FC2ブログ
Trackback

Recent Articles

TWITTER

日本プロ野球よ、アメリカ野球を追い越せ!打ち倒せ!

 正力松太郎の「巨人軍憲章」を御存知の人はいるだろうか。「巨人軍は常に紳士たれ」は有名ですが、あと2つはソラで言えますか?「巨人軍は常に強くあれ」も言える人は多いと思います。では最後の1つは?

 「巨人軍はアメリカ野球に追いつき追い越せ」、つまり正力松太郎は読売ジャイアンツにアメリカの並み居る球団に負けない屈強の、そして日本人の美しい精神を失わぬ集団となれと言ったのですよ。
 「おいおい、そんな読売の気持ち悪い過去のポエムを出して何が言いたいんだ?」とお思いの方もいるかもしれませんが、これは日本プロ野球に対していった言葉でもあると私は考えるのです。

 当時、日本プロ野球と言えば読売が名実ともに中心、実力ではまだ他のチームより抜きん出たものが無くとも、思想としては他球団より遥かに先を行っていたわけでして。当時日本でプロ野球と言えば読売であって、読売を言う事はプロ野球を言う事でもあったわけで。つまり、大正力は日本のプロ野球に、アメリカに決して負けぬ、日本人の美しさと強さで打ち負かすようになれと言ったんですよ。
 そして時代は移り、読売=プロ野球ではなくなった今、大正力の「巨人軍憲章」を「プロ野球憲章」と新たに言い換えて、アメリカを打ち負かすべく前に進むべきではないかと。

 一つ、日本プロ野球は常に紳士たれ

 一つ、日本プロ野球は常に強くあれ

 一つ、日本プロ野球はアメリカ野球に追いつき、追い越せ


 今の日本プロ野球に欠けているものは、この大正力の精神ではないかと思うわけで。

 なんて言うかだ、そろそろ日本プロ野球はアメリカプロ野球に対して喧嘩を売るべきというか。今のままダラダラ行けば、本当にアメリカプロ野球のファームになってしまうといいますか。まぁ、「それでも構わない」って人も居るでしょうけどね、他所の国のプロリーグに選手を送る為だけの国内リーグって、どれだけいい商売になるんでしょうかね?
 やはり国内のスター選手が頂点目指して鎬を削る、その中で凄いプレーもある、感動もあれば不条理もある、そういった日本人の為のドラマを提供するのが、野球に限らず国内のプロスポーツだと思う。

 勿論、だからと言って鎖国するとかそういうのではなく・・・・選択肢としてないわけではないが、国内リーグを盛り上げる上で必要なら鎖国でも解放でも何でもいいんですよ。ただ、アメリカプロ野球の都合で好き放題に選手を摘んで行かれたり、「本当の実力者はアメリカでプレーしましょう」なんて風潮が糞食らえなだけ。
 行きたい奴は覚悟決めていけばいいさ。例えば現役バリバリでアメリカでタイトルやら記録やら好きにし放題のつもりもいいですし、違う環境を見てみたいだけでもいい。ただ、周囲がまるで高校や大学で活躍した選手がプロに行くのが当然のように、「当たり前にアメリカに行くだろう」というのが嫌い。

 勿論金銭の問題なんかもあるけどね、世界トップクラスの実力者が日本だけで現役を終えたっていいじゃない。なにか、そういうのを許さない雰囲気を感じるけど、どうしてそれがいけないのか?行きたい奴は行けば良いし、行きたくなきゃ行かなくたっていいんだよ。それが「行きたい」「行かせたい」をいう自由はあっても、「行きたくない」「行かせたくない」を言う自由は激しく制限を受ける。まるで不道徳であるかのように。


 なんていうかア式蹴球のお偉いさんですか?「地方クラブは良い選手を上位クラブに輩出して、その選手の活躍を誇りに思えば良い」とか、地方クラブを上位クラブの二軍のように考えてる御仁も居るが、そりゃ確かに誇りっちゃ誇りでしょうが、自分らの地元のクラブが強くなる夢は持っちゃいけないのかと。地方は都会の二軍じゃないんだぜ?
 同じようにね、イチローなんかも"日本人代表"として良くやってると思うし、日本の誇りだと思うよ。本場であるアメリカでシーズン最多安打や連続シーズン200安打以上の記録を作ったり。それらの記録でアメリカ人を凌駕した事は、日本にとって歴史的な出来事と言って良い。だから日本人として誇りに思う。
 だけどね、それと自分の好きなチームを応援するとか、好きなチームの好きな選手を応援するとか、そのライバルに脱帽するとかは違うんですよ。やはり日本人である以上日本に根ざしたものが一番だと思うし、日本人代表で奮闘しているイチローも凄いけど、それ以上に自分らが応援する日本のチームな訳ですよ。

 勿論日本人でありながら、日本のプロ野球よりもアメリカプロ野球が好きな人も居るでしょう。俺に言わせりゃ"非国民"だけどね。まぁ、そういう人は郷土愛とかそういうものを超越して、純粋に野球という競技を好いているんでしょうが、それはちょっと寂しいよな。日本とかどうでも良い、野球ならどこでも良い。
 そういう郷土愛を否定したような行動ってのはね、いずれ郷土を滅ぼすから。便利ならどこでもいいと、地元の商店じゃなく隣町のショッピングセンターにばかり行っていれば、いずれ地元の商店街は廃れ、その町の人口も活気もなくなってしまうでしょ?そういうのと一緒。

 日本人選手のアメリカ移籍や、日本人野球ファンのアメリカプロ野球への移行もそう。これは日本人の野球に対する気持ちそのものがアメリカに移籍してしまっている、日本なんてそのうちどうでも良くなりますよ。だってめぼしい選手が続々とアメリカに行って、代わりのスターが台頭しても2年か3年でまたアメリカへ。それならアメリカプロ野球を見るようになるでしょう、余程日本のチームと感情や物理的な距離が近い人は別として。
 結果、日本のプロ野球というのは商売としては成り立たなくなるわけですよ。二軍のリーグを見てくださいよ、商売成り立ってそうなの何球団ありますか?日本全体がアメリカの二軍になれば、一軍もああいう感じになる可能性も充分あるのですよ。よくてJ2ですよ。
 何度も言うけど、行きたい奴が行く分には何も文句はない。ただ、誰に対しても当然のように「次はアメリカで」と言うのはいただけないし、もっと日本のプロ野球を誇りに思って欲しいよ。色々あって思えない人も居るんだろうけど、端から日本を無視したり軽視したり、そういう人も多いように思う。


 だからね、こうなったら日本対アメリカで大東亜野球戦争やるしかないんだよ。例えば向こうに日本人選手だけのチームを特例的に作って、日本プロ野球のトップクラスの選手を各チームからレンタルして向こうのリーグの中で戦うとか。まぁ、全然現実的じゃないけど。
 現実的に言えば日米野球の復活とか、定期的なプロ選抜チームのアメリカ遠征、或いは日本選手権優勝チームのアメリカ遠征とか。究極的には真の世界一決定戦、アメリカ大陸だけで完結している"世界選手権"を、全世界に解放させて真の世界最強チーム(クラブ)決定戦の開催とか。

 日米野球はぜひとも復活させるべき。でも、打ち切り直前には日本側の選手の足並みが揃わず、各チームの主力が軒並み辞退したりとか、アメリカとはまるで逆のモチベーションだったり。以前はアメリカの方が「観光気分」とか揶揄されてたもんだけど、全く逆になってた部分も感じた。逆にアメリカは「勝って楽しく観光したい」とでも言うか、真剣味が増していた。
 今度はそうならないようにしなければいけないし、そこは対策を講ずるべき。例えば1人頭2000万くらいのボーナスで釣るとか。或いはASの辞退みたいに、来季開幕から10試合出場できないとか。怪我とかは別としてね。それぐらい縛ってでも強い代表チーム作って、アメリカ選抜を日本じゃ勝たせないぞと。
 で、当然日本だけじゃなくてアメリカにも乗り込んで、向こうでも日本のプロ野球の強さを見せ付ける。日本開催とアメリカ開催と交互でええわな。今年日本なら来年はアメリカとか。或いは春先にアメリカに乗り込んで、秋は日本に招いてやるとか。
 状況が許すなら、日本でもマンネリ化が叫ばれるASを日米対抗にするとかね。日韓ASなんてやるだけ損だけど、日米なら多くの国民も大歓迎でしょう。ただ、向こうのリーグを中断して夏場に日本に来たりとかはしないでしょうけどね。日本が韓国に対してやりたくないように、アメリカも日本にそういうことはしたく無いでしょう。

 日本選手権シリーズ優勝チームのアメリカ遠征・・・これは日米野球とセットでやってもいいかもね。向こうの両リーグ優勝チームと試合するとか。逆に向こうのチームを日本に招く時には、本拠地でアメリカ代表チームとやってみるとか。或いはオープン戦時期に、前年度の日米4リーグ(パ・セ・ア・ナ)優勝チームでカップ戦をやるとか。

 真のワールドシリーズね。これはそういった日米対抗から拡大していく形にすればさ。ア式蹴球のCWCだって元は欧州対南米だったし、そういう意味では日本とアメリカってのはア式蹴球で言うところの南米と欧州みたいなものですし。そこから韓国や台湾など各国リーグからも優勝チームを参加させていけばいいでしょうし。

 そういう意味ではアジアシリーズは惜しかったな、と。まぁ、国内の世論が日台韓支の頂上決戦を望んでいなかったか、御褒美が「亜細亜一」では小さすぎたか。まぁ、日本とそれ以外のレベルの違いもあり「勝って当然」等と言われた事とか、或いは日本のみでの開催とか、それも出場チームを問わずに東京ドームで開催とか、配慮が足らなかったかな?とか。
 例えばアジアシリーズの勝者はアメリカに遠征して、向こうの王者とエキシビションマッチができるとか、そういう御褒美があったらまた違ったかな?とか。そしてせめて日本代表チームの本拠地で開催するとか。中日が東京ドームで試合とか、何の冗談かと。しかも主催が読売新聞で。
 もしアジアシリーズが継続して盛り上げられていて、そして優勝チームの米遠征ができていれば・・・そう思うんだがなぁ。

 いかん、アジアシリーズじゃない、敵はアメリカだ。閑話休題、本題に戻そう。兎に角そういう形で世界の2大プロ野球である日本とアメリカが激突する場面が必要になっている。一つは日本代表、選抜チームとして。もう一つは両国の国内リーグの覇者同士が、"真のプロ野球世界一"を賭けて戦う場が。4年に1度のWBCもありはするが、その隙間を埋めるように、そして重ねるように、日米決戦をするべきだ。
 勿論これで日本人選手のアメリカ移籍が不要になるわけではない。ただ、アメリカと戦うことで日本プロ野球の「アメリカのファーム」化に対し「No!」と言う事はできる。また、日本に残ってアメリカを倒す事に誇りを持つ選手の登場も期待できる。


 選手の米移籍も、それらが実現すれば意識が変わるだろう。ただ個人主義でアメリカに渡るのではなく、それぞれが心に日の丸を縫い付けて、日本代表としての意識を持ってくれると思う。ただアメリカで野球をするのではなく、日本プロ野球の発展のために情報を吸収したり、あるいは日本人の意地を見せてアメリカ人に伍して戦うでしょう。
 今の日本はどうか?ただアメリカに都合のいい存在ではないか?まぁ、政治もそうだし、日本人はアメリカ人に逆らえないように教育されてきたけどね。そろそろ呪縛を破る時期じゃないかと。このままだとアメリカだけではなく、支那にも良いようにされてしまう。
 何も嫌米になれという話ではなく、自分らの根拠を捨て去ってまでアメリカにこびるなという事。アメリカの秩序の一部となって生き永らえるのではなく、自分達の秩序や伝統、信仰を以て自立して、アメリカと対等に付き合えるようになれと。明治維新以降、列強に追いつけ追い越せと必死に国を伸ばした、あの時の気持ちである。

 野球だって一緒だ。今のままでは都合の良いアメリカのファーム、日本国内はいずれアメリカに行く選手と夢破れて帰ってきた選手(アメリカが不要とした選手)、そしてアメリカに行けない選手が活躍する場所に成り下がってしまう。今の状態で「アメリカに行けない」という事は、「アメリカに行くだけの実力が無い」ということを意味してしまう。
 実際、以前ダルに「アメリカ行きなさいよ」ばかりを言ってたファンは「今行かないと度胸が無いと思われますよ」とか言ってましたし、アメリカに行かない選手は行く選手よりレベルが低いと讒する声があるのは事実です。と、いう事は、日本国内のプロリーグは、アメリカに行けない二流三流が活躍する場だと、一定の時期が来たら"卒業"すべきで、卒業できないのは"落第"した選手だと思っているのでしょうか?

 そうじゃなくて、行きたいから行って、行きたくないから行かないんだと。そういうのが当たり前になるような関係にしないと。行きたい人には今以上に行きやすいようになるかもしれないが、行きたくない人を無理矢理にでも行かせるような事も無くする。不必要なまでの行き過ぎた"アメリカ幻想"を煽り立てるような事も無くする。
 今の状態だと行きたい人は中々行けないのに、あまり行きたくない人間には「アメリカは良いぞぉ~」「アメリカに行ってこそ一人前だぞぉ~」とマインドコントロールを施して「アメリカ真理教」に入信させて渡米を促す。なぜか?
 行きたい奴が行くだけでは商売にならないし、かえって邪魔になってしまう。より商品価値の高い選手をアメリカに納入して、アメリカ利権にしがみ付きたいのだ、日本国内の野球メディアは。そこにはもはや日本国内リーグの発展や、大正力の「アメリカに追いつけ追い越せ」など存在しない。ただ自分達のビジネスの為にその身を捧げろというのだ。そして彼らに好まれない選手は行かせてもらえないわけだ。これはおかしい。

 そういった行かせたがり屋の方々、「アメリカ真理教」の教徒の皆様にとって、日本国内なんてどうでもいいのだ。国内で育った選手の中から特に優れた選手を見つけてはアメリカに貢ぎたい、まるで朝貢である。日本プロ野球はアメリカプロ野球の属国か?選手は貢物か?
 そうではなく、まずは国内リーグの発展ありき。そして、その中でアメリカに渡りたい選手が居たら、一定のルールの下(移籍金など)で自由な移籍を認める。移籍を望まぬ選手の名誉も守る。そのためには日米決戦、日本のプロ野球がアメリカプロ野球に負けないという、日本でプレーし続ける事が決して恥ずかしいものではない、そういう球界にしなくては駄目だ。


 私は空洞化を憂う。馬(個人競技のようなもので単純比較はできない)だのア式蹴球(日本は欧州や南米に対して後進国である)だのの例を挙げて「移籍活性化で日本の競技レベルは上がる」などという声もあるが、それが全てではない。現にア式蹴球では海外移籍した選手が「Jリーグも見てください」などという始末。競技レベルは上がっているが国内リーグは空洞化もあり、熱狂的マニアの為の興行になっている部分もある。
 上がるのは選手のレベルであり、それも決して絶対的なものではない。特に日本が先進国である野球においては、完成された選手が環境を変えた程度で更にレベルアップするほど、競技レベルは低くない。あるとすれば、元から日本より向こうの水が合っていた選手が、水を得た魚のように活き活きとするくらいである。そしてそれが全て無条件で日本球界の発展に寄与するわけでもない。

 未熟な選手であれば、アメリカの野球に触れることによって、得るものも成長するところも多いだろう。私は寧ろそういう機会は増やすべきだと思う。例えばマイナー球団に若手を1年2年留学させるとか。そのほうが一流選手の渡米よりも、日本球界に寄与するものは大きい。
 だから、去年の菊池雄星なんかも、あんなにだらしなく泣くくらいなら、いっそアメリカを選んで「5年間留学してきます。絶対上まで上がって日本に凱旋します」これくらい言った方が良かったと今でも思っている。「日本で経験を積んでから」とか、日本を馬鹿にするにも程がある。

 一流選手に関しては、もはや"挑戦"と言えるほど敷居の高いものではない。たしかに向こうで全く通用しない例もあるが、それを以て日本のレベルの低さとするのも違う。例えば体格の違いであったり、あるいは渡米時には既に旬を過ぎていたり。そういった影響のないものに関しては、日本人の能力が発揮できるポジションの選手は見事通用している。
 それらを「環境が変わったことにより更に成長した」などというのは、彼らを馬鹿にしすぎだと思う。元々通用するだけのものを持っていたのだ。もしそれらが「成長」であるならば、城島などは帰国した今シーズン、三冠王を獲っていなければいけないんじゃなかろうか?悪い成績ではないが、普通の城島である。

 もはや、一流クラスであればどちらでも実力的には普通に活躍できてもおかしくない、それだけプレーのレベルは拮抗しているのだ。それを未だに「渡米でラクラク実力アップ」とか、学習塾の宣伝コピーのような事を言う方は、日本プロ野球を真面目に見ていないか、或いは馬鹿にしているか、どちらかではないだろうか?
 勿論、環境を変えることは選手にそれなりの負荷をかける。生活習慣も違うし言葉も違う、食事も違う。職場でも日本とは基本方針が違う。実力敵には遜色なくても、そういうものに足を引っ張られる事も多いだろう。だが、それを克服する事を「レベルアップ」と称するのも違う気がする。それはただ環境に適応しただけじゃないのか?
 「競技レベルの問題じゃない、環境が変わればレベルアップできるんだ」なんていうのはその適応を成長と勘違いしているだけじゃないかと、私はそう考える。そもそも「環境を変えて成長できる」なんていうのは、伸び悩んでる選手に対していわれるような言葉だと思うのだが。


 空洞化。「スターが抜ければ次のスターが出てくる」と言うが、必ずしもそうとは言えない。ならばイチローの抜けた後のオリックスに救世主が現れたか?また、日本球界で見てもイチローの後、イチローの記録が更新されたのは今年になってから、しかも外国人選手である。200安打は青木や西岡がクリアしたが。
 一流と言うものは一流の先輩が居て育つもの、一流の背中を見て一流は育って行く。しかし目標とすべき一流が居なければ、一流に到達する事は非常に難しくなる。青木も成績は立派だが未だ甘さがある。イチローの後を追うなら、もっと圧倒的な数字を残し続けなければ駄目だ。
 投手で言えばダルビッシュ。今の高校球児の多くはダルビッシュを意識していたりする。そうしてプロに入ってきてダルと投げ合える、それが彼らを成長させている。ダルに限らず、自分以上の一流投手との出会い、対戦が彼らを成長させるのだ。「環境を変えて」やっと成長できる選手は、一流との出会いを生かせない、自分に合う一流を見つけられない選手だ。

 もしも一流どころを次々と海外に放出し続ければ、そしてそのうち「次の一流」の育成が追いつかなくなれば、日本には一流不在の時代が来る。そしていずれ一流が育たなくなる。それが球界の空洞化で、いずれ崩壊を招く。それを防ぐ為にも、アメリカ移籍を禁止する必要は無いが、今の行き過ぎたアメリカ至上主義、アメリカ真理教の布教は止めなければ、改めなければなるまい。


 鎖国しろというのではない。ただ、アメリカのファームにはなるなと。日本のためのプロ野球として自立し、アメリカと対等に、そして対抗できるプロ野球であるべきだ。そのうえで移籍の自由化も実現できる。今の不当に不公平な状況下で移籍を自由化などと言えば、それは全面降伏、アメリカプロ野球による日本プロ野球占領を意味する。
 そうなるとチームの目標は優勝よりも、アメリカへ優秀な選手を送り出すことになってしまうだろう。選手個人が「アメリカに行きたい」というのは構わない。だがチームが「選手をアメリカに送りたい」となってしまったら、ファンはそんなチームの何を応援すればいいのだ?
 野球に限らずプロスポーツチームの存在意義は、その競技を愛するものや、チームが居を構える地域を豊かにする事ではないか?如何に他国の球界に貢献したかを競う事ではない筈だ。まずは日本人の為のプロ野球であることが、日本プロ野球には求められているのではないか?



ナニコラタココラ!
おい!アレだ!アレするぞ!

 アメリカ至上主義での球界開放は日本球界の消滅を招く!形は残ったとしても、それは既に日本のプロ野球ではない!アメリカに優れた選手を供出する為の選手育成機関に成り下がっていいものか!WBC初代、そして2代目、2大会連続王者のこの国のプロ野球が、まるで今の日本のようにアメリカに尻尾を振る犬になっていいものか!
 否!断じて否である!日本には日本の、日本人の為のプロ野球が必要だ!日本のプロ野球リーグは、日本人の為のプロ野球リーグだ!アメリカ本土のアメリカ人を喜ばせる為の選手育成所ではない!


 選手のアメリカ移籍、大いに結構!だが、それは野球における日本人の優位性を示す為でなくてはいけない!「向こう30年は日本人と戦いたくない」そう思わせるものでなくてはいけないのだ。アメリカでアメリカ人に負けぬ活躍を続けるイチローには、誰よりも強い攘夷の・・・維新の血が流れている!故に彼を舎路力(しあとるりき)と名付けたい!


 ついでだが、西岡!川!青木!そして賢介!アメリカに行きたいのは自由だが、行くならまずはマートンに奪われた日本プロ野球記録、シーズン最多安打の記録を奪い返して・・・せめて全員マートンの214本を超してから行け!日本記録を外国人に取られたままで悔しくないのか!


blogram投票ボタン人気ブログランキングへにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
↓以下TB用リンク





 かくすれば、かくなるものと知りながら、已むに已まれぬ大和魂
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

野球の



プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表



お世話になってる速報サイト




その他
にわか日ハムファン友の会へ
野球に関するブログのリンク集とニュース
カテゴリー
最近のコメント
カレンダー(月別)
03 ≪│2021/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
注目記事

TBPとかMyClipとか
現在Trackback Peopleから
大絶賛ハブられ中

F+T.B.People

野球+T.B.P.


アニメ+T.B.P
今日のアニメ 明日もアニメ
今日のアニメ 明日もアニメ


その他リンク2


日本を知ろう
国益.com
I LOVE JAPAN/日本復活
反日マスコミが伝えない親日の話
教科書が教えない歴史
日韓関係の近現代史

特定アジア関係
FlashミラーVer.1
FlashミラーVer.2
ν速発、画像動画サイト
朝銀って何?公的資金投入って何?

朝鮮半島総合
2chハン板
FAR EAST-極東-
マンガ嫌韓流公式
韓断会
もう黙ってはいられない2
ビラのHP
半島大陸メモ
韓国製品不買運動
韓国怪汁大百科
韓国旅行要注意
Kの国と愉快な仲間たち
ルクスお姉さんの居残り授業
韓国人と仕事で困った事
在日コリアン 魂の(我儘な)叫び
ミョンスの韓国情報
楽韓Web
韓国製生ゴミギョーザ事件まとめ
韓国の嫌韓流に対するリアクション
け ん か ん (嫌 韓)
韓国は"なぜ"反日か?
プロジェクトK 朝鮮者たち

ウリナラシンムン
チョソンイルボ
チュンアンイルボ
トンアイルボ
ハンギョレシンムン(朝鮮語)

支那メディア
人民日報

歴史問題
大日本史番外編朝鮮の巻
日韓歴史問題に警鐘を鳴らす
History of Korea
日韓併合前後朝鮮半島写真館
従軍慰安婦について

ウリナラ起源
パクリ大国南朝鮮
朝鮮パクリ特集その1/その2
大韓パクリ博物館01/02
日本の文化は日本のものです
韓国パクリギャラリー
パクリのソナタ2004
PowerMonster
剣道の起源は韓国にあり!?
ねぶた掲示板
韓国のねぶた

2002年W杯不正疑惑
韓国サッカーの裏側
2002年WC総括

南京事件関連
南京大虐殺はウソだ!

領土問題
竹島問題
竹島問題ニュース&リンク
沖縄・日本を守れ
東トルキスタンの人々に平和と自由を
東トルキスタンの(ry日本語Ver.
東トルキスタン情報センター

日本海呼称問題
日本海を取り戻すためのwiki
日本海呼称問題について
日本海は「日本海」
日本海名称問題
日本海か東海か
日本海呼称問題ニュース&リンク

東シナ海資源問題
Life Line

偽善白輪ゴム問題
ホワイトバンドの問題点
ほっとけない日本の汚さ


赤 い リ ン ク

赤 い 軍 隊
帰国者の裁判を考える会

赤 い 団 体
中核派
革マル派
ブント(BUND)
週刊かけはし
旗旗
人民新聞
日大全共闘
都革新
杉並親の会
PEACEBOAT
子どもと教科書全国ネット21
AML
落選運動
OhmyNews

赤 い 特 集
1968年全共闘だった時代
ほっとけない世界のまずしさ
脱・マンガ嫌韓流

赤 い 人 間
新城せつこ
戸田ひさよし
俵のホームページ


リンク3
東方Projectで有名な上海アリス幻樂団さんです
萃夢想や非想天、ひデブの黄昏フロンティアさんです
一迅社発行「月刊コミックREX」「キャラ★メル」「まんが4コマKINGSぱれっと」3誌合同連載展開中、本格ストーリー?な東方儚月抄の公式サイト。キャラ設定が微妙にアレなのはご愛嬌w
東方アレンジや三国志大戦、オリジナルまで幅広いIOSYSさんです
IOSYS発、キラキラ系エレクトロ・ポップ・ミュージックユニット!
鬼才、龍波しゅういち率いるマルチタレントチーム!
イオシスのWebラジオ、はいてない.com
イオシスの作品が大体そろう通販サイトIOSYS SHOP
えーりん!えーりん!明るく楽しく激しいCOOL&CREATEさんです

通販便利だけど送料ちょっと高め
営業所留めが出来ればいいんだけどなぁ・・・

地方のアニメファンの救世主?



プロフィール

世界日本ハム

世界日本ハム

RSSフィード
ブログ内検索
買わない、買わせない、使わない
No!福八!
 札幌ドーム前のラーメン店「福八」店頭にて販売されていた非公認応援グッズは、業者側が球団の警告を聞き入れ販売停止、球団公式グッズの委託販売に収まったようです。

・・・復活ですか?
非公認グッズの販売が再開されているとの情報が入りました。球団との約束はどうなったのでしょう?反故ですか?だとしたらもう・・・
 blog各所でこの問題が取り上げられていました。今後もこういった問題が起きぬよう、いい方法が見つかるといいと思います。

↓こちらのblogなどで詳しく取り扱われています
長万部銘菓
blogリンク増えすぎw
萬田銀次郎 語録
powered by ミナミの帝王



BlogPeopleガチャガチャブログ


その他Blog


その他リンク1

放送局・番組


北海道
HBC北海道放送
HBCスーパーベースボール
ファイターズdeナイト!!
[E]スポーツ
1BAN!ファイターズ
ラジプロ!
ラジオ番組表
テレビ番組表

TVhテレビ北海道
週間番組表

uhb北海道文化放送
Fの炎 SPORT HOKKAIDO
週間番組表

HTB北海道テレビ放送
HTB SPORTS
FFFFF
イチオシ!

STV札幌テレビ放送
STVラジオ
ぞっこん!ファイターズ
STVアタックナイター
ファイトF
ラジオ番組表
テレビ番組表

NHK札幌放送局

東京・関東
TBSラジオ
エキサイトベースボール

QR文化放送
ライオンズナイター

LFニッポン放送
ショウアップナイター

RFラジオ日本
ジャイアンツナイター

TVSテレビ埼玉
TVSスポーツ

CTCちばテレビ
マリーンズナイター

tvkテレビ神奈川
ベイスターズナイター

MX東京メトロポ(ry
MXテレビスポーツ

NTV日本テレビ放送網
CXフジテレビ
TXテレビ東京
TBS東京放送
EXテレビ朝日
GTV群馬テレビ
GYTとちぎテレビ

仙台
TBC東北放送
TBC楽天オンエア情報

OX仙台放送
KHB東日本放送
MMTミヤギテレビ

中京三県
CBC中部日本放送
ドラゴンズナイター
燃えよドラゴンズ

THK東海テレビ放送
SF東海ラジオ放送
ドラゴンズガッツナイター
MTV三重テレビ放送

TVAテレビ愛知
侍スタジアム 2008
どらぐら

CTV中京テレビ放送
NBN名古屋テレビ放送
GBS岐阜放送

近畿
ABC朝日放送
ABCラジオ
虎バン
WEEKLYタイガース
ABCフレッシュアップベースボール

MBS毎日放送
MBSラジオ
MBS 猛虎亭
MBSラジオ タイガースナイター

KTV関西テレビ放送
KTVプロ野球中継

SUNサンテレビジョン
サンテレビボックス席

YTV讀賣テレビ放送
TVOテレビ大阪
KBS京都放送
BBCびわ湖放送
TVN奈良テレビ放送
WTVテレビ和歌山
OBCラジオ大阪(大阪放送)
CRKラジオ関西
WBS和歌山放送

広島
RCC中国放送
RCCカープインターネットスタジアム
赤ヘル大好き!キャンペーン

TSSテレビ新広島
HOME広島ホームテレビ
HTV広島テレビ放送

福岡
RKB毎日放送
RKBラジオ
RKBエキサイトナイター
ホークス歌の応援団

KBC九州朝日放送
ホークスナイター/ダイナミックホークス
Hawks2008

TNCテレビ西日本
とべとべHawks

FBS福岡放送
プロ野球放送予定
ホークス週間MVP
夢空間スポーツ

TVQ九州放送
SUPER STADIUM
VIVA!!SPORTAS


新聞

やまと新聞

北海道新聞
がんばれファイターズ
連載 がんばれファイターズ
連載 ボールパーク
公連載・特集
FORZA!コンサドーレ
黒田+
道スポ

日刊スポーツ
プロ野球スコア速報
日本ハム
ダルビッシュ特集
中田翔特集
日本ハム:写真ニュース
ハム番日記
ガンちゃんのまいど!
コンサドーレ
asahi.com

スポニチAnnex
スポニチ北海道
スポニチAnnex野球
スポニチ九州
スポニチ大阪
オトナのスポニチ
毎日jp

SANSPO.COM
プロ野球-野球-SANSPO.COM
野球 > 日本ハム
ピンクハート
FujiSankei Business i. on the Web
iza(イザ!)
ZAKZAK
MSN産経ニュース

スポーツ報知
全試合結果:プロ野球:野球:スポーツ報知
野球:北海道
読売新聞

中日スポーツ
トーチュウ
中日新聞
東京新聞
北陸中日
県民福井

西日本スポーツ
西日本新聞

デイリースポーツ
東京スポーツ

BNN
函館新聞
函館電子新聞

福井新聞

バンコク週報

虚構新聞
航空機新聞社



野球・スポーツ情報

球界・球団

球場

FIGHTERS関係

野球関係

世界の野球

プロレス格闘技

便利なリンク



ブログ村とかくつろぐとか

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
人気ブログランキング

Powered By FC2ブログ