Trackback

Recent Articles

TWITTER

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

増刊セカニチ! 親梨派の弁明 ~ 梨田信者が纏める梨田政権4年間

 梨田監督の今季限りでの退任が決定しました。この事は既に記事で触れたりしてますが、当初報道(報知・デイリー)の「マンネリ化を防ぐため梨田監督と契約を結ばない」というモノではなく、あくまで梨田監督の意思で退任する、球団は慰留に努めてきたが意思が固く断念したというものでした。

 ではなぜ、そのような報道が出たのか?恐らく梨田監督の退任の意思を受けて、慰留に努めつつも後任人事の準備のような事もしていたんじゃないかと。それが伝言ゲーム的に伝わって記者の耳に入り、ああいう記事にされてしまったのではないかと。
 「日本ハムが新しい監督のなり手を探しているらしい」「梨田監督退任決定か?」「あそこはフロント主導だから、実質的に解任だろう?」「北海道じゃ梨田監督は評判悪いらしいし」「じゃぁ後任は地元で人気の出そうな人か」「前任のヒルマンかその参謀役の白井じゃない?今でも北海道じゃ人気高いし」「監督候補常連(笑)の栗山もいれとくか」「新庄とか面白くね?」・・・と、すっかり記者の玩具にされてしまったんじゃないかと。


 さて、退任が決まってしまった梨田監督。兎に角アンチの声が街宣車の如く五月蝿く耳障りで、そういう声ばかりが目立っちゃうのですよね。そんなアンチさん達のいう「梨田はこんな酷い監督だ」という誹謗中傷に反論し、実はそれらは梨田監督の功績なのだと、ヒルマン政権から引き継いだチームを成長させて次代へと引き渡す、なくてはならない時代だったことを証明したいなぁ、と。


blogram投票ボタン人気ブログランキングへにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ


 梨田監督に対しては、よく「ヒルマンの遺産を食い潰した」とか「優勝はいつも梨田の功績ではない」、「若手を使わない、実績重視の選手起用」、「勝負勘が無い、勝負事に弱い」、「極端な左右病采配」、「不調選手の見極めが遅い」、「『自分が悪い』と決して言わない、責任逃れ」、「梨田より悪い監督などいない、梨田じゃなければ猫でもいい」等と言った批難の声が上がるのですが、果たしてその声は事実を投影しているのか?真実を突いているのか?そういう事を検証していこうかと。


【ヒルマンの遺産を食い潰した】
 此はよく言われましたね。冗談かと思えば真顔で言ってるんですよね。一体何がヒルマン前監督の遺産なのか、そこをまず挙げて欲しいですよ。
 正直、財産と堂々と挙げられるのはダルビッシュ投手に賢介選手、調子の波が激しかったですが森本選手(現:横浜)。あとは高橋信二選手(現:読売)の打撃ってとこでしょうか?高橋信二選手は打撃を活かす内野手起用は梨田監督になってからですし。あと、金子誠選手はヒルマン氏以前からの選手ですよね。

 梨田監督就任後、春季キャンプ前に押本投手、橋本投手、川島選手がヤクルトにトレードされましたが、もし彼らが梨田政権に継承されていたならば、「ヒルマンノイサンガー」も少しは説得力があるんですけどね。特に川島選手等は、もしも残っていたら今頃内野でレギュラーに、それも金子誠選手の後継者として遊撃手の定位置を獲得していたかもしれません。
 ヒルマン政権下で川島選手は入団1年目には賢介選手が定着する前の二塁手候補として、2年目は代打や代走で一軍での出番があったと記憶しています。確か二塁で牽制アウトになって下げられた事がありましたよね?彼処で使い続けて挽回させてれば、トレードされたのは違う選手だったんじゃないかと思うのですよ。此の話は後程。
 押本投手と橋本投手に至っては、一軍クラスの投手ですから。確かに彼らを出さずに藤井投手と坂元投手は獲得できなかったでしょうが、一寸マイナスが大きかったかな?とも思う次第です。

 ややずれましたが、財産と言えるものはそれほどなかったと思うのですよね。梨田監督が継承した時点のチームは酷い貧打のチームでしたし、投手陣でも一線級の左腕は先発の武田勝投手しかいませんでしたから。八木投手は1年目の大活躍で故障し、活躍が見込めませんでしたし。そこで出血を伴って藤井投手をトレードで獲得したんですし、ドラフトで宮西投手も獲得した訳ですよ。
 右腕の救援投手だって、使い勝手のよくないマイケル投手(現:読売)に、梨田政権下で抑えに抜擢される武田久投手、そして昨年まで在籍して現在テキサスの建山投手くらいでしょう?榊原投手も増井投手も梨田政権下で入団した選手ですし、一昨年(平成21年)の優勝時に活躍した菊地投手が頭角を現したのも梨田政権下です。
 先発のダルビッシュ投手と武田勝投手、そして抑えの武田久投手以外は、梨田政権下で整備されてるんですよ、投手陣は。

 貧打で受け継いだ打撃陣。そこで本来賢介選手が持ち合わせている筈の中距離砲としての可能性を試したり、或いは膝に古傷を抱えて捕手としても難のある高橋信二捕手を一塁手として打撃を活かすべく工夫したり、小谷野選手を主力と呼べるまでに成長させたり、守備に難があって使い辛かった陽選手を外野手として起用して、試合への出場機会を拡大したり。中田選手も大事に育ててきましたよね?
 他にも、ヒルマン・白井政権下では守備職人だった飯山選手も、金子誠選手の高齢化もありまして試合への出場機会が増え、打撃も伸びましたし、今浪選手も育ちました。野手も現在一軍で主力となってる選手は梨田政権下で伸びた選手、加入した選手が殆どです。


 こうした功績をアンチ梨田の多くは決して認めず、「金子誠の後継者が育っていない」等と言う訳です。"控え"なら飯山選手がいますし、今浪選手選手も代わりを務められるほどには育っています。二軍には中島選手が打撃改善に取り組んでますし、西川選手は肩の完治を待って来季から本格始動でしょう。
 金子誠選手の後継者は、ヒルマン・白井政権下でも育てられていなかったのですよ。それをどう後継しろと言うのでしょう?いわばヒルマン・白井政権下でもできなかった事が、今ようやく梨田政権4年間でモノになりつつあるのです。

 結局、ヒルマン・白井政権からはダルビッシュ投手など一部の主力選手を引き継ぎましたが、それ以上に貧打・高齢化という負債は大きく、それとほぼ変わらぬ戦力で平成19年に優勝を果たして疲弊した事も、チームを苦しめたのではないでしょうか?
 決して食い潰せる財産ばかりではなく、どうにかしなけりゃならない負債も多く引き継がされた、そこの改善を無視した「ヒルマンノイサンガー」というのは、まるで選挙前に「マイゾウキンガー」といいながら「実はありませんでした」というのに似てるかなぁ、と。


【優勝はいつも梨田の功績ではない】
 なんか「近鉄でも日本ハムでも梨田の優勝は前任の遺産があったからこそ。前任の功績であって、梨田の功績と呼ぶべきではない」とかなんとか。あまりにアホらし過ぎて、笑いと涙と腹痛が止まりません!アホだ!アホすぎる!Vやねん!アンチ梨田!

 日本ハムにおいては前項の通り、決して良いものばかりを受け継いだわけではなく、貧打・高齢化という負債もすごく大きかった。そこにフロントの尽力もありながら優勝するまで建て直したのは、梨田監督の手腕もなかった筈がないでしょう?

 近鉄時代もそうです。というか、日本ハムより深刻な状態だったんじゃないですか?鈴木政権、佐々木政権とフロントの無能も重なって仰木政権時のチームは弱体化し、佐々木監督(当時)に対しては「あの監督を胴上げしたくない」とまで言われていた訳ですよ。
 佐々木氏に関して言いますと、後に本人が「あの時は勘違いしていた」と語ってるようですね。監督という役職に就いたことで、自分は今までの自分じゃないんだと、偉くなったんだと。それで選手はおろか自身のファンにまで見放されてしまったと。コーチとしては有能ですが、監督としては問題があった・・・日本ハムも他人事じゃなくなるかも知れませんよ。

 話を梨田監督に戻しますと、当初は機動力重視の野球をやりたかったのが選手にその意識が浸透せず、初年度は再開に沈んでしまいました。そこで「監督のやりたい野球」ではなく「選手が出来る野球」に転換してリーグ優勝したのが就任2年目、平成13年だったわけです。その年以降、近鉄消滅の平成16年に5位となるまで、3年連続Aクラス、近鉄監督5年間で3回のAクラス入りを果たしている訳です。これがすべて「あの監督を胴上げしたくない」といわれた佐々木氏の功績で、梨田監督は何もしなかった、寧ろ駄目にしたというのでしょうか?


 やたらと前任の実績を美化して梨田監督を貶めたいのでしょうが、現実には前任の残した負債をなんとか返済、或いはその道筋をつけてチームを強化する、フロントや選手との信頼関係を重視して進めていく、梨田監督の手腕なくして近鉄の優勝も、日本ハムの優勝も無かったでしょうね。


【若手を使わない、実績重視の選手起用】
 はて、使われなかった若手とは誰でしょうか?そしてその選手は違う監督なら使われていたのでしょうか?恐らく比較対照は前任のヒルマン氏及び参謀長の白井氏なんでしょうが、じゃぁ彼らは若手選手を梨田監督以上に腰を据えて起用したのでしょうか?

 因みに野手ですと中田選手をはじめ、陽選手、今浪選手、大野捕手、加藤政選手と梨田監督は抜擢していますし、糸井選手は梨田監督就任後にいの一番に重点起用されて球界を代表する外野手になってくれました。
 投手だと宮西投手に榊原投手、増井投手の活躍もさることながら、金森投手や菊地投手は前任時代にどれ程使われましたでしょうか?糸数投手や吉川投手、八木投手などにも確りと機会を与えていると思うのですが。

 こういうところ、梨田監督は寧ろ前任時代よりも寛容に、我慢強く結果を待つ起用がされていると思います。ローテの合間に上がった選手なら別ですが、使うつもりで上げた選手には確り機会を与える、失敗や間違いは当然として。それらを恐れずプレーできるように心掛けているように思うのです。
 川島選手(現:ヤクルト)と杉谷選手では違うかもしれませんが、杉谷選手の盗塁失敗は、前任時代なら懲罰抹消もあるプレーだったと思います。しかし、梨田監督は三度同じような局面で代走で起用し、杉谷選手も「三度目の正直」とばかりに盗塁を成功させてくれました(エンドラン失敗っぽいけど)。
 こうした我慢強く起用し続ける采配、前任時代にはあまり見かけなかったように思うのですが。精々木元選手を不調でも使い続けたくらいで。外国人選手に対しては大分寛容だったとおぼえてますが。

 こう書くと「誰某を使ってないじゃないか!」と御立腹の方もいると思います。ですがその選手は果たして、一軍で主力の中に混ぜて使える選手なのか?或いは故障明けでリハビリ中じゃないのか?高卒選手で体力作り中じゃないのか?何よりその選手を登録するのに誰を抹消するのか?と。其処らを具体的に挙げず、印象だけで「梨田は若手を使わない」とは、言いがかりもいいところだな、と。

 実績重視にしましても、起用する判断というものは実績を以てするものでしょうし、重視も何もそこを見なけりゃ使えませんよ。勢いとかそういう不確かなモノだけで選手を出し入れなんてできませんから。勢いが実績となって初めて評価されるわけですし。
 好不調にしても、ゲームみたいにアイコンでわかるものじゃないですからね。前日の試合や試合前の練習などを見て、総合的に判断するものですし、当然外れることもあります。ですから実績が判断において大きな要素となる訳ですよ。


【勝負勘が無い、勝負事に弱い】
 此は梨田監督がそういうタイプの監督ではない、勝負処重視で選手を出し入れする監督ではない、そうとしか言いようがありません。こういう事を言われるファンは、勝負処に選手をバンバン注ぎ込み、同じだけの選手をドンドン引き摺り降ろす、そういう采配が見たくて、決してそういうタイプでは梨田監督に注文しているだけなのですよ。中華屋に行って江戸前寿司が食べたいとか、空港に行って新幹線に乗りたいとか、そういうようなモノです。

 では梨田監督の采配はどんな采配なのか?チーム内の信頼関係を重視し、チーム全体の疲労・疲弊を抑える采配なのではないでしょうか?
 先述の通り、梨田監督は近鉄監督の1年目に機動力野球をやろうとして失敗しています。選手の走塁に対する意識が低く、梨田監督の采配が理解されなかった為です。そこで選手達の能力と意識にあった采配を心掛け、就任2年目にリーグ優勝、そして3年連続Aクラスを果たした訳です。
 此でわかるのは、決して自分の意思、願望を選手に押し付ける、選手を自分の手足のように使いこなす采配ではなく、選手が持ってる能力を活かすべく、選手の意識を誘導していく、そうした環境作りに心を砕いているのではないでしょうか?

 例えば前任時代には、エース格の金村投手がリードしている中盤での降板に対して不満を爆発させ、信頼関係を崩しています。また、解説者として人気?の岩本投手(当時)は、自分の扱いそのものに不満を持ち、講演会で「好き嫌いで選手を使うテキサス野郎」という声も発しています。他にもベテラン・生え抜き軽視の選手起用に対する不満が多かったようです。
 しかし、梨田監督に対しては実話・大衆・アサ芸辺りの週刊誌かタブロイド誌で、極稀に数十文字書かれる程度で、実際に不満の声を出したのは藤井投手(現:読売)くらいのモノです。なるべくそうした問題を起こさず、全体のモチベーションを低下させない、そういう気遣いの采配、気遣いの監督なのだと思います。


 そして選手の疲労とか磨耗とか。出来る範囲の事をさせ、いきなり能力以上の仕事をさせるような事はしませんよね。此は梨田監督に限った事でもないですが、特に梨田監督は段階を踏んだ、そしてその選手が将来担うべき役割まで見据えて、起用していると思うのです。他の監督よりも、クドイ程念入りにしてますね。
 投手起用にしても信頼関係は重視しつつも、此迄の実績を考慮して段階的にポジションをあげていく。いきなり「先発なら完投しろ」といった事はしませんよね?まぁ、投手起用に関しては近藤さん、権藤さんの流れをくむ吉井コーチの意向が強いでしょうが。


 そういった感じの采配ですので、選手の実績に見合った信頼はどんな場面でも崩さない。任せるべき選手には任せるところまで任せきる、そうでない選手ならばスパッと代える。
 梨田監督2年目序盤の武田勝投手は後者だったのでしょうし、先日の降板にしても病気からの回復を考えて後者の判断だったのでしょう。藤井投手は後者の扱いが気に入らなかったようですが、前者の扱いを受けるには、良い時だけじゃなく普段の結果で示さねばならなかったでしょう。

 代打や代走にしても、故障を抱えた選手も多く使わなければいけない以上、そうした選手の"控え"は必要なのでしょうし、金子誠選手や稲葉選手、二岡選手などは休ませながらじゃないとパンクします。そういうのを無視して、ひとつの場面に戦力を集中投入する、代打→代走→守備固めと一つのポジションに先発含めて3人も4人も投入してその後の選手起用を制限しない、そういう起用法なのだと思います。


【極端な左右病采配】
 此は違和感ないと思うんですがね。左右関係なく使われるのは、将来の主砲候補として育成されている中田選手と捕手以外は、稲葉選手に金子誠選手、小谷野選手、糸井選手と何れも実績を積んだ選手です。それ以外の、相手投手の左右によって使い分けされる選手は、まだその域に達していないという事じゃないでしょうか?
 投手もそうです。先発は兎も角、救援投手は最後を任される実績豊かな武田久投手、久投手の前を任されている増井投手と、ロングの多田野投手以外は、試合展開によって、そして相手の打順を見ながら左右によって使い分けされています。完全な左右別起用というわけでもなく、あまり怖くない打者であれば、左右を無視した起用もしています。

 今季、宮西投手が相当苦しみましたけど、統一球の対応に加えて対右打者用の変化球取得が大きな要因です。此のように、左打者相手を中心にアレだけ実績を重ねた宮西投手も、活躍の場を広げる、左右に拘らない出番を目指す為には此だけ苦しむのです。なんの準備もなく無制限に試合に投入していたら、より無惨な結果となっていたでしょう。

 つまりは、高齢化したベテラン選手や、実績を積んで出場機会を拡大した選手以外は、投手・野手ともに「対右専用機」「対左専用機」の域を脱していないというだけなのです。よく「誰某は左投手も苦にしない筈」「何某は右打者も抑えられる」といった声を聞きますけど、そういうのは与えられた機会で十二分以上の結果を示してからの話です。糸井選手も小谷野選手も、そうして這い上がってきたわけです。
 右打者なら左投手を、左打者なら右打者を確り打てるようになる、それからです。右打者が「右投手の方が打てる」というのは、左投手相手には普通程度に打てていて、右投手はそれ以上に打てるという場合にのみ認められる事です。そうじゃなく、左投手は打てないけど右投手なら普通に打てる、ではお話にならないと言うわけです。

 投手でもそう。右打者は抑えられて左打者に打たれまくる左投手なんて使い処がありません。まずは統計的に優位とされる対戦で普通の結果を出して、その次に不利と言われる対戦にも出場機会を増やしていくのです。此も梨田監督に限った話じゃなく、前任のヒルマン氏も相当拘ってましたけどね。ただ、当時はベテランが多く、かつ今ほど高齢化にも悩んでおらず、経験の乏しい選手を使う場面は今ほど多くありませんでしたが。


【不調選手の見極めが遅い】
 此は選手への信頼を重視する、そしてその選手に対する期待を短期的な勝利よりも重視する、信頼関係を失っての勝利に意味を感じないのではないでしょうか?
 確かに不調選手を下げて違う選手を使えば、別の可能性はあります。ですがそれは必ずしも勝てるというものではなく、主力と期待された選手を外して負けたとなれば、主力を使って負けた場合よりも大きな動揺がチームを襲うのではないでしょうか?

 投手ですとこういう話があります。谷元投手は此迄一軍に上げた直後は好投するも、次第に二軍に落とされる危機感から実力を出しきれなくなり、悪い結果を重ねて結局二軍に戻ってしまう、そういう事を繰り返していました。そこで二軍落ちの恐怖を取り除けば実力を維持できる、純粋に調子の良し悪しを量れると、今季は「お前は一軍で使い続ける」と言って、実際ここまで一度も抹消することなく、一軍で起用している訳です。
 その結果、調子の上がり下がりはあるものの、試合中盤での救援などに活躍しております。中には目を覆いたくなる結果もありましたが、だからといって二軍再調整等を命じたら、当初の約束を破ることになります。そうなると谷元投手と首脳陣の信頼は消え失せ、以降どのようなアドバイスも起用法も意味を持たなくなるでしょう。

 なにかと叩きの的になる小谷野選手や中田選手の起用にしても、期待をかけた、重責を任せた、そうした以上それをある程度貫かないと、梨田監督をはじめベンチの期待や信頼が軽くなってしまう訳です。特に4番を任せた選手に将来の4番を期待する選手ですから。そうした選手を簡単に外せば、他の選手は不安になるでしょう。たとえそれで出場機会を得る選手がいても、どこまで任せてもらえるのか、どこまで信じてくれてるのか、不安になるのは避けられないでしょう。
 その時々の調子に対して敏感に打線を組み替える、選手を入れ替える起用法もあります。それが選手間の競争を促す効果も確かにあります。ですが、それ故に選手に十分な出場機会を与えられず、アピールの機会を奪ってしまう事もあるのです。また、選手とチームの信頼関係も育ちにくいと思うのです。そのマイナス面を重視して、選手を信じる、実力を出しやすくしてあげる、そういう選手起用なのだと梨田采配について感じます。


【「自分が悪い」と決して言わない、責任逃れ】
 此は完全に言い掛かりですね。確かに「自分が悪い」は他の監督より少ないかも知れませんが、監督がそうして責任を背負い込むという事は、その選手自身には責任を背負えるだけの実力がないと、選手を間接的に批難する事にもなるのです。ですから、幾ら全責任を最終的にとる立場の人間だとしても、簡単に「俺が悪い」と言う監督は如何かと思いますね。
 かといって選手に責任を押し付けたりはしませんよね?そういうところ、なるべく直接的にも間接的にも、選手を不要に傷付ける事を避けていると思います。

 他の監督なんて、オリックスの岡田監督なんか「ど真ん中が当たらん4番なんているかい!」と言ってT‐岡田選手を外したりしましたよね。アレに「たまにああいう事をしてほしい、厳しさがほしい」と言いながら「選手に責任を押し付けるな」と言うのもおかしいですが、こういう事を言わないのは良いと思うんですがね。
 他にも元楽天(など)監督の野村克也氏などは選手を愚痴ってばかり(ただし田中将大投手除く)でしたし、読売の原監督も偶にありますよね。そうした監督らに比べても、梨田監督は選手に責任を押し付けたりしていないと思うんですけどねぇ、選手の実力を否定しない範囲で。

 まぁ、結局は采配について理解するつもりがない故に、梨田監督の何を叩いているのか叩きながらもわからない、そんな奇妙な状態からなんとしても梨田監督を叩く理由が欲しい、自分等を正当化できる梨田監督の欠点が欲しくて苦し紛れにこんなことを言ってるだけでしょう。


【梨田より悪い監督などいない、梨田じゃなければ猫でもいい】
 此はもうなんと言って良いのやら。兎に角梨田監督を貶めたくて、この世の何より梨田監督は劣っているのだと、そう言いたいのでしょう。「じゃぁ誰が監督ならいいんだ!」と問われたアンチ梨田が吐くことも多いですね。具体的に誰がいいとは言えない、つまりは梨田監督の何が悪いのかも、実はなんもわかってないのです。アンチ梨田は自分等が梨田監督を嫌いだという事を、自分の感情ではなく相手が悪いと、そういう事にしたいんですよ。



【世界日本ハムなう】
 勝負勘主義の方なんかが「梨田はマージャンなんかでもすぐ顔に出て読まれて負けるタイプ」とか。それはどうかと思うけど、それ以前にそんな勝負はやらないんじゃないでしょうかね?仮にその場に入れられても、損失の少ない方に無理しない方に進むんじゃないかと。そんなその場の勝ち負けに熱くはならないと思いますよ。そういう意図でやればそうなるのかもしれませんけど、そんな意図を持って勝負するという前提が考えにくい。

 結局のところアンチ梨田の言う「梨田はこんな奴」は、梨田監督の置かれた状況を理解しない、或いは意図的に改変改竄して「こうしたら梨田は擁護のしようがないダメな奴になる筈」という感じなんですよね。ヒルマン遺産から負の遺産を削ってみたり、選手の負傷や高齢化といった監督がコントロールできない事まで監督のせいにしたり。

 勿論、良いことばかりじゃないと思いますよ。その場の勝利を最優先しない事もありますし、それで勝ちを逃すのは現場の指揮官としては致命的でもあります。ただ、選手に無理をさせない、或いは可能性を殺す起用もなるべくしない、そういう処は長所でもあるわけです。
 ヒルマン政権下での田中賢介選手や森本選手(現:横浜)の起用は、彼らをレギュラーに定着させたという良いところもありますが、彼らからもっと大きな安打を量産できる可能性を奪ったのではないかと思いますよ。例えば1番2番じゃなくて3番とか6番7番ってところで打たせていたら、もっと違う可能性を出せていたんじゃないでしょうか?
 勿論、当時の選手層では賢介選手と森本選手に1番2番をやってもらう他なかったわけですが、勝利と引き換えに失った可能性は小さくありません。森本選手の怪我と絶不調も有ったとはいえ、賢介選手を3番、そして1番と動かした事は、梨田監督の決して少なくない功績の一つだと思います。
 たとえ勝つためでも選手の可能性を殺さない、此が梨田流なのですよ。ヒルマン流というか白井流は、勝利の為なら選手には死んでもらう采配だと思います。勝負の原理原則で言えば、白井流の方が正しいのかも知れませんが、選手の可能性を潰してしまい兼ねないのはなんだかつまらないなぁ。


 新監督就任に合わせてどういう選手の動きがあるかわかりません。過去のヒルマン氏の就任時も、現在の梨田監督の就任時にも、主力選手の放出を伴うトレードが敢行されました。今回もそれがあるならわかりませんけど、今のチームをそのまま引き継げるのだとしたら、ヒルマン氏→梨田監督の時とは比べ物にならない、可能性に満ちたチームを継承できると思うのですよ。
 焼け野原みたいなチームを引き継ぎ、そこから負け越すことなくここまで建て直した、此は紛れもなく梨田監督はじめ梨田政権の首脳陣の功績です。たとえそれで落とした白星があっても、決して高い買い物ではなかったと思います。勝利に優るとも劣らぬ、素晴らしいチーム作りだったと思います。


 できることなら最高の結末を・・・とは思いますが、これだけの可能性を育ててもらって望みすぎですかね?でも、可能性あるかぎり、それを否定しないのが梨田流ですから。



blogram投票ボタン人気ブログランキングへにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
↓以下TB用リンク


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

>gkrsnamaさん

 どうもです。一年も前の記事にコメントいただき、少し驚きました。私もまだまだ覚悟が足らんですね。改めて読み返すと誤字脱字ばかりの文章で、全くお恥ずかしい限りであります。そんな拙文をお読みいただき誠に有難う御座います。

 さて、梨田監督の采配についてですが、選手の力を「引き出す」ともちょっと違うかな?と。まぁ結果的に引き出されたりしますが、選手の可能性を重視して型に嵌めない、或いは可能性を浮き彫りにする為に敢えて型に嵌める、そうした可能性重視の選手起用だったと思います。
 仰られるようなその場の作戦で選手を使いこなして勝利を掴み取る、そういうタイプの監督ではないと思うのです。選手のある可能性を潰してまで一つの可能性に特化させたりしない、そういうところは認められていいと思いますけどね。

 小谷野選手に3割2分と120打点は兎も角、50本塁打はまず難しいでしょう。統一球が予想以上に飛ばないってのもありますが、キャンプから怪我無く順調に過ごして、15本いくかどうかですかね?それでも二桁は飛ばせると思いますが。
 足を使う・・・この場合は盗塁やエンドランの事と思いますが、やはり賢介選手の不在が痛いですよ。打って走れるマルチロールプレーヤーがいなくなった訳で、賢介選手と同等の結果を望める選手は遂に現れませんでしたし。一番痛く、狂わされましたね、賢介選手の不在は。

 中田選手も来季こそという選手の一人ですが、いきなりは無理でもいずれ・・・選手生命の何処かで、ソーサ選手やボンズ選手を追い越せるような記録を期待したいですね。そう遠くない"いつか"にそういう場面がやってくれば・・・と、のんびり待たせてもらってます。

 栗山新監督(予定)も、未知数の部分もありますし不安ではあるんですけど、まずはお手並み拝見、それからですね。GM就任前の短期政権のようですし、監督としてよりもその先のGMとしての活躍への期待の方が大きいですかね。

梨田は優秀ですねえ

まとめ、選手を伸ばし、モチベを維持し、チームの基礎をつくるという意味では、梨田は極めて優秀です。たしかに戦術面では、手堅さ一本だけじゃなくてもっと足を使ったらとか、色々思いましたけどね。

今年だって賢介・小谷野のケガがなけりゃ、あるいはかわりに入った外人が春ごろみたいに打ち続ければ……というと.320/50本/120打点ですか(@_@;)……後半戦に腰砕けにはならなかったでしょう。

来年こそは中田に.320/50本/120打点を期待しましょう(ムリ……かな、いや水上さんが70-80本打てると太鼓判、マサカ)

>FBYさん

 どうもです。

 まぁ、当たりです(ちょっと悔しい)。実績と年齢、そしてコラムなどで日本ハムの方針に理解がありそうと言うところが。正直なところ現在フリーの人間では一番の好人材じゃないかなぁ、と。ただ、西武にもしもがあるならそちら優先でしょうし、西武入団時の経緯も考えれば、西武以外のユニフォームを着せるのは困難かも知れません。

そうですね、オレも某球団の黄金期を支えた人いいとおもいます。
思ってる人違ったらあれですが、伊東さんですよね?

>FBYさん

 どうもです。初めまして、リコメが遅れて申し訳御座いません。

 若松さんは厳しいんじゃないでしょうか?此迄の野球人生でパリーグに関わった事がありませんし、年齢的にも余裕があるかどうか。何より腰痛持ちで、長距離移動の多いパリーグで一定期間勤められるかどうか。
 その点パリーグ出身の落合監督は年齢的にもまだ大丈夫だと思いますし、選手起用術も素晴らしいものがあります。ただ、選手獲得等の戦力整備はフロントの権限ですので、「落合監督には与えられた戦力で戦う」というのが出きるかどうか。梨田監督の就任時にも「やめた方がいい」などと言ってるあたり、あまりよく思ってはいないようですね、日本ハムのシステムを。


 個人的に監督をやって欲しい人はいますね。某球団黄金時代の扇の要だったあの人です。ただ、日本ハム球団がそういう選択をするか?そして本人がシステムに納得して引き受けるか。

 実際オファーを出してそうな人もなんとなくわかるんですが、それでも栗山氏はないかなぁ、と。

はじめまして。
梨田さんがやめるのはすごく残念。

代わりは誰がやるのでしょう?
誰だと思いますか?
落合さんか若松さんはやってくれないですかね?

>nobodytwtさん

 どうもです。厳密にはちょっと違うんですが、無いものを「ある!」「ある!」って言い張られるのが、なんとなく似てるかなぁ、と。で、都合の悪い"負債"は隠蔽と。

No title

こんにちは。

>まるで選挙前に「マイゾウキンガー」といいながら
>「実はありませんでした」というのに似てるかなぁ、と。

流石!笑わせてもらいました!
野球の



プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表



お世話になってる速報サイト




その他
にわか日ハムファン友の会へ
野球に関するブログのリンク集とニュース
カテゴリー
最近のコメント
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
注目記事

TBPとかMyClipとか
現在Trackback Peopleから
大絶賛ハブられ中

F+T.B.People

野球+T.B.P.


アニメ+T.B.P
今日のアニメ 明日もアニメ
今日のアニメ 明日もアニメ


その他リンク2


日本を知ろう
国益.com
I LOVE JAPAN/日本復活
反日マスコミが伝えない親日の話
教科書が教えない歴史
日韓関係の近現代史

特定アジア関係
FlashミラーVer.1
FlashミラーVer.2
ν速発、画像動画サイト
朝銀って何?公的資金投入って何?

朝鮮半島総合
2chハン板
FAR EAST-極東-
マンガ嫌韓流公式
韓断会
もう黙ってはいられない2
ビラのHP
半島大陸メモ
韓国製品不買運動
韓国怪汁大百科
韓国旅行要注意
Kの国と愉快な仲間たち
ルクスお姉さんの居残り授業
韓国人と仕事で困った事
在日コリアン 魂の(我儘な)叫び
ミョンスの韓国情報
楽韓Web
韓国製生ゴミギョーザ事件まとめ
韓国の嫌韓流に対するリアクション
け ん か ん (嫌 韓)
韓国は"なぜ"反日か?
プロジェクトK 朝鮮者たち

ウリナラシンムン
チョソンイルボ
チュンアンイルボ
トンアイルボ
ハンギョレシンムン(朝鮮語)

支那メディア
人民日報

歴史問題
大日本史番外編朝鮮の巻
日韓歴史問題に警鐘を鳴らす
History of Korea
日韓併合前後朝鮮半島写真館
従軍慰安婦について

ウリナラ起源
パクリ大国南朝鮮
朝鮮パクリ特集その1/その2
大韓パクリ博物館01/02
日本の文化は日本のものです
韓国パクリギャラリー
パクリのソナタ2004
PowerMonster
剣道の起源は韓国にあり!?
ねぶた掲示板
韓国のねぶた

2002年W杯不正疑惑
韓国サッカーの裏側
2002年WC総括

南京事件関連
南京大虐殺はウソだ!

領土問題
竹島問題
竹島問題ニュース&リンク
沖縄・日本を守れ
東トルキスタンの人々に平和と自由を
東トルキスタンの(ry日本語Ver.
東トルキスタン情報センター

日本海呼称問題
日本海を取り戻すためのwiki
日本海呼称問題について
日本海は「日本海」
日本海名称問題
日本海か東海か
日本海呼称問題ニュース&リンク

東シナ海資源問題
Life Line

偽善白輪ゴム問題
ホワイトバンドの問題点
ほっとけない日本の汚さ


赤 い リ ン ク

赤 い 軍 隊
帰国者の裁判を考える会

赤 い 団 体
中核派
革マル派
ブント(BUND)
週刊かけはし
旗旗
人民新聞
日大全共闘
都革新
杉並親の会
PEACEBOAT
子どもと教科書全国ネット21
AML
落選運動
OhmyNews

赤 い 特 集
1968年全共闘だった時代
ほっとけない世界のまずしさ
脱・マンガ嫌韓流

赤 い 人 間
新城せつこ
戸田ひさよし
俵のホームページ


リンク3
東方Projectで有名な上海アリス幻樂団さんです
萃夢想や非想天、ひデブの黄昏フロンティアさんです
一迅社発行「月刊コミックREX」「キャラ★メル」「まんが4コマKINGSぱれっと」3誌合同連載展開中、本格ストーリー?な東方儚月抄の公式サイト。キャラ設定が微妙にアレなのはご愛嬌w
東方アレンジや三国志大戦、オリジナルまで幅広いIOSYSさんです
IOSYS発、キラキラ系エレクトロ・ポップ・ミュージックユニット!
鬼才、龍波しゅういち率いるマルチタレントチーム!
イオシスのWebラジオ、はいてない.com
イオシスの作品が大体そろう通販サイトIOSYS SHOP
えーりん!えーりん!明るく楽しく激しいCOOL&CREATEさんです

通販便利だけど送料ちょっと高め
営業所留めが出来ればいいんだけどなぁ・・・

地方のアニメファンの救世主?



プロフィール

世界日本ハム

世界日本ハム

RSSフィード
ブログ内検索
買わない、買わせない、使わない
No!福八!
 札幌ドーム前のラーメン店「福八」店頭にて販売されていた非公認応援グッズは、業者側が球団の警告を聞き入れ販売停止、球団公式グッズの委託販売に収まったようです。

・・・復活ですか?
非公認グッズの販売が再開されているとの情報が入りました。球団との約束はどうなったのでしょう?反故ですか?だとしたらもう・・・
 blog各所でこの問題が取り上げられていました。今後もこういった問題が起きぬよう、いい方法が見つかるといいと思います。

↓こちらのblogなどで詳しく取り扱われています
長万部銘菓
blogリンク増えすぎw
萬田銀次郎 語録
powered by ミナミの帝王



BlogPeopleガチャガチャブログ


その他Blog


その他リンク1

放送局・番組


北海道
HBC北海道放送
HBCスーパーベースボール
ファイターズdeナイト!!
[E]スポーツ
1BAN!ファイターズ
ラジプロ!
ラジオ番組表
テレビ番組表

TVhテレビ北海道
週間番組表

uhb北海道文化放送
Fの炎 SPORT HOKKAIDO
週間番組表

HTB北海道テレビ放送
HTB SPORTS
FFFFF
イチオシ!

STV札幌テレビ放送
STVラジオ
ぞっこん!ファイターズ
STVアタックナイター
ファイトF
ラジオ番組表
テレビ番組表

NHK札幌放送局

東京・関東
TBSラジオ
エキサイトベースボール

QR文化放送
ライオンズナイター

LFニッポン放送
ショウアップナイター

RFラジオ日本
ジャイアンツナイター

TVSテレビ埼玉
TVSスポーツ

CTCちばテレビ
マリーンズナイター

tvkテレビ神奈川
ベイスターズナイター

MX東京メトロポ(ry
MXテレビスポーツ

NTV日本テレビ放送網
CXフジテレビ
TXテレビ東京
TBS東京放送
EXテレビ朝日
GTV群馬テレビ
GYTとちぎテレビ

仙台
TBC東北放送
TBC楽天オンエア情報

OX仙台放送
KHB東日本放送
MMTミヤギテレビ

中京三県
CBC中部日本放送
ドラゴンズナイター
燃えよドラゴンズ

THK東海テレビ放送
SF東海ラジオ放送
ドラゴンズガッツナイター
MTV三重テレビ放送

TVAテレビ愛知
侍スタジアム 2008
どらぐら

CTV中京テレビ放送
NBN名古屋テレビ放送
GBS岐阜放送

近畿
ABC朝日放送
ABCラジオ
虎バン
WEEKLYタイガース
ABCフレッシュアップベースボール

MBS毎日放送
MBSラジオ
MBS 猛虎亭
MBSラジオ タイガースナイター

KTV関西テレビ放送
KTVプロ野球中継

SUNサンテレビジョン
サンテレビボックス席

YTV讀賣テレビ放送
TVOテレビ大阪
KBS京都放送
BBCびわ湖放送
TVN奈良テレビ放送
WTVテレビ和歌山
OBCラジオ大阪(大阪放送)
CRKラジオ関西
WBS和歌山放送

広島
RCC中国放送
RCCカープインターネットスタジアム
赤ヘル大好き!キャンペーン

TSSテレビ新広島
HOME広島ホームテレビ
HTV広島テレビ放送

福岡
RKB毎日放送
RKBラジオ
RKBエキサイトナイター
ホークス歌の応援団

KBC九州朝日放送
ホークスナイター/ダイナミックホークス
Hawks2008

TNCテレビ西日本
とべとべHawks

FBS福岡放送
プロ野球放送予定
ホークス週間MVP
夢空間スポーツ

TVQ九州放送
SUPER STADIUM
VIVA!!SPORTAS


新聞

やまと新聞

北海道新聞
がんばれファイターズ
連載 がんばれファイターズ
連載 ボールパーク
公連載・特集
FORZA!コンサドーレ
黒田+
道スポ

日刊スポーツ
プロ野球スコア速報
日本ハム
ダルビッシュ特集
中田翔特集
日本ハム:写真ニュース
ハム番日記
ガンちゃんのまいど!
コンサドーレ
asahi.com

スポニチAnnex
スポニチ北海道
スポニチAnnex野球
スポニチ九州
スポニチ大阪
オトナのスポニチ
毎日jp

SANSPO.COM
プロ野球-野球-SANSPO.COM
野球 > 日本ハム
ピンクハート
FujiSankei Business i. on the Web
iza(イザ!)
ZAKZAK
MSN産経ニュース

スポーツ報知
全試合結果:プロ野球:野球:スポーツ報知
野球:北海道
読売新聞

中日スポーツ
トーチュウ
中日新聞
東京新聞
北陸中日
県民福井

西日本スポーツ
西日本新聞

デイリースポーツ
東京スポーツ

BNN
函館新聞
函館電子新聞

福井新聞

バンコク週報

虚構新聞
航空機新聞社



野球・スポーツ情報

球界・球団

球場

FIGHTERS関係

野球関係

世界の野球

プロレス格闘技

便利なリンク



ブログ村とかくつろぐとか

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
人気ブログランキング

Powered By FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。