Trackback

Recent Articles

TWITTER

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

増刊セカニチ! 「補強はどうした!」統括本部のお仕事?

 ストーブリーグも盛り上がって参りまして・・・盛り上がって参りまして・・・盛り上がって参りまして・・・盛り上がって参りまして・・・盛り上がっ・・・てねーよ!日本ハムだけ蚊帳の外ですか?そんな感じのファンも多いと思われます。
 まぁ、毎年オフになり増すと「他球団はせっせせっせと補強してるのに、日本ハムは補弱かよ」「補強した他球団に補強なしの日本ハムが勝てるわけない、最下位確定だ!」等と騒ぐネガ厨や工作員が多数沸いてくるのでして、その辺は意識してもしゃーないやろ?とね。まぁ、球団の理念とか方針を理解せずに、よくまぁついてこられるもんやね、そう感心もするよ、そら。


 さて、そんなこんなで球団の考えてる"補強"とは一体なんなのか?そしてどう動いて実現へ進んでいるとか、その辺りをgdgd考えてみようかと。飛び出さない程度にね。



blogram投票ボタン人気ブログランキングへにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ




 此を言っちゃ元も子もない話ですが、日本ハムは補強で勝つ、そういう方向は目指していないと思います。此は新監督の人選でも「ドラフトとスカウティング」という球団の方針の理解を重視しましたし、日本ハム球団の中心を貫く背骨のようなもんではないかと。
 ですんで、例えばこのオフですと横浜(現:DeNA)から村田選手、ソフトバンクから杉内投手、西武から帆足投手がFA宣言して国内移籍を目論んでいますが、そうした大物FA選手の獲得は余程の事がない限りあり得ないと思うのですよ。そりゃ御三方とも実績十分な選手ですけどね。

 大物FA選手の獲得を訴える方々の気持ちもわからなくはないんですが、それらの選手の獲得にどれ程の代償・代価が必要なのか。補償金ならともかく、人的補償となれば育成計画にも狂いが出る筈です。精々移籍から4~5年程度が限度で以後は程度の差があれ下っていく選手を獲得して、将来を期待した選手を失う。そのどちらを重要視するかは各球団それぞれ違うでしょうが、日本ハムは将来を期待する若手を大事にする、そういう事なんだと思います。

 「稲葉を獲ったじゃないか!」とおっしゃるかもしれませんが、当時と今ではチームの状況も違います。当時はチームの中心となれる選手が今より少なく、若手にも時間が必要だった。更に・・・当時叩き上げの中心選手だった小笠原選手のFA移籍も考慮していたのではないでしょうか?そこで移籍と同時に新庄選手を獲得し、翌年には稲葉選手も獲得した。此処の処が先ほど書いた「余程の場合」の緊急補強だったのではないかと。
 ですから、そうした経験も含めて必要な部分が足りていない、若手の育成だけでは補えない、若手にそうしたモノを教えられる人材が少ないとなった場合に、そうした経験と実力の豊富なベテランや中堅の選手を獲得する、単に短期的な戦力としてだけではなく、中長期的な若手の教科書、お手本としても必要だから獲得するのではないでしょうか?
 勿論、チームの体質改善の為に"血の入れかえ"という目的もあったでしょう。移転直後にはアメリカ帰りの新庄選手に、読売からの持ちかけでしたが入来投手、オリックス優勝時の正捕手で西武では松坂投手をリードした中嶋捕手と経験豊富な選手を獲得しています。その後もFAの稲葉選手を始め、岡島投手、藤井投手、二岡選手と経験のある選手を獲得してますが、相手からの持ち掛けもあれ、受諾した理由に「若手の手本」という事もあったと思います。


・・・と此処で補強の手段の一つ、トレードについて。各所で話が出てるのでもう御存知の方も多いと思いますが、日本ハム球団の方針として、此方から相手球団へトレードを持ち掛けるって事はまずないという事です。「じゃぁなんで中心選手を放出してんだよ!」と言うかも知れませんが、出された選手がその時点で中心選手だったかどうかは別として、相手球団から必要とされて移籍していってる訳です。
 勿論、例外はあるでしょう。このオフも林投手と菊地投手が退団の際に「トレードを画策したが不調に終わった」とあったので、多少は引き受け先を探したり下交渉や前交渉はあったのでしょう。ただ、基本は日本ハムからはトレードの話は出さない、相手が求めた選手が日本ハムでは出場機会を満足に得られないなら、交換要員に注文を付けずにトレードを成立させるようです。

 日本ハムにとってのトレードは、戦力補強が第一ではなく、選手の出場機会を確保する、拡大することが第一なのです。その為・・・過去には二岡選手のトレードもありましたが、主力級の選手を動かすトレードは起こりづらいでしょう。


 また、先述のようにFA市場への参加に対しても現状では消極的です。この姿勢に対して「打線が弱いんだから村田(横浜からFA宣言)を獲れ」とか「ダルが居なくなるかも知れないから杉内(ソフトバンクからFA宣言)や帆足(西武からFA宣言)の獲得に動くべき」との声も多数聞かれました・・・って某所では特定の数人が毎日連呼してただけみたいですが。
 繰り返しになりますが、大物FAは当然ながら獲得に際して補償が発生します。金銭の補償も決して軽い負担ではないですが、それ以上に痛いのは人的補償。「ドラフトとスカウティング」が基本の日本ハムにとって、此方からコントロールできない形での選手の逸失は、大物FAを獲得できずに生じる負担よりも遥かに大きいものでしょう。
 ですので、移転直後にチームの体質改善を目指して複数の選手の獲得に参加し、稲葉選手を獲得した時のように、戦力以上の部分(所謂"無形の力"の部分)で補わなければならない部分があった場合、そして其処を埋められる人材が市場に出ていた場合、そうした条件が揃わない限り、大金とプロテクト外から向こうの都合で摘ままれる選手を失ってまで、投手の何勝・何イニングスとか打者の何安打・何打点を"買う"という事はしないんじゃないでしょうか?


 トレードやFAでの戦力補強は、必ずしも此方側の事情に合わせてもらえるわけではありません。欲しい選手欲しい時にが市場に出ているとは限りませんし、トレードをするにも此方側が「欲しい欲しい」と進めれば足元を見られます。思い通りにいかなかったり、長期的にはマイナスだったりもする訳です。
 居酒屋さんのメニューなら「本日時化の為出せません」とかもあるんでしょうが、戦力を編成するにあたっては許されません。市場に出回るのを待つ間不十分な戦力でペナントレースを戦わなければならないとか、せっかく育てた戦力、或いは将来有望な素材を一時の勝利の為に失う。そういう事をしない為にもトレードやFAではなく、「ドラフトとスカウティング」重視なのではないでしょうか?


 ドラフトと言えば今年、1位指名の東海大・菅野投手の獲得が難しくなっていますが、その事に対して山田GMの責任を問う声、辞任を求める声が一部・・・何故か他球団ファンからも聞こえますが、私は山田GMが責任云々とか、それこそ引責辞任等の必要は一切ないと考えます。
 "GM"という肩書きから全権責任という印象、全てを1人で決めていると思われる方もいるでしょうが、実際には山田GMが1人で決めているわけではありません。他所では独裁者ぶりに球団内外から批難を浴びたGM(当時)もいたようですが、日本ハムの場合は実際にはチーム統括本部というところが一般的な"GM"の役目を果たします。
 吉村チーム統括本部長と島田球団代表、そして山田GMの3人がチーム編成のトップを務め、その下にプロスカウト・アマスカウトが直属の兵士として働きます。勿論、今回の菅野投手の指名のようにチーム統括本部内でも極秘の事項もあるようですが、少なくとも山田GMだけではなく吉村本部長と島田代表は承知している筈で、山田GMだけではなくチーム統括本部の責任だと思います。

 余談ですが、昨年のドラフトでは斎藤佑投手をソフトバンク・ロッテ・ヤクルト、そして日本ハムの4球団競合で指名、抽選の末に獲得しましたが、当初は同じ早大の大石投手(現:西武)、或いは左腕で八戸大の塩見投手(現:楽天)の指名を予定しており、オーナーにもそのように連絡していたそうです。
 しかしその後ドラフト直前に、斎藤佑投手への1位指名方針の変更をオーナーに伝えると、オーナーからは「逃げるのか!」と、まるで競合球団が多い大石投手から少ないだろう斎藤佑投手に逃げたものと思われて一喝されたそうです。勿論"逃げ"などで指名した訳ではなく、その事をオーナーに説明して納得してもらい、斎藤佑投手の指名に至ったという訳です。
 この事から、今年の菅野投手の指名についてもオーナーは承諾している筈で、チーム統括本部が暴走して行った訳ではありません。拒否や競合を恐れずにその巡で一番欲しい選手を指名する、それは球団の揺るがぬ方針な訳ですよ。その方針通りに行動しておかした失敗は、決して責められるものではありません。

 野球のプレーでも、消極的なプレーの結果の失敗は責め、改善させる必要がありますが、積極的なプレーの結果の失敗は責めて次回を防止するのではなく、責任よりも上達を勧め、次回の成功を求めるものです。そうでなくてはプレーが消極的になり、チーム全体のモチベーションも下がり、結果として戦力の低下を招きます。
 同様にチーム編成などグラウンド外の仕事でも、積極的な行動の結果の失敗は責める必要はありません。寧ろ積極的にいった事を認め、次回も萎縮せずに積極的にできるよう、全体で失敗をフォローするべき事でしょう。此が消極的な選択で菅野投手を指名し、その結果として拒否されたというなら責任問題にもなるでしょうが、(一部の方には)残念ながらそうではありませんね。


 その時々の周囲の状況や他球団との関係に左右されず、中長期的に戦力を整備する。そうなるとやはりドラフトで勝負を賭けるのが一番ですし、失敗を恐れてもいけません。トレードやFAに頼っては、短期的には効果を発揮しても、中長期的では難しくなりますし、安定的な戦力供給という面でも不安があります。
 結局のところは"急がば回れ"、プロで調整された完成品の仕入れで凌ぐよりも、自分の処でアマチュアからプロフェッショナルに育て上げるのが、"良いチーム"にするのに近道なのかな?と。何より安全運転ができますしね。一寸球団の思い通りに考えすぎですかね?だとしても構わないですけどね。



【世界日本ハムなう】
 全くね、日本ハムという球団を理解してより好きになろうとしていくと、補強というのが悪いことのように思えてくるね。いや、本当に補強しなきゃならんときにはせにゃならんのですけど、其処は外国人に頼ってるのかなぁ?と。それも"現役バリバリ大リーガー"って感じの選手じゃなく、やはり上のレベルでの出場機会に恵まれず、アピールの機会を求めているような選手でね。それで日本人と競わせる、みたいな。
 日本人選手・・・日本球界内での選手移籍に関しては、それこそ"人事異動"って感覚なんでしょうね。「あっちの部署でお前が必要だっていってる。此処より出番も多い筈だぞ」みたいな感じでさ。結果としては稲田選手や高橋信選手のように、状況が変わったり本人の不調で出番を掴みきれなかったりってのもありますけど、少なくとも送り出した時には向こうから必要にされて行くわけですからね。紺田選手もね。


 まぁ、それでも「危ないから補強しろ」って人はしゃーないですがね。ただ、それでストレス溜めて楽しいのかなぁ?とはね。補強を是としない球団に対して「補強しろよ!」「補強しなきゃダメだ!」っても、一寸空しくないのかなぁ、とは。
 いずれは状況がガラッと変わって補強中心に転換ってこともあるかもしれませんが・・・親会社が変わるとか何かそういうアレがあったりしてね、銀河系軍団みたいなチームになったら、そりゃキラキラしてても、一寸素直に喜べないな、と。やはりドラフトとスカウティング、本当にどうしようもない時にだけ、仕方なく補強。トレードは控え選手の出場機会確保の為、そんな球団が愛おしいんだな、全く。


・・・本当は此方を先にアレしてたんだけど、ダルビッシュ投手のアレがアレしたんで順序が変わっちゃいまして。その間に頂いたコメントからもアレしてアレ。かなり半端になっちまったな。結局は、編成の方針も含めて北海道日本ハムファイターズって球団が、選手だけじゃなくて全てが好きなんだな、と。



blogram投票ボタン人気ブログランキングへにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
↓以下TB用リンク


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

>kazeさん

 どうもです。

 菅野投手ですか。実際どう動いているか、接触できているかどうかは部外者たるファンには知り得ぬ事ですね、当然ですが残念ながら。恐らくは東海大に対して面会の機会をもらえるよう、何度も願い入れているものと思いますが。
 恐らく、公にできない・・・裏技的な手は使わないんじゃないかと思います。そうした行為で結果的に印象を悪くしたり、必要以上の金銭を注ぎ込む事には消極的ですし。ドンキホーテのようで滑稽かもしれませんが、今後の指名や球団運営も考えて、それがベストだと理解しています。

No title

初めまして。
いつも楽しく読ませてもらっています。

後段で出てきた菅野投手のことですが、先日の新入団選手発表の席で「交渉継続中」とのコメントが出ていましたが、実際の所接触しているんでしょうか。
もし、接触するとしたらどういう方法が考えられますか?
公にできないような手段であれば、伏せたままで構いませんが…
野球の



プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表



お世話になってる速報サイト




その他
にわか日ハムファン友の会へ
野球に関するブログのリンク集とニュース
カテゴリー
最近のコメント
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
注目記事

TBPとかMyClipとか
現在Trackback Peopleから
大絶賛ハブられ中

F+T.B.People

野球+T.B.P.


アニメ+T.B.P
今日のアニメ 明日もアニメ
今日のアニメ 明日もアニメ


その他リンク2


日本を知ろう
国益.com
I LOVE JAPAN/日本復活
反日マスコミが伝えない親日の話
教科書が教えない歴史
日韓関係の近現代史

特定アジア関係
FlashミラーVer.1
FlashミラーVer.2
ν速発、画像動画サイト
朝銀って何?公的資金投入って何?

朝鮮半島総合
2chハン板
FAR EAST-極東-
マンガ嫌韓流公式
韓断会
もう黙ってはいられない2
ビラのHP
半島大陸メモ
韓国製品不買運動
韓国怪汁大百科
韓国旅行要注意
Kの国と愉快な仲間たち
ルクスお姉さんの居残り授業
韓国人と仕事で困った事
在日コリアン 魂の(我儘な)叫び
ミョンスの韓国情報
楽韓Web
韓国製生ゴミギョーザ事件まとめ
韓国の嫌韓流に対するリアクション
け ん か ん (嫌 韓)
韓国は"なぜ"反日か?
プロジェクトK 朝鮮者たち

ウリナラシンムン
チョソンイルボ
チュンアンイルボ
トンアイルボ
ハンギョレシンムン(朝鮮語)

支那メディア
人民日報

歴史問題
大日本史番外編朝鮮の巻
日韓歴史問題に警鐘を鳴らす
History of Korea
日韓併合前後朝鮮半島写真館
従軍慰安婦について

ウリナラ起源
パクリ大国南朝鮮
朝鮮パクリ特集その1/その2
大韓パクリ博物館01/02
日本の文化は日本のものです
韓国パクリギャラリー
パクリのソナタ2004
PowerMonster
剣道の起源は韓国にあり!?
ねぶた掲示板
韓国のねぶた

2002年W杯不正疑惑
韓国サッカーの裏側
2002年WC総括

南京事件関連
南京大虐殺はウソだ!

領土問題
竹島問題
竹島問題ニュース&リンク
沖縄・日本を守れ
東トルキスタンの人々に平和と自由を
東トルキスタンの(ry日本語Ver.
東トルキスタン情報センター

日本海呼称問題
日本海を取り戻すためのwiki
日本海呼称問題について
日本海は「日本海」
日本海名称問題
日本海か東海か
日本海呼称問題ニュース&リンク

東シナ海資源問題
Life Line

偽善白輪ゴム問題
ホワイトバンドの問題点
ほっとけない日本の汚さ


赤 い リ ン ク

赤 い 軍 隊
帰国者の裁判を考える会

赤 い 団 体
中核派
革マル派
ブント(BUND)
週刊かけはし
旗旗
人民新聞
日大全共闘
都革新
杉並親の会
PEACEBOAT
子どもと教科書全国ネット21
AML
落選運動
OhmyNews

赤 い 特 集
1968年全共闘だった時代
ほっとけない世界のまずしさ
脱・マンガ嫌韓流

赤 い 人 間
新城せつこ
戸田ひさよし
俵のホームページ


リンク3
東方Projectで有名な上海アリス幻樂団さんです
萃夢想や非想天、ひデブの黄昏フロンティアさんです
一迅社発行「月刊コミックREX」「キャラ★メル」「まんが4コマKINGSぱれっと」3誌合同連載展開中、本格ストーリー?な東方儚月抄の公式サイト。キャラ設定が微妙にアレなのはご愛嬌w
東方アレンジや三国志大戦、オリジナルまで幅広いIOSYSさんです
IOSYS発、キラキラ系エレクトロ・ポップ・ミュージックユニット!
鬼才、龍波しゅういち率いるマルチタレントチーム!
イオシスのWebラジオ、はいてない.com
イオシスの作品が大体そろう通販サイトIOSYS SHOP
えーりん!えーりん!明るく楽しく激しいCOOL&CREATEさんです

通販便利だけど送料ちょっと高め
営業所留めが出来ればいいんだけどなぁ・・・

地方のアニメファンの救世主?



プロフィール

世界日本ハム

世界日本ハム

RSSフィード
ブログ内検索
買わない、買わせない、使わない
No!福八!
 札幌ドーム前のラーメン店「福八」店頭にて販売されていた非公認応援グッズは、業者側が球団の警告を聞き入れ販売停止、球団公式グッズの委託販売に収まったようです。

・・・復活ですか?
非公認グッズの販売が再開されているとの情報が入りました。球団との約束はどうなったのでしょう?反故ですか?だとしたらもう・・・
 blog各所でこの問題が取り上げられていました。今後もこういった問題が起きぬよう、いい方法が見つかるといいと思います。

↓こちらのblogなどで詳しく取り扱われています
長万部銘菓
blogリンク増えすぎw
萬田銀次郎 語録
powered by ミナミの帝王



BlogPeopleガチャガチャブログ


その他Blog


その他リンク1

放送局・番組


北海道
HBC北海道放送
HBCスーパーベースボール
ファイターズdeナイト!!
[E]スポーツ
1BAN!ファイターズ
ラジプロ!
ラジオ番組表
テレビ番組表

TVhテレビ北海道
週間番組表

uhb北海道文化放送
Fの炎 SPORT HOKKAIDO
週間番組表

HTB北海道テレビ放送
HTB SPORTS
FFFFF
イチオシ!

STV札幌テレビ放送
STVラジオ
ぞっこん!ファイターズ
STVアタックナイター
ファイトF
ラジオ番組表
テレビ番組表

NHK札幌放送局

東京・関東
TBSラジオ
エキサイトベースボール

QR文化放送
ライオンズナイター

LFニッポン放送
ショウアップナイター

RFラジオ日本
ジャイアンツナイター

TVSテレビ埼玉
TVSスポーツ

CTCちばテレビ
マリーンズナイター

tvkテレビ神奈川
ベイスターズナイター

MX東京メトロポ(ry
MXテレビスポーツ

NTV日本テレビ放送網
CXフジテレビ
TXテレビ東京
TBS東京放送
EXテレビ朝日
GTV群馬テレビ
GYTとちぎテレビ

仙台
TBC東北放送
TBC楽天オンエア情報

OX仙台放送
KHB東日本放送
MMTミヤギテレビ

中京三県
CBC中部日本放送
ドラゴンズナイター
燃えよドラゴンズ

THK東海テレビ放送
SF東海ラジオ放送
ドラゴンズガッツナイター
MTV三重テレビ放送

TVAテレビ愛知
侍スタジアム 2008
どらぐら

CTV中京テレビ放送
NBN名古屋テレビ放送
GBS岐阜放送

近畿
ABC朝日放送
ABCラジオ
虎バン
WEEKLYタイガース
ABCフレッシュアップベースボール

MBS毎日放送
MBSラジオ
MBS 猛虎亭
MBSラジオ タイガースナイター

KTV関西テレビ放送
KTVプロ野球中継

SUNサンテレビジョン
サンテレビボックス席

YTV讀賣テレビ放送
TVOテレビ大阪
KBS京都放送
BBCびわ湖放送
TVN奈良テレビ放送
WTVテレビ和歌山
OBCラジオ大阪(大阪放送)
CRKラジオ関西
WBS和歌山放送

広島
RCC中国放送
RCCカープインターネットスタジアム
赤ヘル大好き!キャンペーン

TSSテレビ新広島
HOME広島ホームテレビ
HTV広島テレビ放送

福岡
RKB毎日放送
RKBラジオ
RKBエキサイトナイター
ホークス歌の応援団

KBC九州朝日放送
ホークスナイター/ダイナミックホークス
Hawks2008

TNCテレビ西日本
とべとべHawks

FBS福岡放送
プロ野球放送予定
ホークス週間MVP
夢空間スポーツ

TVQ九州放送
SUPER STADIUM
VIVA!!SPORTAS


新聞

やまと新聞

北海道新聞
がんばれファイターズ
連載 がんばれファイターズ
連載 ボールパーク
公連載・特集
FORZA!コンサドーレ
黒田+
道スポ

日刊スポーツ
プロ野球スコア速報
日本ハム
ダルビッシュ特集
中田翔特集
日本ハム:写真ニュース
ハム番日記
ガンちゃんのまいど!
コンサドーレ
asahi.com

スポニチAnnex
スポニチ北海道
スポニチAnnex野球
スポニチ九州
スポニチ大阪
オトナのスポニチ
毎日jp

SANSPO.COM
プロ野球-野球-SANSPO.COM
野球 > 日本ハム
ピンクハート
FujiSankei Business i. on the Web
iza(イザ!)
ZAKZAK
MSN産経ニュース

スポーツ報知
全試合結果:プロ野球:野球:スポーツ報知
野球:北海道
読売新聞

中日スポーツ
トーチュウ
中日新聞
東京新聞
北陸中日
県民福井

西日本スポーツ
西日本新聞

デイリースポーツ
東京スポーツ

BNN
函館新聞
函館電子新聞

福井新聞

バンコク週報

虚構新聞
航空機新聞社



野球・スポーツ情報

球界・球団

球場

FIGHTERS関係

野球関係

世界の野球

プロレス格闘技

便利なリンク



ブログ村とかくつろぐとか

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
人気ブログランキング

Powered By FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。