Trackback

Recent Articles

TWITTER

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

増刊セカニチ! え?来季モード!?来季のチームに足りないモノって?

 阪神の下柳投手が戦力外となりまして、現役続行を目指して退団する方向だそうで。また、故障で今季絶望となった横浜のスレッジ選手は既に帰国していまして、本人は日本でのプレー続行を希望するも今季で2年契約終了となる横浜は、来季以降の契約を結ばない事が確実視されています。
 2人とも日本ハムと縁のある選手ですから、ファンの中からは「日本ハムに戻ってきて~」という声もあるようですが、正直厳しいんじゃないでしょうかね?

 下柳投手は来年5月には44歳となります。少し高齢に過ぎるという事と、成績はともかくマウンド上での所作などが阪神でも問題視する声があり、日本ハムでトレード要員とされた理由も性格的な問題があったからとも聞きます。まぁ、それから時間を重ねて丸くはなったでしょうけど、そういう感じで出ていった選手を呼び戻すというのはちょっと障壁が厚いのではないでしょうか?
 また、愛犬家で知られる下柳投手にとって、長期間家を空けることになる北海道の球団に入るという事は、選択肢として考えにくいのではないでしょうか?北海道に本拠を移さない場合は当然、移す場合でも他球団と比べて移動が多く長い球団です。この歳になって、自分の生活スタイルを崩してまで古巣に戻るでしょうか?あるとしたら移動が比較的少なく短いセリーグ球団を目指すのではないでしょうか。


 スレッジ選手は尚更。元々費用対効果がよくなくて、そして代理人が更なる高額契約を要求してきた為、再契約を見送った経緯があります。打つ方は試合に出てれば文句なし、守る方も名手じゃないが守らせられない程に下手でもない。しかし故障が多く、毎年1ヶ月前後は合計で欠場するというのが問題でもあります。
 そういった選手と知らないなら兎も角、知ってて1億数千万は出し辛いでしょう。1億がとれて数千万に値下がりするならいざ知らず、スレッジ選手の代理人は手強いですから、まずそうした安売りはしないでしょう。

 スレッジ選手(の代理人)が要求する高額契約を容認できて、なおかつ1ヶ月程度休まれても痛くない球団といえば、もう彼処しかないでしょう。ソフトバンクなら高額契約も問題ないですし、休んでも他に使える選手もいます。なにより中軸に松中選手しか左打ちがいませんし、左の中長距離砲の加入は大歓迎でしょう。
 守備位置が左翼と一塁、そして指名打者となると、オーティズ選手にカブレラ選手、小久保選手、松中選手といった既存の中軸選手と干渉しますが、此も今さら問題ではないでしょう。結果を残せる選手であれば何人被っても問題ないという姿勢のようですし、そこに1人新加入するだけです。
 まぁ、スレッジ選手からしたら、いい給料を頂いて楽ができる訳です。いいんじゃないですか?3番松田、4番内川、5番スレッジなんて打線、恐ろしい事この上ないですよ。


 さて、そんな感じで此から選手の契約云々やFAの話が出てきまして、来季のチーム構成に思いを馳せる事も多くなると思います。そこで「誰某選手を是非とも欲しい!」というのは流石に憚られますが、今現在のチームに何が足りないか、それをどう埋めるか、そういうことをやんわりダラダラとアレしていこうというアレでして。



blogram投票ボタン人気ブログランキングへにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ


 「おいおい、『可能性があるかぎり最後まであきらめない』とか言ってるご本人様が真っ先に来季モードかよ!?w」と言われるかもしれません。確かにそうです、チームが必死に藻掻いているときに、今のチームではなく来季の心配をするというのは、今を戦う選手達に些か申し訳無くも思います。
 ただ、私の中で今季と来季は別の楽しみであり、それと同時に同じ楽しみでもある訳です。なんのこっちゃかわからなくなってきますが、同時に並列に、照らし合わせながら常に考えられる、そんな感じです。


 そんな訳で来季の日本ハムはどうなるのか?野手ですと陽選手と中田選手が今季フルに一軍レギュラーとして活躍し、来季以降も中心選手としての起用が確実視されています。

 中田選手は今は外されてしまいましたが、来季は4番打者に定着することが望まれますね。勿論、小谷野選手に対して「明け渡せ!」ってんじゃなくて、小谷野選手を上回る信頼感と、相手チームへの圧迫感を中田選手自身が身に付けて、今季は小谷野選手の負傷と不調で"代理"の意味合いが強かった"4番中田"を、小谷野選手が好調でも4番を任せられるようになってほしいのです。

 一方陽選手は、主に2番、時々1番での起用でしたが、個人的には2番の方が色々出来て良さげな感じがします。特に回の先頭打者としての所作は賢介選手は勿論、スケールズ選手やホフパワー選手にも劣る部分があるように思います。まだ杉谷選手の方が筋があるようにも。
 陽選手は寧ろ、走者を塁に置いた状況の方が活き活きとしてるというか、何でもできそうな気配があると思うのです。ですので、1番打者が塁に出た後の送る場面ですとか、下位打線が出塁して回ってきた得点機ですとか、そういう場面で頼もしさを感じるのです。
 そう考えると、1番よりは2番の方が活きるように思いますし、将来的には3番や5番を任せられて欲しいなぁ、と。でもそれですと、中田選手と右打者が続いちゃいますし、そうすると2番か6番の偶数打順なのかな?とかね。小技が出来て大きいのも打てる、塁に出たら走れるマルチロールな打者になれると思います。


 さて、此処まで中田選手と陽選手についてアレしましたが、それ以外の野手はどうなのか?問題として考えなければいけないのは、稲葉選手、金子誠選手、二岡選手でしょう。何れも故障持ちで今季も起用法に最新の注意をはらってますが、来季は更に厳しくなるでしょう。
 稲葉選手は一塁転向が下半身の負担を増大させてますし、来季は指名打者としての起用がより増えるでしょう。2000本安打達成後は代打中心で先発を外れる事も増えるかもしれませんが、その前に稲葉選手を先発から外せる選手が出てこない事には。
 金子誠選手はかなり守備範囲が狭くなり、守備のスピード感も失われています。やはり昨年二度故障した下半身、腰も元々良くないんですよね。年齢的には未々ですが、それだけ今まで頑張ったって事なんですよ、ガタが来るという事は。今年もやたらと「まこちゃんをつかえ~!」って声を聞きますが、好きなのはわかるが殺す気か!とね。
 二岡選手は体調がよければ4番も任せられる打撃が魅力ですが、いかんせんその体調が続きません。やはり脚の故障は怖いですね。本来は代打に専念して欲しいのですが先発で使わざるを得ず、結果として走塁の場面も出てしまうのが。鵜久森選手あたりがもう一つ成長して、先発に定着できれば良いのですが。

 最悪、来年はこの3人が同時に引退表明という事も考えられます。そうなると再来年は更に厳しくなりますし、それを見越して来季は彼らへの依存度を下げていく、そういう戦略が進められていくかもしれません。

 金子誠選手の後継者としては、今浪選手が存在感を増してきています。守備はなかなか面白い動きを見せますので、後は打撃をもう少し・・・粘り強さは良いんですが、もう少し良い結果を見せてくれるようになれば。それでもヒルマン監督時代の金子誠選手程度には打ててますが、もう少し打って7番辺りを任せられれば。
 他にも西川選手や中島選手といった若い候補もいますが、彼らは未々時間がかかりますし、彼らが出てきても今浪選手は二塁や三塁もできますから潰しがききます。取り敢えず当面は今浪選手で不足はないんじゃないかな?とは。バックアップには飯山選手も居ますしね。

 二岡選手の負担を軽くするには、やはり鵜久森選手がもっと打ってくれないと。二岡選手は代打に専念できれば未々続けられますし、その為にも是非鵜久森選手には期待したいですね。ただ、鵜久森選手が期待に応えられないと、次の候補が正直居ないんですよね。関口選手や松坂選手も期待したいですが、正直鵜久森選手との差が大きいかな?とは。彼らも二岡選手の出番を減らせるように奮起して欲しいものです。

 稲葉選手の後釜も居ないんですよね。浅沼選手は今年が外野手一年目ですし、もう少しかかりそうですし、佐藤選手もちょっと見せきれてません。谷口選手は更に時間が必要ですし、稲葉選手には今暫く頑張ってもらわないといけないかもしれません。
 ただ、負担を軽減して延命させるならやはり指名打者起用となりますし、そうなるともしもスケールズ選手が残留した場合の起用法とバッティングします。スケールズ選手が左翼を守れれば、中田選手を一塁に固定して稲葉選手は指名打者に固定できるんですがね。稲葉選手が休みの時にはスケールズ選手を指名打者で、左翼に杉谷選手を入れれば良いですし。

 こうした処、既存の選手に期待したいですが、もしどうにもならないなら、トレード等で獲得という事もあるんじゃないか?とは思います。その事はまた後程。


 次に投手。一にも二にもダルビッシュ投手、そしてケッペル投手とウルフ投手の去就ですね。彼ら3人が同時にいなくなるとなれば、此はドラフトで即戦力の誰を獲ろうが、トレードだろうが新外国人だろうが予測はたてられません。せめてこの中一人くらいは、できれば二人を残留させたいですね。一人しか残せないなら、そりゃダルビッシュ投手の残留に注力すべきです。
 今季のソフトバンクとの大きな差は、やはり先発ローテの5番目以降、特に6番目の差ですね。来年はそこで糸数投手や吉川投手、大塚投手が良い仕事を見せて、再来年以降のローテの柱になってくれれば良いのですが。特に糸数投手はもう少しってとこまで来てますし、来季は開幕からローテーションに入ってもらいたいものです。あとは中村投手ですかね?糸数投手と中村投手で2枠は固めて欲しいところです。


 救援投手は今季のままでも構わないと思いますが、そこに菊地投手や林投手が食い込んでくれれば。打たれればそれだけで悪目立ちしてしまうタフな職場ですし、少しでも負担を軽くできれば。増井投手や榊原投手の先発再転向は、ちょっと考えられないかな?仮に考えるにしても、糸数投手、中村投手、吉川投手、大塚投手といった辺りが全て外れた場合、そして増井投手と榊原投手が抜けても救援陣が大丈夫な場合に限られるでしょうね。

 現在の救援スタッフは抑えに武田久投手、久投手の前に増井投手、その前に右の榊原投手と谷元投手、左の石井投手と宮西投手、そして敗戦処理兼ロングで多田野投手と、合計7人で回ってますね。「七人の侍」ですね。

 この中で増井投手と榊原投手だけじゃなく多田野投手も先発再転向要望が高いですが、先発は厳しいと思うんですよね。完投能力が然程高くないというのもありますが、打順が3周目辺りに差し掛かると打たれるような。なので、どっちかというと短いイニングスの方が適しているように思えますし、長くてもロングリリーフ程度かな?とは。ただ、こちらはこちらで連投能力というか、腰に不安があるんですよね。
 腰の不安さえなければもう一つ後ろの大事なところや、或いは抑えも出来なくないと思うんですがねぇ。ちょっと今の使い方以上の使い方が難しいなぁ、と。

 この「七人の侍」に来年は菊地投手や林投手は勿論、2年目を迎える乾投手や榎下投手も刺さって来てほしいですね。監督とコーチが誰を一軍ブルペンに入れるか、悩みまくるようになればなぁ。


 そして捕手。私は来季こそ今成捕手を一軍で使うと見ているのですが、3人となると流石に使い分けが細かくなりすぎるような。となると大野捕手と鶴岡捕手、どちらかの出番を今成捕手に与える事になるかなぁ、と。鶴岡捕手は再来年(平成25年)、大野捕手はその2年後(平成27年)に国内FA権を取得する見込みですので、それを睨んだ判断もあるかな?と。
 大野捕手と鶴岡捕手のどちらかが正捕手として、今成捕手が誰かの専属捕手として、そして第3の捕手として荒張捕手が偶に一軍に上がってくるかな?そんな感じになるんじゃないでしょうか。ただ、そうすると二軍の捕手が少ないんですよね。尾崎捕手と渡部捕手だけになってしまいますし、内野手が足りないときにヘルプに回ると、全く余裕がなくなってしまいます。
 そうなると今秋のドラフトの下位で捕手の複数指名があるか、或いは既に若手にポジションを奪われた、他球団のベテラン捕手の獲得もあるかもしれません。今年と同じ顔触れで同じ起用方針もあるかもしれませんが、最悪の場合・・・鶴岡捕手の国内FA移籍となった時に今成捕手が一軍に定着できていないというのは厳しいですから、来年にも今成捕手の本格的一軍起用を始めていかないと時間がないかなぁ、と。


 捕手のところでドラフトとトレードに触れました。他のところはどうかと言えば、投手は現在の人材の底上げでなんとかなるかな?と。ダルビッシュ投手以外にも主力投手が複数抜けるとなれば一大事ですが、取り敢えず先発ローテは武田勝投手、糸数投手、斎藤佑投手、中村投手の4枚に、吉川投手と大塚投手が絡んでくればそこそこ見られると思います。更にダルビッシュ投手が残留となれば、鬼に金棒と原潜と空母打撃軍、更に海兵隊もついてくるようなモノです。

 どちらかと言えば野手の方が問題かな?と。現在の一軍の貧打模様は複数の選手の同時多発打撃不振と故障者の続発が原因ですが、その補填に一軍控え野手を厚くしてる関係か、二軍の内野手が足らんのです。来年は一軍も多少落ち着いて、更に西川選手も守備に就くでしょうから余裕も出てくるとは思いますが、もう少し厚くするかな?とは。
 また、1番2番か下位打線タイプの野手を多くとってきましたので、そろそろ中田選手に続く、できれば中田選手と対になる左の中長距離砲を獲得したい頃じゃないかな?と。そうしたところを踏まえて、今秋のドラフトでは上位中位で野手を多目に指名するのではないでしょうか?

 また、代打要員の薄さ、経験の少ない選手を代打で使わなければいけない状況も解消しなければ、ちょっと戦い辛いかな?とは。まぁ、手をつけずに現状でやってもらう可能性もありますが、嘗ての二岡選手のように現在所属のチームで居場所を失っている、尚且つ環境を変えればまだ活躍できる選手がいれば、トレードなどで獲得する可能性も無きにしもあらずだと思います。「高橋信二選手を放出したのに!」とお思いの方もいるでしょうが、環境を変えるという要素もありますからね。


 トレードはちょっと大きいのがあると思いますよ。ヒルマン政権開始時には下柳投手らを出して坪井選手らを獲得しましたし、2年目の移転初年度の前には井出選手を出して入来投手を獲得したし、野中選手を出して横山投手を獲得したり、中嶋捕手(現:兼任コーチ)を獲得。梨田政権でも開始前に押本投手らを出して坂元投手・三木選手(現:二軍コーチ)らを獲得、2年目(厳密には1年目終了直後)には工藤選手・マイケル投手を出して二岡選手・林投手を獲得しました。
 ここ2回の"政権交代"では、指導前と2年目の前に大きな、或いは多数のトレードを行い、その後は微調整のようなトレードを行うといった感じですから、次期監督が誰であれ、まずは大きなトレードを覚悟しておいた方がいいかな?とは。


 最後に1番重要なのは新監督でしょう。いろんな名前も出てますが、個人的にはNHK解説者で某球団黄金期の要の選手だった人なんか良いんじゃないかなぁ、と思うんですがね。あと、梨田監督就任時にも名前が出てた(本人が出した)OBのRKB解説者の方も可能性としては。ただ、ああいう話をホイホイされるのはどうかと思いますが、投手の癖を見つけるのは凄く上手いらしいんですよね。だとするとコーチの方があってますかね?島田さんは。あ、名前だしちゃったw



【世界日本ハムなう】
 纏めというか追記というか補足というか。投手は数を少し補充する、或いは入れ換える事でなんとかなると思いますね。仮にダルビッシュ投手が移籍となっても、それ程・・・今と比べて苦しくはならないかと。

 野手はなんといっても左の代打ですね。代打は若手のアピールの機会ってのもありますが、ここぞという場面の勝負代打、坪井選手のような左打者がね。
 かといって去年の坪井選手が今年いたとしても駄目ですんで、それ以前・・・頼りになってた時の坪井選手"みたいな"左打者がね。流石に若手にそれを求めるのは酷でしょう。そこを埋めないという選択肢も大きく存在しますが、埋めるならば若手の抜擢やドラフトではなく、他球団で活躍の機会を失ってる、環境を変えればもう一輝きできる選手の獲得は、全くない事もないと思うのです。

 或いはCランクFA選手ですとかね。去年辺りに条件面で揉めて、今季うまい事活躍の場がもらえてない某球団の某選手ですとかね。ひょっとしたら戦力外もあるかも?って雰囲気ですが、出身大と球団の関係を考えればクビにもしづらいでしょうし、出るならばFA、球団としてはコーチ要請でしょうね。
 もしもFA権行使となれば、狙っても良いんじゃないでしょうか?彼処なら余裕でCランクでしょうし、言い方悪いですが"お買得"ですよ。序でに出身大に突っ込むきっかけにできれば、再来年の大瀬良投手に特攻もできるでしょうし。
 つーか、個人的に好きな選手なんだよな、その某外野手。このままフェードアウトも悲しいですし、背番号「1」の空いてる日本ハムでもう一花咲かせてはどうかなぁ、なんてね。あちらで活躍できるならいいですけど、難しいんじゃないかなぁ?



blogram投票ボタン人気ブログランキングへにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
↓以下TB用リンク


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

野球の



プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表



お世話になってる速報サイト




その他
にわか日ハムファン友の会へ
野球に関するブログのリンク集とニュース
カテゴリー
最近のコメント
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
注目記事

TBPとかMyClipとか
現在Trackback Peopleから
大絶賛ハブられ中

F+T.B.People

野球+T.B.P.


アニメ+T.B.P
今日のアニメ 明日もアニメ
今日のアニメ 明日もアニメ


その他リンク2


日本を知ろう
国益.com
I LOVE JAPAN/日本復活
反日マスコミが伝えない親日の話
教科書が教えない歴史
日韓関係の近現代史

特定アジア関係
FlashミラーVer.1
FlashミラーVer.2
ν速発、画像動画サイト
朝銀って何?公的資金投入って何?

朝鮮半島総合
2chハン板
FAR EAST-極東-
マンガ嫌韓流公式
韓断会
もう黙ってはいられない2
ビラのHP
半島大陸メモ
韓国製品不買運動
韓国怪汁大百科
韓国旅行要注意
Kの国と愉快な仲間たち
ルクスお姉さんの居残り授業
韓国人と仕事で困った事
在日コリアン 魂の(我儘な)叫び
ミョンスの韓国情報
楽韓Web
韓国製生ゴミギョーザ事件まとめ
韓国の嫌韓流に対するリアクション
け ん か ん (嫌 韓)
韓国は"なぜ"反日か?
プロジェクトK 朝鮮者たち

ウリナラシンムン
チョソンイルボ
チュンアンイルボ
トンアイルボ
ハンギョレシンムン(朝鮮語)

支那メディア
人民日報

歴史問題
大日本史番外編朝鮮の巻
日韓歴史問題に警鐘を鳴らす
History of Korea
日韓併合前後朝鮮半島写真館
従軍慰安婦について

ウリナラ起源
パクリ大国南朝鮮
朝鮮パクリ特集その1/その2
大韓パクリ博物館01/02
日本の文化は日本のものです
韓国パクリギャラリー
パクリのソナタ2004
PowerMonster
剣道の起源は韓国にあり!?
ねぶた掲示板
韓国のねぶた

2002年W杯不正疑惑
韓国サッカーの裏側
2002年WC総括

南京事件関連
南京大虐殺はウソだ!

領土問題
竹島問題
竹島問題ニュース&リンク
沖縄・日本を守れ
東トルキスタンの人々に平和と自由を
東トルキスタンの(ry日本語Ver.
東トルキスタン情報センター

日本海呼称問題
日本海を取り戻すためのwiki
日本海呼称問題について
日本海は「日本海」
日本海名称問題
日本海か東海か
日本海呼称問題ニュース&リンク

東シナ海資源問題
Life Line

偽善白輪ゴム問題
ホワイトバンドの問題点
ほっとけない日本の汚さ


赤 い リ ン ク

赤 い 軍 隊
帰国者の裁判を考える会

赤 い 団 体
中核派
革マル派
ブント(BUND)
週刊かけはし
旗旗
人民新聞
日大全共闘
都革新
杉並親の会
PEACEBOAT
子どもと教科書全国ネット21
AML
落選運動
OhmyNews

赤 い 特 集
1968年全共闘だった時代
ほっとけない世界のまずしさ
脱・マンガ嫌韓流

赤 い 人 間
新城せつこ
戸田ひさよし
俵のホームページ


リンク3
東方Projectで有名な上海アリス幻樂団さんです
萃夢想や非想天、ひデブの黄昏フロンティアさんです
一迅社発行「月刊コミックREX」「キャラ★メル」「まんが4コマKINGSぱれっと」3誌合同連載展開中、本格ストーリー?な東方儚月抄の公式サイト。キャラ設定が微妙にアレなのはご愛嬌w
東方アレンジや三国志大戦、オリジナルまで幅広いIOSYSさんです
IOSYS発、キラキラ系エレクトロ・ポップ・ミュージックユニット!
鬼才、龍波しゅういち率いるマルチタレントチーム!
イオシスのWebラジオ、はいてない.com
イオシスの作品が大体そろう通販サイトIOSYS SHOP
えーりん!えーりん!明るく楽しく激しいCOOL&CREATEさんです

通販便利だけど送料ちょっと高め
営業所留めが出来ればいいんだけどなぁ・・・

地方のアニメファンの救世主?



プロフィール

世界日本ハム

世界日本ハム

RSSフィード
ブログ内検索
買わない、買わせない、使わない
No!福八!
 札幌ドーム前のラーメン店「福八」店頭にて販売されていた非公認応援グッズは、業者側が球団の警告を聞き入れ販売停止、球団公式グッズの委託販売に収まったようです。

・・・復活ですか?
非公認グッズの販売が再開されているとの情報が入りました。球団との約束はどうなったのでしょう?反故ですか?だとしたらもう・・・
 blog各所でこの問題が取り上げられていました。今後もこういった問題が起きぬよう、いい方法が見つかるといいと思います。

↓こちらのblogなどで詳しく取り扱われています
長万部銘菓
blogリンク増えすぎw
萬田銀次郎 語録
powered by ミナミの帝王



BlogPeopleガチャガチャブログ


その他Blog


その他リンク1

放送局・番組


北海道
HBC北海道放送
HBCスーパーベースボール
ファイターズdeナイト!!
[E]スポーツ
1BAN!ファイターズ
ラジプロ!
ラジオ番組表
テレビ番組表

TVhテレビ北海道
週間番組表

uhb北海道文化放送
Fの炎 SPORT HOKKAIDO
週間番組表

HTB北海道テレビ放送
HTB SPORTS
FFFFF
イチオシ!

STV札幌テレビ放送
STVラジオ
ぞっこん!ファイターズ
STVアタックナイター
ファイトF
ラジオ番組表
テレビ番組表

NHK札幌放送局

東京・関東
TBSラジオ
エキサイトベースボール

QR文化放送
ライオンズナイター

LFニッポン放送
ショウアップナイター

RFラジオ日本
ジャイアンツナイター

TVSテレビ埼玉
TVSスポーツ

CTCちばテレビ
マリーンズナイター

tvkテレビ神奈川
ベイスターズナイター

MX東京メトロポ(ry
MXテレビスポーツ

NTV日本テレビ放送網
CXフジテレビ
TXテレビ東京
TBS東京放送
EXテレビ朝日
GTV群馬テレビ
GYTとちぎテレビ

仙台
TBC東北放送
TBC楽天オンエア情報

OX仙台放送
KHB東日本放送
MMTミヤギテレビ

中京三県
CBC中部日本放送
ドラゴンズナイター
燃えよドラゴンズ

THK東海テレビ放送
SF東海ラジオ放送
ドラゴンズガッツナイター
MTV三重テレビ放送

TVAテレビ愛知
侍スタジアム 2008
どらぐら

CTV中京テレビ放送
NBN名古屋テレビ放送
GBS岐阜放送

近畿
ABC朝日放送
ABCラジオ
虎バン
WEEKLYタイガース
ABCフレッシュアップベースボール

MBS毎日放送
MBSラジオ
MBS 猛虎亭
MBSラジオ タイガースナイター

KTV関西テレビ放送
KTVプロ野球中継

SUNサンテレビジョン
サンテレビボックス席

YTV讀賣テレビ放送
TVOテレビ大阪
KBS京都放送
BBCびわ湖放送
TVN奈良テレビ放送
WTVテレビ和歌山
OBCラジオ大阪(大阪放送)
CRKラジオ関西
WBS和歌山放送

広島
RCC中国放送
RCCカープインターネットスタジアム
赤ヘル大好き!キャンペーン

TSSテレビ新広島
HOME広島ホームテレビ
HTV広島テレビ放送

福岡
RKB毎日放送
RKBラジオ
RKBエキサイトナイター
ホークス歌の応援団

KBC九州朝日放送
ホークスナイター/ダイナミックホークス
Hawks2008

TNCテレビ西日本
とべとべHawks

FBS福岡放送
プロ野球放送予定
ホークス週間MVP
夢空間スポーツ

TVQ九州放送
SUPER STADIUM
VIVA!!SPORTAS


新聞

やまと新聞

北海道新聞
がんばれファイターズ
連載 がんばれファイターズ
連載 ボールパーク
公連載・特集
FORZA!コンサドーレ
黒田+
道スポ

日刊スポーツ
プロ野球スコア速報
日本ハム
ダルビッシュ特集
中田翔特集
日本ハム:写真ニュース
ハム番日記
ガンちゃんのまいど!
コンサドーレ
asahi.com

スポニチAnnex
スポニチ北海道
スポニチAnnex野球
スポニチ九州
スポニチ大阪
オトナのスポニチ
毎日jp

SANSPO.COM
プロ野球-野球-SANSPO.COM
野球 > 日本ハム
ピンクハート
FujiSankei Business i. on the Web
iza(イザ!)
ZAKZAK
MSN産経ニュース

スポーツ報知
全試合結果:プロ野球:野球:スポーツ報知
野球:北海道
読売新聞

中日スポーツ
トーチュウ
中日新聞
東京新聞
北陸中日
県民福井

西日本スポーツ
西日本新聞

デイリースポーツ
東京スポーツ

BNN
函館新聞
函館電子新聞

福井新聞

バンコク週報

虚構新聞
航空機新聞社



野球・スポーツ情報

球界・球団

球場

FIGHTERS関係

野球関係

世界の野球

プロレス格闘技

便利なリンク



ブログ村とかくつろぐとか

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
人気ブログランキング

Powered By FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。