と最低ラインはキープできたので、ヨシということにしましょうか。 F4−7L@西武

コメントの投稿

非公開コメント

野球の



プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表



お世話になってる速報サイト




その他
にわか日ハムファン友の会へ
野球に関するブログのリンク集とニュース
カテゴリー
最近のコメント
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
注目記事

TBPとかMyClipとか
現在Trackback Peopleから
大絶賛ハブられ中

F+T.B.People

野球+T.B.P.


アニメ+T.B.P
今日のアニメ 明日もアニメ
今日のアニメ 明日もアニメ


その他リンク2


日本を知ろう
国益.com
I LOVE JAPAN/日本復活
反日マスコミが伝えない親日の話
教科書が教えない歴史
日韓関係の近現代史

特定アジア関係
FlashミラーVer.1
FlashミラーVer.2
ν速発、画像動画サイト
朝銀って何?公的資金投入って何?

朝鮮半島総合
2chハン板
FAR EAST-極東-
マンガ嫌韓流公式
韓断会
もう黙ってはいられない2
ビラのHP
半島大陸メモ
韓国製品不買運動
韓国怪汁大百科
韓国旅行要注意
Kの国と愉快な仲間たち
ルクスお姉さんの居残り授業
韓国人と仕事で困った事
在日コリアン 魂の(我儘な)叫び
ミョンスの韓国情報
楽韓Web
韓国製生ゴミギョーザ事件まとめ
韓国の嫌韓流に対するリアクション
け ん か ん (嫌 韓)
韓国は"なぜ"反日か?
プロジェクトK 朝鮮者たち

ウリナラシンムン
チョソンイルボ
チュンアンイルボ
トンアイルボ
ハンギョレシンムン(朝鮮語)

支那メディア
人民日報

歴史問題
大日本史番外編朝鮮の巻
日韓歴史問題に警鐘を鳴らす
History of Korea
日韓併合前後朝鮮半島写真館
従軍慰安婦について

ウリナラ起源
パクリ大国南朝鮮
朝鮮パクリ特集その1/その2
大韓パクリ博物館01/02
日本の文化は日本のものです
韓国パクリギャラリー
パクリのソナタ2004
PowerMonster
剣道の起源は韓国にあり!?
ねぶた掲示板
韓国のねぶた

2002年W杯不正疑惑
韓国サッカーの裏側
2002年WC総括

南京事件関連
南京大虐殺はウソだ!

領土問題
竹島問題
竹島問題ニュース&リンク
沖縄・日本を守れ
東トルキスタンの人々に平和と自由を
東トルキスタンの(ry日本語Ver.
東トルキスタン情報センター

日本海呼称問題
日本海を取り戻すためのwiki
日本海呼称問題について
日本海は「日本海」
日本海名称問題
日本海か東海か
日本海呼称問題ニュース&リンク

東シナ海資源問題
Life Line

偽善白輪ゴム問題
ホワイトバンドの問題点
ほっとけない日本の汚さ


赤 い リ ン ク

赤 い 軍 隊
帰国者の裁判を考える会

赤 い 団 体
中核派
革マル派
ブント(BUND)
週刊かけはし
旗旗
人民新聞
日大全共闘
都革新
杉並親の会
PEACEBOAT
子どもと教科書全国ネット21
AML
落選運動
OhmyNews

赤 い 特 集
1968年全共闘だった時代
ほっとけない世界のまずしさ
脱・マンガ嫌韓流

赤 い 人 間
新城せつこ
戸田ひさよし
俵のホームページ


リンク3
東方Projectで有名な上海アリス幻樂団さんです
萃夢想や非想天、ひデブの黄昏フロンティアさんです
一迅社発行「月刊コミックREX」「キャラ★メル」「まんが4コマKINGSぱれっと」3誌合同連載展開中、本格ストーリー?な東方儚月抄の公式サイト。キャラ設定が微妙にアレなのはご愛嬌w
東方アレンジや三国志大戦、オリジナルまで幅広いIOSYSさんです
IOSYS発、キラキラ系エレクトロ・ポップ・ミュージックユニット!
鬼才、龍波しゅういち率いるマルチタレントチーム!
イオシスのWebラジオ、はいてない.com
イオシスの作品が大体そろう通販サイトIOSYS SHOP
えーりん!えーりん!明るく楽しく激しいCOOL&CREATEさんです

通販便利だけど送料ちょっと高め
営業所留めが出来ればいいんだけどなぁ・・・

地方のアニメファンの救世主?



プロフィール

世界日本ハム

世界日本ハム

RSSフィード
ブログ内検索
買わない、買わせない、使わない
No!福八!
 札幌ドーム前のラーメン店「福八」店頭にて販売されていた非公認応援グッズは、業者側が球団の警告を聞き入れ販売停止、球団公式グッズの委託販売に収まったようです。

・・・復活ですか?
非公認グッズの販売が再開されているとの情報が入りました。球団との約束はどうなったのでしょう?反故ですか?だとしたらもう・・・
 blog各所でこの問題が取り上げられていました。今後もこういった問題が起きぬよう、いい方法が見つかるといいと思います。

↓こちらのblogなどで詳しく取り扱われています
長万部銘菓
blogリンク増えすぎw
萬田銀次郎 語録
powered by ミナミの帝王



BlogPeopleガチャガチャブログ


その他Blog


その他リンク1

放送局・番組


北海道
HBC北海道放送
HBCスーパーベースボール
ファイターズdeナイト!!
[E]スポーツ
1BAN!ファイターズ
ラジプロ!
ラジオ番組表
テレビ番組表

TVhテレビ北海道
週間番組表

uhb北海道文化放送
Fの炎 SPORT HOKKAIDO
週間番組表

HTB北海道テレビ放送
HTB SPORTS
FFFFF
イチオシ!

STV札幌テレビ放送
STVラジオ
ぞっこん!ファイターズ
STVアタックナイター
ファイトF
ラジオ番組表
テレビ番組表

NHK札幌放送局

東京・関東
TBSラジオ
エキサイトベースボール

QR文化放送
ライオンズナイター

LFニッポン放送
ショウアップナイター

RFラジオ日本
ジャイアンツナイター

TVSテレビ埼玉
TVSスポーツ

CTCちばテレビ
マリーンズナイター

tvkテレビ神奈川
ベイスターズナイター

MX東京メトロポ(ry
MXテレビスポーツ

NTV日本テレビ放送網
CXフジテレビ
TXテレビ東京
TBS東京放送
EXテレビ朝日
GTV群馬テレビ
GYTとちぎテレビ

仙台
TBC東北放送
TBC楽天オンエア情報

OX仙台放送
KHB東日本放送
MMTミヤギテレビ

中京三県
CBC中部日本放送
ドラゴンズナイター
燃えよドラゴンズ

THK東海テレビ放送
SF東海ラジオ放送
ドラゴンズガッツナイター
MTV三重テレビ放送

TVAテレビ愛知
侍スタジアム 2008
どらぐら

CTV中京テレビ放送
NBN名古屋テレビ放送
GBS岐阜放送

近畿
ABC朝日放送
ABCラジオ
虎バン
WEEKLYタイガース
ABCフレッシュアップベースボール

MBS毎日放送
MBSラジオ
MBS 猛虎亭
MBSラジオ タイガースナイター

KTV関西テレビ放送
KTVプロ野球中継

SUNサンテレビジョン
サンテレビボックス席

YTV讀賣テレビ放送
TVOテレビ大阪
KBS京都放送
BBCびわ湖放送
TVN奈良テレビ放送
WTVテレビ和歌山
OBCラジオ大阪(大阪放送)
CRKラジオ関西
WBS和歌山放送

広島
RCC中国放送
RCCカープインターネットスタジアム
赤ヘル大好き!キャンペーン

TSSテレビ新広島
HOME広島ホームテレビ
HTV広島テレビ放送

福岡
RKB毎日放送
RKBラジオ
RKBエキサイトナイター
ホークス歌の応援団

KBC九州朝日放送
ホークスナイター/ダイナミックホークス
Hawks2008

TNCテレビ西日本
とべとべHawks

FBS福岡放送
プロ野球放送予定
ホークス週間MVP
夢空間スポーツ

TVQ九州放送
SUPER STADIUM
VIVA!!SPORTAS


新聞

やまと新聞

北海道新聞
がんばれファイターズ
連載 がんばれファイターズ
連載 ボールパーク
公連載・特集
FORZA!コンサドーレ
黒田+
道スポ

日刊スポーツ
プロ野球スコア速報
日本ハム
ダルビッシュ特集
中田翔特集
日本ハム:写真ニュース
ハム番日記
ガンちゃんのまいど!
コンサドーレ
asahi.com

スポニチAnnex
スポニチ北海道
スポニチAnnex野球
スポニチ九州
スポニチ大阪
オトナのスポニチ
毎日jp

SANSPO.COM
プロ野球-野球-SANSPO.COM
野球 > 日本ハム
ピンクハート
FujiSankei Business i. on the Web
iza(イザ!)
ZAKZAK
MSN産経ニュース

スポーツ報知
全試合結果:プロ野球:野球:スポーツ報知
野球:北海道
読売新聞

中日スポーツ
トーチュウ
中日新聞
東京新聞
北陸中日
県民福井

西日本スポーツ
西日本新聞

デイリースポーツ
東京スポーツ

BNN
函館新聞
函館電子新聞

福井新聞

バンコク週報

虚構新聞
航空機新聞社



野球・スポーツ情報

球界・球団

球場

FIGHTERS関係

野球関係

世界の野球

プロレス格闘技

便利なリンク



ブログ村とかくつろぐとか

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
人気ブログランキング

Powered By FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。