Trackback

Recent Articles

TWITTER

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週2!?世界日本ハムファイターズ!5月7日号 「男なら夢を見ろ」!「俺は待ってるぜ」、「男が爆発する」時を!なオリックス3連戦

【なんでや!梨田さん関係ないやろ!】
 いやな、武田久投手が抹消になったら「頑固な前監督より早い決断素晴らしい!」だとかな。だーかーらー、抹消は怪我の為だって言ってんじゃんよ。膝が痛くて投れないってんなら、早いも遅いもないと思うんですけどね。球を投れない状態だったら、梨田さんだって抹消してるって。
 栗山監督だって打たれて負けた直後には「明日投げる機会を作る」と武田久投手の雪辱に積極的でしたし、もしも痛みがなかったり、投れる程度ならば抹消はなかったと思いますよ。ってか、痛みがなかったらあんなメになってないっての。

 なんつーかさぁ、「梨田前監督=悪」「栗山監督=善」みたいな?なんでもそういう結果のテンプレに嵌めていくだけのアレがね。アホちゃうの?というか「栗山監督=善」って実は栗山監督じゃなくても誰でもよくて、本当は「非梨田=善」なのよね。ついでに言うと「梨田前監督=悪」ってのもホントのトコロは「非ヒルマン、非白井=悪」ってのが結構な割合であるよね。

 前にもアレしてアレだけど、今栗山監督の下で活躍してる選手、陽選手にしろ中田選手にしろ糸井選手にしろ、ここまでの選手にしたのは誰の手腕だ?投手陣だって宮西投手に増井投手、谷元投手と次に残してくれたじゃん。「栗山監督は梨田さんの遺産を食い潰してるだけ」なんて"アンチ梨田"みたいな事は言わんけどね、梨田さんが自分の名誉に必死で戦力を疲弊させてたら、もっと苦労したと思うけどね。
 「ヒルマン遺産を否定する奴が梨田遺産とは片腹痛い!」って?そりゃ多少はあっただろうけど、負債の方が多かったんじゃないの?って話、ヒルマン遺産は。野手で"遺産"と呼べた田中賢選手だって、バントマシーンだったのを安打製造機にしたのは梨田政権だと思いますし。


 「梨田政権4年間では良いことは何もなかった」「梨田じゃなければ4年で3~4回は日本一になれてた」とか妄想するのは結構だけどね、それを「日本ハムファンの総意!」とか言うのはよしてくれよ。そして、選手の活躍や変化を全て梨田さんへの罵倒に使うのは、選手に失礼だとは思わんのかね?


【5月4日】対オリックス・バファローズ 第7回戦
日本ハム 9‐2 オリックス
勝:斎藤佑
負:寺原
本:[日本ハム]中田3号3ラン 稲葉5号ソロ

【5月5日】対オリックス・バファローズ 第8回戦
日本ハム 4‐5 オリックス
勝:平野
負:増井
S:岸田

【5月6日】対オリックス・バファローズ 第9回戦
日本ハム 3‐2 オリックス
勝:吉川
負:木佐貫
S:増井
本:[オリックス]イ3号2ラン


blogram投票ボタン人気ブログランキングへにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ


【5月4日「男なら夢を見ろ」】対オリックス・バファローズ 第7回戦
 まず最初に。金子誠選手が出場選手抹消になりました。昨日(5月3日)のソフトバンク6回戦の試合前練習で脚を痛めたようで、試合後に病院に直行で見てもらった結果、左ヒラメ筋の軽度の挫傷との事。全治2~3週間という事で、今後は鎌ヶ谷の二軍施設で復帰に向けて調整のようです。二軍の若い内野手はこの機会に越えねばならぬ"低くて分厚い壁"をよく観察して欲しいですね。


 で、試合の方はと言えば・・・ざまあみやがれ!畜生共!でございますよ、ええ。見たかコノヤロウ!これが中田翔だ!日本ハムの4番打者だ!って事ですよ。あ、オリックスさんとか昨日まで抑えてくれたソフトバンクさんに対してじゃないですよ?中田選手の不調をいい事に言いたい放題して下さった、非常に有り難い一部の日本ハムファンに対してですよ。
 前のアレでもアレしましたがね、応援する選手の事を「お荷物」だの「害」だの「穴」だのと好き放題言ってくれちゃってね、本当に堪え性がねえなと。俺らファンが・・・それぞれ個人が自分の好みを喚いたってね、オーダー組むのは監督やコーチな訳ですよ。ファンは監督が出したオーダーを眺める事しかできないし、しちゃいけないって事を理解して欲しいなぁ、と。
 オールスター戦であれば多少ファン投票・・・人気投票で決まるところはありますよ?ですが、公式戦のオーダーは監督やコーチが選手の調子だけじゃなく、その選手がクリアすべき課題や選手にかける期待も考えて組み上げる訳です。ファンとしては気に入らないオーダーでも、其処には組んだ監督やコーチの意図がある訳です。それを考えて欲しいなぁ、そう思うんです。
 まぁ野球観戦・応援なんて大衆娯楽ですし、そこまで難しく考えなくても・・・そういうアレもわからなくないですが、「誰某がチームに穴を開けている」「誰某が流れを断ち切ってる」とまで考えられるなら、なぜそれでもその選手をそこで使うのか、考えて欲しいなぁ。「私の好きな何某クンをそこで使ってヨ!」というなら何も言いませんがね。

 長々とアレしてアレですが、打ちましたよ中田選手。ちょっと調子が変わった寺原投手から、売った瞬間それとわかる3点本塁打!左翼スタンドに突き刺さりました!寺原投手の調子もアレですが、打ち方は今季ここまでで中々いい感じじゃないでしょうか?
 その後は三振2つにフライ1つでしたが、第3打席の三振は良かったですよ。全ての球を打つなんて、全盛期のイチロー選手じゃないんですからやらんでいいんですよ。振ったところに球が来てたら特大弾!ってイメージができる空振りでいいんですよ。【男なら夢を見ろ】!見せろ!ってね。
 そればっかだと困りますが、打てない球を無理して引っ掛けるなら、豪快な空振りでいいんです。そんな感じの三振だったな、と。気持ちは左翼席最上段ですよ、ええ。

 稲葉選手も打ちました。今季5号のソロ弾は、プロ通算250号のメモリアル弾。長距離砲ではない稲葉選手がここまで辿り着けたのは、常にチームに頼られる中心選手であったからでしょう。なんとか安打は2500、本塁打は300まで続けて欲しいですね。節目は、次の節目へのスタートラインですからね。

 金子誠選手に代わって一軍に合流したのは今浪選手。今浪選手は去年一軍に定着し、金子誠選手から相当数出番を奪う活躍を見せました。今季は其処から更に遊撃の定位置を奪いきる活躍が期待されましたが、キャンプ序盤に腰痛で離脱、大きく出遅れてしまいました。
 それが負傷の金子誠選手と入れ替わる形で、1ヶ月チョイ遅い開幕。終盤に代打で出場し、良い当たりも好守に阻まれましたが、打球の質は良いですよ。試合に出てれば今に結果は出るでしょう。ここからの巻き返しに注目です。
 金子誠選手のファンには申し訳無いですが、金子誠選手復帰までの2~3週間は今浪選手をはじめ、若手内野手のボーナスステージです。金子誠選手が帰って来た時に、すんなり一線に復帰できるようでは駄目なんですよ。


 先発の斎藤佑投手は7回を2失点、先発としての仕事は充分ですが、中盤以降バテた雰囲気がありました。それだけ相手がしんどい打線だったって事もありますが、もうちょいシャキッと〆て欲しかったなぁ。7回で降りるなら、もう少し余裕を持って優雅に降りないと。エースになるという事は、勝つ事以上にマウンドの降り方、負け試合での投球内容、そうしたモノが求められますからね。
 2年目でそういうのはしんどいでしょうが、首脳陣は「佑樹ならできる!」と信じているわけですから、今季終了までに少しでもそういう姿に近付いて欲しいなぁ、と。

 8回は乾投手、9回は植村投手と昭和63年生まれのリレーで〆。乾投手が出たところで「植村投手も登板間隔空いてるし・・・」と来そうな感じはありましたが、本当にやりましたね。これが楽天戦で田中将大投手相手の勝ち試合だったら最高なんだけどね。


【5月5日「俺は待ってるぜ」】対オリックス・バファローズ 第8回戦
 まぁ、武田勝投手の降板のタイミングだろうね。90球での降板も、6回終了での降板も「もう少し行けんじゃね?」と思わせるモノだけどね、「6回90球」となると違うと思うんだよね。このペースで9回完投だとすると135球、武田勝投手の135球完投って想像できますか?俺はできないなぁ。
 武田勝投手の完投ってそれなりに好調の時にやるイメージで、そん時は大抵100球以内で済ませるか、超えてもホンのチョイって感じ。ちょっと良すぎると90球すらいかない感じ。それが6回終了で90球ってどう考えても多すぎでしょう?降板後のコメントでも制球に苦しんでたようですし、良くは無かったんでしょうね。

 何て言うか日本ハムファンの武田勝投手への愛が強すぎて(ついでに偏りすぎて)、武田勝投手はいつも当たり前に楽勝にいい投球内容でいい結果を出すんだと思い込まれてるけどね、本当は人並みに苦しんだり悩んだりするんだよね。それを表面に出さないだけでね、湖の白鳥ですよ、うん。
 ファンが普段「さすがまさるさんだ!」「やっぱりえーすはまさるさんだ!」って言う好投も、他の投手同様に悩み苦しみながら・・・努力の賜物だと言うことを憶えてて欲しいなぁ。その辺無視したように「まさるさんはかんぺきだ!だからつかいかたがまちがってるんだ!」ってのは、それこそ武田勝投手に失礼だと思うのです。


 まぁ、その後の投手が打たれちゃったからね、余計に「まさるさんにぞくとうさせていれば!」ってなるんだろうけどね。本調子より良くない武田勝投手を続投させてもよくない結果だってあり得た訳で。それを見越してか、6回の内から後ろの投手は肩作ってましたね。それで最初に出てきたのが谷元投手、武田久投手離脱に伴う救援投手陣の配置転換で、勝ちパターンの中継ぎに回り勝負処です。
 谷元投手は前回登板で痛い勝ち越し弾を打たれており、その雪辱を果す好機でもあります。しかしそれは叶わず3失点、汚名を雪ぐことは叶いませんでした。谷元投手はこれ迄プロ入り後最高の投球をしてきまして、「この調子なら勝ちパターン・・・或いは抑えも!」と思わせてくれましたが、実際は簡単にいきませんよね。それは後で投る増井投手も同様です。
 選手がいい結果を出した、だからより良い場面で・・・とは誰も思うことですし、その事自体は悪くもなんともないと思います。また、ベンチだってそう思うでしょうし、機会が来ればそういう起用もするでしょう。だけど、それで全ての選手が上手く行く訳じゃないですし、少ない機会で成功を掴める選手なんて一握りもおらんですよ。
 そう簡単にできるなら誰も苦しまないですよ。同時にね、居場所を掴んだ、大役を仰せつかった選手というのはそれだけで凄いんですよ、と。ソコんとこ選手をナメないで欲しいよなぁ。

 谷元投手の次は森内投手。ビハインドとなった場面でしたがよく踏ん張りました。その後の同点劇に導く投球ですね。武田久投手が抜けて苦しい救援投手陣ですが、これを好機と踏ん張って欲しいですね。
 延長がほぼ無くなった9回は増井投手、同点での登板は無失点に抑えれば最悪でも負けは免れる、そんな場面でした。しかしその想いは叶わず、オリックスの勝ち越しを許します。四球で走者を出したとか、そのあと打たれたとか、或いは中田選手の送球が逸れたとかそういうアレもありますが、武田久投手の前を投ってた時とは雰囲気が違いましたね。

 同点の9回表、こういう処での登板がなかった訳じゃないと思います。ですが、今までは後ろに武田久投手が控えていた。しかし今はいない。これは決して小さな事じゃないと思いますし、何時かは越えねばならぬモノだと思います。その最初の挑戦は失敗に終わりましたが、これで終わるものじゃない、そう思います。
 中継ぎで2試合連続失敗の谷元投手、同点とは言え実質抑えデビューで失敗の増井投手、幾らでも駄目と言えるでしょう。ですが、彼らの奮闘なくしてこの先戦う事ができるでしょうか?そう都合よく救世主なんて出ませんよ。踏ん張ってもらうしかないですよ、現有戦力に。そしていずれ出来ると信じてますよ。北海道日本ハムファイターズ、そんなにヤワじゃない!


 打つ方ではね、西投手にやられたなぁ。あと、右方向の打球が悉く一二塁間を抜けなかったなぁ、と。「アレが抜けてれば・・・」というのが幾度も。決して悪くなかったと思うけどね、敵の踏ん張りが上だったねと。

 そんな中でやはり中田選手。見逃す、見送る姿勢は悪くないんですけどね、やっぱり打ちたいという気持ちが漏れちゃうね。そういう気持ちは悪くないけど、表への出しかたがね。引っ掛けるなら三振して欲しい。【俺は待ってるぜ】、だから焦らず確り悩め!
 中田選手では9回表の送球が逸れたのもありますが、アレは良くはないけど仕方ないなぁ、と。ああいう送球は糸井選手や陽選手だって有り得ますし、中田選手だけを叩くようなアレじゃないと思うんだよなぁ。結局、嫌いな人間を叩く為の口実だよね、漢字テストとかカップ麺の値段とか。


【5月6日】対オリックス・バファローズ 第9回戦
 まぁあんなんで勝てるとは思わん方がええ罠。て言うかねぇ、敵方を応援しろって訳じゃないけど、口汚く・・・蔑称めいたモノまで使って罵倒するってどうなのよ?そういうとこまで堕ちて欲しくはないなぁ。

 先発の吉川投手はまぁ踏ん張りましたよね。立ち上がり連続四球で危機を迎えるも、そこを抑えると巡航モード。オリックス打線に対して優位な感じで叩っ斬っていきます。
 しかし5回裏にオリックスの守備の乱れで2点の援護を貰うと、6回表にイ選手から同点の3号2点弾を被弾。彼処は流れがねぇ・・・オリックスは守備の乱れで2点を失い、更に直前には本塁打性の当たりをビデオ判定の結果二塁打と"されて"いましたから、フラストレーションは最高潮だったでしょう。そういう潮目に呑まれちゃったかな?味方が更に1点勝ち越してくれましたんで良かったですが、彼処はなんとか踏ん張りたかったなぁ。
 6回裏に1点勝ち越してもらった後、7回表も吉川投手が続投。疲れも見えましたが無失点で仕事を完了。結果は最高でしたが、この続投は結果の良し悪しだけではないでしょう。先発投手として、そしてエース候補としてこれくらいの使われ方はされて欲しい、そしてその起用での振る舞いを見たい、ベンチの意図はこんなもんだったんじゃないでしょうか。
 吉川投手の続投に「勝さん(さん付け)は継投なのに光夫(呼び捨て)は続投なんて」って声もあるでしょうが、「成熟した投手」と「これから成熟していく投手」では使い方も違いますよ。武田勝投手は使われ方とか固まってますからね。変に弄るよりは良いとこを使っていかなきゃならん段階でしょうし。

 吉川投手の後は宮西投手と増井投手で1点リードの逃げ切り。宮西投手は昨年の不調を経験して強くなってますね。武田久投手離脱の影響を感じさせません。やはり、泥から這い上がった投手は強いですよ。
 増井投手は前日の抑え失敗の雪辱戦。相当慎重になってましたね。それでも今回は抑えに成功、これを重ねていけば良いんじゃないかと思います。ただ、武田久投手の域はまだまだ遠いですよ。


 陽選手が好調ですよね。いい起点になってますし、繋ぎもできます。重要な処に置いてもいいと思うんだよなぁ。2番とか3番とかね。

 中田選手は一本損したなぁ、安打。ただ、打球の質は良くなってますよ。満塁の好機に打ち上げて凡退ってのもありましたけど、ちょっと前の内野ゴロよりも全然いいです。結果にはなりませんでしたが、このまま固まっていけばいずれ結果の方からついてくる筈です。もう迷う必要はありません。失敗も凡退も怖れずに突き進めばいいですよ。でも迷うんだろうなぁ、それも人生だけどね。【男が爆発する】時はそう遠くないと思うよ。



【岩本勉はこんじゃもん?】
 以前、今季から解説者となった金村暁さんの事を書きまして「テンションの低い岩本氏」「岩本氏以外が岩本氏の真似をしても駄目」といった塩梅の事をアレしましたが、ところがどうして金村さん、エラい成長を遂げてますよ、解説者として。
 新人解説者として初々しい部分はありますが、変にウケを狙うことなく、ファンに媚びる姿勢もなく勉強熱心さを感じさせます。特定選手への変な遠慮を感じないのも、数年間日本ハムを離れていたお陰でしょうか。


 さて今回は先輩解説者となる岩本氏、元日本ハムのエース格投手としても先輩の岩本勉氏です。ここでちょっと誤解を解いておきますと、北海道のファンは決して岩本氏が嫌いと言う訳じゃないですよ。寧ろ北海道内ではヒルマン政権への不満が高かった平成17年に引退し、解説者1年目の平成18年に日本ハムが優勝・日本一となり、チームの勢いにも乗って人気解説者としての地位を確かなものとしていますよ。
 寧ろ岩本氏に注文をつけたり「チェンジ!」の声を挙げるのは、私のような臍曲がりか、野球中継をもっとマニアックに楽しみたい人じゃないでしょうかね?そういうアレとしては・・・言わば"解説力"に不満を感じる訳でして。

 はっきり言ってしまうと、解説者デビューの平成18年から7年目となる今季に至っても、解説者としての上積みが感じられない、それに尽きるのです。それを強く感じるのが攻撃側の選手・・・打席に立った打者へのコメント。投手へのコメントでも出ますが、それ以上に「気持ち」とか「感情」、「表情」「顔」といった技術的ではないコメントが目立つ訳です。
 これは多分ですね、投手出身の身として打者の技術や心理がよくわからないんじゃないかと。それでいい加減な知識で打者の技術を喋れないので技術的な言葉は減り、「気持ちを見せろ!」とか「その顔はなんだ!」と言う打者を叱責するようなコメントが増えるんじゃないかと。

 そういうのは選手への取材などで埋めていけるモノと思うのですが、その取材をちゃんとしていないんじゃないか?そう思わせる出来事がありました。
 5月6日のオリックス戦の地上波中継(HTB)の解説で岩本氏が中田選手に対して「意外と繊細なんですねぇ、こういう時はもっと振り回すかと思いましたよ」と。これが偶々ゲストに呼ばれたタレントゲスト(北海道ではまずないが)の発言なら「中田選手に関心がないんだな」で済むんですが、OBでチームに近付く機会も多い、球団の仕事も貰ってる解説者としてはどうかと思うんです。
 中田選手の性格が見た目によらず(失礼!)繊細だと言う事は、中田選手にそれなりの関心を持っているならファンでも知ってる話です。それをOB解説者の立場で知らないと言う事は、どれだけ中田選手に関心がないかと言うだけじゃなく、立場を使ってできる筈の取材をしてないんじゃないか?と言うことですよ。
 中田選手は現在の成績は振るいませんが、それでも未来の中心打者の期待をかけられ、エリート教育を受けている真っ最中な訳です。今の成績と待遇のアンマッチからファンの中にも不満を抱く人が多いのですが、そういう人の疑問を少しでも解くのが仕事じゃないですかね?それが選手の人格設定の部分から間違えているのでは、お話になりません。

 他に強く感じるのは、特定の選手やコーチに対する遠慮ですね。特に金子誠選手と稲葉選手への遠慮は凄いです。多分ですが、岩本氏自身が自分より格上と思う選手やOBに対しては自分の意見を言いづらいし、取材で突っ込んだ話も聞きづらいんじゃないかと。なのでベストカーの提灯記事のようなコメントになってしまうんじゃないかと。
 特に稲葉選手とは稲葉選手が移籍した当初から仲良くされてるようで、その関係を使えば野手の気持ちなども聞かせてもらえるでしょうし、稲葉選手が可愛がっている中田選手にしても素顔などを聞くこともできたでしょう。そうしたところの遠慮が岩本氏の解説の幅を狭めているのではないでしょうかね。

 岩本氏を擁護する訳じゃないですが、そうした遠慮も岩本氏なりに選手への失礼を避けるための配慮だったとは思うのです。ですが同僚やお友達なら兎も角、解説者は時には自分より格上選手に対しても失礼な事を言わなければいけない、時にはファンの反感だって進んで買わなければいけない、そういう職業ですよ。言うならば、解説者と選手は共生の関係にあっても仲間ではない、時には敵にもなるべきじゃないかと。
 勿論、実力が伴った人気選手に失礼な(と自身が思う)態度をとると言う事は難しいですよ。恐らくファンの反感を買いまくるでしょうから。人間誰だって人に嫌われたくないですし、人気商売なら尚更そう考えがちです。ですが、解説者はただ好かれれば良い訳じゃない。試合の場面や流れ、それを作る選手や監督の意図などをわかりやすくファンに伝えなければならない筈です。その為には前述の配慮は邪魔なんです。

 ここで更に・・・ここでは岩本氏を擁護するつもりで言いますが、決して悪いとこばかりではないですよ。解説者として6年間の上積みがなくともアレだけの人気を獲得できてるのには、人柄というかキャラクターというか、好かれる要素がある訳で。先程欠点として挙げた"配慮"も、決して悪い事ばかりではなく、配慮された側にとっては好印象となる訳です。
 解説にしても上積みを邪魔する配慮がリスナーの感情への配慮でもあると言うこと。そして感情豊かに明るく眩しく捲し立てるスタイル。それが難しい解説を求めないファンにとっては好きな選手を悪く言わず、ファン心理を煽るようなコメントを連発する、どんな展開の試合でも興味を失わずに見続けられる、聞き続けられる要因にもなってるとは思います。勿論、逆に作用している人も多数いる訳ですが。

 岩本氏はね、キャラクターはそのままでも、もう少し取材をきちんとしてくれればね。例えば中田選手の性格の誤認識だって、本人や周囲への取材でわかる事でしょうし。そういうのをやるだけでかなり「なるほど!」と思える解説になる筈です。
 なにも難しい話をしろと言う訳じゃないです。岩本氏のキャラクターに合った、分かりやすいことで良いんです。「この選手はこう見えて、実はこうなんです」とか、ご自身の著書でもよくやられているでしょう?岩本氏のキャラクターを更に高められると思うのですが。


 難しい野球の先生である必要はないですが、親しみやすいってだけでは先が見えないですよ。金村さんなどOBのライバルも増えてきますし。差別化を図って生き残る為にも、岩本氏のキャラクターに合った上積みをお願いしたいなぁ、と。


【このblogは個人の感想であり効能を保証するものではありません】
 狡いこと言うようですがね、あくまで私の思った事をそのまま書いてるだけだからね。最低限の配慮はしてるつもりですが、それでも自分以外の誰かにとって都合の良くない事、言われて面白くない事ってそれなりに書いてますよ。申し訳ないとは思いますが、それで遠慮したら私が書いてる意味が無くなっちゃうからね。配慮はしても遠慮はしない、こういえば一寸だけカッコいいですけどね。

 で、そういうアレの諸々は全て私のアレですよ。私は間違っても「ファンは皆こう思っている筈!」とかはしたくないなぁ。やりたい人がやる分には止める術も無いんでアレですけど、そういうのを目の当たりにすると「俺は違うのに、何処から何処までがファンの"皆"なんだ?」と思っちゃう訳でね。

 何て言うかさ、良く「ファンの総意」とか言っちゃうの?別に総意であろうが無かろうが、自分の意見として自信持って胸張って言ってりゃ良いと思うんですけどねぇ。仮に自分1人だって良いじゃない?多数派じゃなきゃ自分の意見を保てないの?自信持とうぜ?
 日本人ってこういうのがどうも苦手でね、自分の意見を自分の意見として言えない、周囲を巻き込んで組織の意見にして自分はその中に隠れる、責任を回避する。本当にそうせな危ない場面ってのはあると思いますがね、言ってしまえば"たかが"野球で、娯楽について言葉をやりあうのに、責任回避とかセコい事すんなよ、とは思うんですよ。


 ほら、何かにつけて「日本ハムファンならこうするのが当然」みたい人が居るでしょう?彼が1人で勝手にやるとか、それに仲間ができるのは構わんですよ。全体に同意を強要するとか害を及ぼさなければ好きにやればとね。ただ、そういうのを「日本ハムファンなら当たり前」とかね、そらアンタらの勝手だろ?と。自分の勝手の責任を、組織全体に押し付けるなよと。
 それにさ、全体に責任をぼかさなきゃ・・・自分の勝手として胸張れない事なんてね、そんなに恥ずかしいのに良く出す気になるねって。ストリーキングしといて「恥ずいから見るなぁ!」ってやってるように見えるのよね。だったら服着ろと。


 はい、そんな訳で当blogは私の勝手です。こういうと・・・居るかどうかアレですが、共感してくれる人がいたら失礼な話かも知れませんがね。だからといってそういう人達にすら媚びるってのはアレですし。俺は何かをアレする時に、主語は自分にしたいからね。他人を主語にしてアレするのってどうにもね。

・・・埋め草ですよ、はい。



【世界日本ハムなう】
 何て言うかね、勝つのは嬉しいし、それに繋がる味方の得点も嬉しいよ。そして失点は悔しいし哀しい。だけどね、それにおだって相手を侮辱するようなのは、ファンとしてもそうだし、ファンを導く部分もある解説者や実況アナも気を付けるべきだと思う。
 5月6日のオリックス9回戦であった一幕ですが、5回裏にホフパワー選手が打ち上げたフライをオリックスの左翼・梶本選手が見失って捕球できず、失策となって日本ハムが2点を先制する訳ですが、この時に梶本選手を侮辱するような声がTwitterのハッシュタグ上にあったとかね。相手のミスを侮辱するほど浮かれるとかね、ああいうプレーがなきゃ勝てないチームですか?

 またその直後、6回表のオリックスの攻撃で、本塁打性の当たりがビデオ判定の結果二塁打になる場面があったんですが、そこではHBCラジオが相当失礼に「アレは二塁打だ」を判定結果が出る前から決めつけて言ってたとか。
 更にその直後のイ選手の2点本塁打には「デブ」とか蔑称呼ばわり。打たれたのはこっちでしょ?それで相手を侮蔑とかね、そんな侮蔑対象より自分達は低レベルだと、侮辱行為をする側は宣言してるようなものでしょう。そんな卑しい集団に見られたいのかい?あなた方は。

 味方に対してもね、特に中田選手と小谷野選手は現在の成績から多少あるのはしゃーないにしても、何をしても残しても侮辱され続ける、そういうのってファンのすべき事なのかね?と。或いは武田勝投手と組んだ大野捕手なんかも「なんで大野なんだ!」とか、そりゃ愛称の良い武田勝投手だからだろ?と。思い通りにならなきゃ気が済まんのかね。


 とりあえず、黄金週間9連戦は負け越し。残念だけど、最後勝てたのは嬉しいね。良い形で遠征に出れますよ。怪我で主力に離脱が出ましたが、こういう時こそチームの力が試される訳でね。代わりに出てくる選手、代わりを務める選手がどれだけ輝くか?そして残った選手がどうカバーするか?そういうのがね。

 そういやまた岩本氏になるんですが、岩本氏も「武田久投手の怪我の程度は軽いけど、打たれて心が折れたのが離脱の原因」とかね。おいおい、選手やベンチが「膝痛で見通したたず」って言ってるのに、それを否定して自分の思い込みですか?って。
 何よりね、武田久投手がそんなに心の弱い投手だと思われてるのがね。膝の痛みと付き合いながら、大事な場面で投げ続ける、そんな投手が心が弱くて務まるかっての。


 今回は石原裕次郎さんの出演映画のタイトルですね。「俺は待ってるぜ」は昭和32年、「男なら夢を見ろ」と「男が爆発する」は昭和34年の作品ですね。まだ生まれてません。すいません、全体的にいつも以上にやっつけです。ごめんなさい。



↓よろしければポチっとお願いします。多分痛くないんでw
blogram投票ボタン人気ブログランキングへにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
↓以下TB用リンク


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

>木卆さん

 どうもです。

 一寸落ち着いたところで、色々と準備する余裕をもって喋るのは上手いと思いますね。ただ、試合中に即興即席で解説というのがどうにも。ちょっと絶叫や表情観察に頼りすぎなような。「岩本さんの解説はわかりやすい」なんて声もありますが、それもその筈、難しい事なんて言ってませんから。
 試合の同時解説よりは、スポーツキャスター的な仕事が合うと思うんですがね。それにしても取材はもっとやって欲しいもんです、はい。

 HBCの解説者では金石さんが最近は好きですかね。ローテンションですが、意外とジョーク(のつもりらしい)が混ざってたり、ついにやけてしまいます。あとは韓国経由で中日コーチになられた平野さんは好きでしたね。

No title

野球漫談家さんは本当に試合後の解説は良いんですが、実況解説になるとどうも感情論やらアドレナリン理論やら・・・うちの連れにも良く呆れられています。解説となるとやっぱり新谷氏が一番聞いていて楽しいですねぇ。恐ろしいときもありますが。
野球の



プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表



お世話になってる速報サイト




その他
にわか日ハムファン友の会へ
野球に関するブログのリンク集とニュース
カテゴリー
最近のコメント
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
注目記事

TBPとかMyClipとか
現在Trackback Peopleから
大絶賛ハブられ中

F+T.B.People

野球+T.B.P.


アニメ+T.B.P
今日のアニメ 明日もアニメ
今日のアニメ 明日もアニメ


その他リンク2


日本を知ろう
国益.com
I LOVE JAPAN/日本復活
反日マスコミが伝えない親日の話
教科書が教えない歴史
日韓関係の近現代史

特定アジア関係
FlashミラーVer.1
FlashミラーVer.2
ν速発、画像動画サイト
朝銀って何?公的資金投入って何?

朝鮮半島総合
2chハン板
FAR EAST-極東-
マンガ嫌韓流公式
韓断会
もう黙ってはいられない2
ビラのHP
半島大陸メモ
韓国製品不買運動
韓国怪汁大百科
韓国旅行要注意
Kの国と愉快な仲間たち
ルクスお姉さんの居残り授業
韓国人と仕事で困った事
在日コリアン 魂の(我儘な)叫び
ミョンスの韓国情報
楽韓Web
韓国製生ゴミギョーザ事件まとめ
韓国の嫌韓流に対するリアクション
け ん か ん (嫌 韓)
韓国は"なぜ"反日か?
プロジェクトK 朝鮮者たち

ウリナラシンムン
チョソンイルボ
チュンアンイルボ
トンアイルボ
ハンギョレシンムン(朝鮮語)

支那メディア
人民日報

歴史問題
大日本史番外編朝鮮の巻
日韓歴史問題に警鐘を鳴らす
History of Korea
日韓併合前後朝鮮半島写真館
従軍慰安婦について

ウリナラ起源
パクリ大国南朝鮮
朝鮮パクリ特集その1/その2
大韓パクリ博物館01/02
日本の文化は日本のものです
韓国パクリギャラリー
パクリのソナタ2004
PowerMonster
剣道の起源は韓国にあり!?
ねぶた掲示板
韓国のねぶた

2002年W杯不正疑惑
韓国サッカーの裏側
2002年WC総括

南京事件関連
南京大虐殺はウソだ!

領土問題
竹島問題
竹島問題ニュース&リンク
沖縄・日本を守れ
東トルキスタンの人々に平和と自由を
東トルキスタンの(ry日本語Ver.
東トルキスタン情報センター

日本海呼称問題
日本海を取り戻すためのwiki
日本海呼称問題について
日本海は「日本海」
日本海名称問題
日本海か東海か
日本海呼称問題ニュース&リンク

東シナ海資源問題
Life Line

偽善白輪ゴム問題
ホワイトバンドの問題点
ほっとけない日本の汚さ


赤 い リ ン ク

赤 い 軍 隊
帰国者の裁判を考える会

赤 い 団 体
中核派
革マル派
ブント(BUND)
週刊かけはし
旗旗
人民新聞
日大全共闘
都革新
杉並親の会
PEACEBOAT
子どもと教科書全国ネット21
AML
落選運動
OhmyNews

赤 い 特 集
1968年全共闘だった時代
ほっとけない世界のまずしさ
脱・マンガ嫌韓流

赤 い 人 間
新城せつこ
戸田ひさよし
俵のホームページ


リンク3
東方Projectで有名な上海アリス幻樂団さんです
萃夢想や非想天、ひデブの黄昏フロンティアさんです
一迅社発行「月刊コミックREX」「キャラ★メル」「まんが4コマKINGSぱれっと」3誌合同連載展開中、本格ストーリー?な東方儚月抄の公式サイト。キャラ設定が微妙にアレなのはご愛嬌w
東方アレンジや三国志大戦、オリジナルまで幅広いIOSYSさんです
IOSYS発、キラキラ系エレクトロ・ポップ・ミュージックユニット!
鬼才、龍波しゅういち率いるマルチタレントチーム!
イオシスのWebラジオ、はいてない.com
イオシスの作品が大体そろう通販サイトIOSYS SHOP
えーりん!えーりん!明るく楽しく激しいCOOL&CREATEさんです

通販便利だけど送料ちょっと高め
営業所留めが出来ればいいんだけどなぁ・・・

地方のアニメファンの救世主?



プロフィール

世界日本ハム

世界日本ハム

RSSフィード
ブログ内検索
買わない、買わせない、使わない
No!福八!
 札幌ドーム前のラーメン店「福八」店頭にて販売されていた非公認応援グッズは、業者側が球団の警告を聞き入れ販売停止、球団公式グッズの委託販売に収まったようです。

・・・復活ですか?
非公認グッズの販売が再開されているとの情報が入りました。球団との約束はどうなったのでしょう?反故ですか?だとしたらもう・・・
 blog各所でこの問題が取り上げられていました。今後もこういった問題が起きぬよう、いい方法が見つかるといいと思います。

↓こちらのblogなどで詳しく取り扱われています
長万部銘菓
blogリンク増えすぎw
萬田銀次郎 語録
powered by ミナミの帝王



BlogPeopleガチャガチャブログ


その他Blog


その他リンク1

放送局・番組


北海道
HBC北海道放送
HBCスーパーベースボール
ファイターズdeナイト!!
[E]スポーツ
1BAN!ファイターズ
ラジプロ!
ラジオ番組表
テレビ番組表

TVhテレビ北海道
週間番組表

uhb北海道文化放送
Fの炎 SPORT HOKKAIDO
週間番組表

HTB北海道テレビ放送
HTB SPORTS
FFFFF
イチオシ!

STV札幌テレビ放送
STVラジオ
ぞっこん!ファイターズ
STVアタックナイター
ファイトF
ラジオ番組表
テレビ番組表

NHK札幌放送局

東京・関東
TBSラジオ
エキサイトベースボール

QR文化放送
ライオンズナイター

LFニッポン放送
ショウアップナイター

RFラジオ日本
ジャイアンツナイター

TVSテレビ埼玉
TVSスポーツ

CTCちばテレビ
マリーンズナイター

tvkテレビ神奈川
ベイスターズナイター

MX東京メトロポ(ry
MXテレビスポーツ

NTV日本テレビ放送網
CXフジテレビ
TXテレビ東京
TBS東京放送
EXテレビ朝日
GTV群馬テレビ
GYTとちぎテレビ

仙台
TBC東北放送
TBC楽天オンエア情報

OX仙台放送
KHB東日本放送
MMTミヤギテレビ

中京三県
CBC中部日本放送
ドラゴンズナイター
燃えよドラゴンズ

THK東海テレビ放送
SF東海ラジオ放送
ドラゴンズガッツナイター
MTV三重テレビ放送

TVAテレビ愛知
侍スタジアム 2008
どらぐら

CTV中京テレビ放送
NBN名古屋テレビ放送
GBS岐阜放送

近畿
ABC朝日放送
ABCラジオ
虎バン
WEEKLYタイガース
ABCフレッシュアップベースボール

MBS毎日放送
MBSラジオ
MBS 猛虎亭
MBSラジオ タイガースナイター

KTV関西テレビ放送
KTVプロ野球中継

SUNサンテレビジョン
サンテレビボックス席

YTV讀賣テレビ放送
TVOテレビ大阪
KBS京都放送
BBCびわ湖放送
TVN奈良テレビ放送
WTVテレビ和歌山
OBCラジオ大阪(大阪放送)
CRKラジオ関西
WBS和歌山放送

広島
RCC中国放送
RCCカープインターネットスタジアム
赤ヘル大好き!キャンペーン

TSSテレビ新広島
HOME広島ホームテレビ
HTV広島テレビ放送

福岡
RKB毎日放送
RKBラジオ
RKBエキサイトナイター
ホークス歌の応援団

KBC九州朝日放送
ホークスナイター/ダイナミックホークス
Hawks2008

TNCテレビ西日本
とべとべHawks

FBS福岡放送
プロ野球放送予定
ホークス週間MVP
夢空間スポーツ

TVQ九州放送
SUPER STADIUM
VIVA!!SPORTAS


新聞

やまと新聞

北海道新聞
がんばれファイターズ
連載 がんばれファイターズ
連載 ボールパーク
公連載・特集
FORZA!コンサドーレ
黒田+
道スポ

日刊スポーツ
プロ野球スコア速報
日本ハム
ダルビッシュ特集
中田翔特集
日本ハム:写真ニュース
ハム番日記
ガンちゃんのまいど!
コンサドーレ
asahi.com

スポニチAnnex
スポニチ北海道
スポニチAnnex野球
スポニチ九州
スポニチ大阪
オトナのスポニチ
毎日jp

SANSPO.COM
プロ野球-野球-SANSPO.COM
野球 > 日本ハム
ピンクハート
FujiSankei Business i. on the Web
iza(イザ!)
ZAKZAK
MSN産経ニュース

スポーツ報知
全試合結果:プロ野球:野球:スポーツ報知
野球:北海道
読売新聞

中日スポーツ
トーチュウ
中日新聞
東京新聞
北陸中日
県民福井

西日本スポーツ
西日本新聞

デイリースポーツ
東京スポーツ

BNN
函館新聞
函館電子新聞

福井新聞

バンコク週報

虚構新聞
航空機新聞社



野球・スポーツ情報

球界・球団

球場

FIGHTERS関係

野球関係

世界の野球

プロレス格闘技

便利なリンク



ブログ村とかくつろぐとか

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
人気ブログランキング

Powered By FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。