Trackback

Recent Articles

TWITTER

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩隈は百球肩なのか?

 その昔・・・ってか今では日テレ系、週末のスポーツニュース「Going」の解説者としてご存知の方も多いかもしれませんが、江川卓という投手がいまして。まぁ、今の若い人だと伝え聞いた話でしか知らないですかね?それも相当バイアスのかかった、江川を政治犯か何かのように仕立てたお話で。
 入団にまつわるお話とか、彼の性格云々のお話は割愛させていただくとしまして、彼を揶揄する言葉の一つに「百球肩(100球肩)」と言うのがありまして。それは江川が先発して、投球数が100球を超えた辺りから球威が落ちて打たれることが多くなり、「江川の肩は100球程度でスタミナ切れを起こす」などといわれてつけられた仇名ですね。

 この百球肩、元々江川が肩を痛めていたと言うのもあるのですが、そのせいだけで球威が落ちていたわけではないのです。自分が肩を痛めていることは敵にも味方にも秘密にしていて、それを悟られぬように江川は相手打者や場面によって投球の本気度といいますか、出力を制御して投っていたんです。
 で、相手に「江川はやっぱり打てない」と言うイメージを植えつけるために9回は全力で投るんですが、それを際立たせるために7回8回といった辺りは一寸出力を抑え目に投っていたのです。つまり、100球を超えたところで疲れたとか痛かったとかではなく、9回の自分を凄いと思わせるために、手の込んだ芝居をしていた訳です。
 勿論、それで打たれたら元も子もないんですが、痛めた肩を秘密にしながらプロ野球で存在感を保ち続けるためには、そうするしか無かったですし、「それで駄目なら仕方ない」という開き直りもあったんじゃないですかね?

 兎に角、江川は痛めた肩をカバーするために、あえて百球肩などという汚名を着て、逆にそれを利用して存在感を保った訳です「100球超えたら江川は駄目だな・・・やっぱり打てないじゃん!」みたいな。ですから百球肩という仇名は、そういう江川の努力と苦労、そして頭脳にささげる最大の賛辞ではないでしょうか!?


 さて、現代野球。投手の分業制が普及して久しく、必ずしも完投能力は求められなくなり、アメリカかぶれの野球ファンの中には向こうの作法にのっとって「先発は100球超えたら交代させろ」なんて声もあります。そもそも25人枠で投手を中4日で回すアメリカと、28人枠で投手は中6日で調整する日本じゃ条件が違うんですけどね。


blogram投票ボタン人気ブログランキングへにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

 で、完投能力。先ほど申したとおり、今ではこれを追求する事を「時代遅れ」とか「非科学的」などと揶揄する声もあるのですが、私はエース、またはエース格として扱われる投手であればこれは備えておいて欲しいなと。逆に、完投能力が低い投手をエース格に置かざるを得ないチームは、それだけで大きなハンデを背負うとも思います。つか、完投能力のない投手をエースなんて呼ぶなと。
 なぜかって?100球そこそこで確実に降りる投手がいたとしましょう。例えばその投手がそこまでは完全に試合を作っても、100球を超えた辺り・・・回でいえば6回とか7回って辺りでしょうか?そこらで降板されたら救援投手が必ず登板しなきゃならんのですよ。雨天コールドにでもならん限りはね。
 そうなると、エースのときにもブルペンが動くわけで。当然エース未満の投手の時にも稼動しますから、それだけブルペンの負担が増えるのです。救援投手は休めなくなるのです。

 ダルビッシュなんて見て御覧なさい。勝っても負けても降ろされるまで、自分からは決して降りようとしないし、降ろされる状況もなるべく作らないように尽力する。それで、その試合の勝敗を別としても、救援投手の負担は確実に減るわけですよ。それだけ他の先発投手の時に、救援投手はつぎ込める訳です。
 勿論、ローテの中には完投能力が高くなく、救援投手のお世話にならざるを得ない投手だっています。救援投手は出来ればそういう投手の登板日に温存したいのですよ。エースたるもの、自分のマウンドの後始末に救援投手を消費して、自分より劣るローテ投手の勝率を下げるような事はすべきではないと、私は考えます。
 エースだって炎上して途中降板はありますよ、当然。そういうケースは別として、あくまで例外として、投手陣だけではなくチームそのものの中心である"エース"には、それくらいの責任感は求めたいのです。


 さて、ここまで読まれて察した方も多いでしょう。先日・・・5月10日の岩隈の話です。対日本ハム4回戦に先発した岩隈は、中田の一発で2点を失うもそれ以外は凌いで、8回まで7安打されながらも2失点と好投します。2点を失った後の7回8回は共に3者凡退と、1球の不覚を自ら戒める内容は「さすがエース」と思いました。
 しかし9回。中田とホフパワーを打ち取り2死とするも、大野と陽に連打されて2死走者一塁二塁、ここで岩隈がおかしなしぐさを見せます。右肩をグラブで揉むように押えるのです。そして続く賢介の打席の途中で降板、美馬にスイッチします。
 これについては色々と思う方も居るでしょう。ただ、楽天のエース格であるならばあのような態度をマウンド情でして欲しくはなかったですし、それ以前に兆候があったなら申告して、周囲に肩の不安を気取られぬようにする、それがせめてものエースとしての作法ではないでしょうか?
 8回から岩隈がおかしかったと、そういう声もあります。ですが、それなら8回終了時にコーチに話すなどすれば、救援投手も支度が出来たでしょう。そしてそういうことをせずにマウンドに上がったのなら、そういう仕草を見せずに投げきる事はできなかったか?或いはどうしても駄目だったとしても、もっと違う形でアピールはできなかったのか。何か異常を伝える方法を・・・投球を通じて伝えるとかね。


・・・と、ここまでが5月10日の状況。本題はここから。このことに関して「岩隈は完投能力が低いのに、どうして完投させようとしたんだ!」と星野監督を罵倒される方が居ます。恐らく楽天ファンの中にも多数居るでしょうし、日本ハムファンの中にも居ます。
 ですが、岩隈がベンチに戻った際に「一寸行けません、肩の具合が芳しくないです」とでも言ってたなら兎も角、言っていないのであれば続投の判断は決して間違っていないと思うんですよね。

 岩隈の降板時の球数は131球。もし賢介を抑えていたとしても135球いくかどうか。これくらいの球数なら1試合を完投するのに平均的な数字ですよ。110球を下回ればまず少ないくらい、100球未満なら省エネ投球、逆に140球を超えるとやや多目、150球オーバーなら一寸何か間違ってるんじゃないの?といった塩梅と思います。
 ここで問題になるのが岩隈の完投能力。130球ちょっとの球数で「多すぎ!」となるのなら、何球程度ならいいんでしょうかね?100球いかない程度に抑えなきゃ完投できないなんて、どこの水曜どうでしょうファンですか?平均的な球数で「そんなに投らせるな!」と騒ぐようならば、そもそもその投手の完投能力は著しく低く、エースとして扱うのは如何なものかと思いますね。
 あ、決して岩隈を「エース失格!」とdisるんじゃなく、岩隈の続投に対して「完投能力低いんだから投げさせるな!」と言う方々への牽制ですよ。私は仮に前のイニングで異常を感じても、降板を申し出なかった事に対しては岩隈の責任感は感じました。ただ、マウンド上、ファンから敵からマスメディアから、みんなの視線が集まるあの場所でああいう態度を取ったのは軽率であると思いますが。ああいう異常は相手に悟られたらいかんですよ。

 この岩隈と言う投手、今ではさほどでもないですが、以前は肩肘の怪我の影響か投球数をやたらと気にし、100球を超えた辺りで自ら降板を申し出る事が多かったそうで。これは先日の続投に際して星野監督を批難し、梨田監督や秋山監督、渡辺監督などを名指しで「パの監督はレベルが低い!」などといわれる方が、名将として挙げる野村前楽天監督も苦言を呈しており、著書において度々書いていますね。
 ノムさんの考えとしてはやはり、エースたる者は自分からマウンドを降りるような事をしてはいけないと。自分の仕事場には誰よりも責任感を持って守り通せと。そういう気概をチームの他の面々に見せつけろ、そういう事のようです。ノムさんが田中将大をいたく気に入ってる事には、田中がそういうモノを持った投手だからでしょう。

 ノムさん曰く、岩隈のこういった体質は近鉄時代に見に付いたものだと。基本弱小チームで優勝を意識する事も少なく、個人成績が心の支え。そして勝った時にはドンチャン騒ぎ、負けても気分を変えにドンチャン騒ぎ。ノムさんがブレイザーと組み上げた"シンキングベースボール"の対極にあるものだと、ノムさんは認識していたんでしょうね。あー、書いててなんか腹立ってきたわw
 で、能力的に秀でていればチヤホヤされて、現実にはチームが芳しくなく一般的な知名度も上がっていないのに、チームとファンはスター扱い。エース様々、主砲様々の扱いですよ。なので自己中心のわがままもかなり許されてきた。だから自分が投げたくなくなったら降板してもいい、そう考えてるものだとノムさんは岩隈を分析していたようです。

 もし、ノムさんが楽天の監督に就任せず・・・岩隈を指導することがなければ、先日のような場合でも7回辺りで降板を申し出てたんじゃないでしょうかね?
 確かに岩隈は肩肘に不安があってデリケートな部分はありますが、それで怖いのはまたやってしまう事だけではなく、またやってしまう事を恐れて思いっきり出来なくなる事。消極的になってしまう事なんですよ。そういう消極的なことがあったのではエースとしては問題ですし、そういうのをなくして一人前のエースになって欲しいと思ったことでしょう。
 そんなノムさんの指導の甲斐あってか、岩隈はマウンドを自分から降りるような事をしませんでした。ただ、本当に危ないのであればコーチなり監督なりに伝える、そういうやり方は悪くないと思います。もっとも、それをやると今度は甘える事になれてしまう、そういう怖さが岩隈本人にはあったかもしれません。


 さて、降板の判断。先程もアレしたとおり、9回で130球ちょっとは多すぎるわけではないですし、8回までの球数を見ても、そこまでの試合運びを見ても、自ら異常を訴えでもしない限り降ろす事はないでしょう。というか、その条件で察して降ろされるエースもどうかと思いますよ?「完投能力が低いから」と、好投していても7回8回で降ろされるエースなんて見たことも聞いた事もありません。

 例えば、9回で150球とか160球というのは異常とは思いますよ。それこそ岸の170球完投とかね。でも、そういうのっていきなり9回に100球そこそこから150球に増える訳じゃないですよね?早い段階で球数が多くて、「9回までいったら・・・」とある程度予測できるわけですよ。それでも投げさす西武と言うのはどうかとは思いますけどね。

 で、130球ちょい。これだと9回では多すぎって数字じゃないですから、球数よりも投球内容が問題になるわけですよ。例えば球数は130でも実際はよくなくて相手の拙攻に助けられてたとか、四死球が少し多いとか。危ない辺りが目立ったとか。
 岩隈はどうでしたか?失投らしい失投は中田に打たれたあの1球ですよね。他はまずまず抑えるなりかわすなりできてた訳です。それも中田の一発を除けば終盤にむけて調子を上げて。ですので、投球内容も降板を命じるようなものじゃなかったと思います。


 結局最後にああいう事にはなりましたけど、それを早めに伝えずに降板しなかったのは岩隈のエースとしての維持でもあるわけで。ノムさんに相当厳しくネチっこく言われた経験でしょうね。あの球数と内容で、違和感の申告もする前に降ろされると言うのは、岩隈がエースとして認められていない、信じられていないと言う事ですよ。
 「完投能力が低いから無理させるな」などと、そんな事を言う方は岩隈を少し見くびりすぎだ。馬鹿にしすぎだ。そういう人は岩隈の事を「エースではない」と言っているに等しい。


 で、肩の消耗とか完投能力とか投げ込みとか。現在楽天で投手コーチをされてるのは、日本ハムでもコーチをされた経験のある佐藤義則氏だが、佐藤コーチの持論として「変な投げ方をしなければ肩は消耗しない」と言うのがある。つまり、肩の骨が削れたり、スジをおかしくしたりと言うのは投げ方に問題があると。
 もちろん体質的に"変な投げ方"になりやすい投手もいるだろうが、そうじゃない投手が正しい投げ方をしていれば方は壊れないと言うのだ。
 投手の分業制や球数制限で投手の寿命が延びると聞くが、佐藤コーチなんぞは昭和の調整と起用で40過ぎまで投ったわけですよ。ちゃんとした投げ方をしていれば、完投しようが登板が増えようが、現役を長く続けられるのだ。寧ろ、足腰だの体幹だのといった方が重要なんじゃないのかな?投げるにしろなんにしろ、体を動かす基本ですから。

 だとしたら、岩隈は肩に負担のかかる投げ方をしているのではないか?もちろん肩は前科のある場所だが、だからと言って何もせずに暴れだすものでもあるまい。ここはコーチとも相談して、末永く活躍できるような投げ方を見つけて欲しい。


 最後に少し、日本の完投信仰について。これは悪い事だとは思わない。そりゃ中盤で100球超えしてる投手を完投させて170球とか言うのはどうかとも思うけど、そこそこの球数と内容なら、完投は期待されて当然だと思う。それがエースなら尚更である。
 すぐに「アメリカでは~」などと言う人も居るが、向こうは中4日が当たり前なのだ。日本でも中5日で回すときなどは球数に制限をつけたりするだろう。向こうはそれを常にやって、その代わりに登板間隔を縮めているわけで。
 対して、日本は基本中6日。ちょっと間隔を調整したりするときに中5日や中4日があるくらいで、その場合には当然球数制限は付く。そういやヒルマンだったかな?外国人監督がアメリカ式に中4日か中5日をこっちでもやろうとして、試合中は勿論練習でも球数制限を課していたの。
 ヒルマンは球数制限は課していたよね。普段の練習は勿論、キャンプ辺りでも制限が付いていたような。で、当時日本ハムにいた佐藤コーチが「これでは投手が育たない」と撤廃させて。あれが残ってたらダルビッシュも違ったかもしれませんよ?

 向こうの100球制限も、無効の条件に最適化させた結果のものであって、何処にでも無条件に適用するようなものではない。日本には日本の風習があって、その中でプロ野球も動いている。日本のプロ野球もまたそういった日本の条件に最適化を続けてきたものだから、無理やりアメリカにあわせる必要もない。まぁ、アメリカプロ野球の下部組織になって、選手育成リーグに成り下がったら合わせられるかもしれないが。



ナニコラタココラ!
おい!アレだ!アレするぞ!

 エースは降ろせない!試合を壊してしまったとか、アクシデントがあったなら仕方ないが、球数・内容ともにいい状態で降ろすなんて考えられない!それがエースではないと言うのなら、先を読んで降板させると言う事はあるだろうが、エースに関してはそれは通用しない!

 もし、岩隈がエースではない・・・ただのローテ投手であったなら、早めの降板もあっただろう。負担をかけて異常が出る前に降板というのもあっただろう。だが、岩隈はエースなのだ。エースをそういう扱いをしては、投手だけではなくチーム全体に悪影響を及ぼす。
 勝っても負けても1試合は任せてもらう、その中で最低限試合を壊さない投球を心がける。それがエースだろう?当然のように救援投手を必要とするエースなど、何処の世界に居る?あ、アメリカってのは無しね。任せられて期待に応えようとする、その姿を見せる事こそが、勝つ事よりも三振の山を築く事よりも、エースとしては大事なのではないか?

 当然岩隈はそれを理解していた。だからあと1イニングは何とかしようと、降板を申し出るような事はしなかったのではないか?それで居てマウンドであんな事をしたのはいただけないが、続投した事に関しては私は岩隈の"エース魂"のようなものだと思っている。
 それを「降ろさない監督が馬鹿だ!」などと言う輩は「岩隈は1試合を撒かせきるだけの能力がない、エースとしての素質の書ける投手なんだから、使い方に気をつけろよ!」と言ってるに等しい。監督を誹謗しているようで、実は岩隈を完全否定してしまっている!


 確かにダルビッシュは勿論、同じ楽天の田中と比べても完投数は少ない。だが、決して出来ない訳ではない。阿保みたいに完投しまくらないと言うだけで、並みのローテ投手以上にはできるのだ。
 岩隈には是非とも今回の異常を乗り越えて、もう1つ成長してもらいたい。肩に負担のかからない投球法・投球術を会得するもよし、江川のように強弱を制御して長持ちさせるもよし。そういうところの成長があれば、数字の上ではダルビッシュにも劣らない完投型の投手にもなれると、私は思うのだが。



blogram投票ボタン人気ブログランキングへにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
↓以下TB用リンク




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

野球の



プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表



お世話になってる速報サイト




その他
にわか日ハムファン友の会へ
野球に関するブログのリンク集とニュース
カテゴリー
最近のコメント
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
注目記事

TBPとかMyClipとか
現在Trackback Peopleから
大絶賛ハブられ中

F+T.B.People

野球+T.B.P.


アニメ+T.B.P
今日のアニメ 明日もアニメ
今日のアニメ 明日もアニメ


その他リンク2


日本を知ろう
国益.com
I LOVE JAPAN/日本復活
反日マスコミが伝えない親日の話
教科書が教えない歴史
日韓関係の近現代史

特定アジア関係
FlashミラーVer.1
FlashミラーVer.2
ν速発、画像動画サイト
朝銀って何?公的資金投入って何?

朝鮮半島総合
2chハン板
FAR EAST-極東-
マンガ嫌韓流公式
韓断会
もう黙ってはいられない2
ビラのHP
半島大陸メモ
韓国製品不買運動
韓国怪汁大百科
韓国旅行要注意
Kの国と愉快な仲間たち
ルクスお姉さんの居残り授業
韓国人と仕事で困った事
在日コリアン 魂の(我儘な)叫び
ミョンスの韓国情報
楽韓Web
韓国製生ゴミギョーザ事件まとめ
韓国の嫌韓流に対するリアクション
け ん か ん (嫌 韓)
韓国は"なぜ"反日か?
プロジェクトK 朝鮮者たち

ウリナラシンムン
チョソンイルボ
チュンアンイルボ
トンアイルボ
ハンギョレシンムン(朝鮮語)

支那メディア
人民日報

歴史問題
大日本史番外編朝鮮の巻
日韓歴史問題に警鐘を鳴らす
History of Korea
日韓併合前後朝鮮半島写真館
従軍慰安婦について

ウリナラ起源
パクリ大国南朝鮮
朝鮮パクリ特集その1/その2
大韓パクリ博物館01/02
日本の文化は日本のものです
韓国パクリギャラリー
パクリのソナタ2004
PowerMonster
剣道の起源は韓国にあり!?
ねぶた掲示板
韓国のねぶた

2002年W杯不正疑惑
韓国サッカーの裏側
2002年WC総括

南京事件関連
南京大虐殺はウソだ!

領土問題
竹島問題
竹島問題ニュース&リンク
沖縄・日本を守れ
東トルキスタンの人々に平和と自由を
東トルキスタンの(ry日本語Ver.
東トルキスタン情報センター

日本海呼称問題
日本海を取り戻すためのwiki
日本海呼称問題について
日本海は「日本海」
日本海名称問題
日本海か東海か
日本海呼称問題ニュース&リンク

東シナ海資源問題
Life Line

偽善白輪ゴム問題
ホワイトバンドの問題点
ほっとけない日本の汚さ


赤 い リ ン ク

赤 い 軍 隊
帰国者の裁判を考える会

赤 い 団 体
中核派
革マル派
ブント(BUND)
週刊かけはし
旗旗
人民新聞
日大全共闘
都革新
杉並親の会
PEACEBOAT
子どもと教科書全国ネット21
AML
落選運動
OhmyNews

赤 い 特 集
1968年全共闘だった時代
ほっとけない世界のまずしさ
脱・マンガ嫌韓流

赤 い 人 間
新城せつこ
戸田ひさよし
俵のホームページ


リンク3
東方Projectで有名な上海アリス幻樂団さんです
萃夢想や非想天、ひデブの黄昏フロンティアさんです
一迅社発行「月刊コミックREX」「キャラ★メル」「まんが4コマKINGSぱれっと」3誌合同連載展開中、本格ストーリー?な東方儚月抄の公式サイト。キャラ設定が微妙にアレなのはご愛嬌w
東方アレンジや三国志大戦、オリジナルまで幅広いIOSYSさんです
IOSYS発、キラキラ系エレクトロ・ポップ・ミュージックユニット!
鬼才、龍波しゅういち率いるマルチタレントチーム!
イオシスのWebラジオ、はいてない.com
イオシスの作品が大体そろう通販サイトIOSYS SHOP
えーりん!えーりん!明るく楽しく激しいCOOL&CREATEさんです

通販便利だけど送料ちょっと高め
営業所留めが出来ればいいんだけどなぁ・・・

地方のアニメファンの救世主?



プロフィール

世界日本ハム

世界日本ハム

RSSフィード
ブログ内検索
買わない、買わせない、使わない
No!福八!
 札幌ドーム前のラーメン店「福八」店頭にて販売されていた非公認応援グッズは、業者側が球団の警告を聞き入れ販売停止、球団公式グッズの委託販売に収まったようです。

・・・復活ですか?
非公認グッズの販売が再開されているとの情報が入りました。球団との約束はどうなったのでしょう?反故ですか?だとしたらもう・・・
 blog各所でこの問題が取り上げられていました。今後もこういった問題が起きぬよう、いい方法が見つかるといいと思います。

↓こちらのblogなどで詳しく取り扱われています
長万部銘菓
blogリンク増えすぎw
萬田銀次郎 語録
powered by ミナミの帝王



BlogPeopleガチャガチャブログ


その他Blog


その他リンク1

放送局・番組


北海道
HBC北海道放送
HBCスーパーベースボール
ファイターズdeナイト!!
[E]スポーツ
1BAN!ファイターズ
ラジプロ!
ラジオ番組表
テレビ番組表

TVhテレビ北海道
週間番組表

uhb北海道文化放送
Fの炎 SPORT HOKKAIDO
週間番組表

HTB北海道テレビ放送
HTB SPORTS
FFFFF
イチオシ!

STV札幌テレビ放送
STVラジオ
ぞっこん!ファイターズ
STVアタックナイター
ファイトF
ラジオ番組表
テレビ番組表

NHK札幌放送局

東京・関東
TBSラジオ
エキサイトベースボール

QR文化放送
ライオンズナイター

LFニッポン放送
ショウアップナイター

RFラジオ日本
ジャイアンツナイター

TVSテレビ埼玉
TVSスポーツ

CTCちばテレビ
マリーンズナイター

tvkテレビ神奈川
ベイスターズナイター

MX東京メトロポ(ry
MXテレビスポーツ

NTV日本テレビ放送網
CXフジテレビ
TXテレビ東京
TBS東京放送
EXテレビ朝日
GTV群馬テレビ
GYTとちぎテレビ

仙台
TBC東北放送
TBC楽天オンエア情報

OX仙台放送
KHB東日本放送
MMTミヤギテレビ

中京三県
CBC中部日本放送
ドラゴンズナイター
燃えよドラゴンズ

THK東海テレビ放送
SF東海ラジオ放送
ドラゴンズガッツナイター
MTV三重テレビ放送

TVAテレビ愛知
侍スタジアム 2008
どらぐら

CTV中京テレビ放送
NBN名古屋テレビ放送
GBS岐阜放送

近畿
ABC朝日放送
ABCラジオ
虎バン
WEEKLYタイガース
ABCフレッシュアップベースボール

MBS毎日放送
MBSラジオ
MBS 猛虎亭
MBSラジオ タイガースナイター

KTV関西テレビ放送
KTVプロ野球中継

SUNサンテレビジョン
サンテレビボックス席

YTV讀賣テレビ放送
TVOテレビ大阪
KBS京都放送
BBCびわ湖放送
TVN奈良テレビ放送
WTVテレビ和歌山
OBCラジオ大阪(大阪放送)
CRKラジオ関西
WBS和歌山放送

広島
RCC中国放送
RCCカープインターネットスタジアム
赤ヘル大好き!キャンペーン

TSSテレビ新広島
HOME広島ホームテレビ
HTV広島テレビ放送

福岡
RKB毎日放送
RKBラジオ
RKBエキサイトナイター
ホークス歌の応援団

KBC九州朝日放送
ホークスナイター/ダイナミックホークス
Hawks2008

TNCテレビ西日本
とべとべHawks

FBS福岡放送
プロ野球放送予定
ホークス週間MVP
夢空間スポーツ

TVQ九州放送
SUPER STADIUM
VIVA!!SPORTAS


新聞

やまと新聞

北海道新聞
がんばれファイターズ
連載 がんばれファイターズ
連載 ボールパーク
公連載・特集
FORZA!コンサドーレ
黒田+
道スポ

日刊スポーツ
プロ野球スコア速報
日本ハム
ダルビッシュ特集
中田翔特集
日本ハム:写真ニュース
ハム番日記
ガンちゃんのまいど!
コンサドーレ
asahi.com

スポニチAnnex
スポニチ北海道
スポニチAnnex野球
スポニチ九州
スポニチ大阪
オトナのスポニチ
毎日jp

SANSPO.COM
プロ野球-野球-SANSPO.COM
野球 > 日本ハム
ピンクハート
FujiSankei Business i. on the Web
iza(イザ!)
ZAKZAK
MSN産経ニュース

スポーツ報知
全試合結果:プロ野球:野球:スポーツ報知
野球:北海道
読売新聞

中日スポーツ
トーチュウ
中日新聞
東京新聞
北陸中日
県民福井

西日本スポーツ
西日本新聞

デイリースポーツ
東京スポーツ

BNN
函館新聞
函館電子新聞

福井新聞

バンコク週報

虚構新聞
航空機新聞社



野球・スポーツ情報

球界・球団

球場

FIGHTERS関係

野球関係

世界の野球

プロレス格闘技

便利なリンク



ブログ村とかくつろぐとか

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
人気ブログランキング

Powered By FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。