Trackback

Recent Articles

TWITTER

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ドルアーガの塔]神は死んだか、悪魔は去ったか Sword of URUK第12話

ありがたや

 最後に来て源平です。本当はゼビウスを最後に・・・と思っていたんですが、アニメ版ドルアーガの「運命に抗う」「神に戦いを挑む」というところが、ドルアーガというよりは源平的かなぁ、と思った次第で。

 これのラストで「神様は死んだ、悪魔は去った」とありますが、どっちが神様でどっちが悪魔なのか、それはリア厨だった当時のゲーマー仲間ではちょっとした議題になりつつも答えを出せませんでした。
 自分はおそらく主人公の景清が悪魔で、討たれる頼朝が神だったのではないかと思っていましたが、中学生といえば純粋に勧善懲悪な世界観を期待する者も多く、支持は得られませんでしたね。
 実際のところ、これってどっちがどっちなんでしょうかね?

 アニメのドルアーガでニーバが神に戦いを挑もうとするその姿は、自分の価値観での景清と被ります。つまり、景清はドルアーガだったのではないかと。

 そういやファミコンでコナミが「月風魔伝」なるゲームを出してましたが、あれって正直パクリですよね?世界観とか。
 ツインビーは嫌いじゃないけど、その他のコナミ作品に対して素直になれないのは、この時の記憶があるからなのかなぁ。

もうちょっとだけ続くぞい

スポンサーサイト

テーマ : ドルアーガの塔
ジャンル : アニメ・コミック

[ドルアーガの塔]またZAP Sword of URUK第11話

 あんな事こんな事で更新再開です。残り話数僅かですが、よろしくお願いします。


 ラストに持ってこようとしてたんですが、ゼビウス。ちょっと別ネタ思いついちゃったんで。

 自分とナムコのファーストコンタクトというか。まだこのゲームのメーカーがナムコだなんて、露程も知らなかったんですがね、当時。
 だとすると、実際プレイしてたのがゼビウスではなくゼビオスやバトルスだった可能性も無きにしも非ずなのか・・・・嫌だなぁw

 この手の立てスクロールで対地・対空別武装のシューティングって好きなんですよ。メーカー関係無しに言うと、ゼビウスに始まりツインビーを経てレイフォースに至る、みたいな?
 ちなみにレイストーム・レイクライシスはNGね。ツインビーは途切れちゃったからなぁ、ときメモファンドとかの前辺りで。もう再開はしないんでしょうが、勿体ねぇなぁ。
 ここ数年、ケイブや東方の影響かショット+ボムの単純操作に弾幕回避なゲームが縦シューでは主流である訳ですが、やはり目標をサイトに見据えて攻撃したり、マルチロックオンで高得点を狙ったり、ベルを撃って色変えてみたりとか、そういうシューティングも忘れないで欲しいって事ですよ。

 そういや4騎士のスペキュラにゼビウスネタを期待したんですが残念です。AONのゼオバルガはゼビウス世界と関連性を含ませてるんですけどね。

もうちょっとだけ続くぞい

テーマ : ドルアーガの塔
ジャンル : アニメ・コミック

[ドルアーガの塔]今回はウチが野球blogであることをアピール Sword of URUK第10話


 ご存知ファミスタ。やはり最初の奴がいい。

 ファミコンで発表されて以降、コナミがパワプロを出すまでは野球ゲームの代名詞的タイトルであったファミスタ。やはりここで目をつけるべきはナムコスターズかと。
 成績は物足りないが貫禄充分の4番打者「ぱつく」(パックマン)、エースは快速球の「ぴぴ」(ポールポジション=Pole Positionの略)、クローザーはフォークが冴える?「せひうす」(ゼビウス)と個性的な面々。
 しかし4番もエースもクローザーもそっちのけで、未だにその名を語り継がれる選手が居る!その名は「ぴの」(ピノ=トイポップの1P側主人公)!!

 何よりこの選手、足がとてつもなく速いのだ。その足の速さだけで未だに名前を呼ばれるほどだから、福本もイチローも栄村も顔負けである。青い稲妻こと松本匡史も、ぴのの前では止まって見える。
 そのため、実際のプロ野球でも足の速さに特化した選手に対して「ぴの」「リアルぴの」などといった愛称で呼ぶことも屡。ただ足が速いだけではなく、小柄で足の速い選手に対してその名を与える辺りは、元ネタであるトイポップのピノへのリスペクトか。
 我が北海道日本ハムファイターズでも、2007年大学・社会人ドラフト4巡目で入団した村田が小柄で足が速く、やはりファンからは「ぴの」と呼ばれ親しまれている。

 しかしであるが、足の速さは兎も角球を撃つピノが投手で、走るポールポジションが野手でも好かったんじゃないかと思うが。だが、仮にぴぴが野手だったならば、ここまで名前が語り継がれただろうか?この辺り、当時のスタッフのセンスが如何に絶妙だったかということだろう。

もうちょっとだけ続くぞい

テーマ : ドルアーガの塔
ジャンル : アニメ・コミック

[ドルアーガの塔]ウラーゴンが素敵すぎる件 Sword of URUK第9話

ドラゴンバスター開始画面

 自分が実はドルアーガよりも好きなのはこちらの「ドラゴンバスター」だったりします。
 やりこみの方向性でドルアーガの方が人気としては上で、更には続編イシターも大ヒット、そのまた続編ブルークリスタルロッドにプロローグのカイの冒険、更にはアミューズメントに業務用オンライン、最近ではMMORPGまで作られ、今このようにしてアニメにまで・・・
 それに対してドラバスはファミコン版でドラバスII、プレステでシリーズリメイクともいえるドラゴンヴァラー、これだけ。しかも微妙。

 ドルアーガと比べるとやはりストーリーの広がりが少なかったりするわけですが、その分ゲームとしてのとっつき易さや、アクションゲーム本来の楽しさと言うのは此方が上なんじゃないかと今でも思うわけです。
 基本はジャンプと剣で、ジャンプと剣の組み合わせで強力な必殺技が出せたり、回数制限のあるファイアーボールや、ファイアーボールの回数補充や体力補充、攻撃力や防御力の補助といったアイテムの数々、さらには特定アイテムによって姫様救出時の服装が変化するといった遊びの要素も。

 後にファミコンに移植され、ジャンプはボタン操作に(ファイアーボール等の魔法はしゃがみ+ジャンプ)、ファイアーボール以外にも数々の魔法が追加されてよりRPG色の濃いゲームになってしまいましたが、これはこれでありだと思います。
 そういやファミコン版発売の頃にコミカライズや小説版の展開があって設定の追加が行なわれましたが、このゲームの楽しさには無用な味付けのように思います。お姫様がドラゴンにさらわれて救出する、これだけでいいと思うのです。
 コミック版は当時角川書店より刊行されていたマル勝ファミコン(「マル勝」は○の中に「勝」の字)で連載されていましたが、角川マル勝が徳間のファミマがとの罵りあいの中傷合戦をしていたり、懐かしいなぁ。徳間のマル勝批判は本当にどうでもいい難癖ばかりだったなぁ。ドラバスと関係無いけど。

 ドラバスはもう少しアレンジして要素を充実させればスーパーマリオやロック万に匹敵するアクションゲームになりそうな気がするんですが、今更やらないでしょうねぇ。ドルアーガもいいけど過去の名作をもっと大事にして欲しいと思ったり。

もうちょっとだけ続くぞい

テーマ : ドルアーガの塔
ジャンル : アニメ・コミック

[ドルアーガの塔]兄よりすぐれた弟なぞ存在しねぇ! Sword of URUK第8話


 マッピーといえば真っ先に思い浮かぶのは迷路脱出ロボット。決して元FM東京アナウンサーの某女史では御座いません。

 確か学研の科学でしたかね、迷路脱出ロボットのマッピーが紹介されてまして、ゲームの方を知ったのはなんとファミコンに移植されてからなんですよ。
 良く言っていたデパートのゲームコーナーの片隅にもしっかりとあったにもかかわらず、スルーしてたんですねぇ。ギャラクシアンとかパックマンとかはしっかりプレーしてたんですけどねぇ・・・

 ナムコと言えばビデオゲーム以外にもこういったロボットや応用したトイにも積極的だったメーカーさんでありまして、大声を測定するワギャンですとか、家庭用だと本当におもちゃなんですが刀を引っ張ると元気付けの台詞を喋る龍馬くんや、墨入れ?を引くと頑固な台詞を喋る頑固職人、なんか良く分からない静寂石、果てはボイスチェンジャー機能つきの電話機なんかも発売してました。
 思えば当時からナムコはビデオゲームだけではない、そしていつかは脱ビデオゲームという志向のメーカーだったのかもしれません。
 尤も当時の私が認識していなかっただけで、他所のメーカーさんもそれなりにやってたんですけどね。

 ビデオゲーム(テレビゲーム)とそれ以外の遊具・家庭用玩具とのボーダーレス化、融合と言う流れは、もはやこの時には決まってしまっていたのでしょうかね?個人的にはビデオゲーム派なので、この流れは歓迎できなかったですが。

 ちなみにゲームのマッピーはアーケードで続編のホッピングマッピーが発表され、家庭用でもマッピーランド等の作品が派生していますが、やはり初代が一番ですね。

もうちょっとだけ続くぞい

テーマ : ドルアーガの塔
ジャンル : アニメ・コミック

[ドルアーガII期]クーパの感動再会-逢いたい- Sword of URUK第7話

 画像無しでごめんなさいですがギャラクシアン。基本的にはファミコン版でのプレーでしたが、ゲーセンの片隅やデパートのゲームコーナーで業務用をプレーしたこともあります。結構息の長い作品でしたね。

 んまぁ、スペースインベーダーを進化させたといってしまえば元も子もないですが、アチラは敵さんが左右往復&画面端で1段繰り下がりなのに対して、こっちは種類の違う敵が集団から離脱して襲ってくるというもの。「敵機襲来!」といった感じが強く演出されているといいますかね。
 そして敵が少数となった時に、集団を解除して全機で波状攻撃をしかけてきたり、敵さんの個性はこちらの方が上なのも大ヒットに至ったポイントでしょう。

 その後シリーズとしてはギャラガ、ギャプラス、ギャラガ’88、そして派生作品としてはキング&バルーンといったものがナムコからは発表され、他社からもギャラクシアンを超えようという意欲作が出てきます。
 それらが始祖たるスペースインベーダーを超えた個性的な作品となったのも、ひとえにギャラクシアンが単なるスペースインベーダーのコピーではなく、それを超えようという思いが強かったからではないかと思います。
 ギャラガでは敵機が自機を捕獲し、それを救出することで攻撃力が2倍のダブルファイターになり、ギャプラスでは敵機からパワーアップアイテムを奪うことで多彩な攻撃ができたりします。尤も、ギャプラスの8方向移動は些か蛇足な気がしないでもないですが。

 今のゲームのように膨大なストーリーこそないですが、プレーする各人の心にそれぞれのストーリが作られる、楽しく美しいゲームだったと思います。
 飽きが来ないのでこういうゲームもまたやってほしいんですがねぇ・・・


もうちょっとだけ続くぞい

テーマ : ドルアーガの塔
ジャンル : アニメ・コミック

この世に神なんていない Sword of URUK第6話


 折り返しっぽい話数なんでイシターでも。つっても俺はイシター全然馴染めなくて放り出したんだけどね。なんていうかレベルアップの仕方がわからなかったし(今回プレー分のレベルアップは次回コンティニュー時に反映)、なによりカイとギル、二人のキャラクターを巧みに操るって言うのが中一の頃の俺には無理だったっぽくてw2本レバーは「クレイジークライマー」で使えないことは無かったけど、これは一人のキャラクターの操作に2本レバー、イシターは別々のキャラクターの操作に2本レバーだからね。幾らギルの攻撃動作が自動だったとしても、ちょっと処理し切れなかったといいますか。
 なんていうかこういうところがナムコというか、パックランドの3ボタン操作にしてもそうですし、イシターの2レバーにしても。他所のメーカーならパックランドはレバー+ボタンだろうし(セガならトラックボールかな?)、イシターもボタンで操作入れ替えとかキャラクター切り替えみたいにしてると思う。そっちの方が案外とっつき易いかもしれないし、俺でもイシターはそれなりに出来たかもしれないけど、もし層だったらここまで語り継がれる作品にもなってなかったと思う。
 こういう方向に一癖二癖あるのが、ナムコだったと思うんですよ。決して先進的とかそういうものじゃなくて、なんか人間の直感力が試されるような。

もうちょっとだけ続くぞい

テーマ : ドルアーガの塔
ジャンル : アニメ・コミック

リアル影踏み鬼 Sword of URUK第5話


 今回はドラゴンスピリット。代替ここまでが俺の愛したナムコ作品、まぁこのちょっと後のフェリオスなんかも好きではあるんですが、流れとしてはこれくらいまでのところかなぁと。
 別記事でコナミネタ、ツインビーとかグラディウスとかゴエモンとか名前を出しましたが、やはりシューティングやアクションと言えばナムコな訳ですよ、ゼビウスとかディグダグとかドルアーガな人間としては。まずナムコ、次にカプコン、そしてコナミ。決してコナミが最低って言うんじゃなくて、その他有象無象のメーカーからこの3社は飛びぬけてると思いますが、その中で更に順位付けをするなら自分としてはこうなるかなぁと。

 で、ドラスピ。ゼビウスの流れを汲むナムコシューティングとしては完成系といえる作品ですね。2段階目のパワーアップやファイアーブレスで口元に攻撃判定が無いのが欠陥みたいに言われてますが、アレはアレでパワーアップが万能でないのはプレイヤーを悩ませるいい要素だと思いますよ。一見強そうに見えて実は使い勝手が悪い、現実の兵器にだってそういうところあるじゃないですか。
 同様に青玉で首を増やすのも、調子に乗って3本にしちゃうとあたり判定が大きくなってミスし易くなってしまう。そういった中から本当に使い易い段階を選んで進んでいくことが重要なわけで。

 続編としてドラゴンセイバーがありますが、基盤性能が上がって表現が豊かになったりしてますけど、自分はどうもドラスピより面白いと思えないんですよね。これならドラスピをそのままリニューアル(カプコンで言えばストII→スパIIみたいな感じ)してくれたほうが嬉しかったと言いますか。どちらかというとこの2作品の間に発表されたフェリオスの方が意欲的だと思ったり。


もうちょっとだけ続くぞい

テーマ : ドルアーガの塔
ジャンル : アニメ・コミック

決戦!天空飲み屋 Sword of URUK第4話

 今度こそモトス、こだわるなぁw



 どんなゲームかって言うと、宇宙ステーションのソーラーパネル上に住み着いた宇宙生物をパネル上から弾き飛ばして駆除すると言った感じのストーリー、システム的にはおはじきっぽいゲーム。SF世界観なのにやってる事はおはじきという、なんともナムコらしい、他のメーカーじゃ考えもしないようなゲーム。
 最初は面喰うけど、やってみたら結構すばやく飲み込める、それでいて飽きの来ないいいゲームだと思います。
 ハード性能とかもあって難しかったとは思いますが、是非とも当時の家庭用ゲーム機に移植して欲しかった。いかにもテレビゲーム然としてて、家で遊ぶにはもってこいだったと思うのですが。移植が1997年のPS版「ナムコミュージアム」まで待たなければならなかったのは残念。
 確かに同時期のナムコゲームと比べても地味ではありましたけどね、それこそワープマン(原作名は「ワープ&ワープ」)なんて出すくらいならねぇ・・・

もうちょっとだけ続くぞい

テーマ : ドルアーガの塔
ジャンル : アニメ・コミック

ああっアミナさまっ Sword of URUK第3話

“今時こんな移植なら「詐欺だ」「糞ゲー」等と騒がれるんでしょうが、当時はこれでも充分楽しめたものです。あの程度のマシン性能でも楽しめたのになぁ・・・”
 コレは前回貼ったFC版パックランドの画像に仕込んでた文ですが、当時はマシン性能も低く再現度も低くならざるを得なかったのに、それでも今のゲームよりも楽しめるものが多いと思うんですよね。つーか今のゲームよりもゲームだよね。
 はっきりいってあのパックランドでも今でも充分楽しめると思うし、ディグダグとかマッピーとかもゲームとしては風化していないと思います。

 なんていいますか・・・・今のゲームって「遊ばされてる」感が強いと言いますか。今に始まったものではないですし、もう7~8年も前にはこうなってしまっていたんですけどね。でも当時は目新しさに目が眩んでそういう事を危惧できなかったと言いますか。結果としては私が住んでる地方都市なんかではゲーセン店頭からゲームらしいゲームが姿を消し、最後までこだわっていたところは店をたたみと言うゲーム過疎化になってしまったと言いますか。

 なんていいますか、通信とかそういう余計なものは無しで、低予算で超美麗とはいえなくともそこそこ楽しめるグラフィックで、そういう作品が出てゲーセン店頭を賑わせて欲しいんですがね。通信なんて1回50円ほどもかかるそうで、あれが零細ゲーセンの経営を圧迫してると言っても過言じゃないですよ。

もうちょっとだけ続くぞい

テーマ : ドルアーガの塔
ジャンル : アニメ・コミック

ジルは魔法使いですから。 Sword of URUK第2話

 あ、30超えてないか。なら候補生だ。

 とりあえず取り急ぎでネタもあれなんで昔のナムコ話。ゲーセンでゼビウスとかパックマンとかそのあたりは別にはまってたって程でもないんで(ゼビウスには魅了されてましたが、そうそうゲーセンに通える経済力もなかったですし。つーか小学校低学年だ)、ディグダグやマッピーもナムコと意識してはいなかったですし。あ、マッピーは迷路脱出ロボのほうを先に学研の科学かなんかで知りましたね。

 本格的にはまったのはファミコンに移植されたゼビウスやマッピーのあたりですかね?その後ウチにもファミコンが来て、その第1段ソフトがドルアーガだったのは前回話した通り。その頃からゲーセンに通うようにもなって・・・当時は他メーカーだと戦場の狼とかガンスモークとか、影の伝説なんかもリアルでゲーセンでは見てきてますね。ちょっと昔の離しすぎて自分でも順序がこんがらがっていますが。
 その当時のナムコのゲーセンゲーと言えばドラゴンバスター、メトロクロス、パックランド。中でもパックランドは右移動・左移動・ジャンプの3ボタンでして、このあたりになれた自分はファミコン版でも1コンで3ボタン操作準拠のほうでしたね。周囲の多くは馴染めてませんでしたが。
 あとパックランドの登場はスーパーマリオブラザースよりも先なんですが、ファミコン移植がそれよりあとだったせいで、周囲には「スーマリの真似だろ?」「ナムコがスーマリ人気にあやかってパックマンで似たゲームを作った」なんていう奴がいて喧嘩にもなったものです。

今時こんな移植なら「詐欺だ」「糞ゲー」等と騒がれるんでしょうが、当時はこれでも充分楽しめたものです。あの程度のマシン性能でも楽しめたのになぁ・・・

・・・・あ、本当は何とかモトスにつなげてモトス話にしようと思ったら、なぜかパックランド話に。まぁメトロクロス話にならなかっただけまだいいかw

もうちょっとだけ続くぞい

テーマ : ドルアーガの塔
ジャンル : アニメ・コミック

元搭頂者たち Sword of URUK第1話



 私とドルアーガの塔といえば、今を遡る事24年程前の事。当時リア消だった自分が初めて買ってもらったファミコンソフトが、この「ドルアーガの塔」。当時はスーパーマリオが出て少し経ったあたりで、スーパーマリオは何処の店にもなくて、仕方なく選んだのがこのドルアーガの塔だったわけです。
 故に自分にとってはちょっと思い入れがある作品なんですが、どうしてこの時代にMMORPGになったり、アニメ化されたりなのかっていうのは、未だにちょっとわかりません。
 MMOのほうは知りませんが、アニメはそれなりに面白かったですし悪くないんですが、どうしてこの作品が選ばれたのかなぁ・・・・と。

 確かに旧くからのナムコファンには「ギャラクシアン」「パックマン」「マッピー」「ゼビウス」あたりと並ぶ代表作品なんですが、今現在のゲーム業界を見渡した場合それほど名前が目立ってると思わないんですよね。「ドラゴンバスター」じゃ駄目なのかな?とか。
 誰か過去にドルアーガにはまった人がスタッフの中心にいるんでしょうかねぇ・・・

 まぁ、温故知新ってのは悪い事ではないですけどね。

もうちょっとだけ続くぞい

テーマ : ドルアーガの塔
ジャンル : アニメ・コミック

ドルアーガ表1話を見て

・・・・次週以降感想を書くかどうかは次回見てからだな。なんつーかどこをどう見ていいのかわからん1話と言うか、地上波なめてるの?な感じ。

 見てない人のために言いますと、TV放送されたのは主人公ジルが敵さんにノックアウトされてノビて仲間に抱えられてる最中に夢見た妄想が8割で、DVD特典としてその間現実にはどうなっていたかを描いた裏1話を収録と。こりゃまたしょっぱなから一仕事乙でありますが、「地上波放送される奴は地上波放送メインで」がモットーのオイラとしてはなんだかバカにされてるような気がしてならない訳ですよ、ええ。あ、エイベッ糞か、それなら多少は合点がいく。

 第1話でコレってことはDVDが出るたびにこういうのが続くって事でしょうかね?ゴンゾさんがどこまで持つか見ものと思いますがアベ糞なんかと絡んだら駄目だって。バンナムもなんでかな?まだソニーとかのがマシって言うか。オ電子レンジ見たいの掴まされる事もあるけど。

 アニメとしてはまぁありなんじゃないかとね、OPも楽しげだし。次回も表裏だったら間違いなくコキおろして斬るけど。


テーマ : ドルアーガの塔
ジャンル : アニメ・コミック

野球の



プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表



お世話になってる速報サイト




その他
にわか日ハムファン友の会へ
野球に関するブログのリンク集とニュース
カテゴリー
最近のコメント
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
注目記事

TBPとかMyClipとか
現在Trackback Peopleから
大絶賛ハブられ中

F+T.B.People

野球+T.B.P.


アニメ+T.B.P
今日のアニメ 明日もアニメ
今日のアニメ 明日もアニメ


その他リンク2


日本を知ろう
国益.com
I LOVE JAPAN/日本復活
反日マスコミが伝えない親日の話
教科書が教えない歴史
日韓関係の近現代史

特定アジア関係
FlashミラーVer.1
FlashミラーVer.2
ν速発、画像動画サイト
朝銀って何?公的資金投入って何?

朝鮮半島総合
2chハン板
FAR EAST-極東-
マンガ嫌韓流公式
韓断会
もう黙ってはいられない2
ビラのHP
半島大陸メモ
韓国製品不買運動
韓国怪汁大百科
韓国旅行要注意
Kの国と愉快な仲間たち
ルクスお姉さんの居残り授業
韓国人と仕事で困った事
在日コリアン 魂の(我儘な)叫び
ミョンスの韓国情報
楽韓Web
韓国製生ゴミギョーザ事件まとめ
韓国の嫌韓流に対するリアクション
け ん か ん (嫌 韓)
韓国は"なぜ"反日か?
プロジェクトK 朝鮮者たち

ウリナラシンムン
チョソンイルボ
チュンアンイルボ
トンアイルボ
ハンギョレシンムン(朝鮮語)

支那メディア
人民日報

歴史問題
大日本史番外編朝鮮の巻
日韓歴史問題に警鐘を鳴らす
History of Korea
日韓併合前後朝鮮半島写真館
従軍慰安婦について

ウリナラ起源
パクリ大国南朝鮮
朝鮮パクリ特集その1/その2
大韓パクリ博物館01/02
日本の文化は日本のものです
韓国パクリギャラリー
パクリのソナタ2004
PowerMonster
剣道の起源は韓国にあり!?
ねぶた掲示板
韓国のねぶた

2002年W杯不正疑惑
韓国サッカーの裏側
2002年WC総括

南京事件関連
南京大虐殺はウソだ!

領土問題
竹島問題
竹島問題ニュース&リンク
沖縄・日本を守れ
東トルキスタンの人々に平和と自由を
東トルキスタンの(ry日本語Ver.
東トルキスタン情報センター

日本海呼称問題
日本海を取り戻すためのwiki
日本海呼称問題について
日本海は「日本海」
日本海名称問題
日本海か東海か
日本海呼称問題ニュース&リンク

東シナ海資源問題
Life Line

偽善白輪ゴム問題
ホワイトバンドの問題点
ほっとけない日本の汚さ


赤 い リ ン ク

赤 い 軍 隊
帰国者の裁判を考える会

赤 い 団 体
中核派
革マル派
ブント(BUND)
週刊かけはし
旗旗
人民新聞
日大全共闘
都革新
杉並親の会
PEACEBOAT
子どもと教科書全国ネット21
AML
落選運動
OhmyNews

赤 い 特 集
1968年全共闘だった時代
ほっとけない世界のまずしさ
脱・マンガ嫌韓流

赤 い 人 間
新城せつこ
戸田ひさよし
俵のホームページ


リンク3
東方Projectで有名な上海アリス幻樂団さんです
萃夢想や非想天、ひデブの黄昏フロンティアさんです
一迅社発行「月刊コミックREX」「キャラ★メル」「まんが4コマKINGSぱれっと」3誌合同連載展開中、本格ストーリー?な東方儚月抄の公式サイト。キャラ設定が微妙にアレなのはご愛嬌w
東方アレンジや三国志大戦、オリジナルまで幅広いIOSYSさんです
IOSYS発、キラキラ系エレクトロ・ポップ・ミュージックユニット!
鬼才、龍波しゅういち率いるマルチタレントチーム!
イオシスのWebラジオ、はいてない.com
イオシスの作品が大体そろう通販サイトIOSYS SHOP
えーりん!えーりん!明るく楽しく激しいCOOL&CREATEさんです

通販便利だけど送料ちょっと高め
営業所留めが出来ればいいんだけどなぁ・・・

地方のアニメファンの救世主?



プロフィール

世界日本ハム

世界日本ハム

RSSフィード
ブログ内検索
買わない、買わせない、使わない
No!福八!
 札幌ドーム前のラーメン店「福八」店頭にて販売されていた非公認応援グッズは、業者側が球団の警告を聞き入れ販売停止、球団公式グッズの委託販売に収まったようです。

・・・復活ですか?
非公認グッズの販売が再開されているとの情報が入りました。球団との約束はどうなったのでしょう?反故ですか?だとしたらもう・・・
 blog各所でこの問題が取り上げられていました。今後もこういった問題が起きぬよう、いい方法が見つかるといいと思います。

↓こちらのblogなどで詳しく取り扱われています
長万部銘菓
blogリンク増えすぎw
萬田銀次郎 語録
powered by ミナミの帝王



BlogPeopleガチャガチャブログ


その他Blog


その他リンク1

放送局・番組


北海道
HBC北海道放送
HBCスーパーベースボール
ファイターズdeナイト!!
[E]スポーツ
1BAN!ファイターズ
ラジプロ!
ラジオ番組表
テレビ番組表

TVhテレビ北海道
週間番組表

uhb北海道文化放送
Fの炎 SPORT HOKKAIDO
週間番組表

HTB北海道テレビ放送
HTB SPORTS
FFFFF
イチオシ!

STV札幌テレビ放送
STVラジオ
ぞっこん!ファイターズ
STVアタックナイター
ファイトF
ラジオ番組表
テレビ番組表

NHK札幌放送局

東京・関東
TBSラジオ
エキサイトベースボール

QR文化放送
ライオンズナイター

LFニッポン放送
ショウアップナイター

RFラジオ日本
ジャイアンツナイター

TVSテレビ埼玉
TVSスポーツ

CTCちばテレビ
マリーンズナイター

tvkテレビ神奈川
ベイスターズナイター

MX東京メトロポ(ry
MXテレビスポーツ

NTV日本テレビ放送網
CXフジテレビ
TXテレビ東京
TBS東京放送
EXテレビ朝日
GTV群馬テレビ
GYTとちぎテレビ

仙台
TBC東北放送
TBC楽天オンエア情報

OX仙台放送
KHB東日本放送
MMTミヤギテレビ

中京三県
CBC中部日本放送
ドラゴンズナイター
燃えよドラゴンズ

THK東海テレビ放送
SF東海ラジオ放送
ドラゴンズガッツナイター
MTV三重テレビ放送

TVAテレビ愛知
侍スタジアム 2008
どらぐら

CTV中京テレビ放送
NBN名古屋テレビ放送
GBS岐阜放送

近畿
ABC朝日放送
ABCラジオ
虎バン
WEEKLYタイガース
ABCフレッシュアップベースボール

MBS毎日放送
MBSラジオ
MBS 猛虎亭
MBSラジオ タイガースナイター

KTV関西テレビ放送
KTVプロ野球中継

SUNサンテレビジョン
サンテレビボックス席

YTV讀賣テレビ放送
TVOテレビ大阪
KBS京都放送
BBCびわ湖放送
TVN奈良テレビ放送
WTVテレビ和歌山
OBCラジオ大阪(大阪放送)
CRKラジオ関西
WBS和歌山放送

広島
RCC中国放送
RCCカープインターネットスタジアム
赤ヘル大好き!キャンペーン

TSSテレビ新広島
HOME広島ホームテレビ
HTV広島テレビ放送

福岡
RKB毎日放送
RKBラジオ
RKBエキサイトナイター
ホークス歌の応援団

KBC九州朝日放送
ホークスナイター/ダイナミックホークス
Hawks2008

TNCテレビ西日本
とべとべHawks

FBS福岡放送
プロ野球放送予定
ホークス週間MVP
夢空間スポーツ

TVQ九州放送
SUPER STADIUM
VIVA!!SPORTAS


新聞

やまと新聞

北海道新聞
がんばれファイターズ
連載 がんばれファイターズ
連載 ボールパーク
公連載・特集
FORZA!コンサドーレ
黒田+
道スポ

日刊スポーツ
プロ野球スコア速報
日本ハム
ダルビッシュ特集
中田翔特集
日本ハム:写真ニュース
ハム番日記
ガンちゃんのまいど!
コンサドーレ
asahi.com

スポニチAnnex
スポニチ北海道
スポニチAnnex野球
スポニチ九州
スポニチ大阪
オトナのスポニチ
毎日jp

SANSPO.COM
プロ野球-野球-SANSPO.COM
野球 > 日本ハム
ピンクハート
FujiSankei Business i. on the Web
iza(イザ!)
ZAKZAK
MSN産経ニュース

スポーツ報知
全試合結果:プロ野球:野球:スポーツ報知
野球:北海道
読売新聞

中日スポーツ
トーチュウ
中日新聞
東京新聞
北陸中日
県民福井

西日本スポーツ
西日本新聞

デイリースポーツ
東京スポーツ

BNN
函館新聞
函館電子新聞

福井新聞

バンコク週報

虚構新聞
航空機新聞社



野球・スポーツ情報

球界・球団

球場

FIGHTERS関係

野球関係

世界の野球

プロレス格闘技

便利なリンク



ブログ村とかくつろぐとか

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
人気ブログランキング

Powered By FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。