Trackback

Recent Articles

TWITTER

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本ハムの現監督、次期監督、将来監督

 なにやら、阪神さんが日本ハムの梨田監督に猛虎魂を感じたそうで。

【夕刊フジ/ZAKZAK】真弓がけっぷち!虎早くも次期監督の噂が…平田か“大穴”梨田

・・・まぁ、夕刊フジなんか真面目に扱う事もないですがね。でもそれではブロガーやってられないんで、ちょっと穿り返してみようかとね。

(前略)
 ただ、今年はもう、今季途中で付け焼き刃の配置転換など人事異動をしたところで後手に回るだけ。それよりも、2012年までの2年契約を結んでいる真弓監督を巡る「来季問題」の段取りをつけておく作業が不可欠になる。

 実際のところは、球団は真弓監督を信頼する姿勢を崩さず、来季に向けてはまだ具体的な動きは何もないが、それでも当然、球団の周囲では来季に向けての『ウワサ話』が活発化してきている。

 現首脳陣の木戸ヘッド、和田打撃コーチとも現監督と一蓮托生の関係にあるとされ、内部昇格の可能性は極めて低い。そんななか、「次期監督候補」の話題に必ず名前が挙がってくる一人が、昨年までの2軍監督で、今季は評論活動をしている平田勝男氏だ。

 阪神電鉄の上層部には「平田氏は、2軍監督時代のスパルタ指導が『外向けのスタンドプレー』とも指摘され、『1軍監督の器ではない』との評もある。だが、ここ十数年のチームの移り変わりを最も間近で見てきたOBの一人」との声もあり、決して安く見られているわけではなく、“穴”候補の一人とみられている。

 さらに後継候補の“大穴”として、現在北海道日本ハムファイターズで指揮を執る梨田昌孝監督の名前も噂される。

 ある球界関係者はこう話す。

 「梨田監督は今季で2年契約が満了となる。日本ハムの本拠・北海道にゆかりがないだけに、地元での人気はそれほどない。阪神OBではないが、同級生の真弓監督と近鉄時代のつながりもあり、そのツテで日本ハムからの横すべりで阪神に招聘されても不思議ではない」


 球団周辺ではこんな話も飛び交う現在の阪神。歴代監督がそうであったように、複数年契約はあっても、その実、あってないようなもの。シーズン途中とはいえ、今から「出口戦略」を練る必要があるのは間違いない。



blogram投票ボタン人気ブログランキングへにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

 いやね、こんな事書いちゃうのって・・・

>日本ハムの本拠・北海道にゆかりがないだけに、地元での人気はそれほどない

・・・絶対これ「ソースはハム専」とか「ソースは梨田解任スレ」とかそんなんだろ?或いはアンチblogばかり巡ってるとか。つーか、これ作った記者がアンチ梨田だろw「人気ないから解任」とかどんだけよ?まぁ、夕刊フジなんてそんなもんだけどさw


 まず梨田監督の契約について。今年で切れるのは確かですが、複数の箇所から「長期政権を」といった声が聞こえてきますし、ここで契約終了というのは現段階ではアンチの妄想、希望的観測に過ぎないんじゃないかとね。例えば「優勝しても再契約はない。これは好き嫌いの話じゃない」とか、そういう手合いの。
 まぁ、契約しない場合としては以前もアレしたように、野球に専念できない状況になった場合。たとえば本人あるいは事務所が不祥事を起こしたですとか、健康上の理由ですとか。手首のガングリオンが酷いらしいですが、それは気掛かりではありますね。

 でもまぁ、そうした事がなければ急いで監督を変える必要なんてないと思いますけどね。一部の「監督こそがゲームプレーヤー!」って感じの方々に言わせれば「こんな下手糞プレーヤーに任せられるか!」ってなるんでしょうけど、実際は監督がコントローラーを握って箸の上げ下ろしまで操作する訳じゃないですからね。
 梨田監督のやり方は、名称といわれる監督の中にもよく見られる「お前ら下手糞を上手く使って勝たせてやるからな」じゃないんですよね。基本的に選手を信じて、期待して送り出す。そのために選手が働きやすい雰囲気を作る。試合運びよりも選手の気持ちを優先し、時には這い上がることを期待して谷底に突き落としもする。

 例えば投手交代で、「代えるの遅すぎ!」って場面でも、もっと早く代えていれば試合への影響は少なかったかもしれないが、代えられる選手や代わりに出る選手の気持ちを考えると、その場面での交代は次以降の当番に差し障る。そういった場合は交代が素人目にワンテンポ、ツーテンポ、スリーテンポ遅くなることはあります。
 逆に早めに代える場合。私はこれは今まで・・・他の、比較的アンチ梨田っぽい方々と同様に「選手に対する信頼が薄いのかな?」と考えていました。ですが、確かにまだ責任を負わすことのできない選手に責任を負わせない場合もあるでしょうが、信頼しているからこそ早めに降ろす、そういう場合も合ったのではないでしょうか。

 武田勝は一昨年、自身初の二桁勝利を果たしまして、去年は頭からエース格のように期待する声は多くありました。ですが春先には早めに降板することが多く勝ち星も増えず、武田勝の起用法に対しての不満が多く噴出しました。
 ですが、このとき武田勝はまだ前年1回だけしか二桁勝利をしていないロー手投手で、しかもスタミナには不安もあった訳で。実際その後の登板では中盤に失点することも有り、そうした場面をどう切り抜けるかという課題が有ったわけで。こうした事情から信頼が今ほど篤くなかったのは事実でしょう。

 ですが今年は違います。2年連続で二桁勝利を記録し、すっかりローテの左腕1枚目としての地位は確立されています。ただ、中5日起用やそれに伴う100球未満での降板に「信頼してない!」という言いがかりのような声もやはり。
 極端な例は開幕から中5日でまわして、4月下旬のソフトバンク戦に当てたという事。その起用法に対して「西武を回避したのは信頼が薄いからだ」などという声も。とんでもない!ソフトバンクはなんとしても挫いておかねばならぬ相手で、そのシーズン最初の対戦ではダルと武田勝でしっかり叩きたい(失敗しましたが)、そういう意図が有ったのだと思います。

 結果は打ち込まれましたが、昨年までの実績で武田勝はソフトバンクに対して優位に立っていましたし、そうして当てていくのは間違いじゃなかったと思いますし、そこを信頼して中5日で回したのではないでしょうか?早めの降板も、武田勝を信頼してこそのものだと思うのです。
 ではなぜ開幕カード、西武戦に投らせなかったか?開幕カードで投ってたら中6日で回せたじゃないか!と言われそうですが、リスク回避のために1番手(エース)と2番手を別のカードに分けると言うことはよく有ることで、開幕2カード目のロッテ戦では齋藤佑の初先発も控えていましたし。そうした諸々を考慮して開幕当初は2カードに分け、ソフトバンク戦で寄り添うようにしたのではないでしょうか?

 また、中6日で関東ペースで調整して本領を発揮できるダルビッシュと、1試合のスタミナはそれほどではないが中5日の調整でも影響の少ない武田勝と、その特性の違いを理解して最大限の効果を出してもらえるよう、それぞれの能力に信頼して起用しているのではないかと思うのです。


 打線の組成や代打についても「確実にできる選手を出す」と言うのも当然あるでしょうが、「ここで活躍して認められてほしい」と期待して出すことも有りまして、その結果が芳しくなかった時に「代打策もビミョー」「謎打線」などと言われまして。
 期待されて出ているのはスタメンなら中田と陽、そして小谷野の離脱後は今浪ですね。代打では鵜久森と今成でしょうか。そうした選手たちは「確実に決めてくれる」という思いよりも「ここで決めて伸し上がってくれ」という思いのほうが強いのではないでしょうか?監督就任1年目2年目の糸井もそういう感じだったと思います。
 特に中田に対しては、春先に苦しんだときも、4番に入ってまた苦しんだときにも期待を切らさず、「我慢して使ってるんじゃない、期待して使ってるんだ」と言ったり、とにかく選手に期待すると言う事では12球団で1番ではないかとも思います。


 なんか話があっちこっち行ってアレですが、その「我慢じゃない、期待だ」というところが梨田監督の最大の長所であり、それと比べると戦局における個々の采配に関してなど些細な問題ですよ。いや、それもまた監督を判断する基準かもしれませんけど、だからと言ってそれが全てではないですし、それのみで決まるものでは有りません。
 日本ハムの監督の場合は他所よりもさらに中間管理職的な性格が強いわけで、現場・・・チームと言う部署をどのようにして成果をあげさせるか?そのやり方の問題だと思います。やること全てを上司が決めて、上司の与えた仕事以外は絶対にさせないのか、それとも梨田監督のように期待して任せて結果を待つのか。
 上部や外部から見て結果を感じやすいのは前者かもしれませんが、その上部は決して前者を絶対的とは思っていないようで。短期的な結果よりも長期的に、主力となる戦力の積極起用と経験値向上、成長促進を求めているようで。その為には「期待せず失敗させない」監督よりも、「期待して失敗させる」監督の方がいいと考えているのではないでしょうか?


 そういった事を考えると、「信頼と期待」をもって選手を起用する梨田監督は、今暫く日本ハムの監督で居続けるのではないかと思う訳です。梨田監督自身は「10年くらい」と言ってるようですが、そこまでは行かなくとも、少なくとも3年や4年で終わるようなことは考えていないんじゃないでしょうか?
 「10年」と言うのがどこからなのかってのも有りますが、平成20年から数えての10年であれば梨田監督も64歳、まぁ大丈夫だと思いますが、やはり長く続けることでの身体的負荷などを考慮すると厳しい頃かな?と。今から10年で有れば68歳なので完全に厳しいでしょう。休み休みならできても、長期政権を維持と言うのは厳しいかと。グラウンドで倒れさせるわけにも行きませんし。

 そうすると来年から2年以上、5年以内と言ったところが梨田政権として妥当な期間ではないかと勝手ですが考えます。もちろん、健康上の理由もなく、球団としても不都合がなければさらに続けて貰っても構わない・・・・というか大歓迎ですが、その頃には次期監督の目星もついてくる頃じゃないかとも思うのです。
 日本ハムの球団事情を考慮した場合、そうそう監督のなり手はいないと思います。他所よりは自由がないですし、編成権も無く選手の登録抹消も自分ひとりの意志だけでは決められない、フロント主導で動く球団の現場監督と言う職業、例えば星野さんなんかだと耐えられないんじゃないでしょうか?
 そうした球団を理解して、方針に沿った選手起用をできる人材と言うのは中々転がっていないでしょう?梨田監督なんて、日本ハムの球団からしたら"10年に1人の逸材"だったのではないでしょうか?そうした人材が中々出てこないならどうするか?球団の中で育成するしかないんじゃないでしょうか?

 実際、日本ハムはそうした監督・コーチの育成というのにも積極的なように思います。ヤクルトからトレードで獲得した三木を1年でコーチに転進させたり、現役に未練のあった吉井を引退させてコーチに迎え入れたり。大村さんなんかもそうですね。
 そうした若いコーチ達と言うのは、もちろん選手時代の経験もあるでしょうが、それ以上に、そしてそれにとらわれない指導者としての素質を見込んで、いずれはベンチの中心人物になれるように経験をつませているのではと思います。

 その中でも監督候補と見られているのは、やはり田中幸雄打撃コーチでは無いでしょうか?去年二軍の打撃コーチに就任し、1年で一群打撃コーチに転身、出世にしてはやや急ぎ過ぎの感もありますが、指導者としての経験をつむと言うのであれば、二軍と一軍のベンチを体感する期間と合点も行くのです。
 おそらく今後再び二軍のスタッフになる事もあると思いますし、あるいは打撃コーチじゃなくヘッドコーチとして、監督の補佐を経験することもあるでしょう。そうした先にチームOBとして・・・"ミスター・ファイターズ"監督の誕生があるのではないかと。もちろん、紆余曲折、頓挫も有り得ますが。


 もしも田中幸雄監督構想が頓挫してしまった場合、あるいは遅延が生じた場合には、その時は梨田監督の任期延長や、或いはつなぎで違う監督を立てる、そういう事もあるとは思うのです。梨田監督が平成29年以降も指揮を執るとしたら、そういう場合ではないかと思うのです。
 逆に"その時"までに梨田監督が指揮を執り続けられない事態が発生した場合・・・健康問題であったり不祥事、あるいは監督が責任を執らなければならぬほどの現場の乱れが生じた場合、その時も誰か繫ぎの監督を・・・となると思います。

 では、その繫ぎの監督として誰がなるのか?可能性があるのか?まず考えられるのは福良ヘッドコーチの内部昇格。緊急事態で梨田監督体制を引き継ぐなら、繫ぎとしては最適かと。チーム事情・球団事情にも明るいでしょうし。それと五十嵐二軍監督の配置転換。やはり事情に明るいのと、二軍の若手を指導している経験と。福良監督・五十嵐ヘッド、或いはその逆というのも考えられます。
 外部からだと中々いないのが現状ですが、その中から選ぶとすれば二軍監督の経験のある水上さんや、或いは一軍コーチ経験のある平野さん(現:韓国:起亜コーチ)などでは無いでしょうか?佐藤さんは退団の経緯等から無いでしょう。島田誠も無いと思いますし、岩本はならないでしょう。島田誠は打撃コーチとしてはアリだと思いますけどね。


 こういう時に多くの方が名前を挙げたいのは白井一幸だと思いますが、私は無いと思いますね。白井一幸を監督に迎えるならば、島田誠を迎えるのにも障害は無くなると思います。昨年雑誌の特集で球団関係者の発言が物議を醸しましたが、あのときの対応などを見ても、球団が白井一幸を選択しない理由がなんとなくわかります。
 一部のヒルマン信者的な方々は「日本ハム球団が不当に白井一幸を解雇した」と言ってますが、ヒルマン前監督退団時に、球団は慰留をしていた筈です。ですが「ヒルマンが辞める時には私も辞める」との意志が強く、退団してヒルマンの行ったカンザスシティーで1年仕事をした訳で。こうした行動は組織ではなく自分自身を優先した行動と球団は考えているのではないでしょうか?

 戦力外通告とともにコーチ就任要請を受け、それでも現役続行を選んだ芝草や坪井とは訳が違うと思います。芝草はコーチとして球団に復帰しましたし、坪井も可能性はあるでしょう。岩本も可能性としては無い訳じゃありませんが、多分やらないでしょう。ですが、白井一幸は球団に残る唯一の道を蹴った訳ですから、芝草や坪井、岩本よりも障害は大きいと思うのです。
 そもそも、白井一幸は本来監督をやりたがっていて、ヒルマン監督就任時のヘッドコーチの就任要請でも不満はあったと聞きます。しかし自身の海外留学時に面識のあったヒルマンの下でならとヘッドコーチに納まったわけで。つまり、ヒルマンの下以外ではコーチはやらない、監督でなきゃ嫌だという気持ちがある訳で、それでヒルマン退団、梨田監督就任では居場所が無いと考えて退団したのではないでしょうか?

 その気持ちに一定の理解はできます。やはり指導者をやっていれば、いつかは監督をやってみたいと。そして次こそはと思ったらまた違ったとなれば失意もあるでしょうし、従えと言うのが無理かもしれません。ですが、そこを耐えて組織に尽くす事ができない人物を、日本ハムと言う球団は監督に据えないように思うのです。
 また、去年の週刊現代での記述にあった「何でも自分でやりたいと思っている」と言う捕らえられ方には、やはり「監督じゃ無ければオファーは受けない」といった姿勢が影響しているのではないかと。そうやって「やりたい!」って気持ちを出す人は、監督の地位で自分を出したいという意思があると思われたのではないでしょうか?


・・・なんて書くとまた「人格攻撃だ!」って言われるんだろうなぁ(期待)。ただ、そこを「人格攻撃だ!」で終わらせないで「こうこうこういう理由で白井一幸監督の可能性はある」とやってくれれば嬉しいんですが(注文)。
 因みに上記は完全な創作じゃないからね。監督をやりたがってたのも、ヘッドコーチも本意じゃなかったのも、ヒルマンの下だから引き受けたのも、ヒルマンと共に退団するつもりだったのも事実。ソースは失念して今すぐ出せないけどね。そこに多少予測や予想を交えていますけど。

・・・あ、そうそう。自分本位であっちでペラペラ、こっちでペラペラと喋ったりするのも、球団としては良く思っていないかもしれません。島田誠なんかはその口じゃないかとね。あの人は辞めたところは絶対に良く言わないですし。王会長にまで牙を剥くノーフィアーですから、島田誠は。



 とまぁ、長々と纏まりも無く垂れ流してきた訳ですが、一部で強烈なアンチがいるからと言って、梨田監督の契約を打ち切ると言うことはないんじゃないでしょうか?また、一軍チームの成績についても、よほどのことが無い限り梨田監督一人で全責任を追うという事も無いでしょうし。
 編成権がフロントにある以上、成績の責任の3分の1程度はフロントにあるでしょうし、それで監督を切るような場合はフロントも含めて総辞職でしょうし。そこまでの事ってそうそう無いでしょう?監督の首を刎ねて一定の責任とはしないような気はします。

 ですので、球団が画くタイムテーブルに則って、時期が来たら契約完了、再契約せず後任に移行する、そういう感じだと思うんですけどね。その予定に今のところ狂いは生じていないと思いますし、ならば暫くは日本ハム球団の現場監督は梨田さんで行くんじゃないでしょうかね?とんでもない隠し玉がいるならまた別ですが。



ナニコラタココラ!
おい!アレだ!アレするぞ!

 梨田監督に猛虎魂を感じない!デイリーやサンスポじゃないから冗談で済むが、人んちの監督を摑まえて「人気がないから今季限りで退団m阪神監督に転身」とはどういう了見だ!?夕刊フジよ!そもそも人気の有る無しで監督人事を行う球団もないとは思うが、よりによって日本ハム球団をそんな軽薄な球団だと思ってくれるなよ!!


 阪神ねぇ・・・確かに今は厳しいだろうよ。だけど監督を代えたからってすぐにどうにもならないでしょう?それをやったら20世紀末期のダメ虎路線にまっしぐらじゃないか?それならいっぺん真弓さんに焼け野原にしてもらって、そして若手に経験を積ませて貰ってから後任監督で良いんじゃないか?
 そのあたりはまずフロントから改革して、若手起用を現場に命じれるようにならなきゃ。今の阪神タイガースをどうこうするんじゃなくて、次の阪神タイガースを見据えなきゃ。今はそれができる絶好の機会じゃないですか!

 その次の監督は・・・・この際エモやんにでもやってもらえばどうでしょう?頭も良い方ですし、マスコミサービスもできるでしょう。あれだけのタレント、才能がユニフォームを着ないままと言うのは実に惜しい!或いは梨田監督の名前が挙がったなら、そのままじゃなくて対抗して有田さんとか。交流戦でアリ・ナシ対決とか胸熱でしょう?


 因みに日本ハムの監督として・・・梨田監督にもしもがあったときの繫ぎの監督として面白そうなのは島さん。島二軍投手コーチ。昨年の一軍コーチ時代には散々な言われようでしたが、ああいう個性を前面に出さないタイプなら、コーチや選手のいい聞き役になれるんじゃないかと。自分を前面に出さずに選手たちに任せられるんじゃないかとね。在籍も長いですし、事情も精通してますし。ヘッドコーチでもいいな。



blogram投票ボタン人気ブログランキングへにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
↓以下TB用リンク




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

野球の



プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表



お世話になってる速報サイト




その他
にわか日ハムファン友の会へ
野球に関するブログのリンク集とニュース
カテゴリー
最近のコメント
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
注目記事

TBPとかMyClipとか
現在Trackback Peopleから
大絶賛ハブられ中

F+T.B.People

野球+T.B.P.


アニメ+T.B.P
今日のアニメ 明日もアニメ
今日のアニメ 明日もアニメ


その他リンク2


日本を知ろう
国益.com
I LOVE JAPAN/日本復活
反日マスコミが伝えない親日の話
教科書が教えない歴史
日韓関係の近現代史

特定アジア関係
FlashミラーVer.1
FlashミラーVer.2
ν速発、画像動画サイト
朝銀って何?公的資金投入って何?

朝鮮半島総合
2chハン板
FAR EAST-極東-
マンガ嫌韓流公式
韓断会
もう黙ってはいられない2
ビラのHP
半島大陸メモ
韓国製品不買運動
韓国怪汁大百科
韓国旅行要注意
Kの国と愉快な仲間たち
ルクスお姉さんの居残り授業
韓国人と仕事で困った事
在日コリアン 魂の(我儘な)叫び
ミョンスの韓国情報
楽韓Web
韓国製生ゴミギョーザ事件まとめ
韓国の嫌韓流に対するリアクション
け ん か ん (嫌 韓)
韓国は"なぜ"反日か?
プロジェクトK 朝鮮者たち

ウリナラシンムン
チョソンイルボ
チュンアンイルボ
トンアイルボ
ハンギョレシンムン(朝鮮語)

支那メディア
人民日報

歴史問題
大日本史番外編朝鮮の巻
日韓歴史問題に警鐘を鳴らす
History of Korea
日韓併合前後朝鮮半島写真館
従軍慰安婦について

ウリナラ起源
パクリ大国南朝鮮
朝鮮パクリ特集その1/その2
大韓パクリ博物館01/02
日本の文化は日本のものです
韓国パクリギャラリー
パクリのソナタ2004
PowerMonster
剣道の起源は韓国にあり!?
ねぶた掲示板
韓国のねぶた

2002年W杯不正疑惑
韓国サッカーの裏側
2002年WC総括

南京事件関連
南京大虐殺はウソだ!

領土問題
竹島問題
竹島問題ニュース&リンク
沖縄・日本を守れ
東トルキスタンの人々に平和と自由を
東トルキスタンの(ry日本語Ver.
東トルキスタン情報センター

日本海呼称問題
日本海を取り戻すためのwiki
日本海呼称問題について
日本海は「日本海」
日本海名称問題
日本海か東海か
日本海呼称問題ニュース&リンク

東シナ海資源問題
Life Line

偽善白輪ゴム問題
ホワイトバンドの問題点
ほっとけない日本の汚さ


赤 い リ ン ク

赤 い 軍 隊
帰国者の裁判を考える会

赤 い 団 体
中核派
革マル派
ブント(BUND)
週刊かけはし
旗旗
人民新聞
日大全共闘
都革新
杉並親の会
PEACEBOAT
子どもと教科書全国ネット21
AML
落選運動
OhmyNews

赤 い 特 集
1968年全共闘だった時代
ほっとけない世界のまずしさ
脱・マンガ嫌韓流

赤 い 人 間
新城せつこ
戸田ひさよし
俵のホームページ


リンク3
東方Projectで有名な上海アリス幻樂団さんです
萃夢想や非想天、ひデブの黄昏フロンティアさんです
一迅社発行「月刊コミックREX」「キャラ★メル」「まんが4コマKINGSぱれっと」3誌合同連載展開中、本格ストーリー?な東方儚月抄の公式サイト。キャラ設定が微妙にアレなのはご愛嬌w
東方アレンジや三国志大戦、オリジナルまで幅広いIOSYSさんです
IOSYS発、キラキラ系エレクトロ・ポップ・ミュージックユニット!
鬼才、龍波しゅういち率いるマルチタレントチーム!
イオシスのWebラジオ、はいてない.com
イオシスの作品が大体そろう通販サイトIOSYS SHOP
えーりん!えーりん!明るく楽しく激しいCOOL&CREATEさんです

通販便利だけど送料ちょっと高め
営業所留めが出来ればいいんだけどなぁ・・・

地方のアニメファンの救世主?



プロフィール

世界日本ハム

世界日本ハム

RSSフィード
ブログ内検索
買わない、買わせない、使わない
No!福八!
 札幌ドーム前のラーメン店「福八」店頭にて販売されていた非公認応援グッズは、業者側が球団の警告を聞き入れ販売停止、球団公式グッズの委託販売に収まったようです。

・・・復活ですか?
非公認グッズの販売が再開されているとの情報が入りました。球団との約束はどうなったのでしょう?反故ですか?だとしたらもう・・・
 blog各所でこの問題が取り上げられていました。今後もこういった問題が起きぬよう、いい方法が見つかるといいと思います。

↓こちらのblogなどで詳しく取り扱われています
長万部銘菓
blogリンク増えすぎw
萬田銀次郎 語録
powered by ミナミの帝王



BlogPeopleガチャガチャブログ


その他Blog


その他リンク1

放送局・番組


北海道
HBC北海道放送
HBCスーパーベースボール
ファイターズdeナイト!!
[E]スポーツ
1BAN!ファイターズ
ラジプロ!
ラジオ番組表
テレビ番組表

TVhテレビ北海道
週間番組表

uhb北海道文化放送
Fの炎 SPORT HOKKAIDO
週間番組表

HTB北海道テレビ放送
HTB SPORTS
FFFFF
イチオシ!

STV札幌テレビ放送
STVラジオ
ぞっこん!ファイターズ
STVアタックナイター
ファイトF
ラジオ番組表
テレビ番組表

NHK札幌放送局

東京・関東
TBSラジオ
エキサイトベースボール

QR文化放送
ライオンズナイター

LFニッポン放送
ショウアップナイター

RFラジオ日本
ジャイアンツナイター

TVSテレビ埼玉
TVSスポーツ

CTCちばテレビ
マリーンズナイター

tvkテレビ神奈川
ベイスターズナイター

MX東京メトロポ(ry
MXテレビスポーツ

NTV日本テレビ放送網
CXフジテレビ
TXテレビ東京
TBS東京放送
EXテレビ朝日
GTV群馬テレビ
GYTとちぎテレビ

仙台
TBC東北放送
TBC楽天オンエア情報

OX仙台放送
KHB東日本放送
MMTミヤギテレビ

中京三県
CBC中部日本放送
ドラゴンズナイター
燃えよドラゴンズ

THK東海テレビ放送
SF東海ラジオ放送
ドラゴンズガッツナイター
MTV三重テレビ放送

TVAテレビ愛知
侍スタジアム 2008
どらぐら

CTV中京テレビ放送
NBN名古屋テレビ放送
GBS岐阜放送

近畿
ABC朝日放送
ABCラジオ
虎バン
WEEKLYタイガース
ABCフレッシュアップベースボール

MBS毎日放送
MBSラジオ
MBS 猛虎亭
MBSラジオ タイガースナイター

KTV関西テレビ放送
KTVプロ野球中継

SUNサンテレビジョン
サンテレビボックス席

YTV讀賣テレビ放送
TVOテレビ大阪
KBS京都放送
BBCびわ湖放送
TVN奈良テレビ放送
WTVテレビ和歌山
OBCラジオ大阪(大阪放送)
CRKラジオ関西
WBS和歌山放送

広島
RCC中国放送
RCCカープインターネットスタジアム
赤ヘル大好き!キャンペーン

TSSテレビ新広島
HOME広島ホームテレビ
HTV広島テレビ放送

福岡
RKB毎日放送
RKBラジオ
RKBエキサイトナイター
ホークス歌の応援団

KBC九州朝日放送
ホークスナイター/ダイナミックホークス
Hawks2008

TNCテレビ西日本
とべとべHawks

FBS福岡放送
プロ野球放送予定
ホークス週間MVP
夢空間スポーツ

TVQ九州放送
SUPER STADIUM
VIVA!!SPORTAS


新聞

やまと新聞

北海道新聞
がんばれファイターズ
連載 がんばれファイターズ
連載 ボールパーク
公連載・特集
FORZA!コンサドーレ
黒田+
道スポ

日刊スポーツ
プロ野球スコア速報
日本ハム
ダルビッシュ特集
中田翔特集
日本ハム:写真ニュース
ハム番日記
ガンちゃんのまいど!
コンサドーレ
asahi.com

スポニチAnnex
スポニチ北海道
スポニチAnnex野球
スポニチ九州
スポニチ大阪
オトナのスポニチ
毎日jp

SANSPO.COM
プロ野球-野球-SANSPO.COM
野球 > 日本ハム
ピンクハート
FujiSankei Business i. on the Web
iza(イザ!)
ZAKZAK
MSN産経ニュース

スポーツ報知
全試合結果:プロ野球:野球:スポーツ報知
野球:北海道
読売新聞

中日スポーツ
トーチュウ
中日新聞
東京新聞
北陸中日
県民福井

西日本スポーツ
西日本新聞

デイリースポーツ
東京スポーツ

BNN
函館新聞
函館電子新聞

福井新聞

バンコク週報

虚構新聞
航空機新聞社



野球・スポーツ情報

球界・球団

球場

FIGHTERS関係

野球関係

世界の野球

プロレス格闘技

便利なリンク



ブログ村とかくつろぐとか

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
人気ブログランキング

Powered By FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。