Trackback

Recent Articles

TWITTER

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【光、探せなくとも】2010年 プロ野球パシフィックリーグ レギュラーシーズン終了

【一言】
 ちょっと伝わりにくかったようで。ロッテvsオリックス戦で、Twitterではハムとオリックス両方のタグを付けて実況する輩が居たようなんですよ。私が見たのはさほど酷い言葉を発した人ではありませんでしたが、そういうことをする事自体、ハムのレプユニ着て他チームの応援をするようなものなので、通常外野スタンドでは御法度な事に等しいのですよ。言葉の良し悪しは抜きにしても、オリックスファンが愉快な筈がないでしょう。
 その他ネット上では「ハムがCS行きたいからオリックス勝てよ」とか「オリックスが本気で戦わないからCSが厳しい」などといった発言も見受けられました。相手の事情を全く無視してハムの為に戦えなどと、どの口が言うものか。だから、逆にハムがそういう立場になって同じ事をやられたら愉快なのか?腹を立てないんだな?と。
 まぁ、ここ数年消化試合と言うものは体験していないですし、消化試合を戦うチームの気持ちもわからなくてもしょうがないですけどね。ただ、相手には相手の事情があり気持ちがある、そういうことを肝に銘じて欲しいだけです。その場で最優先されるのは誰の事情なのか、誰の感情なのか、をね。


 試 合 勝 利 敗 戦 引 分 勝 率 差  得 点 失 点 本塁打 盗 塁 打 率 防御率
SOFTBANK1447663.547638615134148.2673.887
SEIBU1447865.545680642150111.2714.185
LOTTE1447567.5282.570863512688.2754.100
NIPPON-HAM1447467.5253.061254891102.2743.519
ORIX1446971.4937.564462814634.2713.971
RAKUTEN1446279.44015.05766359578.2653.976



【総】
 届きませんでしたね。ただ、どの勝ちもどの負けも、私は精一杯やった結果だと思います。ファンの中には全力で戦っているように見えなかった人もいるでしょうが、それらもその時点でできる全力、最善の選択だったと思います。


 采配に関してはいろいろと不満の声も聞こえます。ですが、どれもちゃんとした理由があってやっていることなのでしょうし、その理由はなんとなくですが見えました。私にとって「謎」な采配は一つとしてありません。

 開幕2戦目での勝の降板も、勝の去年まで抱えていた一発病や中盤移行の安定感、そして直前のオープン戦での調子等も加味してのものでしょうし。「オープン戦の結果を公式戦に反映させるわけが無い」と申される方もいるでしょうが、結果ではありません。調子です。それに、練習試合やオープン戦の登板予定が流れたりもしましたし、いきなり無理はさせたくなかったのでしょう。裏目に出ましたが。

 本拠地最終戦での小谷野のバントも、あらゆる選択肢の中で小谷野にかかる負担や得点への確実性をも加味して選んだものでしょうし、好みは別れるでしょうが「アリ」な采配です。
 好き嫌いは当然そこに発生します。「私はアレが見たかった」そういうものもあるでしょう、144試合もあれば。「あの選択は嫌い」ならまだわかるのですが、「ありえない」というのはイマイチわからんのですよ。自分の嫌いなものだけを排除する事なんてできないんですから。

 監督の采配なんて人それぞれですし、それに対してファンの好き嫌いがあるのも仕方ない事かもしれません。ただ、采配というのは正解の無い仕事ですし、結果で判断すべきもの。好ましくないとかそういう評価はありえないと思うのです。

 で、実際には貯金7。4位でBクラスではありますが、4位としては驚異的な数字ではないですか?ましてや春先には主力の怪我に抜擢した若手の伸び悩みで借金14と落ち込んで、底から貯金7まで這い上がったわけですから。借金14のところがスタート・・・開幕なら、貯金21でダントツ優勝ですよ!2シーズン制なら後期優勝ですよ!


 まぁ、春先のアレはね。あれは誰も責められないですよ。若手の出番を増やすつもりで補強を控えめにしたら、それ以上に主力が負傷で出遅れて、予想以上に若手や中堅に頼らなければいけなかった。これを采配でいい勝率で切り抜けろとか、川上や三原水原でも難しかろう。
 勿論、抜擢されながらそこで結果を残せなかった若手や中堅に幾分の情けなさは感じるものの、それまでチームの仲でどういう位置に居たかを考えれば、いきなり主力の穴を埋めろというのは酷な話。そしてその時の経験が、その後の飯山高口の奮起にも繋がっていると思えば、決して無益ではない。


 で、ちょっとわかっちゃったこと。勝手な考えですけどね、飯山や高口、紺田なんかはこれまで控え選手に特化した使われ方をして来てね。まぁ、高口の本格的な起用は梨田監督になってからですが、紺田や飯山は前任時代にすっかり控えのイメージが強くなっちゃって。スタメンで使うなんてありえない、打撃なんて期待できないなんて目で見られちゃって。
 前任時代の起用法は確かに適材適所だったかもしれない。だが、適材適所過ぎたと思う。このことはそのうち書きますが(また苦情が来るだろうなぁw)、彼らの可能性を著しく損ねていたように思うのです、彼らの打撃センスを殺してしまっていたように。これ以外にもありますが、今回は予告編程度に。

 そう考えれば、今季は野手に収穫が多かったなぁと。陽が外野の一角を守れる守備力を見せつけ、打撃も波があるものの可能性を強く見せてきました。中田は鮮烈デビューの後に万里の長城級の壁にぶち当たりましたが、確り成長は見せています。中堅では飯山と高口が底力を見せ、決して控えに留まらないというアピールがありました。
 投手の方は補強もあったり若手が壊滅状態(糸数、増井、矢貫・・・怪我もあるが)でしたが、その中で2年目の榊原が存在感を見せてくれました。ここにもう一人二人と続いてくれればよかったのですが、投手は野手に比べ物足りなかったですね。

 兎に角、最後まで先発ローテが6枚揃わないなど投手陣は苦しく、ブルペンに多大な負担を与えるシーズン。野手では終盤ものになったからいいものの、戦力の多くを未確定な選手に頼らざるを得なかった事は、ベンチは相当辛かったと思います。
 そういう事情を考慮せずに「勝てない=監督が無能」というのはどうなんでしょう?言うなとは言いませんが、ぜひともわかりやすく説明していただきたいものです。ただし「責任は無条件で指揮官が被る」という類のものは無しで。


 梨田政権が凋落?どこからどこに落ちたんだい?確かにBクラスにはなりましたが、それは毎年可能性があることなんですよ。どこも上を目指して必死にやってるだろうし、中にはそれに加えて今年のハムのように若手に期待を込めてくるところだってある。そういった選手やベンチの必死さと各球団が抱えている事情、そして球団間のそれら全てのぶつかり合いの結果が順位になるだけではないか?
 そんなに負けることは許されないのか?毎年Aクラス入りしないと存在しちゃいけないのか?確かに反省は必要だ。だが、そういう貴方が他のしている事は反省を促す行為ではない!自分の思い通りにならなかった愛玩球団を、ただただ詰り、罵り侮辱しているだけではないか?相手が自分らを客と思って強く言い返さないのをいい事に。
 今年、そういったファンに対して強く感じた事がある。彼らはまるで市民団体・・・なんとか親の会とか、ああいう数で押し切って相手に要求を呑ませるような、そういう人たちのように見えたことが何度もある。チームの事情などお構い無しに、ただただ自分を満たしてくれと、望む結果意外は見せてくれるなと。そんなことを言われても、対戦相手だって勝ちたいんだし、毎回同じようには勝てないさ。

 慢心とか気の緩みとか見通しが甘いとか言うけどね、ではどうすればよかったの?「ここはやはりこうするべきであったのではないか。そうするとこういう弊害もあるが、こうすればクリアできる、或いは憂慮するほどのマイナスにならない」そういう提案がまるで無い。「そんなことやってるから負けたんだろう」の一点張り。

 おそらくは打線ならスレッジ残せとか新外国人長距離砲を獲れだとか言うのだろう。では、それらを維持するのにどれだけのコストがかかるのか、その分何を削ってコストを捻出するのか、それをお聞かせ願いたい。引き止めたところでその先も更に年俸が高騰する、その都度誰かを削るんですか?
 1年に1ヶ月ほど確実に休むスレッジに、ハムはそれなりの提示をした。結果ハムとの契約を結ばなかっただけ。そんなにスレッジがハムに残りたかったなら、いつぞやのセギノールのように代理人に連絡して「その条件でいいから契約してくれ」といえば言いだけ。まぁ、代理人には代理人の都合もあるでしょうし、そう簡単にはいかんのでしょうけど。
 ですから、ハムはスレッジを解雇したわけではない。ハムが提示した契約内容にスレッジが納得しなかっただけ。その結果退団、移籍となってしまっただけ。ハムの条件を呑んでいれば、スレッジは残留できたのだ。それを曲解して「ハムはスレッジを石もて追い払った」などとは、言いがかりも甚だしい。

 で、外国人野手に関してだが、スレッジの代わりを呼ばなかったのは理由がある。これは現有戦力の更なる奮起と、若手の中田や陽の覚醒を促したかったということだ。勿論苦しいのは承知の上、だからこそ小谷野は打点王を取れるほどの活躍ができたし、その小谷野の後ろで糸井も3割の打率を残せた。陽や中田も頭角を現した。
 もしも外国人野手を獲得していたならば、当たり外れに関わらず長期の使用が必要となり、彼ら(小谷野、糸井、陽、中田)の出番も減るか変わるかしていて、このような活躍は見られなかったかもしれない。また、若手や中堅の奮起が無ければ、来季以降は更に苦しくなり、コスト的に厳しい補強頼りの戦略を長期的に強いられていたかもしれない。

 そうした事情も考えず「勝つためだ!幾らでも金を出せ!若手や中堅など知った事か!補強しまくれ!」それが本当にチームの将来にいい事なのか、私はとてもいいことには思えない。思える人もいるのでしょうが。私はハムに「今年のハムは4番が足りない」などと言って4番打者を萃める球団にはなってほしくない。3番打者ばかりを萃める球団も御免だ。
 最低限の主力は自前で賄える、その上であと少し足りないものを補強で補う、それが私は健全だと思う。それが絶対的に無理があって、かつ補強しまくれる財力があるなら補強しまくるほかないのだろうが、今のハムはそうじゃないと思っている。
 第一、補強の「補」は「補う」と言う意味だ。「足りないところを埋めて満たす」と言う意味だ。それが中心から何から依存しまくるというのは、もはや""強の域を逸脱してはいないだろうか。また、チーム戦略の核である主軸を補強で凌ぐというのは、一時的には良くても長期的にするべきではない。長期的な戦略を組めなくなる。

 そういった状況があって、球団の歴史的な、伝統的な欠陥(活躍した補強選手には失礼だが)を何とかしたかった。そこでここ数年の躍進で貯金のあるうちに、ファンに甘える形にはなるだろうが転換を図りたかった、そういうシーズンではなかったか?
 もう一度問う。あなたは北海道日本ハムファイターズが、主力の多くを外部からの調達に依存し、長期的な戦略が組めなくなる、その時は良くても明日が見えない球団になってもいいのか?勿論外部からの戦力調達は自前での育成よりも金はかかるし、トレードなら相手球団に足元を見られることもあるだろう。そんな立場の弱い球団であって欲しいのか?

 確かにファンに甘え過ぎと言うのもどうかと思う。ただ、これまで・・・2006年から2009年まで4年連続でAクラス、3回優勝、1回日本一とファンを楽しませてくれた事ですし、そこで1~2年目的があっての低迷なら、ファンは少し大目に見てあげる器量があっても良いのではないでしょうか?

 こういう時こそ、愛の見せ所なんだぜ?

【野】
 小谷野が打点王の活躍を見せてくれました。これは充分想定内、4番に馴染めばそれなりの仕事をしてくれるとは思っていました。思えば去年も4番に座った時期があって、その時は重責に負けていたような印象がありましたが、今年は上手くやってくれました。去年の経験が良かったんでしょうかね?

 小谷野とともに飛躍を見せたのは糸井。ですが、糸井にはまだまだ注文が多いです。対左の打率ですとか、或いはプレー中に気の抜けるところが丁度悪い場面に重なっちゃうとか。そういうところを上手く(けっして「完璧に」ではない)こなしてくれれば、更なる活躍を期待できるんじゃないでしょうかね?
 3番を期待する声も多いですが、今季の内容ではまだ不安。本当は7番辺りを打てればいいのかもしれませんが、中田や陽がいますしそれもできませんしね。

 3番を期待したいのは賢介。ただ、他に1番を打てる打者もいませんので1番打者を務めてくれましたが、下位から繋がった時の仕事はまさに3番打者。安打もいいですが、犠飛を打っても様になります。

 稲葉は期待も大きいだけに落胆の声も多いですね。ただ、まだそれなりの活躍をしてくれますし、3番でも糸井よりは相手を怖がらせられます。ただ、衰えは誰にでもありますので、少しずつ負担の軽減を考えないと。

 稀哲は腰痛で出遅れ、骨折で離脱しながらのこの数字。一時は3割もいったんですがね。まだまだ吹ける都市ではありませんので伸びて欲しい。

 陽と中田は来季に向けていい結果を残し、いい結果で終われました。中田はあと1本打って欲しかったですが、これは来年10倍にして打ってもらいましょう。来年は目指せ20本!で。陽はバントをもう少し練習して、上位で使ってもらえるようになって欲しい。

 捕手としては大野と鶴岡の二人。色々思う方もいるでしょうが、打撃では鶴岡が毎年のように好調時の固め打ち。大野はシーズン終盤にはレベルは低いですが安定して打ってくれていました。打撃面でもどちらを使っても穴ではないですね。かつての近鉄のアリナシコンビのように、片方を代打の切り札に使えるほどではないですが。それぐらい打ってくれれば言う事ないんですがね。

 金子誠は春先出遅れ、秋には離脱と怪我に悩まされた1年でしたが、去年ほどではないにしろ打撃も順調。一昨年までとは別人です。如何に万全の体調を持続できるか。
 その金子誠の穴を埋めてくれたのは飯山。13年目の初本塁打も大したものでしたが、それ以外でも終盤の打撃は金子誠の控えとしては充分。少なくとも一昨年の金子誠よりは期待のできる打撃だったと思います。つくづく、守備に特化させて打撃を無視されてた時期が怨めしい。

 控えでは高口がいい感じ。守備では内野を全ポジション守れますし、打撃も結果こそイマイチですがまだまだ伸びそうな気配を感じます。あわよくばレギュラーの座を、そういう雰囲気がね。次は雰囲気だけではなく結果を出す番。

【投】
 ダルビッシュは最優秀防御率タイトルを獲得も、エースとの対決が多かったり、或いは相手がダルとの対戦で意気込んでくるのか、中々勝ち星が伸びませんでした。勝ち頭の座は勝に譲りましたが、それでもダルはハムのエースです。
 勝っても負けてもみんなが騒ぐ、話題にする。ハムファン以外をも巻き込んで話題の渦なり山なりを築ける、それがエースです。勝たなきゃ話題にならん投手、ファンしか特別視しない投手は幾ら勝ってもエースじゃないんです。
 去就が噂されてますが、ハムファンとしてはやはり残って欲しいところ。チームの中心、その投手サイドであるエースが抜けるというのは、チームとしては本当に痛手ですよ。代えがきく選手ではありません。まぁ、最後は本人の選択なんで、どうにも言えんですが。

 勝は勝ち頭。シーズン序盤は大事を取ったり、或いは期待されて続投したら失点と起用と勝本人のバイオリズム?がイマイチ一致しませんでしたが、交流戦辺りから噛み合い始め、終盤にはすっかり安定感のある投手になってくれました。とりあえずはクンロク大関が優勝したぞ、くらいの感じですね。ここから横綱を目指すのか、またクンロク大関に戻るのか、それは来季次第。継続こそが力なり。

 ケッペルは終盤調子を落としましたが、中盤までは抜群の安定感。苦戦するエースを尻目に勝ち星を重ねてくれました。来季は今季終盤の不調を打ち払い、通しで活躍して欲しいですね。ただ、2年契約の2年目なので、再来年は確実にいないんでしょうねぇ。なんせ、今年もアメリカの球団で戦力として計算されていたらしいですし、2年活躍すれば日米各球団の争奪戦は確実ですよ。

 先発の4番手以降はね・・・木田さんが序盤から中盤にかけて踏ん張ってくれましたが、期待した八木・糸数・矢貫、そしてルーキーの増井が総崩れ。まぁ怪我なんかもありましたが、最終的には打たれて抹消ですからね。彼らの中で1人でもローテに居座ってくれれば、もうちょっと上にいけたかもしれないんですよね。
 途中金森の先発挑戦がありましたが、これは可能性を感じました。ウルフの転向で金森は先発からはお役御免らしいですが、糸数や矢貫よりは良さそうに見えたんだけどなぁ。もう一度挑戦させてくれませんかね?
 ウルフは先発転向大成功。地味に先発勝利、救援勝利、ホールド、セーブの全てを達成してるんですよね。本拠地最終戦での救援起用もありましたし、中々便利な存在ではないでしょうか。

 ブルペン・・・中継ぎ以降の投手に関しては色々疑問を投げかけられましたが、梨田監督(と島崎コーチ)の起用は、基本右投手のリレー、そこに左投手を切り札として組み込む形なんです。だから「7回建山、8回宮西」みたいな形には中々ならない訳です。
 これにはやはり左腕が貴重であるという事もあるでしょうし、やはり投手へのストレスの軽減という事も考えられているのでしょう。球数による肉体的負担もさることながら、対戦打者の人数による精神的負担ですとか、左右による精神的負担とかね。まぁ、なんでも同じに見える人にはわからんのでしょうが。

 ブルペンで残念なのが石井の離脱。丁度調子に乗ってきたところで肉離れ、復帰したら腰痛。一時はいい感じに投ってたので、何とか来季は通して活躍してもらいたいものです。
 右腕では菊地ですかね?彼もキャンプ中の骨折に始まり負傷に泣かされ、二軍での実戦復帰後も調子が上がらず見切り発車的な一軍復帰でしたが、来季こそ去年の続きの大活躍を見せて欲しい。

 榊原は今年が大飛躍の年、救援で10勝は大したものですが、それはやはり先発陣の不備も影響しているわけで。長いイニングもいけるので来季は先発に回るのか、それともセットアッパーに回るのか。とりあえずこんないい投手をロング陽に待機させるというのは贅沢過ぎですね。活躍が多くなってもらっちゃ困るポジションですし。
 個人的には将来的なクローザー起用も睨んで8回を任せたいところ。久の後継者として指名しておけば、久も後のことを考えず全力を尽くせるでしょうし。

 で、久。悪い時の印象が悪いのは当然。ですが、終盤の復活劇を全く無かったものにするのは如何なものか?あのスタートから19セーブまで盛り返したのは、チームが借金14から貯金7まで盛り返した事に似ていると思う。久は、ある意味今年のハムの象徴だと思う。
 来年の事は来年にならなきゃわからないが、とりあえずは開幕はクローザーでしょう。何とか来年は、アンチやネガを黙らせる魂の投球を見せて欲しい。いや、ああいう奴はそういうのは見ないフリするんだろうけどw

【今後】
 木下、豊島、多田野、坪井、カーライルが戦力外第1陣ですか。豊島はFASでの活躍も記憶に新しいだけに意外。まぁ、伸びしろがないと判断されたんでしょうけど、切ないね。プロ入り後ルーキーイヤーに開幕一軍、その都市のルーキーとして一番早く出場と期待させてくれたんだけどねぇ。
 木下は正直危ないかなと思ってましたが、先日道内ローカルで取り上げられていた(タレントの岩本さんのインタビューを受けてた)ので「回避か」と思っていただけにね。まぁ、故障もありましたし残念ではありますね。入団時の経緯もありますし、どう扱うのでしょうか?
 多田野は入団時の契約からして特別で、いきなり年俸3000万超からのスタート。おそらくはマイケル辺りと一緒で、所謂「助っ人」と呼ばれるような外国人選手と同じような扱いだったのではないでしょうか?もし一般的な1500万円からのスタートであれば、こういう結末を迎えていたかどうか。構想外はあると思いましたがトレードかなと。解雇は「まさか」でした。
 坪井は今季は苦しかったですからね。1度目の抹消は坐骨神経痛ですが、2度目は不調ですからね。結局調子は戻りませんでした。維持や意欲は強い選手ですが、そろそろかなとは思うんですが。まぁ、満足いくまでやってみれば良いと思うよ。
 カーライルは・・・終盤中継ぎに転向後、起用の場面を作れなかったのが心残り。最初から中継ぎだったら違っていたかもなぁ。

 このほか、FAでは稀哲がその意思を示唆、賢介も行使が危惧されています。ただ、賢介に関しては選手会長として発したコメントを見る限り残ってくれそうかな?とは勝手な思い込みか。稀哲はどうだろうなぁ、抜けられたら痛いけどねぇ。
 そして建山がFAで渡米とか。まぁ、ハムとしては出して恥ずかしくない投手ですが、かといって建山まで向こうで通用したとなると、行きたがる奴が爆発的に増えかねないぞ。まぁ、その調子でアメリカに選手を出しまくって、貿易摩擦を引き起こすのも面白いかもしれないけどね。まぁ、行くからには1年かそこらで「駄目でした」って事がないようにな。

 ダルのポスティングはどうなんでしょう。まぁ、今日より明日、明日より明後日、今週より来週、今月より来月、今年より来年・・・と可能性は高まっていくんですけどね。ただ、建山絡みの記事でのフロントのコメントでは「何も話は聞いてない、通常の契約交渉になる」との事ですので、そうなってくれれば何より。
 まぁ、正式な発表が出るなり、契約更改しましたって言う話が出るまでやきもきしましょう。「もう決まってるんだから諦めようぜ」とか「残留を期待することは罪だ」というのはどうなのかなぁ、と思います。お前らに言われなくても覚悟なんてできてるワイ!


 出る人の話ばかりもアレなんで。来季は外国人野手の獲得も検討らしいですよ。ただ、ポジション的にどうなのか、中田や陽の出番はどうなのか。11人同時にはできませんからね。あとはその外国人が辺りである事を、ね。まぁ、まだ取ると決まったわけでもないっぽいですが。

 そしてドラフト。斎藤が順調に評価を落としているんで、まさかのハム単独とかねえかなぁ、とか。ダルん時もダルの素行やら故障やらで各球団が敬遠してハムが一本釣りでしたし、そうなったら中々縁起がいいなぁと。でも、なんかいかなそうですけどねぇ・・・ま、言って欲しいという願望だけはw
 大学時代に落とした評価はね、プロに入って取り戻せばいいんですよ。それでまた客を呼べるし金が取れる、そういう投手だと思いますね。尤もそこから先は本人の努力も必要ですが。
 先に書きましたとおり、エースってのは勝てる投手ってだけじゃないんで。やはりまとってるオーラから別物、勝っても負けても話題になって客が呼べる投手ですから。ダルもそうでしょう?そういう投手ってのは作れないんですよ、素質のある選手を開花させなきゃ生まれないんですよ。

 あと、中位で宮國獲らねえかなぁ。彼もまたそういう素質を持ってそうなんだよね。ただ、雰囲気的にはロッテかオリックスって感じですが。ハムスカウトの高校生評もそんなに高くないですし、下位で取れるような選手しか獲らないんだろうけどなぁ。ネタ的にはジャスティンと南に期待。


 あと、浅沼が野手転向。投手としては戦力外でも、生き残りのチャンスをもらえた形。何とかモノになってくれればねぇ。糸井を見て成功例を期待する人も多いだろうけど、そんなに簡単じゃないからね。そこを何とか。

 坪井には二軍打撃コーチの要請もしたようで(蹴られましたが)、となると打撃コーチがらみの異動でもあるんでしょうかね?田中幸雄コーチの一軍異動は早い気がしますし、まさか退団とかじゃないですよね?それとも打線の責任を取って一軍の大村コーチに何かあるとか。ちょっと勘繰っちゃいますね。
 あと、先日の吉井二軍投手コーチのblogでの発言も意味深。ただ、今季一軍の投手コーチの予定だった小林さんが急逝されて、それで緊急的な人事を行ったので、それ絡みで一軍復帰もあるかもしれません。ただ、島崎コーチも以前よりはサマになってきたんだけどなぁ。

 たぶん、コーチ陣ではその辺りに動きがあると予想。まぁ、代える以上は今季よりいいものを目指して欲しいですね。
 あと、2008年の西武に大久保がいてチームを勢い付けたように、あんな感じのコーチとか。ハムは絶対取らないだろうけど、そういう選手の前に立って騒ぐようなコーチがいても良いと思う。ここ数年そういう人いないでしょ?ヒルマン政権の頃から。梨田監督の人脈・・・元近鉄だと・・・ありゃアカンかな?ま、アカンだろなw


 梨田政権4年目となる来年ですが、今年の方針を引き継ぎつつ新しい段階に移行、そう捕らえていいのでしょうかね?育成に競争を重ねて更なる戦力の向上を図る、そんな感じ?頭角を現し始めた陽や中田も、進化を発揮し始めた飯山や高口も、その中で更なる飛躍を遂げて欲しいものです。
 梨田監督も今年は若手起用重視の育成方針に怪我人の続出と、満足のいく采配ができなかったシーズンだと思います。チームの育成も重要ですが、もう少し監督を楽にさせていただければなぁと、フロントには考えて欲しいものです。

【御挨拶】
 まぁ、挨拶ったってなw今年も何とかアレしてきましたが、オフもアレしつつ来季もアレなんでまぁヨロシク。


【記事タイトル】
 angelaで「光、探せなくとも」。痛みはやがて経験となって、この身を創り悲しみ越えるよ。一途な心、迷路に迷い込んだとしても、その先に答えを探せますように。



blogram投票ボタン人気ブログランキングへにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
↓以下TB用リンク
夢は潰えた… ふりこ的徒然日記 / [10Fs]パリーグ最終戦をロッテが制しクライマックスシリーズ進出ならず: ZAWA talk -福八非公認グッズ撲滅!!- / incomplete blue 2010/10/03 日ハムCS進出ならずとか巨人小笠原リーゼントになるだとか / この中二病の果てで ブログ / 2010シーズン終焉。:That's "Hokkaido Nippoon-Ham Fighters" Entertainment!! / 2010年シーズン終了 - シスアド with FHR / お疲れさま。 - STRENGTH /



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

終戦2010

素晴らしい試合でした。おめでとう千葉ロッテマリーンズ。

ハム、諦める理由が出来てしまった瞬間…。

折角今日、2年ぶりの仕事復帰が出来たのに…。 そんな日に残念で悔しいお知らせが先程入ってまいりました。 今日のロッテVSオリ戦でロッテさんが勝ちまして ハムが4位となり、CS進出を逃しました…。 遂に諦めなければならない理由が出来てしまいました…。{/bod...

4位

5年ぶりのBクラスが確定です。

パシフィック・リーグ公式戦全日程を終了

2010/10/01   今季のパシフィック・リーグ公式戦の全日程が終了した。 北海道日本ハムはクライマックスシリーズ進出にわずか0.5ゲーム及ばず、4位でシーズンを終了。     この結果を受け、梨田昌孝監督が札幌市東区の練習場に?...

さらば坪井(涙)

昨日の若手に続いて、今日は中堅ベテランの2人に厳しい通告がされたようです。 昨日のエントリでは「去就微妙なベテランが『ほとんど』いない」とちょっとぼかして書きましたが、実はこの選手の去就が心配だったのです。

2010/10/03 日ハムCS進出ならずとか巨人小笠原リーゼントになるだとか

今シーズンも終了しました。今年は久々のCSも日本シリーズも無い寂しい秋です・・・ ・日ハム、CS進出ならず ・わずか0・5差…日本...

コメントの投稿

非公開コメント

コメント有難う御座います

 どうもです。

>nanasixさん
 こんなblogですが、読んでいただき有難う御座います。

 怪我人ですねぇ・・・ドラフト上位の投手が想像以上の大怪我だったり、主力級に怪我が相次いだり。その割に稲葉が今年は抜けなかったなぁ・・・状況を見て我慢していたのかもしれませんが。

 ひょっとしたらの妄想ですが。もしも賢介が抜けるようなことがあったら、金子誠を古巣の二塁手に再転向・・・とか。飯山との二遊間を想像したり。勿論、賢介が残ってくれれば一番ですが。でも、陽が遊撃手に再挑戦らしいんですよね。

 エースと二塁手と左翼手・・・稀哲はかなり厳しそうですね。多分若手の台頭や外国人野手の加入に危機感を抱いて、レギュラーでの起用してくれるところを探したいのでしょうが。ただ、外野の定位置を任せてくれるところがどれほどあるか疑問ではあります。

 まぁ、暗黒時代が来たならその時に嘆けばいいだけですし、多分それなりの楽しみ方もあるはずです。個人的には席に余裕のある内野自由席でのんびり見れたらなぁ、とか。2004年の前半まではそんな感じでしたし。

 残念と言うことは、まだ念が残っているんです。その残った念を満たす為、来年も楽しみましょう。残した分、いつもより多く楽しめるはずです。


>Uすけさん
 そら大したもんですよ。「4位の責任を取れ!」って方もいるようですが、そういう人は「貯金7」は見てくれないんだろうなぁ。しかも首位とは3ゲーム差ですし、2位や3位でもおかしくない成績でもあります。

 豊島は早すぎますから、何かそういった問題もあったかもしれません。素行と言うよりはモチベーションの低下でしょうか?blogは流石に早いと思いましたし、テストに受かってプロ野球選手になれたことで満足しちゃった部分もあったんじゃないかと。
 おそらく、選手をたくさん抱えられる球団なら育成再契約もあるのでしょうが、ハムの場合は無いですからね。どこかで環境を変えて・・・と言うところもあったでしょう。流石に単独でトレードの駒にもなりませんし、こういう形になったのかなぁ、と。

 ドラフトですね・・・どうやら上位は大学生の即戦力と言うことで、エース候補は重視しないみたいです。一寸残念だなぁ・・・エースは凡百の投手を鍛え上げても出来上がらないんですよ。そういう素質を持った人間じゃないとなれないんですよ。まぁ、代用品みたいのはゴロゴロいますが、ダルみたいなエースofエースは。
 白老の平田君ですが、楽しみな素材ですがやはり怪我が。あと、各球団の本命は弟君の方とも聞きます。平田(兄)君は、この際思い切ってアメリカ修行でもいいんじゃないかなぁ、とも思ったりしています。アメリカ以外ならハムに着て欲しいですけどねw

ちょっと調べてみたんですけど、昨シーズンのパ4位の西武は70勝70敗4分の勝率5割だったんですね。それと比較すると、貯金7で4位だった今シーズンのパ・リーグがいかにハイレベルな争いだったのかが伺えますね(交流戦でパがセに圧勝したせいかもしれませんが)。個人的にはそれなりに良いシーズンだったかなとも思います。

戦力外では、豊島が一番意外でしたね……。言い方は悪いですが、木下や坪井、多田野は「あるかな?」と思っていたのでそれほど驚かなかったんですが……。多分関係無いとは思いますが、豊島はブログで色々書きすぎたのかな、という気もします。春先に2軍で怪我人が続出したときのチーム事情とかをブログに書いたのが不味かったのかな、と。佐藤がロッテから無償トレードされたときなんて、2ちゃんねるとかで豊島のブログがソースとしてあちこちに貼られてたぐらいでしたから。ブログを見てる限り、どうやら球団からブログに関して注意を受けてたっぽいですし。
まぁそれはともあれ、やっぱり伸びしろが無いと判断されたんですかね?もともとテスト入団した選手ですし……。残念ですが、どうにかして左の中継ぎが手薄な球団に拾ってもらえることを祈っています。

ドラフトでは、やっぱり即戦力になり得る大学・社会人が中心になるんですかね?今年は豊作と呼ばれてるので、ドラフトマニアとしてはワクワクしています。個人的には白老東の平田を指名してくれないかなー、なんて。僕の小・中学校の後輩にあたる選手で、地元では渡部龍一選手以来のプロ注目選手なんですよ。でも肘手術してるし、どうかなぁ……。

No title

アレなんで、アレしておいてくれ、なぁ金沢

まぁそんなことはどうでもいいんですが、今シーズン途中から眺めさせて頂きまして、色々得心させていただきました。今年はやっぱり怪我人ですよ。昨年の皆の丈夫さが異常でした(終盤のインフルエンザやダルの怪我もありましたが)。

来年は相談役とメシヤマさんを上手く使い、稲葉おじいちゃんとダイカンを上手く使い、信二と中田"俺たちの"翔さんを上手く使いやっていって欲しいですね。

しかしまぁエースとセカンドとレフトを一気に失うとなると厄介ですね。なんとなくセカンドの人以外は残ってくれそうな気がするのでそんなに気に病んでは居ないのですが、ガチでそうなったときは暗黒時代に突入してしまいそうな勢いだと思います。

残念でしたが来年来年。またキャンプからまったりと楽しんでいきましょう。本当に今シーズンお疲れ様でした。
野球の



プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表



お世話になってる速報サイト




その他
にわか日ハムファン友の会へ
野球に関するブログのリンク集とニュース
カテゴリー
最近のコメント
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
注目記事

TBPとかMyClipとか
現在Trackback Peopleから
大絶賛ハブられ中

F+T.B.People

野球+T.B.P.


アニメ+T.B.P
今日のアニメ 明日もアニメ
今日のアニメ 明日もアニメ


その他リンク2


日本を知ろう
国益.com
I LOVE JAPAN/日本復活
反日マスコミが伝えない親日の話
教科書が教えない歴史
日韓関係の近現代史

特定アジア関係
FlashミラーVer.1
FlashミラーVer.2
ν速発、画像動画サイト
朝銀って何?公的資金投入って何?

朝鮮半島総合
2chハン板
FAR EAST-極東-
マンガ嫌韓流公式
韓断会
もう黙ってはいられない2
ビラのHP
半島大陸メモ
韓国製品不買運動
韓国怪汁大百科
韓国旅行要注意
Kの国と愉快な仲間たち
ルクスお姉さんの居残り授業
韓国人と仕事で困った事
在日コリアン 魂の(我儘な)叫び
ミョンスの韓国情報
楽韓Web
韓国製生ゴミギョーザ事件まとめ
韓国の嫌韓流に対するリアクション
け ん か ん (嫌 韓)
韓国は"なぜ"反日か?
プロジェクトK 朝鮮者たち

ウリナラシンムン
チョソンイルボ
チュンアンイルボ
トンアイルボ
ハンギョレシンムン(朝鮮語)

支那メディア
人民日報

歴史問題
大日本史番外編朝鮮の巻
日韓歴史問題に警鐘を鳴らす
History of Korea
日韓併合前後朝鮮半島写真館
従軍慰安婦について

ウリナラ起源
パクリ大国南朝鮮
朝鮮パクリ特集その1/その2
大韓パクリ博物館01/02
日本の文化は日本のものです
韓国パクリギャラリー
パクリのソナタ2004
PowerMonster
剣道の起源は韓国にあり!?
ねぶた掲示板
韓国のねぶた

2002年W杯不正疑惑
韓国サッカーの裏側
2002年WC総括

南京事件関連
南京大虐殺はウソだ!

領土問題
竹島問題
竹島問題ニュース&リンク
沖縄・日本を守れ
東トルキスタンの人々に平和と自由を
東トルキスタンの(ry日本語Ver.
東トルキスタン情報センター

日本海呼称問題
日本海を取り戻すためのwiki
日本海呼称問題について
日本海は「日本海」
日本海名称問題
日本海か東海か
日本海呼称問題ニュース&リンク

東シナ海資源問題
Life Line

偽善白輪ゴム問題
ホワイトバンドの問題点
ほっとけない日本の汚さ


赤 い リ ン ク

赤 い 軍 隊
帰国者の裁判を考える会

赤 い 団 体
中核派
革マル派
ブント(BUND)
週刊かけはし
旗旗
人民新聞
日大全共闘
都革新
杉並親の会
PEACEBOAT
子どもと教科書全国ネット21
AML
落選運動
OhmyNews

赤 い 特 集
1968年全共闘だった時代
ほっとけない世界のまずしさ
脱・マンガ嫌韓流

赤 い 人 間
新城せつこ
戸田ひさよし
俵のホームページ


リンク3
東方Projectで有名な上海アリス幻樂団さんです
萃夢想や非想天、ひデブの黄昏フロンティアさんです
一迅社発行「月刊コミックREX」「キャラ★メル」「まんが4コマKINGSぱれっと」3誌合同連載展開中、本格ストーリー?な東方儚月抄の公式サイト。キャラ設定が微妙にアレなのはご愛嬌w
東方アレンジや三国志大戦、オリジナルまで幅広いIOSYSさんです
IOSYS発、キラキラ系エレクトロ・ポップ・ミュージックユニット!
鬼才、龍波しゅういち率いるマルチタレントチーム!
イオシスのWebラジオ、はいてない.com
イオシスの作品が大体そろう通販サイトIOSYS SHOP
えーりん!えーりん!明るく楽しく激しいCOOL&CREATEさんです

通販便利だけど送料ちょっと高め
営業所留めが出来ればいいんだけどなぁ・・・

地方のアニメファンの救世主?



プロフィール

世界日本ハム

世界日本ハム

RSSフィード
ブログ内検索
買わない、買わせない、使わない
No!福八!
 札幌ドーム前のラーメン店「福八」店頭にて販売されていた非公認応援グッズは、業者側が球団の警告を聞き入れ販売停止、球団公式グッズの委託販売に収まったようです。

・・・復活ですか?
非公認グッズの販売が再開されているとの情報が入りました。球団との約束はどうなったのでしょう?反故ですか?だとしたらもう・・・
 blog各所でこの問題が取り上げられていました。今後もこういった問題が起きぬよう、いい方法が見つかるといいと思います。

↓こちらのblogなどで詳しく取り扱われています
長万部銘菓
blogリンク増えすぎw
萬田銀次郎 語録
powered by ミナミの帝王



BlogPeopleガチャガチャブログ


その他Blog


その他リンク1

放送局・番組


北海道
HBC北海道放送
HBCスーパーベースボール
ファイターズdeナイト!!
[E]スポーツ
1BAN!ファイターズ
ラジプロ!
ラジオ番組表
テレビ番組表

TVhテレビ北海道
週間番組表

uhb北海道文化放送
Fの炎 SPORT HOKKAIDO
週間番組表

HTB北海道テレビ放送
HTB SPORTS
FFFFF
イチオシ!

STV札幌テレビ放送
STVラジオ
ぞっこん!ファイターズ
STVアタックナイター
ファイトF
ラジオ番組表
テレビ番組表

NHK札幌放送局

東京・関東
TBSラジオ
エキサイトベースボール

QR文化放送
ライオンズナイター

LFニッポン放送
ショウアップナイター

RFラジオ日本
ジャイアンツナイター

TVSテレビ埼玉
TVSスポーツ

CTCちばテレビ
マリーンズナイター

tvkテレビ神奈川
ベイスターズナイター

MX東京メトロポ(ry
MXテレビスポーツ

NTV日本テレビ放送網
CXフジテレビ
TXテレビ東京
TBS東京放送
EXテレビ朝日
GTV群馬テレビ
GYTとちぎテレビ

仙台
TBC東北放送
TBC楽天オンエア情報

OX仙台放送
KHB東日本放送
MMTミヤギテレビ

中京三県
CBC中部日本放送
ドラゴンズナイター
燃えよドラゴンズ

THK東海テレビ放送
SF東海ラジオ放送
ドラゴンズガッツナイター
MTV三重テレビ放送

TVAテレビ愛知
侍スタジアム 2008
どらぐら

CTV中京テレビ放送
NBN名古屋テレビ放送
GBS岐阜放送

近畿
ABC朝日放送
ABCラジオ
虎バン
WEEKLYタイガース
ABCフレッシュアップベースボール

MBS毎日放送
MBSラジオ
MBS 猛虎亭
MBSラジオ タイガースナイター

KTV関西テレビ放送
KTVプロ野球中継

SUNサンテレビジョン
サンテレビボックス席

YTV讀賣テレビ放送
TVOテレビ大阪
KBS京都放送
BBCびわ湖放送
TVN奈良テレビ放送
WTVテレビ和歌山
OBCラジオ大阪(大阪放送)
CRKラジオ関西
WBS和歌山放送

広島
RCC中国放送
RCCカープインターネットスタジアム
赤ヘル大好き!キャンペーン

TSSテレビ新広島
HOME広島ホームテレビ
HTV広島テレビ放送

福岡
RKB毎日放送
RKBラジオ
RKBエキサイトナイター
ホークス歌の応援団

KBC九州朝日放送
ホークスナイター/ダイナミックホークス
Hawks2008

TNCテレビ西日本
とべとべHawks

FBS福岡放送
プロ野球放送予定
ホークス週間MVP
夢空間スポーツ

TVQ九州放送
SUPER STADIUM
VIVA!!SPORTAS


新聞

やまと新聞

北海道新聞
がんばれファイターズ
連載 がんばれファイターズ
連載 ボールパーク
公連載・特集
FORZA!コンサドーレ
黒田+
道スポ

日刊スポーツ
プロ野球スコア速報
日本ハム
ダルビッシュ特集
中田翔特集
日本ハム:写真ニュース
ハム番日記
ガンちゃんのまいど!
コンサドーレ
asahi.com

スポニチAnnex
スポニチ北海道
スポニチAnnex野球
スポニチ九州
スポニチ大阪
オトナのスポニチ
毎日jp

SANSPO.COM
プロ野球-野球-SANSPO.COM
野球 > 日本ハム
ピンクハート
FujiSankei Business i. on the Web
iza(イザ!)
ZAKZAK
MSN産経ニュース

スポーツ報知
全試合結果:プロ野球:野球:スポーツ報知
野球:北海道
読売新聞

中日スポーツ
トーチュウ
中日新聞
東京新聞
北陸中日
県民福井

西日本スポーツ
西日本新聞

デイリースポーツ
東京スポーツ

BNN
函館新聞
函館電子新聞

福井新聞

バンコク週報

虚構新聞
航空機新聞社



野球・スポーツ情報

球界・球団

球場

FIGHTERS関係

野球関係

世界の野球

プロレス格闘技

便利なリンク



ブログ村とかくつろぐとか

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
人気ブログランキング

Powered By FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。