Trackback

Recent Articles

TWITTER

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週2!世界日本ハムファイターズ♪ 7月18日号 「青年よ大志を抱け」ば「もう大丈夫」?な球宴前最終カード、西武2連戦!

【いってきまーす・・・?】
 この2連戦が終わると・・・よそではもう1試合多くこなすようですが、球宴に入りまして。日本ハムは都合1週間公式戦が無いと言うことでして、来週水曜日からのソフトバンク戦、ヤフードームから公式戦が再開ということに・・・ってあれ?交流戦明けもヤフードームのソフトバンク戦じゃなかったっけ?いったいどういう日程だ!節目節目にソフトバンクとは、しかも日本ハムのビジター、ちょっとどうなのかな?とはね。

 で、対戦相手云々以上に問題と思うのが、また16日程札幌ドームでの試合が無いという事。今回はどうするかはアレですが、球宴明け1発目がヤフードームですんで、北海道に留まるってのにも限度がありますし、それなら鎌ヶ谷辺りの方が都合がいいでしょうし。
 それにしてもね、シーズンに2度も本拠地を半月以上離れる日程ってどうなんだろうね?よそでも2週間超の遠征は有っても1回です。それが2度もあてがわれるって、ちょっと片寄りすぎじゃないでしょうかね?此は東京ドームがあるとか、地方球場があるとか、もはやそんな問題じゃないと思うんですがねえ。なんか日程作成の際の調整を一手に日本ハム引き受けているような?悪意すら感じるね。

 こういうのをアレすると「北海道なんて交通不便な僻地に移転した球団が悪い」「文句あるなら本州に再移転しろ」とか言われるんだろうけど、何とかならんもんかねえ。


【7月16日】vs埼玉西武ライオンズ第12回戦
日本ハム 2‐2 西武
※9回終了、規定により引き分け

【7月17日】vs埼玉西武ライオンズ第13回戦
日本ハム 3‐1 西武
勝:武田勝
S:武田久
負:岸


blogram投票ボタン人気ブログランキングへにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ


【7月16日「青年よ大志を抱け」】vs埼玉西武ライオンズ第12回戦
 また分けました・・・西武さんとは約2週間前の西武ドームから2試合連続の引き分けですかね?んー、どっちも勝ちたかっただろうなぁ。
 ていうかね、ストライクゾーンおかしくなかった?どっちの攻撃の時っ点じゃなく満遍なく・・・強いて言えば西武の野上投手の方が可哀想な感じに。右打者の外角は比較的取る(全部じゃない)、左打者の内角(右打者の外角と同じところ)は右打者の外角程じゃないけど取る。でも、左打者の外角と右打者の内角は投手に辛めみたいな?米国流の「打者の内角はボール1つ狭く、外角は広く」とも違う、何だかわからない片寄り方で、しかも可変。
 谷元投手はあまり影響なかったようですが、それでも取ったり取らなかったり、基準が曖昧だったりイミフだったり、そういうのは投手にも打者にも迷惑だと思うんですけどね。

 さて谷元投手、宜しくないですね。「え?全然好投してるじゃん!どこが良くないんだよ!?」って方、どうどう、落ち着いて。好投でありましたし、いい結果をつけてあげたかったんですが、それがつかなかったのがちょっと不味いんじゃ無いかと。なんて言うか、先発としては初めてですが救援投手としては実績がある谷元投手。どっちも無いまっさらな投手なら別ですが、先発挑戦して結果が良くも悪くもつかないのって、不安だと思うんですよね。

 漫画の話でアレですがモーニング連載の「グラゼニ」、主人公で神宮スパイダースの左腕投手・凡田夏之介のファンなんですよ、俺。その凡田投手が今季から先発に転向した訳ですが、開幕から登板が流れたり結果がつかなかったりでずっとモヤモヤしてるのね。結局痛い場面に出会して、凡田投手は二軍調整、本人も救援投手への復帰を希望し始めるも、また先発として一軍復帰ってとこなんですが。
 もしね、凡田投手が全く経験の無い、実績の無い投手であればまだ良かったのかもしれない。また、先発で良くも悪くも結果が早い時期についてれば、先発投手としての実感が強くなっていい結果に近づけてたんじゃないかと。でも、なまじ救援で実績のある凡田投手が、中途半端な感じで先発させられる状態は、まさに蛇の生殺しなんじゃないかとね。先発投手だって実感もないまま、救援投手への未練ばかりが募るような。

 漫画から実際の野球の話になりますが、TBSの解説者でHBCへの出演も多い盛田幸希さん、「奇跡のリリーバー」の二つ名で有名ですが、救援投手としてブレイクした後に先発に挑戦したことが有りますが、上手くはいきませんでした。やはりその時は「俺はリリーフの方が良いのに!」と私生活でも荒れていたそうです。
 結果を出した場所からの異動・・・というより、救援投手と先発投手では調整から登板までの準備とか、色々なものが違いますし、そういうのを変えてまで挑戦したのに結果が伴わなければ、やはり不安定になっちゃうんですよ、気持ちが。いい結果がそこそこついたり、良かったり悪かったりならまだ実感も湧くでしょうが、悪いのばかり続いたり、良くも悪くも付かなかったりだと、気持ちが先発投手デビュー出来ないように思うのです。

 して今回の谷元投手。初ですからまだ大丈夫だとは思いますが、次もまたその次もと結果がなかったりすると厳しくなっていくなぁ、と。それでも次があればまだいいですが、先発として7人目の谷元投手。次回登板が何時になるか、また先発か救援かもわかりません。ファンは嫌いな投手を「外せ!」と簡単に言えますが、そう簡単に動けない、動かせないのが現場です。
 もしも今後、先発の機会が無かったり、救援投手に戻ったりしたら、ちょっと可哀想な事になるんじゃ無いかな?と。あ、救援投手に戻るならまだいいか。先発のまま次回登板予定まで暫し待て!であったりしたら、それは蛇の生殺しだなぁ、と。そういう意味ではどっちでもいいから結果が欲しかったなぁ、と。

 谷元投手は好投しましたよ。でも、救援から先発に変わって初の登板ですから、そしてそれなりに救援で実績がある投手ですから、先発を続けさせるなら先発として良いのでも悪いのでも結果を持たせて、先発投手の実感を掴んで欲しかったかな?と。

 継投は先ず多田野投手。2イニングスくらいいくかと思ったら、1死で走者を残して宮西投手にスイッチ。こういう継投が苦手なファンには厳しい継投でしたね。ま、ファンの顔色窺って継投する訳じゃ無いけどさ。そして6回を無失点に抑えると、続く7回も零封。こういう所謂「回跨ぎ」もアレルギー的に嫌う人が多いですね。
 解説者とかが、こういう時の采配の解説をせず、自分の願望や経験からのメリット・デメリットに終始している、それがこういう采配への安直なヒハンの増加に繋がってるんじゃ無いかとね。そりゃ教科書的には綺麗な采配じゃ無いかもよ?でもね、そこでそうするには訳があるんであってね、「こうこうこうだから、そういう継投になる」とか「そうしたかったんだけど、あれを考えると出来ない」とか、そういうのが無いのがね。
 勿論、持論をぶちまけるのも解説者の仕事っちゃ仕事ですよ。でも、試合の流れですとか采配の意図ですとか、そういう「解説」の部分が疎かになってるっていうか。ただ持論だけを垂れ流すなら、ファンのblogだって変わらないですよ。解説者として放送席に就くのなら、解説も確りお願いしたいですよ。持論はその次です。

 増井投手が踏ん張りきれず・・・いやいや、踏ん張ったと思うよ。彼処まで押されて1失点はしゃーないというか、それでもよく抑えたな、とはね。中島選手がいやらしいね、アレが全てで、大量失点の危険性もありました。だから、此でよく踏ん張ったんです。
 武田久投手はまぁあんなもん、驚くほどでもネガるほどでもなし。溜め息吐くほど粋じゃない、だからといって駄目じゃない、スターダストボーイズ駄目じゃない。武田久投手の登板に「同点でも武田久投手と言うのはどういう意味?」って質問があって「わかりません」みたいに答えた解説者がいたがね、準備してたから仕方ないんだって!同点になったからって「久ちょっと待て」「やっぱり誰某行け」では武田久投手も代わりの投手もズッコケますよ。


 9回裏、まさかまさかの無死満塁。まさかまさか、もひとつまさかの無得点。いや、満塁ってそこで迎える打順が良ければ多いに期待出来ますが、そうでもなければ逆に守りやすいですよ?だって盗塁の警戒が要らんですし、ゴロなら何処に投ってもアウトとれますし、併殺でも取ろうもんなら一気に守備側有利になりますし。
 まぁ、代打の二岡選手に賭けるしかなかったですが、打ち取られてしまいましたからね。鶴岡捕手のところで二岡選手の代打でも良かったとは思いますが、そうすると二岡選手が倒れたら中島卓選手ですし、鶴岡捕手も今季打撃好調ですし、どっちかって言えば鶴岡捕手に賭けますしなあ。それなら、鶴岡捕手のところでスクイズでも良かった気はしますが、それもわかり易すぎる気もしますしね。色々な可能性を探った結果が此で、裏目に出ただけなんですよね。
 こうなるとスレッジ選手の離脱が痛くなってきますね。スレッジ選手がいたなら鶴岡捕手の処で代打も出せたでしょうし、あの場面で外野に飛球を飛ばせる代打が2人居れば、涌井投手に掛かるプレッシャーも違ったかな?まぁ、他所見ても、代打の切り札が其処まで充実してるのはごく一部の球団くらいですけどね。


 中田選手、そんなに良くないですか?この試合に限って言えば安打の後の凡退も打球は悪くなかったですし、打ち損じてああいう打球が飛ぶんなら、快打出来れば物凄いですよ。中田選手は現在、そういう打球の質ですとか、見送り方、凡退した次の打席・・・と、結果よりも内容を見る段階じゃないかと。結果を求めすぎるのは、かえって中田選手を歪にすると思うんですよね。

 「内容重視の選手」と「結果重視の選手」、この二者は同じ試合で同じグラウンド上にてプレーしますが、同じように評価するのはナンセンスだと思うのです。例えば田中賢選手などは結果重視の選手でしょうし、兎に角結果を残す事、結果の良し悪しが問題とされる選手です。だからと結果云々で「叩こうぜ!」って話じゃなくね。糸井選手もどちらかと言えば結果重視ですが、こう不調だと内容を心配したくなります。元気のいい打球が中々無いよね?
 逆に中田選手や斎藤佑投手は内容重視の筆頭格です。斎藤佑投手について監督やコーチが不安視するのは結果ではなく、良くない結果を導いちゃってる内容な訳で、ただ「勝てない」「打たれる」で厳しい顔をしてる訳じゃ無いですよ、多分。そして、斎藤佑投手にそういう内容にさせてる原因の1つが、結果を求めすぎる事だと思うのです。ここをどうして「重要なのは勝ち負けじゃない!」と思わせるか、「思いきって負けてみろ」と言えるか、其処は指導者のアレです。

 中田選手に戻すとね、中田選手はそういう"焦り"には今の処とりつかれては居ないですね。此は投手と野手の環境の差もありますかね?兎も角、焦ったり迷ったりという段階は過ぎています、そう思います。心配いらんですよ、じきに結果が後からついてきます。余談ですが、梨田前監督は「結果より内容」と思わせるのが上手かったと思います。栗山監督には栗山監督なりの考えがあるでしょうが、違うアプローチでどう導くか注目です。

 上でちょっと出したけどね、糸井選手は心配だね。あの非常識な弾道が全く見る影もない。これ、仮に打順を下位に移しても、状況が糸井選手を追いかけて行くんだろうな。結果が出ても糸井選手らしくないというか、そして続かない。状況的に中田選手が打法を改める前、迷ってた時期に似ています。突き抜けたいね、突き抜けてほしいよ。

 糸井選手だけじゃなく、中田選手も増井投手も谷元投手も、前のカードでアレだった斎藤佑投手も、【青年よ大志を抱け】、プレッシャーになんて負けるな!ですよ。


【7月17日「もう大丈夫」】vs埼玉西武ライオンズ第13回戦
 怖かったなぁ、田中賢選手のスライディング。ホームに突っ込んでさ、きわどい(か?)タイミングで捕手のブロックを抉じ開けるようなスライディング。あれさぁ、もし捕手がバランス変に崩して田中賢選手の方に倒れたら・・・とか、それで捕手の全体重が・・・とか考えるとね。それでなくてもさ、去年は二塁へのスライディングで骨折してるし、そうそう無いとは言ってもおっかないですよ、ええ。
 こういうのに限らずね、野球だってプレーどころか日常生活にまで影響しちゃうような?そういうプレーがゴロゴロある訳で、選手は命懸けでやってるんですよ。久慈次郎選手なんて送球を頭部に受けて命を落としてますしね、野球は充分「死ねる」競技ですよ。そういう競技をギャラリーの娯楽の為にやってくれるプロ野球選手には、感謝というか申し訳ない気持ちで一杯です。貴方が叩いたそのプレー、選手だって、命懸けなんですよ。

 その田中賢選手のスライディング、勝ち越しホームインを弾き出したのは、不調に苦しむ糸井選手。先制点も糸井選手の犠飛ですね。打球はまだまだ糸井選手らしくないですが、取り敢えずはいい結果。【もう大丈夫】?
 昨日の試合の記事(上)で「中田選手は打ち損じでも~、快打なら~」と書きましたが、糸井選手はパワーなら中田選手にヒケをとらない、寧ろ飛距離だけなら上なんじゃないかと思うんですがね。そういう感じが今年はない。それは本塁打の数もそうですが、打ち損じでもそういう予感をさせるのが無いって言うか。この試合の犠飛でも、飛び方は平凡と言や平凡ですし。
 まあ、そう簡単に絶好調にはならんでしょうけどね。先ずは今宵の結果を踏み台に調子をどんどん上げてって、いずれはまた見たいなぁ、非常識な弾道が。弾道だけならホフパワー選手にも匹敵しますよ、糸井選手は。

 中田選手は結果も内容も定休日かな?いい飛球は1つあったけどね。まぁ、中田選手だって成長途上だし、完成品の選手みたいにアレしたってしょうがないですよ。これからなんですから。


 武田勝投手は8回1失点の好投。今宵もバッテリーを組んだのは鶴岡捕手でしたが、特に心配は無いですね。でも、大野捕手はどう思うだろうな?思ってるだろうな?奮起しなきゃいけませんよ。配球は悪くないですから、今年は打撃ですね、大野捕手は。
 1点を失ったところもね、なんとか踏ん張れましたしね。そら敵さんだって必死なんだし、無傷とはいかないよ。その傷をどれだけ少なく出来るかね、それが重要と。前の試合の増井投手だってそうです。武田勝投手も増井投手も、あと1点許していたら負けてたわけですから。この試合だって彼処でもう1点いかれてたら、流れはあっちでしたよ。

 踏ん張ったと言えば武田久投手も。走者が出た事に不満顔の方も多いでしょうが、最近の武田久投手は塁も点差もフルに活用して逃げ切る感じ。そら敵に手も足も舌も出させずに切り捨てるのはかっこいいでしょうがね、今の日本ハムの抑えはそうじゃないんです、武田久投手なんです。打たれても失点しても結果逃げ切る、武田久投手はそれでいいと思います。
 まぁ、いずれは武田久投手の次の抑え投手って話は出るでしょうよ。でも、これだけタフな武田久投手の次だと、中々務めきれる投手はいないんじゃないかなぁ?一芸にそう感じる投手はいるでしょうけど、簡単じゃないですよ。



【アマチュアか、プロフェッショナルか、それが問題・・・・なのか?】
 引き分けとか負けとかね、勝てなかった試合の後には決まって「プロなんだから勝たなくちゃいけない」「『よく頑張った』といわれるのはアマチュア」なんて声が出るわけですが、それにどうも違和感を感じるんですよね。だって「勝たなきゃ駄目!」って言うんなら、アマチュアの方がトーナメントの大会も多く、プロ以上に「負けたら終わり」なんじゃねえかとね。

 大体、プロだからって「勝たなきゃ意味がない」って意味がわからん。戦う相手だってプロの場合が殆どなんだし、そうなりゃどっちかのプロが負けるんだぜ?その度に片方がプロ失格してるのかね?そんなんなら、あっという間にプロが消滅してしまう。
 プロなんて言うのは、それで飯を喰ってるか否か、たったそれだけだと思うけどね。それだけに高い技術とか派手なプレーも求められるけど、プロかアマかの違いってのは技術云々とか勝敗云々よりも、そういう競技に携わる形態って言うかね、仕事でやってるか趣味でやってるか、そういうとこだと思うけどね。

 さっきもアレしたけど、アマチュアのトーナメントとかの方が「負けたら終わり」だけど、アマチュアは負けたらそのあとは・・・勿論次に向けて練習もあるだろうけど、本業に戻るんだよね。でも、プロの場合は競技が本業だから、負けてもそのままの気持ちと体で、試合に向かわなきゃいけない。
 だから「勝たなきゃ終わる」はアマチュアのあり方であって、プロの場合は「負けても続けなくちゃいけない」だと思うんですよね。どっちが幸せでどっちが苦しいとかは一概に言えるもんじゃないけどね、少なくともプロは負けたからって終われるもんじゃないと。

 まあ勝って欲しいって気持ちはわかるがね、其処に「プロなんだから」って出すのはナンセンスじゃねえの?と。負け続けてもプロはプロだし、いっそ負けて終われるアマが幸せなんじゃねえか?って思う時もあるよ。


 アレやね、「負けたら終わり」「勝たなきゃ意味がない」ってギリギリのアレを楽しみたいなら、負けても続くプロじゃなく、負けたら本当に終わりのアマチュア・・・高校野球とかを見てた方が楽しめるんじゃないですかね?



【世界日本ハムなう】
 西武と共に、他10球団より1日早く球宴前最終カード終了。1勝1分は勝ち越しで良いんですかね?良いってことにしましょうよwまぁ西武さんは非常に悔しい球宴前最終カードだったでしょうが。あと一押しが両試合とも出来なかった訳ですからね。同情は双方に毒ですが、日本ハムも似たような展開が多かったですし、他人事じゃ無いようなね。

 古いファンの方には西武って本当に憎くて強い敵なんですよね、ずーっと勝ち越せないシーズンが続いたり、優勝争いもアレだったりと。俺は当時は近鉄ファンでしたが、近鉄ファンとしても西武は「倒すべき敵」だったなぁ。その近鉄は獅子身中の虫というか、親会社とフロントがアホでああなった訳ですが。野茂に「駐車場に車置くな」「お前は顔じゃない」とか、訳わからん。
 その頃から比べると、やっぱり今の西武は寂しいなぁ、と。代わりにソフトバンクがこの10年ちょいはアレですが、それでも西武黄金時代と比べると違うんだよなぁ。移転後の日本ハム的には、ソフトバンクの方が強い敵に見えますが。
 やっぱり強い西武に勝ちたいんだなぁ。でも、あの西武と今の西武は違うんだろうなぁ。もうAKD砲とかああいうのは見られないんだろうな。


 さて球宴。初戦は斎藤佑投手、第2戦は吉川投手が先発との事。斎藤佑投手は風当たりも強い中での初戦先発。ですが向かい風がなければ翔べません。翼に一杯風を受けてね、舞い上がって帰ってきて欲しいですよ。吉川投手はどうだろう?思いっきりやってくれば、やはりそれでいいよ。2人とも、最高の舞台じゃん!楽しめ!
 他には糸井選手や中田選手なんかもね、此処で踏み台を見つけて持ち帰ってきてくれれば、あとは好きなだけ踏み台昇降すりゃいいんですよ。まぁ、抜け出すきっかけになればね。


 何だかんだで次のリーグ公式戦まで1週間空くのか。今年はちゃんと3試合で日程組んだからね、球宴。まぁ久し振りに「球宴休み」って言える日程だけど、選手は休む訳じゃないからね。球宴出場組は大阪~松山~盛岡とサーキットですし、非出場組も練習がありますからね。そして球宴明けから福岡~大阪~千葉のサーキット。決して楽できる日程じゃないですよ。まぁ、武田勝投手は確り休みそうですが。
 まぁ1週間日本ハムの試合がないのはつまんないですが、その間にファンこそリフレッシュして、残りシーズンを応援する体勢を整えた方がナントカってね。あ、余計な事言いました、わざと。



 今回は大城光恵さんの平成6年7月21日発売のアルバム「海へ行こうよ」の収録曲から拝借しました。「青年よ大志を抱け」はシングルとは別バージョンでした。大城光恵さんも、CMで聞いて以来はまったなぁ。



↓よろしければポチっとお願いします。多分痛くないんでw
blogram投票ボタン人気ブログランキングへにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
↓以下TB用リンク


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

対埼玉西武ライオンズ13回戦@札幌ドーム

なんだかんだで前半戦2位ターンです。 大型連敗もなく貯金キープでここまで来ています。 パ・リーグ自体が近年以上に大混戦模様なので後半戦も息つくことができそうもないですが、

コメントの投稿

非公開コメント

コメント有難う御座います

 どうもです。

>nanasixさん
 まぁ打たれちゃいましたね。ただ、思いっきり行けたんじゃないでしょうか?中村ノリ選手との2度目の対決では抑えられましたし、収穫はあったかな?とは。

 あと、「さいてょ」というのは蔑称ですので、此方では御遠慮いただきたく、御願い申し上げる次第です。


>つーちゃん(・ω・)さん
 「アレが完成品だ」「もう伸びない」とした方が都合が良いんですよ。「期待できない」理由になるし、果ては「使う監督がアホ」まで繋げられますし。
 まぁ、結果が出ない事に二言三言言いたくなるのは仕方の無いところですが、だからと起用をコロコロ変えても選手は育たないというのは、過去の歴史で実証されてます。違う選手が伸びる偶然はあるかもしれませんが、コロコロされた方は大抵苦しんでますし、大成しない選手も多いです。
>  育成にしても、選手のレベルにあった段階を踏ませなければいけませんし、勝って当然の勝負ばかりでは得るものも無いですよ。そういう意味で、中田選手は二軍の投手じゃ相手になりませんし、斎藤佑投手だって二軍で本気は出せないでしょう。また、本来一軍に置くべき選手を二軍に置いては、本来そこで経験を積む選手が機会を失うというのもあります。

 そこそこ小さく硬い球が100粁毎時以上で飛び交い、鉄の爪が付いた靴で駆け回る。巨体も矮躯も同じフィールドでぶつかり合う、怪我の恐れはプレーのすぐそばにあります。
 「怪我を恐れないビッグなプレー」等と囃し立てますが、やる本人達(選手達)の胸中はどうなのでしょうか?恐らくは「ファンのため」「怪我を恐れて気の抜けたプレーは見せられない」と思ってるでしょうが、だからこそどんなプレーもファンは粗末にしちゃいけないんじゃないかな?と思ったりしまして。

No title

おはようございます。中田・斎藤に関してはどうも既に「完成品」としか見ていない人があまりに多すぎる気がしますね。

「出し続ければ育つ とは限らない」とか「この状況で4番を固定させてもいいことは無い」とかね、じゃあそのもう一方の可能性の方が高いて保証はあるのか?とw 出し続ければ勝つとは限らないと言うなら下でじっくり育成でもすれば能力は上がるのかと。それこそパワプロとちゃいまっか(´・◞౪◟・)てたまに思います。


怪我と言えば、MLBの話でアレですが、昨日の試合でブルージェイズの主砲のボティスタが相手投手の速球をファールにした際に手首を押さえながら激痛が走ったかのような苦痛な表情を浮かべておりまして。案の定今日から故障者リスト入り、ベンチには居ますが右手首にはサポーターがぐるぐる巻きにされておりました。骨には異常が無かったそうですが。

怖いですね、「それで怪我しちゃうの?!」というプレイでも怪我の恐れがあるんですから。

No title

折角だからさいてょさんには球宴でフォーク投げて欲しいです
野球の



プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表



お世話になってる速報サイト




その他
にわか日ハムファン友の会へ
野球に関するブログのリンク集とニュース
カテゴリー
最近のコメント
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
注目記事

TBPとかMyClipとか
現在Trackback Peopleから
大絶賛ハブられ中

F+T.B.People

野球+T.B.P.


アニメ+T.B.P
今日のアニメ 明日もアニメ
今日のアニメ 明日もアニメ


その他リンク2


日本を知ろう
国益.com
I LOVE JAPAN/日本復活
反日マスコミが伝えない親日の話
教科書が教えない歴史
日韓関係の近現代史

特定アジア関係
FlashミラーVer.1
FlashミラーVer.2
ν速発、画像動画サイト
朝銀って何?公的資金投入って何?

朝鮮半島総合
2chハン板
FAR EAST-極東-
マンガ嫌韓流公式
韓断会
もう黙ってはいられない2
ビラのHP
半島大陸メモ
韓国製品不買運動
韓国怪汁大百科
韓国旅行要注意
Kの国と愉快な仲間たち
ルクスお姉さんの居残り授業
韓国人と仕事で困った事
在日コリアン 魂の(我儘な)叫び
ミョンスの韓国情報
楽韓Web
韓国製生ゴミギョーザ事件まとめ
韓国の嫌韓流に対するリアクション
け ん か ん (嫌 韓)
韓国は"なぜ"反日か?
プロジェクトK 朝鮮者たち

ウリナラシンムン
チョソンイルボ
チュンアンイルボ
トンアイルボ
ハンギョレシンムン(朝鮮語)

支那メディア
人民日報

歴史問題
大日本史番外編朝鮮の巻
日韓歴史問題に警鐘を鳴らす
History of Korea
日韓併合前後朝鮮半島写真館
従軍慰安婦について

ウリナラ起源
パクリ大国南朝鮮
朝鮮パクリ特集その1/その2
大韓パクリ博物館01/02
日本の文化は日本のものです
韓国パクリギャラリー
パクリのソナタ2004
PowerMonster
剣道の起源は韓国にあり!?
ねぶた掲示板
韓国のねぶた

2002年W杯不正疑惑
韓国サッカーの裏側
2002年WC総括

南京事件関連
南京大虐殺はウソだ!

領土問題
竹島問題
竹島問題ニュース&リンク
沖縄・日本を守れ
東トルキスタンの人々に平和と自由を
東トルキスタンの(ry日本語Ver.
東トルキスタン情報センター

日本海呼称問題
日本海を取り戻すためのwiki
日本海呼称問題について
日本海は「日本海」
日本海名称問題
日本海か東海か
日本海呼称問題ニュース&リンク

東シナ海資源問題
Life Line

偽善白輪ゴム問題
ホワイトバンドの問題点
ほっとけない日本の汚さ


赤 い リ ン ク

赤 い 軍 隊
帰国者の裁判を考える会

赤 い 団 体
中核派
革マル派
ブント(BUND)
週刊かけはし
旗旗
人民新聞
日大全共闘
都革新
杉並親の会
PEACEBOAT
子どもと教科書全国ネット21
AML
落選運動
OhmyNews

赤 い 特 集
1968年全共闘だった時代
ほっとけない世界のまずしさ
脱・マンガ嫌韓流

赤 い 人 間
新城せつこ
戸田ひさよし
俵のホームページ


リンク3
東方Projectで有名な上海アリス幻樂団さんです
萃夢想や非想天、ひデブの黄昏フロンティアさんです
一迅社発行「月刊コミックREX」「キャラ★メル」「まんが4コマKINGSぱれっと」3誌合同連載展開中、本格ストーリー?な東方儚月抄の公式サイト。キャラ設定が微妙にアレなのはご愛嬌w
東方アレンジや三国志大戦、オリジナルまで幅広いIOSYSさんです
IOSYS発、キラキラ系エレクトロ・ポップ・ミュージックユニット!
鬼才、龍波しゅういち率いるマルチタレントチーム!
イオシスのWebラジオ、はいてない.com
イオシスの作品が大体そろう通販サイトIOSYS SHOP
えーりん!えーりん!明るく楽しく激しいCOOL&CREATEさんです

通販便利だけど送料ちょっと高め
営業所留めが出来ればいいんだけどなぁ・・・

地方のアニメファンの救世主?



プロフィール

世界日本ハム

世界日本ハム

RSSフィード
ブログ内検索
買わない、買わせない、使わない
No!福八!
 札幌ドーム前のラーメン店「福八」店頭にて販売されていた非公認応援グッズは、業者側が球団の警告を聞き入れ販売停止、球団公式グッズの委託販売に収まったようです。

・・・復活ですか?
非公認グッズの販売が再開されているとの情報が入りました。球団との約束はどうなったのでしょう?反故ですか?だとしたらもう・・・
 blog各所でこの問題が取り上げられていました。今後もこういった問題が起きぬよう、いい方法が見つかるといいと思います。

↓こちらのblogなどで詳しく取り扱われています
長万部銘菓
blogリンク増えすぎw
萬田銀次郎 語録
powered by ミナミの帝王



BlogPeopleガチャガチャブログ


その他Blog


その他リンク1

放送局・番組


北海道
HBC北海道放送
HBCスーパーベースボール
ファイターズdeナイト!!
[E]スポーツ
1BAN!ファイターズ
ラジプロ!
ラジオ番組表
テレビ番組表

TVhテレビ北海道
週間番組表

uhb北海道文化放送
Fの炎 SPORT HOKKAIDO
週間番組表

HTB北海道テレビ放送
HTB SPORTS
FFFFF
イチオシ!

STV札幌テレビ放送
STVラジオ
ぞっこん!ファイターズ
STVアタックナイター
ファイトF
ラジオ番組表
テレビ番組表

NHK札幌放送局

東京・関東
TBSラジオ
エキサイトベースボール

QR文化放送
ライオンズナイター

LFニッポン放送
ショウアップナイター

RFラジオ日本
ジャイアンツナイター

TVSテレビ埼玉
TVSスポーツ

CTCちばテレビ
マリーンズナイター

tvkテレビ神奈川
ベイスターズナイター

MX東京メトロポ(ry
MXテレビスポーツ

NTV日本テレビ放送網
CXフジテレビ
TXテレビ東京
TBS東京放送
EXテレビ朝日
GTV群馬テレビ
GYTとちぎテレビ

仙台
TBC東北放送
TBC楽天オンエア情報

OX仙台放送
KHB東日本放送
MMTミヤギテレビ

中京三県
CBC中部日本放送
ドラゴンズナイター
燃えよドラゴンズ

THK東海テレビ放送
SF東海ラジオ放送
ドラゴンズガッツナイター
MTV三重テレビ放送

TVAテレビ愛知
侍スタジアム 2008
どらぐら

CTV中京テレビ放送
NBN名古屋テレビ放送
GBS岐阜放送

近畿
ABC朝日放送
ABCラジオ
虎バン
WEEKLYタイガース
ABCフレッシュアップベースボール

MBS毎日放送
MBSラジオ
MBS 猛虎亭
MBSラジオ タイガースナイター

KTV関西テレビ放送
KTVプロ野球中継

SUNサンテレビジョン
サンテレビボックス席

YTV讀賣テレビ放送
TVOテレビ大阪
KBS京都放送
BBCびわ湖放送
TVN奈良テレビ放送
WTVテレビ和歌山
OBCラジオ大阪(大阪放送)
CRKラジオ関西
WBS和歌山放送

広島
RCC中国放送
RCCカープインターネットスタジアム
赤ヘル大好き!キャンペーン

TSSテレビ新広島
HOME広島ホームテレビ
HTV広島テレビ放送

福岡
RKB毎日放送
RKBラジオ
RKBエキサイトナイター
ホークス歌の応援団

KBC九州朝日放送
ホークスナイター/ダイナミックホークス
Hawks2008

TNCテレビ西日本
とべとべHawks

FBS福岡放送
プロ野球放送予定
ホークス週間MVP
夢空間スポーツ

TVQ九州放送
SUPER STADIUM
VIVA!!SPORTAS


新聞

やまと新聞

北海道新聞
がんばれファイターズ
連載 がんばれファイターズ
連載 ボールパーク
公連載・特集
FORZA!コンサドーレ
黒田+
道スポ

日刊スポーツ
プロ野球スコア速報
日本ハム
ダルビッシュ特集
中田翔特集
日本ハム:写真ニュース
ハム番日記
ガンちゃんのまいど!
コンサドーレ
asahi.com

スポニチAnnex
スポニチ北海道
スポニチAnnex野球
スポニチ九州
スポニチ大阪
オトナのスポニチ
毎日jp

SANSPO.COM
プロ野球-野球-SANSPO.COM
野球 > 日本ハム
ピンクハート
FujiSankei Business i. on the Web
iza(イザ!)
ZAKZAK
MSN産経ニュース

スポーツ報知
全試合結果:プロ野球:野球:スポーツ報知
野球:北海道
読売新聞

中日スポーツ
トーチュウ
中日新聞
東京新聞
北陸中日
県民福井

西日本スポーツ
西日本新聞

デイリースポーツ
東京スポーツ

BNN
函館新聞
函館電子新聞

福井新聞

バンコク週報

虚構新聞
航空機新聞社



野球・スポーツ情報

球界・球団

球場

FIGHTERS関係

野球関係

世界の野球

プロレス格闘技

便利なリンク



ブログ村とかくつろぐとか

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
人気ブログランキング

Powered By FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。