Trackback

Recent Articles

TWITTER

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痛みと感情の救済

 ヤクルトとのオープン戦2連戦、1勝1敗という結果以上にヤクルトの由規・増渕両投手が出した死球に厚くなられる方が多いようで。まぁ、現在のチーム状況で小谷野まで死球で骨折、開幕絶望、1番・二塁手に続いて4番・三塁手まで離脱という結果に、熱くなってしまう気持ちはわかります。
 私も当然そういう状況は厳しく感じますし、そういうことがなければよかったと思うのは当然です。何より怪我人が出てしまうというのは愉快な筈がありません。

 ただ、だからといって由規と増渕、或いはヤクルト球団を侮辱しても始まらないわけで。相手を「アホ」「バカ」と罵ったところでどうにもなりません。ただ相手方をも不快にして、不快感の相乗効果で互いを傷つけあうだけではないでしょうか?


blogram投票ボタン人気ブログランキングへにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

 死球を出した側の投手だって、何も好き好んでぶつけたわけではありません。小谷野の場合は打ちにいって当たってますし、これを「当たりに行った」というのは大間違いですが、だからといって「態とぶつけた」というものでもないでしょう。
 「オープン戦であんな内角を厳しく行く必要があるのか?」という声もありますが、それも含めての調整でしょうし、そもそもそんなところを遠慮して抛れないんであれば、マウンドになんて立たせられません。他チームと対戦して、より実戦に近い形で調整するのがオープン戦の目的の一つですし、実戦に準じた投球・配球をするのは当然かと。
 「当てるくらいの気持ちで内角を攻める」というのはあると思います。中には東尾みたいに「偶にぶつけたれ」という投手だって居るでしょうけど、それこそリーグが違うならそういう事をする意味はないですし、単に制球しきれなかったモンでしょう。

 ぶつけられて痛いのは当然、当てられた打者ですよ。ただ、その結果として投手は走者を打たれもしないし4つも外してないのに1人余計に背負ってしまうわけでして。ですから意味もなく態々自分からピンチを作りに行く投手なんて居ないわけですよ。
 かつて日本ハムに在籍していた金村が、当時ソフトバンクのズレータに死球を与えて逆上したズレータに伸された事件がありましたが、あの時にも一部の心無い野球ファンモドキから「金村はズレータにむかついて態と当てた」なんて難癖をつけられましたけど、走者を背負っている場面で更にピンチを拡大するような事を、個人的感情でやる投手なんて居るものでしょうか?幾ら自軍の選手が可愛いとはいえ、所詮は無理のある牽強付会ですよ。

 まぁ、死球ってのは野球の中で"あるもの"なんですよ。決して"ないもの"じゃぁないわけで。そりゃないに越した事はないですが、投手が球を抛る方向が打者の居る方である以上、絶対に打者にぶつからないという事はないですし、それを前提として死球に関するルールもある訳ですよ。"ないもの"であれば、死球で一塁までの安全進塁権も、危険球で即退場もないわけで。そういう危険性があるから、ぶつけられた側への補償としてある訳ですよ。
 そりゃなければいいですけどね、怪我もしないですし。ただ、怪我する危険性って死球だけじゃないですし、その中では断然優遇されてるほうですよ、死球なんて。

 例えば塁上で走者と野手が交錯したとして、それだけで走者の生死が決められることはないでしょう?あくまでプレーの上で必要であったか否か、それで必要でない行為が認められた場合には・・・野手側にそういう行為があれば走者がセーフですし、走者側にあればアウトになる訳で。「走者が痛がってるからセーフ」とか「野手が痛がってるからアウト」なんてものはないわけですよ。
 一方、死球の場合は余程の事がない限り打者に有利になるようルールが出来ていまして。そりゃそうだ、140~150粁/時なんて硬球が当たったら、場所によっては大怪我・・・それこそ命にだってか関わり得る訳ですから、それなりの"対価"を頂いてもいいでしょう。ただ、以前どっかに居たキンケードみたいなケースや、或いは演技で死球になっちゃうような人でも同じように扱われるというのは、流石に投手に同情したくなりますね。


 こういった感じ・・・打者は痛い思いをさせられた対価として塁を一つ安全に貰うことができて、塁が埋まってれば1点を頂ける。そして投手は請求できなかった代償として走者を余計に背負ってしまう、状況によっては絶体絶命のピンチを招く、それだけで1点を失ってしまうこともありうる。そういうシステムになっている訳ですから、感情的にどうにかしたいと思っても、そこはグッと堪えるしかないんじゃないでしょうかね?
 それでもどうにかしたいというなら、その頂いた安全進塁権を返上して行え、と言いたいですね。貰う物貰っておいて、その上ルール以上の要求とか、何処の市民団体なんだよ!と言いたくなります。と言ってもこれはファンのアレに当て嵌める事は当然無理で、選手の間のお話ですね。

 ぶっちゃけると、当てられた腹いせに投手を凹すなら、その安全進塁権は返上しろと。そういうルールを作るべきと。じゃなきゃ態とじゃないのに走者を許して、その上殴られてと投手が踏んだり蹴ったり、そのうえコンクリ詰めで沈められるようなものですよ。
 だーいぶ前にもアレしましたが、死球を受けた打者が投手方向に、投本間の1/3進んだらその時点で進塁権放棄としてアウトを宣告しなさい、と。どうみてもプレーの放棄ですから。野球という競技の自然な流れの中で、打者がマウンドに向かって進むというものはないんですから。
 で、投本間の1/2を超えたらその時点で退場。死球の痛みを自己救済したいというのなら、そこまでの覚悟を持って行えと。相手に痛みを与えるだけではなく、味方にももらえたはずの一塁を返上し、貰わずに済んだ一死を余計に貰い、打線にも穴を開ける。そこまでしてもどうにもならないなら殴れと、それでいいなら投手に向かって進めと。

 あと、アピールによる死球は絶対に認めない。それは審判が余程確りしないと"当てられ損"が増えますから、そこは審判の皆様に努力していただきたい。
 アピールと言ってもどこぞのチームに居た捕手みたいなお芝居の事であって、本当に当たったか当たってないかの見極めなら、それこそビデオ判定を導入すべきでしょうね。打席の真横両方向から、そしてTVなんかでも使う中堅方向からの映像と。今の技術ならば、態々裏に引っ込まんでも、ホームベース後方あたりでさっさとできるでしょ?
 あと、キンケードみたいに態と当たりに行くケース。こういうのも厳しくして、打撃の動作で必然的でない動きをして、それで普通に立ってれば当たらないような投球に当たった場合は、そら死球を認めなくてもいいでしょう。
 お芝居とか態と当たりに行くとか、悪質なものは退場などもあっていいんじゃないかと。審判やお客さんを騙すわけですし、場合によっては抗議した相手ベンチや選手、ファンまでが批難されるわけですから。隠し球とかとは訳違いますよ?


 とまぁ、ここまでなら投手だけに有利になる訳ですが、当てた方の投手・チームにもそれなりのペナルティを追加していいかと。例えばこれも以前書いたと思いますが、同一投手およびチームのイニングまたは試合中の与死球数によって投手の退場や、片方のチームまたは両方のチームへの強制警告とか。
 同じ投手が1イニングに2度の死球を与えるか、その試合中に3度の死球で、当てた部位に関わらず退場。また、同一チームの投手が試合中に3度の死球を相手打者に与えたら、そのチームだけに警告を出し、その後試合終了まで、変わった投手も含めて全て死球即退場。
 また、両チームが双方死球を出し合い、その合計が3に達した場合は双方のチームに警告を出し、両チーム共に試合終了まで死球は一発即退場。先に片方が3つ出して警告を受けている状況でもう一方の投手が1個出せば、そのもう一方のチームにも警告、といった具合で。

 また、死球による警告や、チームの累積与死球数が一定数に達したチームは、その後3試合程度をも警告を持続。そうなるとシーズンを戦い抜くのにかなり不利になりますから、死球をなるべく出さないようになっていくと思います。
 ただ、このルールを悪用して態とぶつかったり、或いは演技で死球になろうとしたりして相手を陥れる、そういうケースが出てくるかもしれませんが、それは先述の通りビデオ判定なども導入し、お芝居や態と当たったものは認めないよう、厳しくしていくしかないと思います。

 また、死球を出した投手は速めに代えられるから退場は意味がないんじゃ?という方も居るでしょうが、先発が2個死球を出したとなるといつ3個目が出るかという事になりますし、するち1個目の時点で次の投手を考えなければいけません。また、早目に肩を作った投手はその後登板がなければまた作り直さなければいけなくなりますし、継投が狂ってしまう事もあり得る訳ですよ。結局、投手が死球を出したチームは不利になるわけです。


 とりあえずここまで死球に関して私なりに考えてみた訳ですが、罰則を強化することで報復合戦や乱闘と言った、野球の試合を逸脱しかねない行為をある程度抑制できればというのと、罰則が強化されることで双方の選手やファンの感情もある程度救済できるのではないかと。
 警告試合なんかは現在は審判の判断に委ねられている訳ですけども、明確に「死球何個で警告」と言うのがあればいいんじゃないかとね。流石に死球1個で即警告っていうのはやりすぎですが、他のプレーで伏線になるようなことがあったり、或いは自体が重いと判断した際には、累積が規定に達してなくても審判の判断で警告を出せるように・・・つまり、審判の判断による警告と、自動的に出される警告の二段重ねで。


 死球以外でも本塁突入時のタックルや、塁上での野手と走者の交錯なんかも悪質・・・試合進行上必要性のないラフプレーには守備妨害なり走塁妨害を、特にきわめて悪質なものには退場を宣告してもいいんじゃないかと。
 そうなると死球なんかも含めて選手が消極的になるんじゃないか、そう危惧される方もいるでしょうけど、こういうルールを追加しても、結局はその網の目を掻い潜って"上手く"やるようになるだけですよ。つまり、下手なラフプレーはなくなり、上手なラフプレーのみが生き残るわけです。
 死球での演技禁止だって、演技と気付かれなければ良い訳ですから、より高等な技術を求められる。下手な芝居は何十分、何時間やっても無駄という話です。

 乱闘にしても、野球はそういう格闘技じゃないのであるべきものではないですから、それを抑制するルールがあって然るべきです。ただ、それでもやらなきゃ気が済まん!って場合には、ペナルティを覚悟でやりなさい、と。当たり前のように「お、当たったわ。ほないこか!」って具合にやられるものではないと思うんですけどね。

 あと、ベンチの野次なんかもあまりにも悪質・・・それこそ子供には聞かせられないような品の無いものや、或いはフェアプレー精神に反するようなモノに対しては"注意"があってもいいと思いますけどね。注意が何度も重なったような場合は、責任を取らされる形で監督を退場、監督が何らかの理由で既に退場となってる場合は、監督代行が退場といった形で。
 これも、野次を撲滅するというのではなく、より上手い野次が生き残る事になるでしょうし、ベンチでの声出しにも技術や品格が求められるようになるだけです。

 「ぶつけても塁は空いてるし、還さなきゃいいんでしょ」とか、「とりあえず殴ってびびらせとけ」とか、或いは下手糞なラフプレーや何も考えていないような品のない野次が跋扈するというのは、やはり気持ちのいいものじゃありません。
 ですから死球にはもう少し負い目を背負ってほしいですし、乱闘もどうしてもやらなきゃ気がすまないものだけに、ラフプレーももっと高等なものに、野次や声出しも相手を脱帽させる上手いものに。

 なんていうか、凶器攻撃だって上手く隠し持って、レフェリーの目を盗んでやるからいいもんだとね。堂々と凶器ぶら下げて堂々とグサグサやられるのはね。そうならん為のルール整備を、という事ですよ。



 纏まらないんで長州はアレですが、死球を出す投手ってのも必ずしも当てたくて当ててるわけじゃないからね。まぁ、どこかの球団のファンには自分のところの選手に当てたのは全て「故意死球」って御仁も居ますが、そういうのはアレですよ、ええ。
 繰り返しになるかもしれませんが、「当たっても仕方ない」ってリードはあっても、「当ててもいいや」ってのは無いわけでして。あったとしたら投手が東尾か、捕手が城島かのどっちかでしょう。

 ですからファンが何らかの感情を抱くのは仕方ないですが、それを当てた投手にぶつけてもどうにもならない訳ですよ。その分当てられた選手やチームの心配をしてやれと思いますね。

 そこに上のほうでアレしたペナルティがあったりしたら、ぶつけられた側のファンは「こっちは痛い重いさせられたけど、それであいつは自分のチームに損害を与えた」「戦力が戦術を狂わせた」と思えるでしょうし、必要以上の批難からぶつけてしまった投手を守ることにもなるんじゃないかな?と。
 去年、信二が西武の藤田に当てられた時には、心無い日本ハムファンモドキが藤田のblogにまで凸して米欄で暴れたりしてましたけど、そういうのはやってほしくないんですよ。逆に両チームのファンが険悪になるだけで何の解決にもならないじゃないですか。逆になったらやり返されて、そのまた逆で報復合戦になるだけですよ。

 それに、藤田も良い投手ですが、由規や増渕もヤクルトを、そしてセリーグや日本球界を背負っていく好投手になれる素材なんですよ。それを潰して欲しくは無いわけですよ。


 野球に死球は当然あるもので、失くすことはできないものです。だからといって「避けろよ」とかも言えないですし、当たってしまうのは猛どうしようもないんですよ。誰が悪いってモンでもないんです。ですから死球とは選手もファンも付き合っていかなきゃいけませんし、時にはこういった怪我なんかも覚悟していかなきゃいけないんですよ。
 当然選手はそういう覚悟を持って試合に出ているでしょうが、ファンは中々できるものじゃありませんし、ならばその救済策としてルール及びペナルティの追加も必要なんじゃないかなぁ、と。
 その他のラフプレーもそうですし、野次や乱闘といった"野球ではない"部分に対しても、何らかの基準とか規制とかがあるべきではないかなぁ、と。偶には乱闘もいいんだろうけど、だからといって「もっとやれ!」ってモンでもないでしょ?そゆこと。



blogram投票ボタン人気ブログランキングへにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
↓以下TB用リンク




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

野球の



プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表



お世話になってる速報サイト




その他
にわか日ハムファン友の会へ
野球に関するブログのリンク集とニュース
カテゴリー
最近のコメント
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
注目記事

TBPとかMyClipとか
現在Trackback Peopleから
大絶賛ハブられ中

F+T.B.People

野球+T.B.P.


アニメ+T.B.P
今日のアニメ 明日もアニメ
今日のアニメ 明日もアニメ


その他リンク2


日本を知ろう
国益.com
I LOVE JAPAN/日本復活
反日マスコミが伝えない親日の話
教科書が教えない歴史
日韓関係の近現代史

特定アジア関係
FlashミラーVer.1
FlashミラーVer.2
ν速発、画像動画サイト
朝銀って何?公的資金投入って何?

朝鮮半島総合
2chハン板
FAR EAST-極東-
マンガ嫌韓流公式
韓断会
もう黙ってはいられない2
ビラのHP
半島大陸メモ
韓国製品不買運動
韓国怪汁大百科
韓国旅行要注意
Kの国と愉快な仲間たち
ルクスお姉さんの居残り授業
韓国人と仕事で困った事
在日コリアン 魂の(我儘な)叫び
ミョンスの韓国情報
楽韓Web
韓国製生ゴミギョーザ事件まとめ
韓国の嫌韓流に対するリアクション
け ん か ん (嫌 韓)
韓国は"なぜ"反日か?
プロジェクトK 朝鮮者たち

ウリナラシンムン
チョソンイルボ
チュンアンイルボ
トンアイルボ
ハンギョレシンムン(朝鮮語)

支那メディア
人民日報

歴史問題
大日本史番外編朝鮮の巻
日韓歴史問題に警鐘を鳴らす
History of Korea
日韓併合前後朝鮮半島写真館
従軍慰安婦について

ウリナラ起源
パクリ大国南朝鮮
朝鮮パクリ特集その1/その2
大韓パクリ博物館01/02
日本の文化は日本のものです
韓国パクリギャラリー
パクリのソナタ2004
PowerMonster
剣道の起源は韓国にあり!?
ねぶた掲示板
韓国のねぶた

2002年W杯不正疑惑
韓国サッカーの裏側
2002年WC総括

南京事件関連
南京大虐殺はウソだ!

領土問題
竹島問題
竹島問題ニュース&リンク
沖縄・日本を守れ
東トルキスタンの人々に平和と自由を
東トルキスタンの(ry日本語Ver.
東トルキスタン情報センター

日本海呼称問題
日本海を取り戻すためのwiki
日本海呼称問題について
日本海は「日本海」
日本海名称問題
日本海か東海か
日本海呼称問題ニュース&リンク

東シナ海資源問題
Life Line

偽善白輪ゴム問題
ホワイトバンドの問題点
ほっとけない日本の汚さ


赤 い リ ン ク

赤 い 軍 隊
帰国者の裁判を考える会

赤 い 団 体
中核派
革マル派
ブント(BUND)
週刊かけはし
旗旗
人民新聞
日大全共闘
都革新
杉並親の会
PEACEBOAT
子どもと教科書全国ネット21
AML
落選運動
OhmyNews

赤 い 特 集
1968年全共闘だった時代
ほっとけない世界のまずしさ
脱・マンガ嫌韓流

赤 い 人 間
新城せつこ
戸田ひさよし
俵のホームページ


リンク3
東方Projectで有名な上海アリス幻樂団さんです
萃夢想や非想天、ひデブの黄昏フロンティアさんです
一迅社発行「月刊コミックREX」「キャラ★メル」「まんが4コマKINGSぱれっと」3誌合同連載展開中、本格ストーリー?な東方儚月抄の公式サイト。キャラ設定が微妙にアレなのはご愛嬌w
東方アレンジや三国志大戦、オリジナルまで幅広いIOSYSさんです
IOSYS発、キラキラ系エレクトロ・ポップ・ミュージックユニット!
鬼才、龍波しゅういち率いるマルチタレントチーム!
イオシスのWebラジオ、はいてない.com
イオシスの作品が大体そろう通販サイトIOSYS SHOP
えーりん!えーりん!明るく楽しく激しいCOOL&CREATEさんです

通販便利だけど送料ちょっと高め
営業所留めが出来ればいいんだけどなぁ・・・

地方のアニメファンの救世主?



プロフィール

世界日本ハム

世界日本ハム

RSSフィード
ブログ内検索
買わない、買わせない、使わない
No!福八!
 札幌ドーム前のラーメン店「福八」店頭にて販売されていた非公認応援グッズは、業者側が球団の警告を聞き入れ販売停止、球団公式グッズの委託販売に収まったようです。

・・・復活ですか?
非公認グッズの販売が再開されているとの情報が入りました。球団との約束はどうなったのでしょう?反故ですか?だとしたらもう・・・
 blog各所でこの問題が取り上げられていました。今後もこういった問題が起きぬよう、いい方法が見つかるといいと思います。

↓こちらのblogなどで詳しく取り扱われています
長万部銘菓
blogリンク増えすぎw
萬田銀次郎 語録
powered by ミナミの帝王



BlogPeopleガチャガチャブログ


その他Blog


その他リンク1

放送局・番組


北海道
HBC北海道放送
HBCスーパーベースボール
ファイターズdeナイト!!
[E]スポーツ
1BAN!ファイターズ
ラジプロ!
ラジオ番組表
テレビ番組表

TVhテレビ北海道
週間番組表

uhb北海道文化放送
Fの炎 SPORT HOKKAIDO
週間番組表

HTB北海道テレビ放送
HTB SPORTS
FFFFF
イチオシ!

STV札幌テレビ放送
STVラジオ
ぞっこん!ファイターズ
STVアタックナイター
ファイトF
ラジオ番組表
テレビ番組表

NHK札幌放送局

東京・関東
TBSラジオ
エキサイトベースボール

QR文化放送
ライオンズナイター

LFニッポン放送
ショウアップナイター

RFラジオ日本
ジャイアンツナイター

TVSテレビ埼玉
TVSスポーツ

CTCちばテレビ
マリーンズナイター

tvkテレビ神奈川
ベイスターズナイター

MX東京メトロポ(ry
MXテレビスポーツ

NTV日本テレビ放送網
CXフジテレビ
TXテレビ東京
TBS東京放送
EXテレビ朝日
GTV群馬テレビ
GYTとちぎテレビ

仙台
TBC東北放送
TBC楽天オンエア情報

OX仙台放送
KHB東日本放送
MMTミヤギテレビ

中京三県
CBC中部日本放送
ドラゴンズナイター
燃えよドラゴンズ

THK東海テレビ放送
SF東海ラジオ放送
ドラゴンズガッツナイター
MTV三重テレビ放送

TVAテレビ愛知
侍スタジアム 2008
どらぐら

CTV中京テレビ放送
NBN名古屋テレビ放送
GBS岐阜放送

近畿
ABC朝日放送
ABCラジオ
虎バン
WEEKLYタイガース
ABCフレッシュアップベースボール

MBS毎日放送
MBSラジオ
MBS 猛虎亭
MBSラジオ タイガースナイター

KTV関西テレビ放送
KTVプロ野球中継

SUNサンテレビジョン
サンテレビボックス席

YTV讀賣テレビ放送
TVOテレビ大阪
KBS京都放送
BBCびわ湖放送
TVN奈良テレビ放送
WTVテレビ和歌山
OBCラジオ大阪(大阪放送)
CRKラジオ関西
WBS和歌山放送

広島
RCC中国放送
RCCカープインターネットスタジアム
赤ヘル大好き!キャンペーン

TSSテレビ新広島
HOME広島ホームテレビ
HTV広島テレビ放送

福岡
RKB毎日放送
RKBラジオ
RKBエキサイトナイター
ホークス歌の応援団

KBC九州朝日放送
ホークスナイター/ダイナミックホークス
Hawks2008

TNCテレビ西日本
とべとべHawks

FBS福岡放送
プロ野球放送予定
ホークス週間MVP
夢空間スポーツ

TVQ九州放送
SUPER STADIUM
VIVA!!SPORTAS


新聞

やまと新聞

北海道新聞
がんばれファイターズ
連載 がんばれファイターズ
連載 ボールパーク
公連載・特集
FORZA!コンサドーレ
黒田+
道スポ

日刊スポーツ
プロ野球スコア速報
日本ハム
ダルビッシュ特集
中田翔特集
日本ハム:写真ニュース
ハム番日記
ガンちゃんのまいど!
コンサドーレ
asahi.com

スポニチAnnex
スポニチ北海道
スポニチAnnex野球
スポニチ九州
スポニチ大阪
オトナのスポニチ
毎日jp

SANSPO.COM
プロ野球-野球-SANSPO.COM
野球 > 日本ハム
ピンクハート
FujiSankei Business i. on the Web
iza(イザ!)
ZAKZAK
MSN産経ニュース

スポーツ報知
全試合結果:プロ野球:野球:スポーツ報知
野球:北海道
読売新聞

中日スポーツ
トーチュウ
中日新聞
東京新聞
北陸中日
県民福井

西日本スポーツ
西日本新聞

デイリースポーツ
東京スポーツ

BNN
函館新聞
函館電子新聞

福井新聞

バンコク週報

虚構新聞
航空機新聞社



野球・スポーツ情報

球界・球団

球場

FIGHTERS関係

野球関係

世界の野球

プロレス格闘技

便利なリンク



ブログ村とかくつろぐとか

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
人気ブログランキング

Powered By FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。